湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

雪吹の中、資材置き場つくり・・・

2017年11月24日 |  1.湖南の天気



午後1:30~、妻の実家の棚田の上段の田で、ボウガケのために使用する単管パイプやその接続金具、アタッチメント、園芸支柱などを保管する資材置き場を、軽量単管パイプでつくる作業を、午前中に引き続き継続しました。

雪吹の中・・・。

湖南の冬は、吹雪いていても積雪しても、雪の中で除雪作業をしなければなりませんので、今日の雪吹程度では、軽量単管パイプで資材置き場をつくる作業に、それほど支障はありません。筆者も妻も、防寒具をみにまとっての作業でした。

あとは、雨や雪がやんだ日に、今日、途中まで運び込んだ農業用資材の残りを格納して、資材置き場全体をブルーシートで覆ったら、ボウガケの後始末は終わり・・・。

単管パイプで資材置き場を組んでいるとき、単管パイプの端に、筆者のあたまを2度ぶつけて、大きなたんこぶができました。除雪用の厚手のヤッケを着ていましたので、血はでませんでしたが・・・。

午後3:30に作業を終えて帰ったときも吹雪いていましたが、午後4:00頃になると、雪吹もやんでいました。明日の作業予定を、妻と話しているとき、天気予報を再度確認することにして、筆者が見たのが、上のOCNのHPの天気予報・・・。晴れマークが、26~28日の3日間ついていましたので、筆者も妻も、急に元気がでました。晴れマークがついた3日間を大切にしなければ・・・!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボウガケから資材置き場へtra... | トップ | 稲わらは、肥枠を使って野積... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.湖南の天気」カテゴリの最新記事