湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

来年は、あきたこまち、つくってみねえか・・・?

2017年11月21日 |  1.田舎暮らし

11月19日、湖南の赤津村の長福寺の庭の木の雪囲いの作業があったとき、各地区から選出された世話役のひとりの農家の方が、<吉田くん、来年は、あきたこまちをつくってみねえか?>と話しかけて来られました。

湖南の赤津村では、

あきたこまち・・・プロの農家しか採れない
コシヒカリ・・・素人でも採れる

と言われていますが、筆者と妻、2014年から2017年の4年、有機栽培・無農薬栽培でコシヒカリを栽培してきたので、<そろそろ素人でも採れるコシヒカリではなく、プロの農家にしか採れないあきたこまちをつくってみないか>という誘いの言葉です。違った土俵に立っては、勝ち負けがはっきりしませんので、勝敗をはっきりさせるためには、同じ土俵に立って競わなければ・・・、という思いが背後にあるのでしょう。

妻にその話しをしますと、妻は、<あきたこまち、つくってはダメ!だって、山口にいるとき、わたしの父が送ってくれたあきたこまち、食べるの大変だったでしょう?それに、山口のスーパーで販売されていた全国のあきたこまちを食べても美味しいと思わなかったでしょう?わたしは、コシヒカリとはえぬきとひめのもちだけで十分・・・!>と話していました。

筆者が調べた限りでは、美味しいあきたこまちのつくりかたは、美味しいコシヒカリのつくりかたと同じ・・・。美味しいコシヒカリがつくれるということは、美味しいあきたこまちもつくれるということを意味します。美味しいコシヒカリがつくれないということは、美味しいあきたこまちもつくれないということを意味します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年産コシヒカリを試食・・・

2017年11月21日 |  4.田舎の食生活

今日の夕ご飯は、標高550mの湖南高原の棚田の、妻の実家の田で有機栽培・無農薬栽培した2017年産コシヒカリの新米・・・。

妻は、<このコシヒカリ、かなり乾燥してたのね。炊飯器にセットする水の量を0.5メモリ少なくしたから、少しかたいごはんになってしまったわ。>と話していました。そして、<食べていると、口のなかで、1粒1粒分かれていくみたい・・・。それなのに、噛んでいると、ねばりとあまみが出てくるのね。今年、天候不順で、低温と日照不足、長雨と台風との戦いだったけれど、いいコシヒカリになったわ・・・>と、うれしそうに新米のコシヒカリのごはんを食べていました。

明日は、はえぬきを、家庭用の精米機で精米して試食してみます。

筆者と妻が、湖南の赤津村でコシヒカリを栽培することに批判的なプロの農家の方々が多いのですが、彼らは口をそろえたように、<ここらで採れるコシヒカリは、ぐちゃぐちゃして美味くねえ!>と言われます。しかし、筆者と妻が、2014年、2015年、2016年、そして今年2017年、コシヒカリを栽培してきた経験からいいますと、一度も<ぐちゃぐちゃ>したり、<べちゃべちゃ>したりすることはありませんでした。一番辛辣な批判をするのが、妻の実家の親類・親戚筋のプロの農家・・・。付き合いはほとんどなくなりましたので、どうでもいいのですが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米の放射能全袋検査はPassしたけれど・・・

2017年11月21日 |  5.原発事故と放射能汚染

今日、米の放射能全袋検査を受けてPassしましたが・・・。

検査機器のディスプレイに表示されたBq/kgの値を見て、少しく気になったので、夜、筆者の<Geiger-Counter ALPHA iX3000>の液浸型検知管を使用して、放射能汚染度(全ベータ線量)を測定してみました。10分間×3回の測定・・・。

1回目・・・120Ipm
2回目・・・117Ipm
3回目・・・117Ipm

3回の平均は、118Ipm
10分間計測に対する検知限界は、17+3.9=20.9Ipm
10分間測定した結果は、(120+117+117)/30=11.8Ipm
11.8Ipm<20.9Ipmなので、検出不可。Cs137が100Bq検出されるときのIpmの数値は、毎分52.3・・・。50Bqでは、毎分26.2Ip・・・。

筆者の<Geiger-Counter ALPHA iX3000>では、筆者がつくった米の放射能汚染を検出することはできませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全袋雪の三森三度越え・・・

2017年11月21日 |  1.湖南の天気

今日は、午前9:00~午後3:30まで、今年収穫した米の放射能全袋検査のため、米袋の搬出・搬入をしていました。

湖南の赤津村から、放射能全袋検査の会場である、JA福島さくらの大槻支店まで、3往復することになりました。奥羽山脈の三森峠を境に、湖南側では雪が舞い、郡山側では晴れて青空が見えていました。<同じ郡山市なのに、この天気の変わりようは何なんでしょうね・・・>と、妻がつぶやいていました。

<トンネルを抜けるとそこは雪国だった>・・・。それは、郡山から湖南を目指してドライブするときの話し・・・。湖南から郡山を目指して、雪の舞う、奥羽山脈の<三森トンネルをぬけるとそこはまだ秋のままだった>・・・。

安全運転で、三森峠を越えて3往復しましたが、三森分かれの付近で、普通車が、県道6号線の斜線をはみ出して、畑の中に飛び込んでいました。1往復目は、救急車・・・。2往復目は、パトカー2台・・・。3往復目は、事故車を運ぶレッカー車が1台・・・。道路には、ブレーキ痕がなかったようなので、ノンブレーキで、県道6号線から畑の中に飛び込んだのでしょう。

妻は、<湖南史談会の秋山先生のくるまによくにてるわ・・・>と話していましたが、筆者、<秋山先生のくるまの車番は、あんなのではない・・・。>と答えてそのまま放射能全袋検査の会場に向かいました。

最近、反対車線を走ってくるくるまが増えたような気がします。昨日も、筆者、無意識的・反射的に警笛をならしました。反対車線をまっすぐ、突っ込んで来られるので・・・。正面衝突でもすれば、大けがするでしょうから・・・。湖南は、高齢者が多く、自ら事故を起こさないように注意するだけでなく、事故に巻き込まれないように、また事故を起こさせないように絶えず注意する必要があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝も積雪・・・

2017年11月21日 |  1.湖南の天気



今朝、6:00に起床・・・。

雨戸を開けますと、外は雪で真白・・・。今朝も3cmほど積雪していました。今日の最高血圧は113、最低血圧は69、脈拍数は59、体温は、34.8℃でした。朝の部屋は、ひんやりとしていましたが、体調に変化なし・・・。

OCNのHPの天気予報では、雪だるまが並んでいましたが、今日、米全袋放射能検査に、今年収穫した米を、JA福島さくらの大槻支店まで持っていくことにしました。晴れた日がやってくることはなさそうなので・・・。農機具の小屋の前に、ブルーシートでにわかテントを張っていたのですが、今年のブルーシートの屋根、意外と丈夫に張ることができたようです。

ブルトラを移動して、軽トラが農機具の小屋の前で横付けできるようにして、雨や雪に左右されないで米袋の積み下ろしが、できるようにしました。来年は、ブルーシートを加工して専用の屋根をつくらなければ・・・。今年は、ありあわせのブルーシートを使いましたので、少しく長さが足りませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加