湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

カエルについてもっと知りたい・・・

2017年06月19日 |  1.田の生き物

市川衛著『蛙学』・・・。

インターネットの日本の古本屋経由で入手した、金沢大学医療技術短期大学部図書室の廃棄本ですが、妻の実家の棚田の田にいるカエルをよりよくしるための手がかりになります。その内容は、

第1章 形態
第2章 発生
第3章 変態
第4章 性の決定と転換
第5章 再生と畸形
第6章 蛙の系統と分類
第7章 生態
 第1節 棲所
 第2節 食性
 第3節 繁殖
 第4節 鳴き声
 第5節 体色とその変化
 第6節 運動
 第7節 冬眠と夏眠
 第8節 毒
 第9節 天敵と寄生虫
邦語索引
欧語索引

<第1章 形態>は、カエルの解剖学・・・。カエルのからだは、驚くほど精巧にできています。ヒトの解剖学に匹敵するほど・・・。筆者がカエルに関心をもちはじめたのは、カエルの中には、とてもひとなつっこいカエルもいること・・・。差し出した筆者のてのひらにのってくるカエルもいます。今、筆者が一番関心をもっているのは、シュレーゲルアオガエル・・・。モリアオガエルが木の枝に卵をうえつけるなら、シュレーゲルアオガエルは田の畔の中に卵をうえつける・・・。妻の実家の棚田の田で、たまごのときからその成長を観察することができるので・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷害対策の基本は2つ・・・ | トップ | 田の手押式草取機の使い方・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.田の生き物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。