湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

『性学事典』を拾い読み・・・

2017年09月04日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

昨夜、ウイーン性科学研究所編『Bilder Lexikon 性学事典』を拾い読みしました。

この本は、インターネットに日本の古本屋経由で事典類を集めたときに、ついでに買い求めたものですが、読んだのは、全世界の歴史の中における従軍慰安婦関連の項目・・・。

世界史上、従軍慰安婦は、敵の軍隊ではなく、味方の軍隊に追従して、高収入を得ようとする売春婦・・・。敵の軍隊によって人権を蹂躙され、性奴隷とされた女性たちのことではありません。

太平洋戦争中、朝鮮半島とその住人は日本の一部・・・。朝鮮人の従軍慰安婦がいたとしても、それは不思議なことではありません。日本の敵国の女性として人権を蹂躙され性奴隷とされた(被害者)というのではなく、日本の軍隊に追従して、高級を得ようとした朝鮮人売春婦(加害者)でしかありません。しかし、戦後、朝鮮半島においては、<韓国は日本と戦って戦勝国となった>という妄想が広がり、韓国は日本(加害者)に対して被害者であることを強調しはじめます。間違った歴史理解に基づくあだ花が、朝鮮人慰安婦問題・・・。

ウイーン性科学研究所編『Bilder Lexikon 性学事典』の従軍慰安婦、あるいは、戦時における敵兵による女性の人権侵害に関する項目を読んでいますと、韓国の従軍慰安婦問題は、極めて例外的な問題であると思われます。

韓国の論理に従えば、戦勝国である韓国が、どうして敗戦国である日本に大量に韓国人売春婦を送り込んで、韓国の国辱をさらし、日本の性風俗を乱すのか?戦勝国の自負心はどこへ行ってしまったのか?戦争に勝った相手国に、売春婦を大量に送り出して富国の道を進む韓国の国策こそ、大問題・・・!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本多勝一著『中国の旅』を読み直し・・・

2017年02月01日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

昨夜、本多勝一著『中国の旅』の読み直しをはじめました。

読むときの、筆者の視点・視角・視座は、筆者がブログ『部落学序説』を書いたときと同じ・・・。本多勝一の取材法・研究法と、その背後にある理念の探求のため、1.収集した記録、2.伝聞を本多勝一が編集した記録、3.本多勝一の解説・解釈、4.本多勝一の思想を分析しながらの読書です。

読み始めてすぐ、筆者、<これは、なになんだ? こんなずさんな取材で一定の結論を引き出すなんて、まるで部落史の調査・研究と同じではないか!>と思わされました。

部落差別だけでなく、アイヌ差別・沖縄差別・障害者差別・女性差別、<従軍慰安婦>問題、<南京大虐殺>問題・・・等々、<左翼>系列の学者・研究者・知識人の調査・研究法、その前提となる発想・思想そのものが差別思想ではないのか?取り扱う主題は違っても、その問題の切り口、取り上げ方、それを社会問題として拡散させ、反体制運動へ駆り立て、反権力・反日行闘争を拡大再生産しようとする傾向は、軌を一にしたように同じ・・・。

今日の夕方、書庫から、本多勝一のほかの著作を取り出しました。再読することにしたのは、『日本語の作成技術』と『ルポルタージュの方法』・・・。

本多勝一は、このように記していました。「記事を読んで「この記事には事実の誤りがない」などということにいちいち関心または感心している読者はほとんどいません。・・・(事実かどうかの)確認のためにどんなに苦労したところで、そんなことは「功少なし」なのです」。

本多勝一は、自分が書く記事に、もともと事実かどうかを確認する能力を持っていなかったのかもしれません。『中国の旅』における取材は、中国共産党員の責任者と通訳を介しての取材でしかなかったのですから・・・。

『中国の旅』を執筆した<在日朝鮮人・崔泰英>こと本多勝一の本を解説しているのは、同じ<在日朝鮮人・高史明>・・・。中国共産党から支援を受けての取材・・・。<戦争中の中国における日本軍の行動を、中国の視点から明らかにする>ため・・・。高史明は、<幾多の虐殺事件が、中国人によって証言され、それを日本人である本多勝一記者が記録している>と、その本を評価していますが、中国と朝鮮の共産主義の影響下で、最初から捏造前提で成立した本・・・?日本人は、この<記事を読んで「この記事には事実の誤りがない」などということにいちいち関心または感心をしている読者はほとんどいない>・・・、中国と朝鮮の共産主義者たちの<日本人民>に対する侮蔑の意志表示をしているかのようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中韓の食品は忌避・・・

2016年12月30日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

お節料理の材料を選ぶとき、中国産・韓国産は、無条件に忌避・・・。

日本を敵国視し、軍事的圧力を強める中国・韓国で生産された食品を日本国民が食べるのは、毒盃をあおるようなもの・・・。中国・韓国の対日戦略においては、中国・韓国産の食品も、日本と日本国民攻略のための武器の一種・・・。ケンカをしかけてくる農家から提供される野菜を口にしないのと同じ理由で、筆者と妻は、中国産・韓国産の食品・食材を口にすることはありません。

食品・食材は、信頼関係が構築されてはじめて安心して口にすることができます。信頼関係どころか、日本に対して敵対関係にあると宣言し、軍事的挑発をしている国の食品・食材など、食べれるはずがありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国軍部、単独で宇宙ステーションを構築・・・?

