湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

満水状態のビオトープを妻に見せたとき・・・

2017年05月03日 |  1.田の生き物

昨日、階段で足を滑らせて落下した妻、軽いねん挫で棲んだようですが、やはり、歩くのは大変だとか・・・。

今日は、妻は農作業はお休み・・・。しかし、1日、妻が田畑を離れているとき、田畑がどのように変化しているのかを共有するために、妻に、今日の農作業の進捗状況を見せました。

満水状態のビオトープを、妻に見せたとき、妻が、指をさしながら、<あそこに泳いでいるのは、ゲンゴロウでしょう?>と問いかけてきます。筆者、<そう、ゲンゴロウ!もう、泳いでいる!>

田の生きものたち、田に水が入るのを今かいまかと待っているのでしょうね。

妻は、農道側の農業用水路から取水した水が、温水田の水路を通ってビオトープに清水が湧くごとく流れこんでくるさまを見て、驚いていました。<温水田そのものには水が全然たまっていないのに、ビオトープには水が流れこんでくるのね・・・>と、自然の水の力に感心していましたが、棚田の下段のコシヒカリの田の強湿田部分(元は、沼)を切り離してつくったビオトープ、農道側の農業用水路から取水した水は、温水田を経由して流入し、一定の水量を越えますと、山側の農業用排水路に流出します。つまり、妻の実家の棚田につくったビオトープは、水が流入・流出する開かれたビオトープになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死んだふりをするトカゲ・・・ | トップ | 温水田の管理方法・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.田の生き物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。