湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

枝豆とスイカ、トウモロコシを収穫・・・

2017年09月23日 |  5.野菜つくり

今日の午後、妻と娘が、妻の実家の棚田の、田畑転換した畑に行って、枝豆とスイカ、トウモロコシを収穫してきました。

エダマメとスイカは、明日、野菜直売所・湖南四季の里に出荷するつもりだそうですが、もちろん、娘も、ご主人へのおみやげに、、枝豆・スイカ・トウモロコシ・レタス・サツマイモとコシヒカリ(2016年産)を持って帰ります。娘が、ご主人の出張中に、我が家に戻ってくるのは、米と野菜の調達も兼ねて・・・。

妻は、とてもうれしそう・・・。娘が結婚して家を出ても、自分で野菜を収穫して持って帰る距離に住んでいますから、さびしくはなさそうです。一般的には、母と娘は、<味噌汁がさめない距離>に住んでいるのがいいと言われますが、<野菜を収穫して持って帰れる距離>も捨てたものではありません。

トウモロコシ・・・、この台風18号の強風で倒れても不思議でなかったのですが、妻は、いろいろ考えて、昔のひとが、倒伏した稲を立たせるために使った方法をトウモロコシに適用・・・、それで、倒伏を免れたようです。長州藩の毛利元就が、3人の息子を諭した<1本の矢は簡単に折れるが、3本の矢を束ねるとそう簡単には折れない>という故事にならって・・・。トウモロコシを、3本を1まとめにし、それを3組さらにまとめ、それをさらに・・・、という仕方で幅広の紐で縛っていました。その結果、草丈の低いあきたこまちが倒れているのに、草丈の高い、トウモロコシは倒れることはありませんでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喜多方の道の駅までドライブ... | トップ | おとうさんの本は図書館の本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 5.野菜つくり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。