2016年10月17日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)



スーパーで、妻が買い物を済ますのを待っていたとき、GarminのNaviで、テレビニュースを見ていました。すると、中国共産党率いる中華人民共和国が、2人の現役軍人である宇宙飛行士を乗せた宇宙船を発射して、成功したのだとか・・・。

アメリカ・ロシア・日本・カナダ及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している国際宇宙ステーション(International Space Station、略称:ISS)に対抗して、中国独自の宇宙ステーションを構築するのだとか・・・。

打ち上げシーンを見ていて、少しく気になる場面がありました。家に戻って、インターネットで確認しますと、やはり、筆者の飛蚊症による見間違いではなかったようです。上の写真の黄色い矢印の先にある黒い点・・・。それは、ロケットの先端付近からはがれて落下したきたように見えました。あれって、何なのでしょうね・・・?アメリカのSpace Shuttleも昔、断熱材がはがれたとかで大騒ぎしていたように記憶していますが・・・。

先月のことだったと思いますが、中国、<2011年に打ち上げた宇宙ステーションが制御不能となり、来年後半にも地球上に落下する>発表していましたが、制御不能に落ちった原因、追究され、改善されたのでしょうか・・・?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国海軍、日本領海を侵犯して日本国民を威嚇・・・!

2016年06月16日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

今朝の福島民報に、次のような記事が掲載されていました。

<中国軍艦が領海侵入
口永良部島 外相、状況激化と批判>

最近、中国共産党率いる中国海軍の軍艦が、日本の接続水域や領海を中国の領海であるかのように横行しているは、日本国民のひとりとして、筆者、非常に不愉快になり、中国共産党と中華人民共和国とその人民に対して、極度の嫌悪感を持つようになっています。

中国共産党が作成した中国の地図の中には、日本の西日本も中国領土に組み込まれた地図もあるとか・・・。中国人民の、中国共産党と中国政府による観念的操作、教育と洗脳によって、事実と異なる錯覚を起こした中国人が軍人・民間人を問わず増える傾向があるのでしょう。

日本政府と防衛省・・・、状況の分析ばかりしていないで、きちんととるべき対応をとった方がいいのではないかと思うのですが、現在の日本政府と防衛省のとっている対応は、第二次世界大戦中、ナチスの侵攻を許したノルウェーによくにています。他国への侵略的意志を明言している国家と軍隊に、部分的にも<無害通航>を許すことで、ノルウェーはナチスの軍靴に蹂躙されてしまうことになりました。<無害通航>を許さなかったスウェーデンはナチスの軍隊が侵攻してくることはありませんでした。

筆者、クリスチャンになるとき、スウェーデンの宣教師から受洗しましたが、その宣教師から、日本の国防のありかたについていろいろ教えられました。現在の日本のキリスト教界にあっては、筆者は、<右翼牧師>になるのかもしれませんが、筆者自身はそのような意識はなく、極めて常識的・良識的クリスチャンであると認識しています。その宣教師、戦後20年たっても、外国の軍隊が日本に駐留していることは異常だと話しておられました。自分の国は自分で守るべきだと・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国系企業ロート製薬の薬品を廃棄・・・

2016年01月18日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

昨夜、わが家の家庭常備薬をすべてチェックしました。

韓国系企業と言われるロート製薬の製品を排除するためです。筆者と妻、あまり病医院に通うことはありません。そのため、市販の薬を多用することになりますが、昨日、家庭用常備薬を総点検したところ、ロート製薬の製品は、やはり、花粉対策用の目薬<アルガード>と胃腸薬の<パンシロン>のみでした。

筆者と妻、すぐ、その2薬品に変わるほかの製薬会社の製品を選択、それに替えることにしました。代替品はいろいろありますので、ロート製薬の製品にこだわる必要は一切ありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国製・韓国製の不買運動・・・

2016年01月17日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

筆者と妻、中国製と韓国製の不買運動をしています。

といっても、まったくの個人的運動に過ぎませんが・・・。しかし、今日、テレビニュースを見ていて、<ロート製薬>が韓国系企業であることを知り、不買リストの中に、<ロート製薬>の医薬品を含めることになりました。

