湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

『木材の事典』と『建築工事工法事典』を注文・・・

2017年01月04日 |  4.読書

今日、インターネットの日本の古本屋経由で、『木材の事典』(1982年)と『建築工事工法事典』(1990年)を注文しました。

昨年、インターネットの日本の古本屋経由で注文した<事典>類は、筆者のこれまでの人生で少しくかかわりのあった分野の<事典>類ばかりでした。筆者、今年69歳になりますので、新規の分野の<事典>類を購入することにはためらいがありました。人生の晩年で、あたらしい分野を勉強するというのは、精神的・時間的・肉体的にかなり負担がかかると思いましたので・・・。

しかし、2011年の東日本大震災で少なからず被害を受けた、妻の実家の建物・・・、ほとんど補修しないで今日まで過ごしてきましたが、建築後45年以上経過した建物は、かなり老朽化して問題点も出てきています。それを補修するためには、建築物の構造・工法を頭に入れておかなければなりませんが、建築学を最初から学ぶのは不可能ですから、専門的な知識・技術は、『木材の事典』と『建築工事工法事典』から得ることにしました。

『木材の事典』は、定価18,000円、『建築工事工法事典』は、27,700円・・・。古書価格は、前者が@1,200円、後者が@1,500円・・・。2冊で、定価の6%・・・。17~35年前の事典であっても、基本的な<建築工事工法>にはそれほど大きな変革はないでしょうから・・・。

大工さんに頼まなければならない工事もありますので、自分でできることは出来る限り自分でしなければ・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籾袋8個分のコメヌカ・・・ | トップ | 外は吹雪で大荒れ、内は認知... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。