ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

LION/ライオン ~25年目のただいま~

2017-04-04 23:45:20 | ら行

これが実話だってのがスゴイ!


「LION/ライオン ~25年目のただいま~」78点★★★★


*****************************


1986年のインド。

5歳のサルー(サニー・パワール)はわんぱくざかりの少年。

ある夜、働きに行く兄にくっついて駅に行ったサルーは
睡魔にあらがえず
止まっていた列車のなかで寝てしまう。

が、サルーが目覚めたとき
列車は動き出していた。

しかも列車は回送列車で誰も乗っていない。

「兄ちゃーん!!助けて!」――
叫びもむなしく
サルーは遠く、知らない土地まで運ばれてしまう・・・。


*****************************


5歳のときにインドで迷子になり、
その後、オーストラリア人の夫妻の養子となった主人公サルーが
あのグーグルアースで
25年ぶりに自分の生まれた家を探し出した――!という
驚きの実話を映画化した作品。

アカデミー賞6部門ノミネートでも話題になりましたが
いやあ、いい映画です。
すがすがしく泣きました(笑)
かわいそう、とかでなく、主人公をめぐる人々の善意の清らかさに泣けた。


このドラマが実話というのもすごいんですが
映画としても彼が迷子になる、子ども時代の描写が分厚いのがとてもいい。

夜の無人駅でひとりぼっちになってしまったときの心細さ。

兄を探して名を呼び続け、街をさまよう様子は
まるっきり置きざれにされた子猫のようで
ハラハラするし、胸がギュッと掴まれます。


子どもの目線からの世界の見え方や
冒頭、汽車がトンネルを抜けるシーンなど
情感たっぷりの映像も見事。


彼が成人し、グーグルアースで家を探し出すまでが
かなり長いけど
いやあ、そうそう簡単にはいかなかったんだな、とも思う。

養子先の夫妻が、もう一人、彼の兄となる養子をもらい、
その兄がおそらく発達障害であろう――という難しい子どもだということも
ストーリーに厚みを出している。

「善意」を実行する夫妻の美学と現実のはざまに
グッときました。

エンドロールで明かされる事実にもびっくり。
運命は驚きに満ちて、ときに残酷です。


今週発売の「週刊朝日」
原作者でこの奇跡を体験したサル―・ブライアリー氏と
日本文学研究者のロバート・キャンベルさんの対談記事を書きました。

キャンベルさんは映画をみて、ものす~ごくサルー氏に会いたかったのだそう。
それはなぜか?驚きの事実が明らかに?!
ぜひご一読ください~

★4/7(金)から全国で公開。

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴースト・イン・ザ・シェル | トップ | ぼくと魔法の言葉たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ら行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL