湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

春の農作業がはじまって、体重6kg減・・・

2017年04月23日 |  1.農家の健康管理

この冬、筆者の体重は、64kgに増えていましたが、今日、風呂上りに体重を測定してみたところ、6kg減の58kgになっていました。

2013年4月1日に、福島の、妻の実家に帰郷・帰農して1ヶ月後、山口にいるときメタボ予備軍であった筆者の体重は減少、58kgになりました。それ以降、農作業をしているときの筆者の体重は58kgが普通・・・。

年金暮らしのわが家には、新聞・テレビで宣伝されている<健康器具>はひとつもありません。それに、筆者と妻、スポーツや散歩を楽しむこともありません。それでも、健康器具やスポーツをするより、メタボ予防につながっています。

筆者、体重が58kg前後のときが、いちばん、からだが軽く、あたまがすっきり、こころも晴れ渡ります。

湖南の農家の方々、メタボのひとや糖尿病・高血圧のひとが多いそうですが、素人百姓の筆者と妻ですらメタボ予備軍からはずされていくのに、なぜプロの農家の方々がメタボ予備軍に入ることになるのでしょう・・・?いつも不思議に思っているのですが・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルトラが帰ってくるのをま... | トップ | 金よりもむしろ知識をえよ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。