湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

福島県民の30%は高齢者・・・

2017年09月16日 |  1.ニュース(新聞)

今朝の福島民報に次のような記事が掲載されていました。

<県内高齢者最多560,328人
8月1日現在前年比8,788人増、初の30%越>

ここでいう<高齢者>とは、<県内の8月1日現在65歳以上>の数・・。男女別では、男性43%、女性57%・・・。<老年人口指数>(65歳以上/15~64歳)=51.9・・・。

福島県の自治体で、高齢化率が最も高い市町村は、金山58.2%、昭和56.3%、三島52.5%・・・。高齢化率が最も低いのは、西郷24.0%、郡山26.2%、大玉26.5%・・・。

妻のふるさと・湖南は、郡山市の西の端に位置していますが、地理的には、会津地方に属します。近世幕藩体制下においては、旧会津藩領地・・・。会津の山郷に類する湖南の赤津村は、会津の金山・昭和・三島と同じ高齢化率が高い地域です。

わが家は、妻の実家のおかさんが91歳、筆者69歳、妻は62歳・・・。高齢化率は、200%・・・!認知症のおかあさん一人でも大変なのに、筆者も介護しなければならなくなったら妻は大変・・・。筆者、妻から介護される必要がないように、健康と労働に最大限の注意を払っています。似た者夫婦といいますから、69歳の筆者、62歳の妻にひっぱられて、少しく若い老後を過ごしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<人間には役割はあっても優劣はない>・・・!

2017年07月18日 |  1.ニュース(新聞)
今朝、テレビで、 日本理化学工業株式会社で、学校の教室などで使う、7色のチョークを製造している知的障害者の方々の姿が放映されていました。

彼等は、集中力と持続力をもった職人であるとか・・・。「人間には役割はあっても優劣はない。」という字幕が流れたので、筆者、すぐMemoをとりました。

<優>は<俳優>のことで、<優れている>とは、ほんとうに<秀れている>ひとの真似、ふり、演技をしているひとのこと・・・。ある意味、人を欺くペテン師のようなひとのこと・・・。湖南のプロの農家の方々、<農薬使ったって、「これは、無農薬でつくりました」といえば、通る世の中だ。ほんとうに無農薬で米や野菜をつくる農家は、ここらにはいねえ!>と言われる方々が少なくないのですが、それは、ひとえに、農家の生活のため、必要なおカネの確保のため・・・。いろいろな補助金も、実際にしているかどうかではなく、しているふりをしているところに出る仕組みがあるとか・・・。

ひとはまともに生きようと思えば、<優>を追い求める必要はありません。<優>に背を向けて、集中力と持続力をもって、あたえられた自分の仕事をまっとうすればよい・・・。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

102歳の報道写真家・・・!

2017年06月19日 |  1.ニュース(新聞)

今朝の福島民報に、こんな記事が掲載されていました。

<気持ちは現役真っただ中
102歳の報道写真家 笹本恒子さん
欲張り精神で前向きに

日本初の女性報道写真家で、102歳の今も外出時には小型のデジタルカメラで花や子どもを撮影するとい笹本恒子さん。現在は脚を悼めて車いす暮らしだ・・・現在は、神奈川県鎌倉市の施設でリハビリに励む毎日。「好奇心ガール、今九十七歳」など著作も多く、今も両親や祖母の話しをまとめた本を執筆中・・・>。

筆者の妻、新聞記事をよみながら、<すてきなひと。わたしたちもこんな生き方をしたいわね・・・>と話していました。

筆者の目標は、95歳まで、筆者と妻が食べる米を作り続けること・・・。目下のところ、95歳から先の人生設計はなし・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本大震災の傷跡が癒える日・・・

2017年04月25日 |  1.ニュース(新聞)

今日の福島民報に、<須賀川市長沼地区の農業用ダム「藤沼湖」は24日、7年ぶりに農業用水の供給を再開し、須賀川市西部の農地を潤した。>とありました。

<平成23年の東日本大震災で決壊し、濁流が押し寄せた下流域で死者7人、幼児1人が行方不明になるなどの被害があった。県が25年10月に再建工事に着手し、昨年12月に堤体が完成、1月に試験貯水を開始・・・>、24日、流域の稲作農家にとって<待望の給水再開>となったようです。

東日本大震災の傷跡、それが癒える日、藤沼湖のダムから放出された水は、837haの農地を次から次へと水で浸していくさま、想像するだけでも、胸躍ります。稲作をはじめとする農業に、明日への希望の光が差し込んでいく様を思い浮かべます。

今日のとってもいいニュースでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憲法第21条<表現の自由>違反・・・

2017年04月07日 |  1.ニュース(新聞)

『有斐閣判例六法』によりますと、<表現の自由といえども無制限に保障されているものではなく、公共の福祉による合理的で止むを得ない程度の制限を受けることがあり、その制限が容認されるかどうかは、制限が必要とされる程度と、制限される自由の内容及び性質、これに加えられる具体的制限の態様及び程度等を較量して決せられるべきである>とありました。

最近、新聞テレビで、<報道>機関による、間違った<表現の自由>の行使が目につくようになりました。まるで、<報道>機関は、<表現の自由>を<無制限に保障されている>と思い込んでいるかのよう・・・。

最高裁の昭和27年8月6日の判例では、<本条の保障は公の福祉に反しない限り、言いたいことは言わせなければならないということであり、いまだ言いたいことの内容も定まらず、これからその内容を作り出すための新聞記者の取材に関し、その取材源にについて、司法権の公正な発動について必要不可欠な証言の義務をも犠牲にして、証言拒絶の権利まで保障したものではない>とありました。

最近は、<新聞記者>だけでなく、共産党や民進党・社民党の国会議員すら、自ら、憲法第21条の<表現の自由>を踏みにじるような言動が目立つように思います。日本の国益に反し、中国・朝鮮・韓国の国益を優先するかのような<表現の自由>は、日本国憲法の順守ではなく逸脱だと思うのですが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ただいま、ふるさと』の詩を読んで、涙が出てきた・・・

2017年03月31日 |  1.ニュース(新聞)

今朝の福島民報にこんな詩が掲載されていました。筆者、その詩を読みながら、めがしらがあつくなってきました。妻に読んで聞かせようと思って、読みはじめたのですが、感極まって、数行しか読むことができませんでした。

<ただいま、ふるさと
平成29年3月31日で避難指示が解除になりました(長泥地区を除く)

種をまきます

心の中にしまっていおいた種を
6年の間、大事に握りしめていた種を
戻れない仲間から託された種を
応援してくださった皆さんから手渡された種を
避難の暮しの中で見つけた種を

それらの 大切な 種をまきます

種が芽吹いたら 大事に育てます
小さな花が咲いたら 急いで知らせます

その中のいくつかは
やかて幹を太らせ 葉を繁らせて
きょうの思いを 未来に告げてくれるでしょう

力を合わせて種をまきます

未来の 森の 種を>

おかえり!飯館村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右京さんのような、葉梨康弘議員による<証人尋問>・・・

2017年03月24日 |  1.ニュース(新聞)

昨日の、衆議院予算委員会での、学校法人・森友学園の籠池泰典氏に対する証人喚問・・・

筆者と妻、テレビで見ていましたが、自民党の葉梨康弘議員の、用意周到な、籠池泰典氏に対する質問・・・、まるで、テレビ番組の『相棒』の主役である<右京さん>のような手際よさ・・・。小さな事実を積み重ねていって、大きな犯罪を実証する・・・。

籠池泰典氏が<言い訳>を考える時間的ゆとりをあたえず、間髪を入れず、繰り出される、籠池発言に対する確認と検証・・・、<たたみかける>ような手法は、籠池泰典氏も感じていたようで、<たたみかけるようで失礼な話>と立腹していました。

自民党の葉梨康弘議員、まるで、証人尋問の対象である籠池泰典氏の取り調べをしているような・・・。

気になって、あとで、インターネットで葉梨議員の経歴を確認してみましたら、<東京教育大学大学附属駒場高等学校・東京大学法学部卒>、国会議員になるまでは、<警察庁>関係の職務一筋・・・。それで、筆者、葉梨康弘議員の<証人尋問>の手際よさとその合理性に納得・・・。

