ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

娘よ

2017-03-20 23:22:40 | ま行

日本で劇場公開される
初めてのパキスタン映画。


「娘よ」70点★★★★


****************************


パキスタンの山奥。

部族間の争いが絶えないこの地域に
若くして嫁いだアッララキ(サミア・ムムターズ)は
10歳になる娘ザイレブだけが生きがいだった。

が、そんなとき
部族間の衝突を解決するため
アララッキは敵方の年老いた部族長に
娘を嫁がせなければいけなくなってしまう。

アララッキは決死の覚悟で
娘を連れて、村から逃げ出すのだが――?!


****************************


パキスタン出身で、アメリカで映画制作を学んだ
女性監督アフィア・ナサニエルの長編デビュー作。

テーマは社会派の面持ちですが
映画としては、けっこうしっかり
エンターテインメントとして作ってある。

母娘の逃避行に、かな~りハラハラしつつ
手に汗握りながら見ました。


パキスタンの北部っていうと
あのマララ・ユスフザイさんの出身地のほうでもあり
本当に昔ながらの「掟」に従ったような村の暮らしがある。

男たちは部族間のルールに従い、
どんな相手にも躊躇も容赦もなく、引き金を引く。
そんな様子をチラッと見せるだけで、
胃の縮むような思いにさせるのがうまく

若い母親と娘が
石を積み上げた迷路のような村のなかを逃げるシーンとか
もう「早く!早く!」のドキドキ。

そんな命がけの道行きの背景に映るのは
広大なパキスタン北部の風景で
これがすごく美しい。

ドラマを見ながら
見知らぬ土地の様子を知らせてくれるという
おもしろさもありました。


発売中の『AERA』(3/27号)
アフィア・ナサニエル監督のインタビュー記事が掲載されています~。


元々コンピューター・サイエンティストから
映画監督になったという才媛。
この物語は「実話」からインスピレーションを得ているんだそうです。

映画と合わせて、ぜひご一読を~★


★3/25(土)から岩波ホールで公開。ほか全国順次公開。

「娘よ」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パッセンジャー | トップ | タレンタイム ~優しい歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL