湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

平成28年度郡山地方史研究会・研究発表会の案内・・・

2016年11月02日 |  2.郡山地方史研究会

今日、郡山地方史研究会事務局から、<平成28年度研究発表会の開催>の案内が届きました。

研究発表者は、

加藤義久先生:「田村郡平沢村天正19年検地―検地の手法と定量分析―」
広長秀典先生:「守山城と高倉城」

研究発表会までには、3週間ほどありますので、手持ちの史資料で下調べをしておくことにしましょう。郡山地方史研究会の研究発表会では、いつも、あたらしい史資料の写しが配布されます。この前の史跡めぐりもそうでした。郡山地方史研究会の先生方の、歴史研究の先端と傾向を知ることができます。

晩秋の<研究発表会>がおわりますと、次は、冬の<古文書講習会>があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついでに、『心理学事典』・... | トップ | この秋、はじめて雪マーク・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 2.郡山地方史研究会」カテゴリの最新記事