それにひきかえ、野党のふ抜けた質問・・・。もう、民主党とその残党が、日本の政権を担う日は、永遠にやってこないと思われました。日本国民の信頼を裏切った民主党とその残党・・・、野党になっても、政治能力の無能さをさらし続けているようです。日本の現代の政治をダメにするのは、与党・自民党ではなく、野党共産党と民主党とその残党・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡山で700万円相当の農機具が盗まれる・・・

2017年03月14日 |  1.ニュース(新聞)

今朝、岡山の妹と電話で話をしていたとき、岡山で、700万円相当の農機具が盗まれたと報道されていたと話していました。

<おにいちゃんとおねえさんの農機具、大丈夫・・・?>

と問いかけてきますので、<普通は、細長い庭に、トラクターと軽トラと普通車が3台並べられている。運転をするのは、そのうちの1台・・・。農機具の小屋の各種小型農機具をもち出すことは不可能・・・>であると話しました。

妻は、<湖南の農家は、大型農業機械ばかりでしょ? わが家は、超小型農機具ばかり! 盗まれたら、すぐ見つかります。超小型農機具を使っているとき、湖南の農家の方々、わたしたちをみて笑うでしょ?だから、そんな農機具、誰も持っていったりしないわ。黙って持っていくのは、親類・親戚筋ばかり。でももう親類・親戚つきあいしていないから、持っていくことはできないわ。黙って持っていったら、すぐ警察に訴えますから・・・>と話していましたが、筆者の、67歳の妹、69歳の筆者は<おにいちゃん>と呼び、61歳の妻には<おねえさん>と呼んでいます。

筆者の妻は、筆者の従姉、姉・妹たちのなかで、最年少・・・。<一番末の妹>扱いされていますが、筆者の伴侶であることから、妹は、妻のことを<おねえさん>と呼んでいます。筆者は、妹のことを<Tさん>と名前で呼んでいます。母は、<なつこさん>・・・。姉は、<S姉さん>・・・。弟は、<Sくん>・・・。姉が筆者を呼ぶときは、<みっちゃん>・・・。筆者、姉の<S姉さん>から<みっちゃん>と呼ばれますと、なぜか、ぞっとします。

妻は、次女ですが、長女のお姉さんは、4歳のときに、ペニシリンショックでなくなったそうです。妻は、ものごころついたときから、おかあさんの、<おまえが死んで、長女が生きてくれてたら・・・>という嘆きの言葉を聞かされて大きくなったそうです。妻は、大きくなったら、すぐ、母の元を去っていくと決心していたとか・・・。認知症の、妻の実家のおかあさん、自分の娘を娘であると自覚することができなくて、<ろくでなし>の筆者の<嫁>扱い・・・。実質上、一人っ子であった妻にとって、岡山の、筆者の妹は、かけがえのない姉妹になっているようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会津の林業革命・・・

2017年02月20日 |  1.ニュース(新聞)

今朝の福島民報に、<会津からの「林業革命」>という記事が掲載されていました。

<戦後に伐採した先人が苗木を植え、育てる林業が続き、最近になって再び切る時期を迎え>、これまでの林業のありよう、<地域間で協力することなく、互いに競り合い、足をひっぱる>風潮が目立ち、隣接地域との競争に勝つべく<機械を導入>、<作業の効率化>をはかった結果、<稼働率が下がるような事態>に落ちったようですが、これからは、これまでの林業のありようから脱して、会津の林業再生・・・。<会津13市町村>が合力して<木質バイオマスによる熱源供給事業>は、360億円規模・・・。

会津林業革命をささえるのは、バイオマス関連事業だけでなく、<CLT(直交集成材)>導入事業・・・。CLTは、<長さ12m、幅3m、厚さ30cmのパネル>として生産され、こらからの高層木造建築、大規模木造建築(8~80階建)の構造枠材として使用されるとか・・・。

