湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

農薬による慢性中毒の診断ができる医者はほんとうに少ない・・・

2017年12月09日 |  1.農家の健康管理

昨夜、『こんなに使っていいかしら家庭にひそむ農薬』をよみはじめました。

農薬は、田・畑・山林において使用されているだけでなく、家庭内においても、いろいろな形で使用され、農薬は、日本人のからだに徐々に蓄積されて行っているようです。<抗菌・防臭作用>と表記されている商品は、ほとんどが<農薬入り>を意味しているようです。筆者のように、薬品アレルギー(農薬・医薬品を問わず・・・)のあるひとは、<抗菌・防臭作用>のある商品に接すると、アレルギー症状を呈する可能性があるそうです。

その本の中に、このような言葉がありました。<急にでる中毒症状(急性中毒)ももちろんこわいですが、家庭での薬剤使用のもっともこわいのは、毎日住んでいる家の中での中毒ですから、症状が慢性的になることですね(慢性中毒)>。すこしずつぐあいが悪くなっても、風邪の症状とよく似ているので、すぐには気づかないとか、風邪にしてはどうも変だと、相当自覚症状が出てきてから病院に行っても、お医者の中には農薬(殺虫剤)中毒なんて全く知らない人もいて、自律神経失調症で片付けられてしまっている人も多いと言われています。日本全国でも農薬(殺虫剤)による慢性中毒の診断のできる医者はほんとうに少ないんです・・・>。

ダニシートには、<単位面積あたりには、水田や畑にまく量の約10倍ぐらいの量のスミチオンをしみ込ませて>あるそうです。

主婦せっせまく農薬で父子殺す
主婦がまく家庭内農薬癌を呼ぶ
主婦ならば賢く生きよ毒避けて

虫や黴殺すついでにひと殺す

保育園自然大事と除草剤

庭の鉢そこにも農薬手間いらず

知りませぬ知らぬがほとけの毒殺し

農薬も用途変えれば規制なし

殺虫剤名前変えても農薬だ


害虫は海千山千生き残る

人間が如きに負けぬ害虫は
スミチオンダニと一緒にひと殺す

農薬は神経毒と悟るべし
農薬は味方にならぬ死ぬまでは
農薬を使うつもりで使われて


認知症農薬使いの成れの果て
農薬を防ぐすべなく緑内障
農薬は知らぬが医師ももてあまし

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人体汚染に関する本を注文・・・

2017年12月03日 |  1.農家の健康管理

今日の夜、BOOKOFF ONLINE で、<人体汚染>に関する本を注文しました。

『人体汚染のすべてがわかる本』・『よくわかる農薬汚染 人体と環境をむしばむ合成化合物質』・『がんのベーシックサイエンス』・『癌についての505の質問に答える 』・『健診・人間ドックハンドブック 改訂3版』の5冊・・・。いずれも、@198円の本・・・。

筆者と妻は、2013年4月1日に、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農して以来、有機栽培・無農薬栽培に徹していますので、農薬・除草剤を直接散布することはありませんが、湖南の赤津村の農家は、農薬・除草剤を大量に散布するのが常・・・。田畑で農作物の残滓を燃やしたり、ハウスの暖房のためにもろもろのものを燃焼させて、放射性物質や農薬をさらに拡散させる農家も少なくありません。筆者と妻が、農薬・除草剤を使わなくても、赤津村の他の農家の方々は、ほとんど無自覚に農薬・除草剤を多用していますので、筆者と妻に、農薬・除草剤による健康被害が発生しないとも限りません。

農薬による人体汚染をどう避けるか、農薬によるがんの発生をどのようにして防ぐか、その情報を得るために、今日の夜、BOOKOFF ONLINE で、上記5冊を注文しました。インターネットの日本の古本屋経由で、農薬や農薬被害、環境破壊に関する本はすでに収集済ですが、神崎仁著『耳鳴の克服とその指導』の巻末に、吉村昌雄著『人体汚染―法医学からの検証―』が広告されていて、<人体汚染>という言葉をはじめて目にしましたので、BOOKOFF ONLINE と日本の古本屋で検索してみたのですが、どちらもヒットしませんでした。それで、『人体汚染のすべてがわかる本』以下を購入することにしました。

