湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

種籾の塩水選のために塩を買いに・・・

2017年03月15日 |  4.米つくり

妻が、<あなた、塩水選の時期が近付いているわよ。塩を買って来なくては・・・>といいますので、午後、妻と2人で、猪苗代町のスーパーへ出かけました。

そのとき、県道9号線を通るのですが、猪苗代湖畔を長時間走ります。そのとき、猪苗代湖と会津磐梯山の美しい姿を眺めることができるのですが、今日の猪苗代湖と会津磐梯山は、とても<凛々しい>姿でした。その、日本刀の刃紋のうような自然を眺めながら、筆者、<愛国の花>という歌を思い出していました。

<真白き富士の けだかさを
こころの強い 楯として
御国につくす女等は
輝やく御代の山ざくら
地に咲き匂う 国の花

老いたる若き もろともに
国難しのぐ 冬の梅
かよわい力 よくあわせ
銃後にはげむ 凛々しさは
ゆかしく匂う 国の花・・・>

大和乙女の形容詞として<凛々しい>・<凛々しさ>はよく似合う言葉ですが、インターネットで検索しますと、<凛という漢字には、「物理的に寒い様子を表す」意味と「精神的に心を引き締める様子を表す」意味があります>とありました。今日の、猪苗代湖と会津磐梯山を見て、<凛々しい>と感じたのは、的外れではなかったようです。

現代日本において、凛々しさを感じさせる女性は、稲田朋美であって、村田蓮舫ではない・・・!大和乙女として、日本の国を愛し、日本の国を守るため、防衛大臣の職務をまっとうしてほしいと願う!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のおとづれを告げる、春の... | トップ | 郡山に買い物にでかける・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.米つくり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。