そこまで読んで、筆者、インターネットの日本の古本屋経由で入手した事典類をひもといてみました。『林業百科事典』にはCLTの見出しはなく、<集成材>についての説明を読みました。集成材の種類について確認・・・。『木材の事典』では、やはりCLTの見出しはなく、<集成材>の製造方法に関する説明と問題点の指摘がありました。<集成材>を使った木造建築法は、『建築工事工法事典』で確認・・・。

福島民報の<会津からの「林業革命」>という記事、会津の林業家が抱く<夢>であるようです。<林業革命>によるプラスの面ばかりが強調されて、最初から想定されるべきマイナスの面は脇に追いやられているようです。

<未使用>の<豊かな自然>を<金を稼ぐ場>に変革する、会津地方再生の悲願、これからどうなることやら・・・。すでに<近年は林業で高収入を得ている人>も出ているようで、今後、会津地方の山々が<宝の山>になる可能性は少なくないようです。

妻の実家のおとうさんが残してくれた山林は、わけ山のわずか8.0反・・・。筆者と妻は、冬の暖房に薪ストーブを設置する予定ですが、その燃料は、その山林から切り出すつもり・・・。妻の実家のおとうさん、わけ山として分配されるとき、筆者と妻が帰郷・帰農してもすぐわかるように、舗装された林道の終わり舗装されていない林道になるすぐ側の山林を選んでくれていますので、山に入るのも、雑木を切り出し運び出すのも簡単・・・。湖南の赤津村の農家の方々、<なんだ?まだそんなちっぽけな山、持ってたのけ?>と言われますが、妻の実家のおとうさんが残してくれた田4.0反、畑0.6反、山林8.0反は、筆者と妻の、有機栽培・無農薬栽培による田舎暮らし・山里暮らし・百姓暮らしにとっては十分な広さ・・・。

筆者と妻は、<農業革命>も<林業革命>も無縁の世界の住人・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良い年となるよう願っています・・・

2016年12月23日 |  1.ニュース(新聞)

今朝の福島民報に、<天皇陛下誕生日会見>の記事が掲載されていました。

<天皇陛下 会見全文
東日本大震災 一血にも早く日常を取り戻せるよう、国民が協力を>

筆者、この記事が掲載されているページを全部保存することにしました。昨日読み始めた『修験道研究史』に差し込みました。

筆者の祖父・吉田永学の書箪笥には、皇室に関する新聞報道や記念の絵葉書(日清・日露戦争勝利記念)が多数保存されていました。弟が引っ越しの際、全部焼却処分にしてしまって今はありませんが、小学生・中学生のとき見た、それらの資料から筆者が受けた影響は少なくないようです。皇室や天皇制に対する、筆者の潜在的な敬意の念は、それらの資料や、その資料に対する、筆者の父の解説が大きく影響しているのでしょう。

<11月中旬には、私的旅行として長野県阿智村に行き・・・その際訪れた飯田市では、昭和22年の大火で、市の中心部のほぼ3分の2が焼失しています。その復興にあたり、延焼を防ぐよう区画整理をし、広い防火帯道路を造り、その道路には復興のシンボルとして当時の中学生がリンゴの木を植えた話を聞きました。昭和20年代という戦後間もないその時期に、災害復興を機に、前よりさらに良いものを作るという、近年でい言う「ビルド・バック・ベター」が既に実行されていたことを知りました。・・・年の瀬が近づき、この1年を振り返るとともに、来年が人々にとって良い年となるように願っています>。

天皇陛下のことばです。

筆者、Sweden Covenant Mission の宣教師に育てられた、日本的基督教徒ですから、違和感なく、こんな文章がかけるのでしょう。筆者、父祖・吉田永学、曾祖父・吉田永学の生き方をどこかで継承しているようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島民報の<おくやみ新聞>としての機能・・・

2016年12月22日 |  1.ニュース(新聞)

福島民報の配達の中止・・・。

最終的にその流れが行きつく先は、福島民報の購読中止・・・。福島民報を購読しなくなって困ることになるのは・・・? と考えてみますと、それは、毎日、何回も、あながあくほど、妻の実家のおかあさんが見ている<おくやみ>欄・・・。福島県内全域の逝去者名と葬儀の日程が掲載されています。

