湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

長生きしても、ええことはなんもねえ・・・!

2017年05月15日 |  4.痴呆

今日の午前中、妻は、妻の実家のおかあさんをかかりつけの医院に連れて行きました。そのとき、おかあさん、女医さんに、<長生きしても、ええことはなんもねえ・・・!>と訴えたそうです。

筆者、夕食をとりながら、<それで、女医さんは、なんて答えてたの・・・?>と妻に尋ねますと、<お医者さんは、おかあさんの言葉に反応しないで、「はい、血圧もいいですよ。血糖値もいいですよ。」と話していただけ・・・>といいます。おかあさんの、高血圧症・糖尿病・認知症の3点セット、女医さんの指導と調理師の妻のつくる治療食で、妻の実家のおかあさん、高血圧症・糖尿病は、飛躍的によくなり、認知症も、以前のように、家族に対する暴言・暴行に発展することはなくなりました。

要介護2で、妻の実家のおかあさんは、1週間に2日、デイケアに通っています。おかあさんの年金は、デイケアの費用、パーマ代、高価なサプリやビタミン剤、親類親戚のお見舞い・香典・・・などで消えて行ってしまいます。しかし、おかあさんは、どこでどう勘違いしたのかわかりませんが、<おめえら、おらの年金で食ってんだべえ?ろくでなしだなあ!>と認知症節を炸裂させるのが常・・・。妻は、<違います!おかあさんが、わたしたちの年金で食ってるの!>というのですが、おかあさんは、<それは、うそだ!ここらのもんは、みんな年寄りの年金で食ってんだ!>と主張して譲りません。

妻に、<おかあさんにとって、歳をとってええことって、何なの・・・?>と尋ねますと、妻は、<そんなの、わたしにわかるわけないじゃない。>と答えていましたが、おかあさんにとって、<ええこと>というのは、テレビの料理番組で出てくる高級食材を使った高級料理を食べること・・・? たぶん、筆者の推測に間違いはないでしょう。テレビの料理番組を見ては、<美味そうだなあ!うまそうだなあ!おらも食いてえなあ!>と大きな声で、<ひとりごと>を言っていますから・・・。

テレビで温泉の料理を見ては、<あれを食ったら、もう死んでもええなあ!>と<ひとりごと>・・・。筆者が、<1人前、12,000円するんだってよ。>といいますと、おかあさん、<そんなんで食えんのけ? おらの年金でも食えるでねえか!おめえら、おらの年金、おらに黙って使ってんな?このろくでなしが!>とお決まりの落としどころへ・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『交通の百科事典』届く・・・ | トップ | 4月15日~5月14日までの農業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。