ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

苦い銭

2018-02-03 14:30:10 | な行

163分で観客は、
このほの暗い路地で暮らす一人になっていく。


****************************


「苦い銭」72点★★★★


****************************


「三姉妹~雲南の子」(12年)「収容病棟」(13年)などで知られる
ワン・ビン監督が
中国・淅江省(せっこうしょう)の縫製工場で働く
人々を写したドキュメンタリーです。

2時間43分(!)をじっくり味わう
相変わらずのワン・ビンの超・観察っぷり。


浙江省・湖州は縫製工場の町で
30万人を超える出稼ぎ労働者が働いているそう。

みな
田舎から出てきて、狭い寮をあてがわれ、
コミュニティを作って暮らしている。

そんななかで
果てのない夫婦ゲンカにハラハラし
ミシンの下で布地を複雑に動かし、瞬く間に“洋服”にしていく
人々の手に感嘆し、

長時間労働に付き合い
時にウトウトしながら(ははは。笑)、

完全に自分が、このほの暗い路地の、
この場所で暮らす一人になっていく。

その感覚が
とてつもなく不思議でおもしろい。


働けど、働けど、暮らし楽にならず。
でもみんな、必死に働いている。

嗚呼、自分と同じだ、と思う。


「仕事とは、生きること」。
改めて感じつつ、
なんでか、
じんわり熱いものがこみあげてくるのでした。


★2/3(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国で公開。

「苦い銭」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローズの秘密の頁 | トップ | アバウト・レイ 16歳の決断 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

な行」カテゴリの最新記事