認知症の妻の実家のおかあさんの関心は、<どこそこのだれべえが死んだ!>、<おらのとっつまのとき香典もらってるから持っていかにゃなんねえ!>、<つきあってたが、香典のやりとりはしてねえ!持っていかなくてもええ!>・・・と、<おくやみ>欄を見ながら、<つきあい>の采配を振るうこと・・・。

しかし、そこが認知症、時々錯誤しますので、大切な親類を忘れたり、どうでもいい親類に高額な香典を出そうとしたり、そのときどきのおかあさんの記憶でしっちゃかめっちゃか・・・。

福島民報の効能として、他に、福島県内の<賞罰>に関することがあります。なになにに勝ったとか、なになにど金賞をとったとか、なになに寄付をしたとか、どこそこの年寄りが詐欺で大金をまきあげられたとか・・・。だれだれが殺人事件や強盗事件を引き起こしたとか・・・。

福島民報の購読をやめますと、それらの情報が入らなくなります。2013年4月1日に、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農して、農協からの情報が入らなくても、米つくり野菜つくりに支障を来さなかったように、新聞からの情報が入らなくても、湖南での暮らしと生活にあまり支障はないのかもしれません。

地域とのつながりは、必要最小限でいい・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭先のリンゴ1個を盗って逮捕される・・・!

2016年12月11日 |  1.ニュース(新聞)

今朝の福島民報に、韓国人チョン・スン・ホ(35)が<白河署>に石造・仏像破損容疑で逮捕されたという記事の下に、<郡山署>が郡山市在住の無職・遠藤義信(69)を、民家の庭先のリンゴ1個を盗んだ疑いで現行犯逮捕されたと実名報道されていました。時価100円相当・・・。

妻も、有機栽培・無農薬栽培で栽培して、野菜直売所・湖南四季の里に出荷しようと思っていた直前、湖南の赤津のプロの農家に黙って盗って行かれショックを受けていました。プロの農家、口癖でしょうか、<ここらでは、昔から盗ったり盗られたりしながやってきたんだ。少々盗られたからといって文句いうんでねえ!>と居直るのが常・・・。

筆者と妻、窃盗の現場写真を撮ったら、即、警察に通報することにしています。

特定の庭のリンゴを特定の人が盗みを繰り返す今回の事件・・・、妻は、<大切に育てたリンゴを、熟して食べようと思うと、嫌がらせをするように黙って盗って行かれると頭にくるわよ!捕まったひと、嫌がらせをしていただけじゃないの。嫌がらせの度が過ぎて窃盗罪で訴えられたのでは・・・。湖南の赤津のひとも同じことするのよね・・・>と話していました。

しかし、どうして実名報道なのでしょう?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島のお地蔵さんの首をはねたのは韓国人チョン・・・!

2016年12月11日 |  1.ニュース(新聞)

今朝の福島民報に、福島・郡山・須賀川の3市でお地蔵さんや仏像の首をはねた犯人が逮捕されたと報道されていました。

逮捕されたのは、<韓国籍の住居不定、無職チョン・スン・ホ容疑者(35)>・・・。<チョン・スン・ホ>は、<日本に来て間もない>と話しているとか・・・。

日本基督教団の隠退牧師である筆者ですら、福島・湖南の神社・仏閣、お地蔵さんや仏像を<日本の文化財>として保護活動に参加しているというのに、縁もゆかりもない日本にやってきて福島のお地蔵さんや仏像の首をはねるとは・・・。以前、韓国人・朝鮮人の中には、本国で破産して食べていけなくなり、それでも生きていくには、日本に渡って大きな犯罪を犯せば、長期間刑務所に入れられ快適な生活が保障される・・・と噂が流れ、日本で犯罪を犯す韓国人・朝鮮人が増えた・・・と目にしたことがありますが、韓国人・朝鮮人・中国人によって占領されつつある日本の刑務所・・・、強制労働させて被害額を全額弁償させて国外追放の処置をとるべきです。

