ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ロスト・イン・パリ

2017-08-03 23:48:33 | ら行

この二人、夫婦なんですよね~。


「ロスト・イン・パリ」70点★★★★


***************************


カナダの田舎町で
図書館司書として働くフィオナ(フィオナ・ゴードン)。

彼女のもとにある日、
パリに住むおば(エマニュエル・リヴァ)から
「老人ホームに入れられてしまう!助けて!」という手紙が届く。

幼いころ、パリに行くというおばに憧れ、
しかし実際は、田舎町から出られなかったフィオナは
一念発起してパリへと向かう。

そこは見たこともない大都会。

だが、おばにも会えず、右往左往するフィオナは
偶然、ホームレスのドム(ドミニク・アベル)に出会い――?!


***************************


「アイスバーグ!」(05年)「ルンバ!」(08年)で知られる
ベルギーの道化師カップル、アベル&ゴードンの最新作。
どっちも見てるし、けっこう好き。

彼らは
パントマイムのような身体表現で、
日常のなかの一コマや、人間のおかしみを描く。

その計算された動きと、展開の滑稽さ、
シニカルな笑いが
けっこうクセになるんです。


今回も死やホームレス、差別などをサラッと描き、
決して「優しい」風味じゃないのに
なんだか、見てると、気持ちがフッとゆるむ。

それに冒頭の
吹雪のカナダの図書館に手紙が届けられる
あのシーンだけでも
パッケージしておきたいほど印象的。

ひょろっとしたフィオナのルックスも
ホントにマンガみたいでおかしいし。
しかも風刺漫画ね(笑)。


まあ歳を言うなんて野暮の極みですが
この二人、1957年生まれ。
ということは・・・か、還暦?!

こんなに瑞々しく“恋する二人”を表現できるなんて・・・!
ああ、夫婦取材したかった!(笑)

実際は別居中、とかじゃないよね?!(ない、ない。笑)


★8/5(土)から渋谷ユーロスペースほか全国順次公開。

「ロスト・イン・パリ」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きっと、いい日が待っている | トップ | 山村浩二 右目と左目で見る夢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL