湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

朝、2階の網戸を張り替える・・・

2017年06月30日 |  1.田舎暮らし

朝、2階の、敗れた網戸を張り替えました。

西側と北側の窓に網戸が入って、涼しい風が吹きこむようになった部屋に、いつもは、隣の妻の部屋にいる、都というメス猫が、筆者の部屋に入ってきて、カーテンの裏に隠れるように居眠りをはじめました。

筆者が近づくと、都、<お願い、この部屋にいさせて・・・>とでもいうかのように、あまえた鳴き声を出しますので、そのままにしておきました。

郡山から帰ると、居間と、おかあさんの部屋の前の廊下の網戸を入れました。妻は、居間のまめたんごたつをとっぱらって、座卓をセットしていました。認知症になると、季節感を喪失するようなので、網戸を取り付けて、座卓に団扇をおいて、風鈴をとりつけて・・・、これは、妻の実家のおかあさんの耳にとどかないのでやめましたが、出来る限り、<今は、夏・・・!>だと思わせるように環境つくりをしていました。

妻の実家のおかあさん、<なんだ、おめえら、バカでねえのけ?ここらは、梅雨が終わってから、こたつを片付けんだ!まだ、梅雨に入ってもねえのに、なしてこたつ片付けんだ?おめえら、ここらのもんでねえから、根性悪だなあ!>と毒づいていましたが、なにをかくそう、筆者も、まだ電気毛布を使っています。湖南高原は朝方冷えるので、朝、10分ほどあたためます。

妻のふるさと・湖南高原は、昼夜の寒暖差がはげしいところですから・・・。網戸をつけても、夜寝るときはサッシの窓ガラスを閉めます。開けたままにしておきますと、次の朝、風邪気味になっている可能性が高いですから・・・。

梅雨時期に、暖房しなければならない年は、ほぼ間違いなく冷害が発生する年です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝、体調悪し・・・ | トップ | 『新吉原史考』他を注文・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。