ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

アバウト・レイ 16歳の決断

2018-02-04 00:20:47 | あ行

公開の延期から
ようやく~!のお目見え。


「アバウト・レイ 16歳の決断」69点★★★★


********************************


16歳のレイ(エル・ファニング)は
自分の体に違和感を持ち
ずっと「男の子として生きたい」と願ってきた。

母親(ナオミ・ワッツ)も
同居する祖母(スーザン・サランドン)も
レイの味方で、とっても理解があるけれど

いざ、レイが心も体も男の子になるための
ホルモン治療を希望すると

母親は躊躇してしまい
おばあちゃんは
「レズビアンじゃいけないの?」と言う。

さらに治療のためには
母と昔に別れた、レイの父親のサインまで必要だという。

業を煮やしたレイは
一人、父親に会いに行くのだが――?!



********************************


「リトル・ミス・サンシャイン」の製作チームによる作品。


非常に現代的なテーマで、

心は男なのに、女の子の体を持って生まれた
トランスジェンダー(FTM)のレイを
エル・ファニングがビビッドに演じています。

レイを「息子」として受け入れる
母(ナオミ・ワッツ)は立派だし

おばあちゃん(スーザン・サランドン)が
レズビアンってのも面白い設定。

しかし
そんな理解ある一家にも
世代間の「理解」の限度や温度差があったり
いざ「治療」となると迷ってしまったり。

さらに、その背景には
母親自身の過去の過ちが――?!とか

いろいろと練られてはいるのですが

やっぱり
ちょっと脚本が弱い!のが残念。


せっかくいい役者揃いなのに、
いいセリフがないのが惜しいんですよ。


もともとこの作品には紆余曲折があったそうで
2015年に一度完成していたものが、17年まで公開延期。
日本でも16年に公開予定だったものが
いまのタイミングになったんですね。

2015年の段階で
完全にレイにスポットを当てていた話を
その後、
母子三世代の話にシフトさせたそうなんですが

といっても、このスター俳優たちを揃えて
撮り直しをしたわけじゃないだろうなあと思うし
素材を換骨奪胎しすぎてしまったのかなあ、という印象もある。


ただ、
きれいごとでない当事者たちの苦しみは十分に伝わるし

“男の子”なエル・ファニングの
ざっくりしたしぐさや、話し方、そのたたずまいが
ドキッと魅力的なのはたしかです。


★2/3から新宿ピカデリーほか全国順次公開。

「アバウト・レイ 16歳の決断」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦い銭 | トップ | ロープ/戦場の生命線 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あ行」カテゴリの最新記事