湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

湖南では、コンバインが走りまわる・・・

2016年10月11日 |  2.猪苗代湖南

今日は、どちらかいいますと、曇り空・・・。

湖南の月形村・中野村・三代村・福良村では、あきたこまちを刈り入れするコンバインがいたるところで走りまわっています。

米ぬかをもらって帰るとき、妻の実家の棚田に立ち寄って、落水したあとの田の水の状態を確認しました。田の水たまりはなくなったようで、急速に乾燥して行っているようで。棚田の暗渠のUV管からはまだ水が流れ落ちていました。今日の天気予報通りですと、妻の実家の棚田の田の土、稲刈をするころには、すっかり乾燥して、1~2日で刈り入れを済ますことができるでしょう。ボウガケしながらの刈り入れですから、少しく時間がかかります。

湖南の赤津村は、あきたこまちの刈り入れが終わり、これからはひとめぼれの刈り入れに入るようです。

湖南の赤津村のプロの農家は、たぶん、東北地方随一の、高度な稲作技術をもっている農家群・・・。本場の秋田県産あきたこまちより美味しいあきたこまちを栽培しておられるのだとか・・・。有機栽培・無農薬栽培でコシヒカリとはえぬきしか栽培できない素人百姓の筆者と妻、赤津村のプロの農家の方々とは一線を画して、独自の米つくりを続ける必要がありそうです。鵜の真似をする烏にならないように・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米ぬかをもらいにでかける・・・ | トップ | はやめに、のうけんにたねも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 2.猪苗代湖南」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。