湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

午後は、棚田の田の土手と農道の草刈り・・・

2017年05月18日 |  4.棚田

午後1:00~4:00まで、妻の実家の棚田の田の農道側の土手と、農業用水路の反対側の農道の草を、草刈機で刈り取りました。

この前、プロの農家の方が通りかかって、<なして、草を生やしてんだ?除草剤、まくカネがねえのけ?>と話していましたが、除草剤をまかれて、緑色の草が黄変してしまった田の畔や土手・・・。筆者と妻、やはり違和感を感じますので、除草剤は散布することはありません。プロの農家の方々にとっては、雑草は敵なのでしょう。素人百姓の筆者と妻にとっては味方なのですが・・・。

といっても、湖南の赤津村のプロの農家、なにをするかわかりませんので、今日の午後、草刈機で農道から見える範囲の農道や土手、畔の草を刈りました。筆者と妻の草取りは、<選択的草取り>・・・。緑のジュウタンになるような背丈の低い、横に広がる雑草は残して、背丈の高くなるイネ科の雑草などは取り除くことにしています。ただ、その時期を逸しそうなときは、草刈機で、地面から10cm高さのところで刈り取ってしまいますが・・・。

その間、妻は、妻の実家の段々畑で、きぬさやの苗を移植するための、畝のマルチはりと、ネットはりをしていましたが、思うようにできなかったとか・・・。明日、2人で、作業することにしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 午前中、田畑から離れる・・・ | トップ | むれ苗の症状を確認、5%の米... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。