ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ぼくの名前はズッキーニ

2018-02-10 20:40:00 | は行

シビアな題材を
希望をもって描く。


「ぼくの名前はズッキーニ」69点★★★★


******************************


9歳の少年イカールは
父がいなくなってから
ビールばかり飲んでいる母と二人暮らし。

そんなある日、イカールは
不慮の事故で母親も亡くしてしまう。

ひとりぼっちになったイカールは
児童養護施設に入ることに。

さっそくリーダー格の少年シモンに
手荒い洗礼を受けるイカールだが――?!


******************************


昨年の第89回アカデミー賞で
長編アニメーション部門にノミネートされ

あのグザヴィエ・ドラン氏が
ファンを公言しているという
話題のストップモーション・アニメ。


注目の理由は
クラフト感たっぷりの、温かみある造形に反して
ストーリーの背景が驚くほどシビアで、深いところなんだと思う。


ズッキーニをはじめ
施設に集まる子どもたちは
虐待されたり、見捨てられていたり、親が犯罪を犯していたりと
それぞれ複雑な事情を持っている。

そんなリアルとビターを内包しつつ
子どもらしい世界のきらめきや、希望をすくい取っている。


なにより注目は彼らの「目」!

ほんの少しの目の動き、その演技の細やかさがすごいので
ご注目ください。


そして、この手の作品に興味を持った方は
「メアリー&マックス」(09年)もぜひ!


★2/10(土)から新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開。

「ぼくの名前はズッキーニ」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロープ/戦場の生命線 | トップ | グレイテスト・ショーマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

は行」カテゴリの最新記事