湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

ボウガケしながらの稲刈は時間がかかる・・・

2016年10月19日 |  4.米つくり

ボウガケをしながらの稲刈りは時間がかかります。

午後1:00~4:00の3時間、コシヒカリの稲刈りをしましたが、KUBOTAのバインダーRJ25HD・・・、アクセルが作動不能になって、低速のまま刈り入れをしていましたが、途中で稲刈りをやめて点検作業・・・。アクセルがどういう仕組みになっているのか、考えていましたが、<ワイヤーがはずれている>と結論づけました。その外れたワイヤー・・・、どこに行ったのか、探していましたら、本体の一部に引っかかっていました。そのワイヤーをセットしますと、KUBOTAのバインダーRJ25HDのエンジンの出力を上げることができるようになりました。

稲刈をはじめて、現在まで、はえぬきのボウガケの本数は12本、コシヒカリは9本の計21本になりました。2014年、2015年は、ボウガケの本数は両方で52~53でしたから、刈り入れ達成率は、21/52*100=40%・・・。

10月22日は、郡山地方史研究会の<史跡めぐり>に参加しますので、10月20~21日の2日間で、あとの60%の刈り入れをしなければ・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コシヒカリの田にボウガケで... | トップ | 『農学大事典』と『蛙学』が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.米つくり」カテゴリの最新記事