湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

レンコンの酢の物ときんぴら・・・

2017年09月15日 |  4.田舎の食生活

今日、試掘した備中レンコンを使って、妻が夕食のおかずに、<酢レンコン>と<レンコンのきんぴら>をつくりました。

やはり、備中レンコンは、色白・・・。酢の物にすると、透き通って、とてもきれいです。妻がつくった<酢レンコン>と<レンコンのきんぴら>は、とても美味しい!

妻は、食べながら、<わがやのレンコン、美味しいでしょう? 病院で調理師をしているとき、レンコンの料理をいろいろつくったことがあるけれど、こんなにやわらかくて、形のくずれないレンコンって、高齢者でも美味しく食べれるわ。レンコン栽培農家でないと、味わえないレンコンの味ね・・・>と、話していました。

今日、備中レンコンを試掘したのは、妻が、野菜直売所・湖南四季の里のお客さんから、備中レンコンの注文を受けてきたため・・・。収穫時期にはまだ至っていませんが、妻は、<それでもよければ・・・>と・・・。一度でも雪が降りますと、水が冷たくなって、備中レンコンを栽培しているビオトープや温水田にはいることができなくなります。数分で足と手が凍えてきます。雪が降る前に、収穫できる備中レンコンはすべて収穫し、来年の栽培のための種レンコンを保存しておかなければなりません。

種レンコンは、一度でも凍らせると死滅してしまいますので、種レンコンの保存に知識・技術が必要です。

備中レンコンは、西日本のレンコンです。東日本のレンコンは、備中レンコンとは違う<丸レンコン>・・・。妻は、<丸レンコンも栽培してほしい>と、野菜直売所・湖南四季の里のお客さんに言われるそうですが、東日本の<丸レンコン>の種レンコン、栽培先進地の栽培農家保護の観点から、他府県の農家が入手することはほとんど不可能です。JA湖南から、あきたこまちやひとめぼれ、天のつぶなどの種籾の販売を拒否されるのと同じく、<丸レンコン>の種レンコンの入手も不可能です。JA湖南によほどの強いつてがないと・・・。

それで、筆者と妻、米は、コシヒカリとはえぬき、レンコンは備中レンコン、ソラマメは一寸そらまめを、西日本の種苗店から入手しています。栽培法も、東日本作り方ではなく、西日本のつくり方・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープのレンコンを試掘・・・

2017年09月15日 |  4.棚田

今日は、なにをしてもうまくものごとが進みませんので、すべての農作業を止めて、ビオトープに繁殖した備中レンコンを試掘してみることにしました。

1㎡のひろさの、備中レンコンの葉と茎を取り除き、茎をたどって、土の中に手を入れてまさぐるのですが、右肩近くまで差し込んだ手に、備中レンコンの手ごたえが・・・。1節が、直径7~8cm、長さ30cmの備中レンコンを抜き取ることができました。

妻は、その備中レンコンを見て、とてもうれしそう・・・。<今年は、いっぱい花が咲いたから、備中レンコン、出来ていると思ったの!でも、まだ収穫するには、はやいわね。まだ葉が枯れていないんですもの・・・>と話してしました。

ビオトープから、コシヒカリの田の方に、かなり広範に備中レンコンが入り込んできていますので、コシヒカリの田の土の中にも、備中レンコンができていることでしょう。コシヒカリの稲刈がすんだら、コシヒカリの田にできた備中レンコンをすべて掘り起こさなければなりません。

吉田農園の農園主である、筆者の妻、<レンコン栽培農家>になることができそうです。寒冷地・高冷地である、標高550mの湖南高原の棚田でのレンコンの栽培法・・・、次第に確立しつつありますが、筆者も妻も、湖南の他の農家にはその栽培法については、<他言無用>。

次から次へと、あの手この手を使って、栽培する野菜の種類を増やしていく妻・・・、筆者は、妻から言われて、必要な情報を、蔵書の中から引っ張り出すだけですが・・・。自然農法を目指しながらの有機栽培・無農薬栽培に努力を続ける妻の姿を見ていると、筆者、ほっとします。筆者と妻の年齢差は、8歳・・・。それに、女性は男性より寿命が長いので、妻がひとりで百姓暮らしをしなければならない時が短くありませんので、妻が自立して、この湖南で生きていくには、妻にしかできない栽培法を身につけるのが一番だからです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コシヒカリの田のヒエを取ろうとしたけれど・・・

2017年09月15日 |  1.湖南の天気

今日、コシヒカリの田の、まだヒエ取りがすんでいない場所のヒエを取ろうとしたのですが、台風18号接近のためでしょうか、時おり、突風が吹いてきて、バランスを崩して、何度か転倒しそうになりました。

