湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

妻の部屋でインターネットにアクセスできるようになりました・・・

2017年03月21日 |  2.情報処理とブログ

午前中、LANケーブルを配線するための道具やテスターがすぐみつかりましたので、妻と2人で、LANケーブルの配線工事をしました。

筆者の書斎のルーターから、隣の台所を通りぬけ、階段をのぼって、妻の寝室である最初の部屋の壁を通って、妻の専用机の上に設置した、Windows8のタッチパネルパソコンまで、LANケーブルをのばして、接続用のパーツをとりつけました。

そして、Multi Modular Cable Tester を使用して、正しく接続しているかどうかを確認・・・。1回目の試験は、2階のTesterの端末が無反応・・・。2階目、エラーを取り除いてテスト・・・、緑色のランプがネオンサインのように点滅したので、成功・・・!

すぐ、パソコンの電源スイッチを入れて、インターネットに接続、NHKのラジオ番組に接続してみました。妻は、<高性能のラジオが欲しいの。今使っているラジオは雑音が多くて・・・>と話していましたので、とりあえず、ラジオがパソコンで聞こえるようにしました。日本のラジオだけでなく、全世界のラジオが聞こえるように・・・。

無線LANを使えばいいのですが、2013年4月1日に、妻のふるさと・湖南に帰郷してすぐ、2階の筆者の寝室でノートパソコンが使えるように、有線LAN用の資材を購入していましたので、今回、それを使って配線しました。よって、今回、そのための出費はありませんでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LANケーブルを敷くための準備... | トップ | おらんちは豚小屋だ・・・! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 2.情報処理とブログ」カテゴリの最新記事