ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

夜空はいつでも最高密度の青色だ

2017-05-11 23:46:07 | や行

石井裕也監督、
こっちに戻ってきてくれてよかった!(笑)


「夜空はいつでも最高密度の青色だ」77点★★★★


******************************


建築現場で働く慎二(池松壮亮)は
日雇い労働者。

同僚の智之(松田龍平)や、中年の岩下(田中哲司)、
出稼ぎフィリピン人(ポール・マグサリン)と組み、
毎日、黙々と汗を流しながらも
漠然とした不安を感じている。

ある日、慎二は智之たちと行ったガールズバーで
美香(石橋静香)と出会う。

むなしさと、孤独と、不安と。
互いに、なにか「通じるもの」を感じる二人だったが
何も起こることはない。

そして、慎二はある場所で
思いがけず美香と再会する――。


******************************


石井裕也監督が
最果(さいはて)タヒ氏の詩集を表現した作品。

とにかく「いま」を生きる人間の
不安や鬱屈を鮮烈に捉えていて、リアルで、やばい(笑)


大作も作ったりしてたけど
監督はやっぱり、こういう匂いが似合う!

ワシ、監督の「ぼくたちの家族」で池松壮亮氏を認識したので
その意味でも、嬉しかったです。


舞台は東京。

深夜に携帯から鳴り響く地震速報
毎日の人身事故。

主人公の慎二(池松壮亮)は
日雇いの肉体労働で死ぬほど働いてるのに、年収200万ちょっと。

家賃6万5千円のアパートに帰ると
ポストには
電気、ガス、水道に携帯代の請求のハガキ。

そして、払っていない年金のハガキ。・・・もうポストを見るのがいやだ。

捨てられた子犬に出会っても拾える身分でもない。


そんな彼と出会う美香(石橋静香)は
ガールズバーでアルバイトをしてる女の子。

出会った二人は、
想いあっても、まるでつながらぬまま。

口を開けば「いやな予感がする」とか←あるある!

あと
「ねえ。放射能ってどのくらい漏れてると思う」
「知らない」
・・・うへえ。リアル(苦笑)

すべてが映画的に劇的でなく、
だからこそリアルに映画的なのだ。


この「いやな予感しかねぇ」世界を
どうやって、彼らは、我々は生きていくんだろう。

ここにもまた、映画でなければかなわない
そこに焼き付けられる風景と、時代の象徴があり、
忘れがたいものがあります。

しかし
映画のなかの渋谷の、ぬるく、鬱屈した空気は
自分が20代だったときの、あの空気そのままにも思えて

若者だけじゃなく、あらゆる人に響くと思います。


★5/13(土)から新宿ピカデリー、ユーロスペースで先行公開。5/27(土)から全国で公開。

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンチェスター・バイ・ザ・シー | トップ | メッセージ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL