湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

美味しいコシヒカリを栽培するにはどうしたらいいのか・・・?

2016年10月18日 |  3.有機栽培・無農薬栽培

素人百姓の筆者と妻、2014年に生まれてはじめて米つくりに挑戦しました。筆者、66歳、妻は、58歳・・・。

標高550mの湖南高原の棚田で、有機栽培・無農薬栽培で、晩稲のコシヒカリの栽培に挑戦しましたが、そのとき、筆者と妻の米つくりの先生役をしてくれたのが、中早稲のはえぬき・・・。0.5反のはえぬきで作業を先行して、その経験を、1.9反のコシヒカリの栽培に生かしました。

コシヒカリの栽培は、2014年・2015年・2016年の3年間、まずは、青立ちのまま秋が終わったり、倒伏させて収穫を無駄にしたりしないように、確実に収穫できる方法を採用しました。3年間の経験で、コシヒカリを倒伏させない稲作法をマスターしましたので、2017年は、これまで収集してきた、美味しいコシヒカリを栽培する方法の中から、筆者と妻にあった方法を採用して、美味しいコシヒカリを栽培するつもりです。

来年も、今年と同じく、有機栽培・無農薬栽培で、早稲のひめのもち(0.1反)、はえぬき(0.5反)、コシヒカリ(1.8反)を栽培するつもりです。筆者、有機栽培・無農薬栽培で美味しいあきたこまちをつくってみたいと思うのですが、妻は、猛烈に反対!筆者にとって、標高550mの湖南高原での、有機栽培・無農薬栽培のあきたこまちは、まぼろしの米になりそうです。妻は、あきたこまちだけでなく、ひとめぼれも、天のつぶも栽培には反対・・・。湖南の農家とは、抵触しないコシヒカリやはえぬき、ひめのもちを栽培しているのが一番いいのだとか・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年はコシヒカリ、ずっしり... | トップ | 金沢大学図書館の廃棄本約270... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。