ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

メッセージ

2017-05-16 23:50:25 | ま行

観終わって、いまも、考えて、考えてる。
この余韻の長さがたまらん。


「メッセージ」73点★★★★


*******************************


湖畔の家に独り暮らす
言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)。

ある日、いつものように大学に行くと
学生たちが騒然としている。

「先生、テレビつけてください」と言われてつけると
そこには、巨大な謎の物体が写っていた。
地球のあちこちに出現しているそれは
「宇宙船」らしい。

そしてルイーズのもとに
軍のウェバー大佐(フォレスト・ウィテカー)がやってくる。

「この言葉が、あんたにわかるか?」

それは異星人のメッセージなのだろうか――?


*******************************


「灼熱の魂」(名作!)のあと、次々と作品を発表し、
「ブレードランナー2046」の公開も控えている
旬なドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のSF。

ワシの大好きな思考系SFの要素があり
「インターステラー」「ツリー・オブ・ライフ」を思わせる
時空の考察が、とても好みだす。

それに異星人コンタクト話も好きなんだよね~。
なんたって「未知との遭遇」が映画とのセカンドコンタクトだから。


で、本作は
流れるような自然なカメラワークで
主人公のいつもの日常から
巨大な宇宙船が出現する非日常へ、実に美しくつながっていく。

撮影は「プリズナーズ」でも一緒だった
ロジャー・ディーキンズか思ったけど

彼が別のプロジェクトでNGだったため
ブラッドフォード・ヤングが担当していた。
「アメリカンドリーマー」の人ね!すごい見事でした。


異星人とのコンタクトシーンもとても静かで、
映画全体が、どこか悠々としていて、そこが好き。

サウンドの迫力もすごいですねえ。

しかし、話は
思考を異次元に飛ばさないといけないほど
高度な感じになっていくので
(タイムトラベルものとか、ワシ、いつも思考を追いつかせるの大変なの。好きなんだけど。笑)

うーん、観終わってから
一晩、数日、ずっと頭から離れなかった。

原作も読んでみたけど
これは、映画がすごくいいと思った。

ぜひ、劇場でご覧くだされ。
そして
「この映画について」語り合わせてください(笑)


★5/19(金)から全国で公開。

「メッセージ」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜空はいつでも最高密度の青色だ | トップ | オリーブの樹は呼んでいる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
メッセージ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  エイミー・アダムス  ジェレミー・レナー  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言......
映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は 映画初...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態......