<環境汚染>だけでなく<人体汚染>・・・。

妻の実家のおとうさん、生前、筆者に、<農家は、米や野菜を農薬漬けにし、医者は、農家を薬漬けにする・・・。おらは、農薬を使いたくないし、薬ものみたくない・・・。農協に出荷すると、農薬を抱き合わせで買わされ、医者にいくと、いっぱい薬を処方される。おらの農薬の保管庫見てみろ、農薬がいっぱいたまってる。おらのタンスの中をみてみろ。医者から処方されたくすりがいっぱいある。こんなに農薬をまいたり、こんなに薬を飲んだりしたら、みんなおかしくなるわな・・・>と話していました。

2013年4月1日に、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農したときは、それらの農薬の種類と品名をかきとめて、専門業者に依頼してすべて処分しました。そのあとDDTが出てきましたが、今は、ポリ容器に密閉して保存しています。未使用の小瓶のスミチオンも・・・。おとうさんが数十年ためていた医薬品も破棄・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左腕が肩より上に上がらない・・・

2017年11月29日 |  1.農家の健康管理

今日、妻の実家の棚田の田の、山側の農業用排水路で、標高550の湖南高原の棚田で栽培不可能といわれているコシヒカリを栽培するためにつくった、瀬戸内海の入浜式塩田風<温水田>に、別の農業用水路から水をくみあげるためのホースを洗浄していたとき、U字溝の曲がり角のコケで足を滑らせて転倒・・・、左肩をU字溝のコンクリートに強打してしまいました。

次第に左手が上がらなくなり、今は、やっと肩の高さまで左腕をあげることができる程度・・・。

明日、収穫した米を、玄米保冷庫に格納する予定ですが、積み上げるのは7袋×3列(10.5俵分)・・・。左腕の調子ですと、4袋積み上げるのが限度・・・。それで、玄米保冷庫に格納するためのリフトのバッテリィを充電しはじめましたが、4時間かかりました。リフトを実際に使用するのは、15~20分くらいでしかありませんが、<転ばぬ先の杖>で購入したこのリフト、役立つときがやってきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は睡眠時間、8時間・・・

2017年11月23日 |  1.農家の健康管理

昨日の睡眠時間は、8時間・・・。

昨日は、妻の実家の棚田の田のボウガケの片付けをしましたが、1.ボウガケセット11組の解体、2.軽量単管パイプ66本・接続金具55個・アタッチメント88本をひとりで格納場所まで100m運びました。雨で田の畔はぬかるんでいるし、軽量単管パイプといっても、足の甲に落としでもしたら骨にひびがはいります。それで、妻は、ミニトマトの雨除け栽培の後片付けをして、筆者、ひとりで運びました。

4m長さの軽量単管パイプ、バランスをとって、あまり、筆者のからだに負担がかからないように運びました。しかし、運び終えたあと、全身に疲労感が漂って、それで昨日の農作業は終わりにしました。昨夜は、はやめに風呂に入り、いつものOut Stretch をして就寝しました。

今朝目が覚めたとき、手・脚・腰には痛みがなく、全身の疲労感もなくなっていました。

69歳の筆者、やはり、歳を感じさせられました。からだのあちらこちらに痛みが来なくても、からだ全体が疲労状態になることもあることを実感させられました。建築資材の合理的運搬方法、2013年に妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農して、簡易温室をつくりはじめたとき、建築資材はホームセンターのカインズホームで入手しました。そのとき、店員の高齢のおじいさんから、建築資材の運搬方法や軽トラに積み下ろしをする方法を教えていただきました。今は、そのとき教えていただいた方法を応用するだけ・・・。

軽量単管パイプの1mあたりの重量は2.73kg・・・。軽量単管パイプだけで810kg・・・。今年、脱穀した籾袋も、籾摺りした米袋もひとりで運びましたが、800kgの重さを6回移動したり積み下ろししたりしたことになります。800kg×6=48,000kg・・・。約5トンを人力で移動・・・。右手の握力のほとんどない69歳の筆者が・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Informed Consent が成立するためには・・・

2017年11月12日 |  1.農家の健康管理

2007~2017年の10年間に集めた医学書・看護学書は、あわせて約360冊・・・。

筆者の寝室に約70冊、書斎に約290冊を保管していますが、昨日、筆者自身が自分のお抱え医師になったつもりで、必要な医学的知識・技術を知ることができる医学書20冊を選択して、その内容を確認していたとき、Informed Consent が成立するためには、患者自身が医学的知識を持っていることが前提にあるとありました。

<外国>では、患者が、自分が今どんな病気になりかけているか、あるいはなっているかを自己診断し、それを治療するための医療費まで勘案して病医院で治療を受けるかどうか判断するのが一般的であると書かれていましたが、<日本>では、患者が医学的知識をもつことはまれで、Informed Consent が成立しにくい環境にあると説明されていました。

山口にいるとき、梶原眼科の先生に、<福島の、妻のふるさとは無医村なので、昔、病院で臨床病理の検査をしていたときに読んだ医学書を、インターネットの日本の古本屋経由で集めています。主要な本は、金沢大学医学部の廃棄本です・・・>と話したところ、<それはいいことだ>とお褒めに預かったことがありますが、それがきっかけで、今日まで徐々に、医学書・看護学書を集めてきました。前半は、日本の古本屋経由で、1960~1980年代の医学的名著を集めていたのですが、後半は、BOOKOFFで、1990~2000年代の医学書・看護学書を集めてきました。

今朝、その数を数えたところでは、医学書・看護学書あわせて360冊・・・。<老化現象>と<老年病>の鑑別診断診断ができ、<老化現象>に対しては、<Anti aging>の処置、<老年病>に対しては、病気予防に早期発見、早期治療を行うことができる環境が整いました。もちろん、筆者がするのは、早期発見までで、治療は、病医院でしてもらいます。

<黙って座ればピタリと診断>という、これまでの占い師的診断から、Informed Consent が可能になるような診察を受けることができそうです。それにしても、2013年4月1日に帰郷・帰農してから、筆者と妻、風邪ひとつひかないで健康裏に日々を過ごしています。天地を創造し、生きとし生けるものを支えてくださる主なる神さまの恵みによって・・・。<われわれの日用の糧を今日もあたえたまえ>という祈りには、<われわれの健康を今日もあたえたまえ>という祈りが含まれています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝、目が覚めると腰に激痛・・・

2017年11月04日 |  1.農家の健康管理

今朝、目が覚めると、左の腰に激痛が走りました。

すぐ、まくらもとにおいてある解剖学の専門書を取り出して、痛みの場所を確認しました。2つの<斜筋>がある部分に痛みが極限・・・。原因は、昨日、KUBOTAのバインダーJRN25で稲刈りをしたとき、湿田部分でエンジンが停止、泥濘に沈んでいくバインダーを取り出すのに、左腰に負担がかかったのでしょう。

昨日、バインダーの不調の原因が分かったので、調整・・・。もう、泥濘でエンジンが停止することはないでしょう。

今朝、早速、あらたな Out Stretch を採用・・・。左腰を、In Shrink が原因で痛みが来るようになったので、その痛みをとるために、左腰の Out Stretch をしました。すぐ痛みが和らいだので、起床しましたが、今朝、雨が降っていましたので、今日の農作業は中止することにしました。

