湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

大塚民俗学会編『日本民俗事典』が届く・・・

2016年10月29日 |  4.読書

インターネットの日本の古本屋経由で注文していた、大塚民俗学会編『日本民俗事典』が届きました。

1972年に出版された本なので、出版されてから40年以上経過しています。その40年の間、日本の民俗学は著しく進歩しているのでしょうが、民俗学の時代の先端を追求するのは、プロの民俗学者の仕事・・・。無学歴・無資格の筆者、『定本柳田國男集・別巻第5』の<総索引>と宮田登他編『民俗探訪事典』・井之口 章次著『民俗学の方法』、今回入手した『日本民俗事典』・・・等を使って、妻のふるさと・湖南の民俗をより深く知るのが目的・・・。

入手した『日本民俗事典』、筆者、インターネットで検索して、一番安価なものを発注するようにしていますが、今回は、@970円でした。古書の価値は、その古書の内容から判断して、@970円どころではありません。風雪に耐えて生き残った古書には、それなりの、測りがたい価値があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の夜は雨、今日の朝は強... | トップ | なに、それ・・・? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。