湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

認知症のおかあさんの独り言・・・

2017年04月29日 |  4.痴呆・介護

今日、午後5:30ころ、妻がわかしてくれた風呂に入りました。

しばらくして、風呂の出入り口のガラス戸に、妻の実家のおかあさんの姿がありました。風呂の前を通っておトイレに行くためのようですが、そのとき、妻の実家のおかあさん、ひとりごと・・・。

<仕事もろくにできねえのに、いっちょまえに、風呂だけは早く入んだなあ・・・>。

最近、認知症の、妻の実家のおかあさんの口から出てくる言葉、ほとんど、馬耳東風で切り捨てていますので、おかあさんの言葉に、即、反応することはありません。

筆者、最近は、中国や韓国からの日本批判の言葉、日本の野党から日本の政府への批判の言葉、市民運動のひとりよがりな言葉も、認知症の、妻の実家のおかあさんの言葉と同じで、筆者、それを耳にしても、ほとんど無反応状態になりつつあります。事実誤認と独断・偏見に凝り固まった言葉は、耳を傾けるに値しません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日の天気は、農作業日和・・・ | トップ | 老後の寂しさの意義・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.痴呆・介護」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。