妻のふるさと・湖南は、<風の町>と宣伝されるほど、1年中を通じて風が吹く場所です。今日の風はまだまだ序の口ですが・・・。

しかし、今日の風は、冷たくて、ヒエをとっている間にも体温が低下していくのが分かります。何度も尿意を催し、田から出なくてはならないので、今日のヒエ取りは中止しました。同じ面積のヒエをとるのに、いつもより3倍もの時間と労力がかかりますので、無理をしないことにしました。台風の風でヒエの種子が落下させられる前にヒエを取り除いてしまおうと思ったのですが、断念せざるを得ないことになりました。妻は、<大丈夫!この程度のヒエなら、来年、手で取ることができます!>と話していました。

今日は、なにをしても、うまくものごとが運ばない日になりました。台風18号の暴風によって、妻の実家の棚田の田の農業用資材が吹き飛ばされないように、夕方、妻と片付けをしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

給水ポンプのスターターの紐が切れて・・・

2017年09月15日 |  1.農機具と農具

非常に強い 、中心気圧 950hPa、中心付近の最大風速 45m/s、最大瞬間風速 60m/sの台風18号が福島に接近する前に、標高550mの湖南高原の棚田の、妻の実家の田に水を入れようと、今朝、給水ポンプのエンジンをかけようとしますと、スターターの紐が切れて、使用不能に・・・。

機械音痴の筆者、自分で下手に修理してさらに壊してもいけないので、KUBOTAの湖南営業所に持っていって修理してもらうことにしました。午後、修理してくださったので、明日、1日、出来る限りたくさん、田に、温水田経由で水を取水することにしました。

今日は、午前10:00~午後4:00まで、直接、コシヒカリ、はえぬき、ひめのもちの田に農業用水路の水を直接入れました。今、コシヒカリ、はえぬき、ひめのもちは、水が必要な時なのでしょう。3日毎に、給水ポンプで、水が豊富に流れてくる農業用水路から水を汲み上げる必要があります。コシヒカリを、台風18号の暴風による倒伏からまもるため、いつもより水深を深くするつもりです。

今年のコメつくり、<・・・するつもり>で、農作業をことごとく失敗してきたので、今回思った通りに、台風18号の暴風から、コシヒカリの倒伏を防ぐことができるかどうか、不安要素は多々ありますが、台風18号襲来を前に、なにもしないより、何かをした方がいいので、とりあえず、筆者と妻にできることをすることにしました。

今日、KUBOTAの湖南営業所の担当者の方に、妻の実家の棚田の田で使用する<水中ポンプ>の機種、能力を調べてもらうことにしました。以前、導入を検討しましたが、機種選定にまではいたりませんでしたので、KUBOTAの湖南営業所の担当者の方のアドバイスを受けることにしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古島敏雄著『日本農業史』を精読する準備・・・

2017年09月15日 |  1.農書

昨夜、古島敏雄著『日本農業技術史』を精読するための準備作業をしました。

ただ単に、日本の古代から近世までの農業技術の通史を通読するだけでなく、標高550mの湖南高原の、妻の実家の棚田での有機栽培・無農薬栽培の農作業の参考にするため・・・。

古島敏雄著『日本農業史』を次の7分野に分けて、それぞれの分野を古代・中世・近世と通読できるようにしました。

1.日本稲作史
2.日本畑作史
3.日本農具史
4.日本肥料史
5.日本農法史
6.日本作物史
7.その他(今回読まない、日本養蚕史、日本畜産史、日本営農史など)

人生の晩年における帰農・・・、座学・実学ともに学ぶことは多い・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮と南韓国、日本に向けて同時にミサイル発射・・・?

2017年09月15日 |  3.自衛隊と国防

今朝、筆者の携帯にJアラーとの警告音がなり響きました。

台風が接近しているため、北朝鮮がICBMを打ち上げるのは、今日の朝あたり・・・、と推測されていた通りに、北朝鮮は、日本に向けてミサイルを発射したそうです。その北朝鮮のミサイル発射に対抗して、南韓国も日本に向けてミサイルを同時発射したとか・・・。

テレビのチャンネルをいろいろ変えていたとき、ふと耳に入った、韓国からの情報・・・。韓国軍が北朝鮮がミサイルを発射した時刻を、日本がJアラーとで警告した時刻よりかなり遅い時刻で公表したようです。つまり、韓国軍の北朝鮮のミサイル発射を察知する能力が劣っているということ・・・? 劣っていない場合、南韓国は、北朝鮮の実際の発射時刻より遅らせて公表し、日本に誤情報を提供し、北朝鮮のミサイルによる日本の被害を大きくしようとする意図が働いているということ・・・?

ならずもの国家、北朝鮮と南韓国・・・、日本に全面戦争をしかけるつもりらしい・・・。日本は、日本と日本国民の軍事的安定を確保できるまで、在日朝鮮人・韓国人を拘束、資産を没収して、それぞれの母国に強制送還させたほうがいいのでは・・・?日本列島を、北朝鮮と南韓国によるミサイル・大陸間弾道弾の通行銀座にしてはならない!同じ理由で、中国による東シナ海のルートに対しても・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加