中国人・韓国人・朝鮮人が日本で犯罪を犯した場合、日本の法律で裁くにしても、その刑罰の内容は、中国・韓国・朝鮮のと日本の刑罰のより重い方を課すという政策をとらないと、外国人犯罪を防ぐことはできないのではないでしょうか?中国・韓国・朝鮮で死刑なら日本でも死刑・・・。中国・韓国・朝鮮で銃殺刑なら、日本でも銃殺刑・・・。日本の排他的経済的水域・領海内での違法漁業に対しても、重い方を選択・・・。中国・韓国・朝鮮が外国の漁船にしている対処の仕方と同じ対処をする・・・。銃撃しているなら銃撃する・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M7.4 浜通りに津波・・・!

2016年11月23日 |  1.ニュース(新聞)



今朝の福島民報の記事・・・。第一面は、昨日の地震に関する記事・・・。

<M7.4 浜通りに津波

第1、第2原発で100cm
県内 震度5弱 8人負傷

第2原発 冷却一時停止
3号機 使用済み燃料異常なし>

第2面以下も続きます。

<原発 備え不十分
第1の水中カーテン損傷
津波への弱さ露呈

燃料プール建屋に
水たまり見つかる

震災余震 今後も
本県沖地震
「5年半では終わらない」
長期警戒必要

津波発生しやすいタイプ
海底上下に動く正断層型

防波堤完成わずか2割
被災3県9月末時点

本県沖地震 政府対応ドキュメント
首相「全力で対応」
官房長官ら情報収集努める

県内に爪痕 不安な朝
本県沖地震

津波到達後、警報切り替え
気象庁 予想困難、自治体で混乱
仙台港 津波140cm
多賀城の川 3km逆流

幹線道路に車殺到
渋滞緩和策が必要
避難路確保など課題>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本は、軍事的にも自立すべき・・・

2016年11月11日 |  1.ニュース(新聞)

Donald John Trump氏、総得票数では、Hillary Rodham Clinton氏を下回ったものの、戦略勝ちをおさめたようです。

アメリカ大統領選におけるTrump氏の発言は、極端から極端へ揺れ動いていましたが、日本に対しては、1.日本に、日本防衛の自立を求める、2.核保有を認める・・・などの、従来の対日外交の基本路線から逸脱するような発言が目立ちました。それは、いいことなのか、悪いことなのか・・・?

戦後70年以上経過して、なおかつ、占領国のアメリカが日本に巨大な軍事力を配置し続けるのは、異常・・・!本来なら、10年間の占領期間を終えたら、国連の進駐軍はすべからく撤退すべきでした。しかし、戦後から、10年、20年、30年、40年、50年、60年、70年、アメリカの軍隊は日本に駐留し続けていたのですから、異常も異常・・・。

Trump氏がアメリカ大統領になることで、日本の軍事的自立・独立に<遅すぎた春>がやってきそうです。自分の国は自分で守る。軍需産業を強化し、日本侵略を公言し、その端緒を開こうとする周辺諸国(ロシア・中国・韓国・朝鮮)の兵器に勝る兵器を開発し、日本を防衛するために、counter attack能力だけでなく、日本を攻撃する国の航空基地・海軍基地・ミサイル基地をたたくことができる Ability for enemy base attack(敵基地攻撃能力)を高めるべきです。

日本国憲法は、旧帝国憲法のように<不磨の法典>ではなく、その背後には<自然法>が存在しているのですから、他国の領土に日本の軍隊を投入する<侵略戦争>は禁止されていても、<自然法>に基づく、日本の国と国民を守るための<防衛戦争>は否定していないのですから、周辺諸国の軍事力強化に対応して、日本も、国防力を強化すべきです。

もちろん、Trump氏の無謀な極端な発言が、明日の日米関係に直接反映されることはなく、アメリカの政治・経済・外交・軍部などの良識によって制限されることになるのでしょうが、アメリカからではじめた、日本防衛自立論の主張には、真摯に耳を傾けるべきであると思います。

在日米軍の基地は、そのまま自衛隊の基地として戦略的に運用することに・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加