湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

書斎の薬理学に関する本・・・

2017年09月05日 |  2.老化と老化対策

筆者の書斎にある、薬理学関連の書籍は・・・

 1.『廣川・薬科学大辞典』

 2.田中千賀子他編『NEW薬理学・改訂第2版』(1993年、定価9,000円)
 3.石田甫他編『歯科薬理学 第5版』(2005年、定価9,500円)
 4.鈴木正彦著『薬理学 改訂第2版』(2005年)
 5.小池勝夫他著『新・薬理学』(1998年、定価2,800円)
 6.日本薬学会編『ヒューマニズム・薬学入門』(2005年、定価4,410円)
 7.景山茂他編『疾病の病態と薬物治療』(1996年、定価7,300円)
 8.藤村昭夫編『症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け』(2010年、定価3,200円)
 9.山崎幹夫監修『医薬品情報学 第3版』(2005年)
10.高柳元明他編『よくわかる薬物相互作用』(2001年、定価2,500円)
11.柴崎正勝他監修『化学構造と薬理作用 医薬品を化学的に読む』(2010年、定価3,800円)
12.林正弘著『生物薬剤学』(2001年、定価5,000円)
13.有澤宗久他著『最新・薬用植物学』(2008年、定価5,600円)
14.井上尚英他著『化学・生物兵器概論 基礎知識・生体作用・治療と政策』(2001年、定価4,200円)

15.いいはら診療所他著『介護者のための病気と薬がわかる本』(2005年、定価1,800円)
16.戸田浄著『間違いだらけの薬の選び方・使い方』(1999年、定価1,600円)
17.宇田川久美子著『薬剤師は薬を飲まない あなたの病気が治らない本当の理由』(2013年、定価800円)
18.高瀬義昌著『認知症、その薬をやめなさい』(2016年、定価800円)

筆者、無学歴・無資格、医学・看護学・薬学の門外漢なので、これらの本を読んでも、自分に対しても処方・治療することは一切ありません。あくまで、参考資料として・・・。筆者、ときに応じて、薬局で市販薬を入手していますが、服用するときは、その成分を調べるのが常・・・。筆者にとって、アレルギー源となりそうな成分の入った市販薬は一切使用しません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめて、自分の歯を観察・・・

2017年09月05日 |  2.老化と老化対策

昨日、BOOKOFFで、@108円で購入した下野正基他編『新口腔病理学』をひもときながら、手鏡で、筆者の口の中の歯を1本1本観察して行きました。

歯科用鏡を持っていませんでしたので、ちいさな手鏡を駆使して、歯の状態を1本ずつ確認しました。それで、筆者、齲歯の状態になっている3本の歯を特定することができました。まだ、治療を終えていない歯であるようです。歯くぎも1箇所、赤くはれているところがありました。歯科医の方が、<まだ膿が出ている・・・>と話しされていた歯であるようです。健康な歯くぎの色と、病的な歯くぎの色は、はっきり異なるようです。

しかし、小さな手鏡で1本1本の歯をていねいにみるのは難しいので、今日、郡山のドラッグストアに立ち寄ったとき、薬剤師の方にすすめられて、PICK&MIRRORの<歯石屋くん>を1本購入しました。歯科用鏡MIRRORの柄の反対側は、PICK(つついて何かを取る)がついているようです。筆者、右手に関節障害があり、指の細かい制御ができませんので、PICKを使っているときに歯くぎを痛めてしまう可能性が大・・・。PICKの部分は、使うことはないでしょう。歯の保守のために使用するのは、<歯槽膿漏対策>用のライオンの歯間ブラシ<デントヘルス>のみ・・・。

今、通院している、隣村の半澤医院の歯科医の方の指導の範囲内で、<今ある歯を1本でも多く守る>ための対策・・・。

今日から使用する歯みがきは、ライオンの<薬用システマ・ハグキプラス>・・・。<歯ぐき活性化。おとろえてきた歯ぐきに。組織を修復して、歯周病を防ぐ。薬用ハミガキ>・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめて覆面パトカーに遭遇・・・

2017年09月05日 |  2.小さな旅とドライブ

今日の午前中、郡山に行ったとき、カワチ薬局で医科用鏡を購入して、国道49号線で磐梯熱海の病院に向かっていたとき、筆者、2車線の追い越し車線を走っていました。その前に、普通車が1台走っていましたが、なにか運転の様子が変・・・。追突させられてはいけないので、一定の車間距離を保ってそのくるまのうしろを走っていました。

すると、突然、そのくるまの屋根から赤い警告灯がつきでて、パトカーのサイレンがなりはじめました。助手席の窓からひとの手が出て、くるまを停止するように合図がされていました。覆面パトカーがパトカーになった瞬間をまのあたりにして、筆者、<安全運転に徹しているので、速度・シートベルト・携帯の違反はしていないはずなのに・・・>と思って、減速した覆面パトカーのあとについて行こうとしたのですが、覆面パトカーがとめようとしたのは、すぐ、筆者のくるまではなく、パトカーと並走して走っていた他の普通車であると分かりました。

筆者、生まれてはじめての覆面パトカーとの遭遇・・・。

テレビの特別番組で時々目にした光景ですが、筆者の目の前で起ころうとは・・・! BOOKOFFで購入した佐藤喜宣著『臨床法医学テキスト』には、<交通損傷>に関するなまなましい写真が掲載されていましたので、安全運転を徹底しなければ・・・、と思ってまもないときの覆面パトカーとの遭遇・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『歯科薬理学』等を入手・・・

2017年09月05日 |  2.老化と老化対策

午前中、妻の実家のおかあさんを、磐梯熱海の病院に連れて行きました。耳鼻科と補聴器外来で診察を受けるため・・・。おかあさんは、妻が付き添っていますので、筆者は、郡山のドラッグストアで、歯磨き粉(妻用・筆者用各1本ずつ)、歯科用鏡×1本、歯間ブラシ5本入り×1セットを購入・・・、ついでに、BOOKOFFに立ち寄って、@108円の石田甫他編『歯科薬理学 第5版』(2005年、定価9,500円)と小池勝夫他著『新・薬理学』(1998年、定価2,800円)、佐藤喜宣著『臨床法医学テキスト』(2008年、定価7,000円)の3冊を購入・・・。

『臨床法医学テキスト』は、農機具による事故死、農薬による事故死、身元不明の腐乱死体などの写真が掲載されていて、これまでに入手した江口治編『探偵学大系』・高津光洋著『検死ハンドブック』についで、法医学関連の3冊目・・・。前2冊は、インターネットの日本の古本屋経由で入手したもの・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加