湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

病気を理解するための生理学・生化学・・・

2017年06月18日 |  1.農家の健康管理

インターネットの日本の古本屋経由で注文していた、国立金沢大学図書館の廃棄本、奥田拓道他編『病気を理解するための生理学・生化学』(1985年)が届きました。

教育学部の蔵書で禁帯出の本・・・。

最初に読むのは、<第9章 老化-結合組織の生化学>・・・。それから、<第7章 肥満-内分泌>、<第8章 運動-筋の生化学>、<第14章 栄養>の順・・・。

昨夜、同じ古書店に、入来正躬著『生理学1,2』とMcNAUGHT他著『目でみる人体生理学 第3版』を発注しましたので、これまでに入手している生理学の本5~6冊と、あわせ読むことにしましょう。もちろん、69歳の筆者と61歳の妻の健康維持に関する項目を読むだけですが・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BOOKOFFで健康本を購入・・・ | トップ | 今年は、昭和55年と同じだ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。