湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

朝5:00~共同作業・・・

2017年05月05日 |  3.赤津村の共同作業

今朝は、5:00から、赤津村の協同作業・・・。

朝5:00から堰上げ作業・・・。8:00から、常夏川の環境整備作業・・・。常夏川の河川敷や土手に繁茂した柳の木を切り倒し片付ける作業・・・。

筆者が持っていったのは、妻の実家のおとうさんが使っていたナタ・・・。柳の木は、他の農家の方がチェンソーで切り倒していきますので、切り倒した柳の木を土手の上まで上げる作業をしたのですが、筆者がナタを使う場面は、柳の木にまとわりついた蔦をきるときだけ・・・。

今日、一緒に作業していた赤津の農家の方、<吉田くん、その鉈の使い方は間違ってる!自分の脚を切ってしまう!>と鉈の使い方を教えてくださいました。同じ、共同作業をするにも、筆者、出来る限り、難しい作業をしているところで作業に加わるのが常・・・。ベテランの農家の方々に、正しい農具、農機の使い方や作業の要領を教えていただくことができるので・・・。

妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農して、5年目・・・。筆者と妻に、批判的で排他的な言動をされているのは、湖南の赤津村の中でも、ごく一部の農家であることがだんだ分かってきました。妻の実家のある集落の、専業農家やプロの農家の方々が、一番批判的で、筆者と妻を馬鹿にしたり、理不尽な要求をつきつけてきたりします。<土下座しろ!>などと・・・。湖南町赤津村の、一部の集落のプロの農家とかかわらなければ、湖南の赤津村も、それなりにいい農村的地域社会・・・。

<つきあってほしければ、カネさ寄こせ!>、酒を飲んでやってきて、ぐだをまいて帰っていったときから、こころに亀裂が入ってしまったようです。そのこころの傷、いえることのないまま、5年目の田舎暮らし、山里暮らし、百姓暮らしに入っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河東のスーパーで食料品を購... | トップ | 麦の苗を移植するための畝つ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 3.赤津村の共同作業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。