妻は、体調に変化なし。妻の話しでは、<これまでは、8束抱えても大丈夫だったのに、今年は6束が限界・・・。今年は、たくさん実ったのでしょうか?それとも、老化でわたしの体力が衰えたためでしょうか・・?>と話していましたが、今年の出穂期の低温・日照不足、登熟期の長雨にさらされたコシヒカリ、たくさん実るということはないでしょうから、妻も老化に気づきはじめたのでしょうか・・・?でも、妻はいつも、<わたしは、いつも、あなたより8歳若いですから。あなたは、わたしより8年はやく歳をとりますから、あなたは、わたしの老化の先生・・・>と話しています。筆者はといえば、8歳年下の妻にあわせて、老化を克服するように生きています。こうして、夫婦は、似たもの夫婦になる・・・?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稲刈の時、腰と足首をひねって・・・

2017年10月27日 |  1.農家の健康管理

昨日、妻の実家の棚田のひめのもちを鎌で手刈りをして、刈った稲を束にして、それを畔を歩いて、<はさがけ>する場所まで持っていったのですが、そのとき、ぬかるんだ田の土に足をすべらせて、1度目は、腰をひねり、2度目は、足首をひねってしまいました。

しばらくしますと、腰と足首に痛みがきはじめましたが、作業をやめるわけにもいかず、ひねったときの状況を思い起こしながら、立ったまま Out Stretch をしました。それで、なんとか予定の時間まで稲刈りを続けることができたのですが、問題は、今日の稲刈り・・・。妻は、膝を痛めて、ぬかるんだ田に入って稲刈りをすることは不可能、筆者も、腰と足首を痛めて稲刈りできないとすると、なおるまで、稲刈りが4~5日遅れてしまいます。

それで、昨日、家に戻ると、着替えて、すぐ、いつもの Out Stretch をしました。そのとき、1つの Out Stretch をするとき、激痛が走りました。Out Stretchをしはじめて、はじめての経験です。足首を内側に力をいれると痛みが来て、足首を外側に力をかけると痛みが来ないことがわかり、痛みの来ない方法に、いつもの倍、Out Stretch をしました。

その結果、今朝、目が覚めたときは、腰と足首の痛みはすっかり消えていました。これで、今日も、ひめのもちだけでなく、湿田部分のコシヒカリ、はえぬきの稲刈りも手刈りできると思いました。

健康を支えてくださる、主なる神さまに感謝!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膝に痛みがきた妻・・・

2017年10月20日 |  1.農家の健康管理

ここ数日、筆者の妻、膝に痛みがくるとかで、階段を上り下りするのが大変そう・・・。

このところの、低温・長雨の湿気で体調を崩している妻の膝の痛みについて、入手した医学書を読んでみました。高齢化にともなう膝痛・・・。妻の膝痛の原因は、この前、低温下で、中腰になって、たまねぎの苗を900本移植したときの負担が原因であると分かっていますので、その場合の痛みをとる記述を探しました。

そのあと、一般臨床医の診断と処方を確認しましたら、合致していましたので、妻の膝の痛みをやわらげるための 適切な Out Stretch を確認・・・。そして、筆者が予備で持っていた、未使用の膝のサポータ2種類を妻に渡しました。妻は、<きついサポーターは、すると余計に痛みがくるからダメだけど、このサポーター、やわらかくてあたたかくてとてもいわ。あなたが自分のために買ったものでしょう?わたしが使っていいの?>と話していましたが、<このサポーター、山口にいるときに買ったサポーター・・・。それ以来、膝痛になることはないから使っていない・・・。2つとも使っていいよ>と答えました。

湖南の赤津村は無医村、湖南には薬局が1軒もありません。医薬品が必要になると、東西南北片道40分くるまを走らせなければなりません。そのため、必要な医薬品は、常時、予備を持つことにしています。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝、腰の痛みが消えて快適・・・

2017年10月08日 |  1.農家の健康管理

昨夜、冷たい水の中に入ってレンコンを掘っていたとき、腰痛がきはじめました。わずか90分の作業を終えてからも痛みが続いていましたが、そのあとと就寝前に、解剖学の本をひもときながら、筆者がこれまでしてきた就寝前のOut Stretchで、次の朝、ほとんど手と腰の痛みがなくなっているのか、Out Stretch をしながらひとつひとつの効果を確認して行きました。そして、これまでの Out Stretchで動かしていない筋肉を発見・・・、昨夜は、その筋肉を動かすための Out Stretch を考え、実践してみました。

今朝、腰の痛みが消えて快適・・・!

妻は、<レンコン掘り、重労働なのよね。今年は、あなた、ひとりでレンコンを掘るというから、わたしはほとんど掘っていないけれど、レンコン掘り、やっぱり重労働なのよね。>と話していました。筆者、<レンコンを掘って、湖南四季の里に出展する量は、2時間の作業だから、そんなに重労働ではない・・・>と答えました。これが1日、7~8時間、ぶっ続けでレンコン掘りをしなければならないとしたら、筆者、すぐ過労で、手足や腰が痛みで動かなくなりダウンすること間違いなし・・・。

医学専門書を読んで、Out Stretch を身に着けていなかったとしたら、1日2時間のレンコン掘りも大変だったかもしれません。なにしろ、筆者、あと数か月で70歳になりますから・・・。昨日、岡山の妹と電話で話をしていたとき、妹は、<おにいちゃん、まだ若い!だって、ひとりで米をつくってるんでしょう?農業の経験がないのに、70歳近くなってもひとりで米を作れるんですから、まだまだ若いわ!>と話していましたが、この春から、隣村の半澤医院の歯科で治療を受けるようになって、1日2回、必ず鏡の前に立ってはみがきをしていますが、当然口の中だけでなく、筆者の顔全体が目に入ります。頭髪は、めっきり白髪になったし、顔は皺がよって、目が落ち込んでいるし、顔にシミやイボは増えてきたし、どこからどうみても、老人であることに間違いはなし・・・。からだの外がそうなのですから、からだの中も同じように老化が進んでいることは間違いなし・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BOOKOFF Online で医学書4冊注文・・・

2017年10月08日 |  1.農家の健康管理

今朝、BOOKOFF Online Medical にアクセスして、次の4冊を注文しました。

金原出版:『耳鼻咽喉科』 (@108円)
医学書院:『標準外科学』(@198円)、『標準眼科学』(@348円)、『標準泌尿器科学』(@498円)

送料・代引き手数料込みで、1冊500円の範囲で・・・。筆者がこれまで、インターネットの日本の古本屋経由であつめてきた1960~1980年代の著名な医学書より、新しい時代の1990年代以降に出版された医学書です。大量に出版されているのでしょうね・・・。

医学書の古本・古書の需要は多いのでしょうね、こんなに安価に手に入れることができるのは・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姿勢も生活習慣の産物・・・?

2017年10月04日 |  1.農家の健康管理

昨夜、Rene Cailliet著『腰痛症候群 原著第4版』の続きを読みました。

昨夜は、この本の図を参考にして、筆者の頸椎・胸椎・腰椎の位置を確認・・・。特に、第5・6・7・8・9・10・11胸椎とその周辺の内臓を確認・・・。

夕方、F.H.Netter著『Atlas of Human Anatomy Fifth Edition』で再度確認しましたが、『Atlas of Human Anatomy』、BOOKOFFで入手して以来、はじめてページを開きました。筆者、こらから医学書・看護学書を読むときは、この解剖学の教科書をいつも手元に置くことにしました。

昨夜は、『腰痛症候群』の<姿勢>について学びましたが、筆者の<姿勢>も、生活習慣の産物であるようです。<姿勢>が悪いと、いろいろな病気を招くことになるようですが、<姿勢>を本来あるべき姿に戻すことができるのかどうか、出来るとしたら、どのような方法があるのか、これから学ぶことになります。

今日、田畑転換した畑の整備をしていたとき、どういう作業をするときに、腰に痛みを感じるのか、注意しながら作業をしていました。そして、少しでも痛みを感じますと、その痛みを感じないようにするには、どうしたらいいのか、試行錯誤していました。備中鍬で耕すときの、腰に痛みがこない姿勢、なにとなくわかったような気がしてきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もんで鍛えて自然治癒力を引き出す・・・

2017年10月02日 |  1.農家の健康管理

今日、午前中、郡山まで食料品の買い出しにでかけました。

そのとき、近くのBOOKOFFに10分ほど立ち寄って購入したのが、小池弘人著『病気が逃げていく・ふくらはぎ門で鍛えて自然治癒力を引き出す力』・・・。

このところ、筆者のふくらはぎ、こむら返りが起きたり、起きる可能性がある状態が続いていますので、ふくらはぎをマッサージして緊張をとるための参考書として購入・・・。これまでにも、同種類の本を新刊で何冊も買っているのですが、あまり効果のあった本はありませんでしたので、それほど期待はしていないのですが・・・。

マッサージは、手でするのが一般的ですが、筆者の右手は関節障害で握力が少なく、思うようにマッサージすることはできません。ふくらはぎをマッサージしようとしますと、ふくらはぎがよくなる前に、筆者の右手に痛みがきはじめます。そのため、今、筆者がふくらはぎをマッサージするときは、足の甲、足の裏、膝を使っています。寝る前にするOut Stretch の中に組み入れて実践しています。

郡山から帰りますと、インターネットの日本の古本屋経由で注文していたCaillient著『軟部組織の痛みと機能障害』が届いていました。

第1章 軟部組織の概念
第2章 慢性の痛みの概念
第3章 腰痛症
第4章 頸と腕の痛み
第5章 神経血管圧迫症候群
第6章 肩に痛み
第7章 肘の痛み
第8章 手関節と手の痛み
第9章 股関節の痛み
第10章 膝の痛み
第11章 足と足関節の痛み

69歳の筆者、農作業をしたあとは、かならずいろいろな場所に痛みがきます。痛みのメカニズムを知ることで、痛みを少しでも和らげることができたらと思っているのですが、Out Stretch をより充実したものにするための参考にするつもりです。無医村で高齢化時代を過ごすことになる筆者と妻にとって、必要な基本的な医学書・看護学書・健康本はそろったみたいです。過ぎたるは及ばざるがごとし。これ以上増やすことはいいことではなさそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝の血圧108/67・・・

2017年10月02日 |  1.農家の健康管理

今朝の、筆者の血圧、最高血圧は108、最低血圧は67、脈拍数59・・・。体温は、35.2℃・・・。

血圧も体温も少しく低めですが、朝夕、すっかり冷え込むようになりましたので、筆者のからだも徐々に、夏モードから冬モードに変わりつつあるのでしょう。

今は、半そでの下着を長袖にして中着を1枚追加していますが、夜寝るときは、電気毛布の温度を弱にしてふとんをあたためています。

湖南の赤津村のプロの農家の方々の<ここらのもん>の気性にあわせるのは至難の技、不可能ですが、湖南の気象に合わせるのは、とても簡単・・・。人間の気性と違って、突然、気性が変わって、罵詈雑言が雨あられのように降ってくるわけではありませんから、自然の移り変わりのなかで、徐々に適応していいくことができます。

そういえば、妻の実家のおかあさん、最近、<おめえら、ここらのもんでねえから、ろくでなしの根性悪だ!コメひとつ、野菜ひとつれねんだべえ?ここらのもんは、みんな、おめえらのことをバカだと言ってるべえ!カネさだして、コメも野菜も他のひとにつくってもらったらええべえ?おめえら、カネさもたねえで、ここさ帰ってきたのけ? だから、みんなにバカにされて、ここらのもんにつきあって貰えねえんだ!おらあ、ここらでは、一番不幸な年寄りだ!おめえら、ここからさっさと出てけ!おめえらが出ていったら、ここらのもんはみんなおらに親切にしてくれるべえ!カネさやれば、なんでもやってくれる!>・・・、という、おかあさんの認知症節が炸裂しなくなりました。

おかあさんの認知症節が炸裂したとき、妻は、最近、<わかったわ、出て行ってあげる。おかあさん、これから3日間、朝・昼・晩、自分でごはんをつくって食べて!できたら、わたしたち次の日にこの家から出ていきますから・・・>というのが常・・・。その妻の言葉に対するおかあさんの反応も同じ・・・。<ほんとうに出て行くんけ?こんな年寄りをひとり残して出ていくなんて、おめえら、ここらのもんんでねえから、ろくでなしだなあ!だから、ここらのもんに嫌われんだ!>と意味不明な、支離滅裂な言葉が帰ってくるのが常・・・。

そんな、認知症の、妻の実家のおかあさんとの言葉のやりとり、最近、すっかりなくなってしまいました。妻は、<わたしの食事療法が効果を発揮しだしたのよ、きっと・・・>と話しています。筆者も妻も、おかあさんと同じものを食べていますので、成人病予防・認知症予防・老年病予防のための対策を自然にとっていることになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Cailliet著『手の痛みと機能障害』が届く・・・

2017年09月29日 |  1.農家の健康管理

インターネットの日本の古本屋経由で注文していたCailliet著『Hand Pain and Impairment』(邦訳:『手の痛みと機能障害』)が届きました。

その序に次のような言葉がありました。

<勉強不十分な医師の診察を受けたために、機能障害を起こしている手が、あまりにも多くの場合間違って処置されている。問題が見落とされたり、軽く見られた再、治療が不十分であったりする。・・・この本は・・・専門家でない読者に、手を正しく評価し障害を認め、適当な治療を治め、さらに難しい問題を早く専門家に紹介していただくように、指導する目的で書かれたものである>。

筆者の右手関節障害は、典型的な<変形性関節炎>で、筆者が30代ではなく70代でこの病気にかかったとしたら、<老化現象の良性関節障害という烙印のもとで、不幸なことに多くの患者が適切な治療を受けていない>、その一例になったかもしれません。筆者が受けた手術は、<病的軟骨の除去を伴う関節切開手術>であったようです。筆者、まだ30代であったため、<患者の最大利益のために>、<義関節置換による再建術>が施されたようです。

歳をとるごとに、右手首だけでなく、指も同様の症状を来しはじめましたが、今は、Out Stretch で、自転車操業的に、なんとか、変形性関節炎の悪化をくいとめているようです。

今日、インターネットの日本の古本屋経由で、Cailliet著『膝の痛みと機能障害』(@800円)と『軟部組織の痛みと機能障害』(@945円)の2冊を注文しました。

<歳が歳だから・・・>、<老化現象だから・・・>、どのような症状・障害についても、安易にそう考えないで、治療法を探し求めれば、解決方を見出す可能性も出てきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝、隣村の半澤医院の歯科で治療を受ける・・・

2017年09月26日 |  1.農家の健康管理

今朝9:00に、隣村の半澤医院の歯科にでかけました。

昨日、左下の親不知の抜歯をしましたので、今朝は、止血しているかどうかの確認と消毒だけ・・・。

筆者、昔から、出血はすぐとまる体質なので、問題はないのですが、高齢者になると、糖尿病などの成人病で出血がなかなか止まらないひともいるとかで、その確認のためでしょうか・・・。

歯科医の先生:2~3日はみがきしなくていいですよ。
筆者:昨夜も今朝も歯みがきしましたが・・・。
歯科医の先生:痛くなければしてかまいません。

食事をしたあと、口の中にどれだけ食べかすが残っているか、筆者、歯を磨くごとに確認することにしていますが、それを見ていますと、歯みがきをしないですますことに、かなり抵抗感が出てきます。やはり、朝夕2回のていねいなはみがきと、昼のくちのなかのすすぎ、かかすことができません。半澤医院の歯科医の先生から指導を受けている歯のbrushing、筆者はもうすっかり習慣化されています。

昨日は、歯くぎの test をしていただきましたが、治療を初めていただく最初の時の歯くぎのtestの表と図とを比較して見せてくださいました。<はくぎは、みちがえるほどよくなっています。これからも、歯みがきを続けてください>とのこと・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加