湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

今朝は、ひさしぶりに腰に痛みを感じないで・・・

2016年11月08日 |  1.農家の健康管理

今朝、目が覚めたとき、腰に痛みを感じないで起きることができました。

11月5~7日の3日間、妻の実家の棚田の育苗用ハウスから、籾袋41袋を軽トラで持って帰り、農機具の小屋の前に設置した、家庭用籾摺機FS20で籾摺りをし、30kg入りの米袋に詰めこんで、農機具の小屋の中に格納する、<重労働>をしていましたので、腰痛を感じてもしかたなかったのですが・・・。

今朝、その話をしますと、妻が、<わたしが、台を設置したのが、よかったのよ!きっと!>といいます。30kgの秤から、米袋を地面におろして、袋を閉じたあと、農機具の小屋に格納するために再度持ち上げるときに腰に負担がかかります。それを見ていた妻が、秤から同じ高さのコンテナを置いてブルーシートをかけて、そこに、秤の米袋を水平方向にスライドすることにしてくれました。そのため、米袋を小屋に格納するために持ち上げるとき、あまり腰に負担がかからなかったのが、原因したのかもしれません。

今朝、妻が、<あなた、神さまは、なんのために人間をつくったの?>と尋ねてきます。筆者、<創世記のJ典では、神さまがつくられた大地を耕すため・・・>と答えました。口語訳聖書では、<土を耕す人>(man to till the ground:NEB)として創造されたことが記されています。土を支配し、収奪し、kill(農薬・除草剤を散布・・・)するためではありません。

筆者の寝室には、聖書は、『引照付き口語訳聖書』と『HOLY BIBLE』(NRSV)・・・、書斎には、『共同訳聖書』と『The New English Bible』(NEB)があります。書斎には、その他の英訳聖書・独訳聖書・ギリシャ語訳聖書・ラテン語聖書などがあります。それで、<土を耕す人>(man to till the ground:NEB)ということに・・・。

『HOLY BIBLE』(NRSV)で確認するために、2階の寝室に戻らずに、1階の書斎の『The New English Bible』(NEB)で済ませたのは、やはり、歳のせい・・・?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 郷愁を覚える英訳聖書・・・ | トップ | 奥羽山脈の三森峠は全山紅葉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。