筆者が使っているロート製薬の製品は、花粉対策用の目薬<アルガード>、妻が使っている製品は、胃腸薬の<パンシロン>・・・。現在使用している<アルガード>と<パンシロン>は破棄処分して、日本の医薬品メーカーの目薬と胃腸薬を購入することにしました。

中国製も韓国製もまがいものが多い・・・。日本製と比べますと、ほとんどのものが<似て非なるもの>ばかり・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電卓はCASIOの Made in the Philippines・・・

2015年12月23日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

今日、妻の買い物に同行して、郡山へ・・・。

妻が買い物をしている間、筆者は、文房具売り場で電卓探し・・・。いままで使っていた大きな電卓は、妻が間違って液晶部分を踏みつけて壊したので、その代替品をもとめて・・・。

もちろん、Made in Chaina や Made in Korea の電卓は買うことはないので、それ以外の製品を探していましたら、Made in Philippines の電卓を見つけて、それを購入することにしました。

日本を敵国として、反日政策を軍事・経済両分野で展開する中国・韓国の製品をなにが悲しくて購入しなければならないのでしょう?筆者は、中国・韓国の製品は、購入しませんし、中国・韓国の製品をインターネット上で販売するサイトと取引することはありません。筆者の手元にある中国製品は、ほとんどが詐欺まがいで売りつけられたものばかり・・・。数はそんなに多くはありませんが・・・。

Made in Philippines の電卓があってよかった!もしなければ、買わないで帰ってきたところでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1945年以降も侵略戦争を続ける国、中国・・・

2015年12月16日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

今日、BOOKOFFに立ち寄ったとき、平松茂雄著『中国はいかに国境を書き換えてきたか』を購入しました。

この本の<はじめに>と<おわりに>を読む限りでは、中国共産党率いる中華人民共和国は、第二次世界大戦が終わった1945年以降も、戦争を継続、侵略戦争として領土を拡大、その動きは、絶えることなく現在にも引き継がれて行っているといいます。

中国には、<国境>という言葉も概念もないといいます。あるのは、<辺疆>だけ・・・。<辺疆>とは、中国共産党が核心的利益として、軍事的圧力をかければ、その力で、中国の領土に編入することができる周辺の国々のこと・・・。

筆者、これまで、中国に関する書籍を相当数読んできましたが、蔵書の中から、その関連書籍をピックアップして、総合的に、中国共産党率いる中華人民共和国がどういう国であり、今後、日本にどのように、軍事大国として立ち向かってくるのか、全体像を把握してみたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国崩壊前夜・・・

2015年11月04日 |  4.反日国家(中国・韓国・北朝鮮・露西亜)

昨夜、郡山のBOOKOFFで購入した、長谷川慶太郎著『中国崩壊前夜』を通読しました。

日中問題、日韓問題で、これまで、バラバラの知識しか持ち合わせていなかった、政治・経済・外交・軍事音痴の筆者、この『中国崩壊前夜』を通読することで、バラバラの知識が寄せ集められてひとつの体系的知識に再編成されたような気がします。

現在の、共産党率いる中華人民共和国の経済は、本質的に<無計画経済>であること、また、中国政府が出す経済指標はほとんどすべてが<作文>でしかないこと、韓国の経済は<無節操経済>であること、韓国自身が描く歴史はほとんどすべてが<願望>でしかないこと・・・。対日批判を共同して強める中韓は、日頃、日本を誹謗中傷しておきながら、<困ったときだけ日本に助けを求めてくる>、中韓が日本にすり寄ってくるときは、注意が必要、友好を合言葉に、日本から<資金と技術>をせしめようとする裏の意図がある・・・。

中国は軍拡にいそがしい。海洋覇権の確立のため、軍艦の製造を急ピッチで行っている。その隻数においては、すでに日本の自衛艦を凌駕しているといわれる。しかし、中国製の軍艦、戦闘機、爆撃機、戦車その他の武器は、耐用年数が著しく短いといいます。そのため、一定の戦力を維持するためには、常に新たに新しい軍艦、戦闘機、爆撃機、戦車その他の武器を製造し続けなければならない・・・。中国の軍事力の真相は、中国の国民総生産同様、数字と実態が解離していてほんとうのところは分からない。

中韓にとって、<大切なのは、目先の金儲け・・・儲からなければすぐにやめてしまう>・・・。中韓には、技術の<向上>と<継承>の伝統は存在しない。砂上の楼閣の危うさがあり、いったん経済的破綻(金儲けに失敗)すると、中韓の経済的基盤が一挙に崩れ去る可能性がある・・・。

日本の安倍首相、中韓は、敬して遠ざけることをよしとし、できる限り、中韓に依存しない経済システムを構築していくに限る・・・。日本の安倍首相、中韓と友好を中韓が望むとおりに保とうとすると、日本国民の支持を一挙に失うことになります。安倍首相は、外患罪を犯しかねない一部の自称日本国民の声ではなく、真正の日本国民の声を聴くべきです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加