ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

タゲレオタイプの女

2016-10-12 23:25:38 | た行

黒沢清監督が
フランスで撮った作品。


「タゲレオタイプの女」70点★★★★


*******************************


フランス郊外にある古い屋敷を
ジャン(タハール・ラヒム)が訪ねてくる。

出迎えたのは写真家スティファン(オリヴィエ・グルメ)。

彼はタゲレオタイプという
古い撮影方法を使っており、
ジャンはその助手として採用されたのだ。

タゲレオタイプ撮影は露光時間が長く、
その間、モデルは動くことを禁じられる。

そのモデルになっているのは
ブルーの古風なドレスに身を包んだ
スティファンの娘、マリー(コンスタンス・ルソー)だった――。


*******************************


冒頭から
不気味な屋敷、ひとりでにギーッと開くドア、
鏡に映る人影・・・

さすが匠のソフトホラー。
定番演出ながら、磨き抜かれております。

舞台はフランスだけれど
どこか「雨月物語」のような、和風を感じさせる。

誠実な青年が、次第に欲にかられていくさま。
死者の影漂う“屋敷”に囚われた
哀れな男の姿から、連想したのかなあ。


撮影にものすごく時間がかかる
特殊なタゲレオタイプ撮影を
うまく映画の題材にしている。

それは
生きている人間の「時間を止めて、写す」撮影方法であり
そうすることで「生者」が、そこに焼き付けられる。
もしかしたら、その人の死後も・・・?というのが要ですね。


「預言者」のタハール・ラヒム、
マチュー・アマルリックなどキャストも一流でした。

それにしても。
12/10公開の
「ヒッチコック/トリュフォー」
黒沢清監督が登場し
「ヒッチコックのすごさ」を語っているのを見て

ああ、なるほどなあ、やっぱりなあと
思うのでありました。


★10/15(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国で公開。

「タゲレオタイプの女」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永い言い訳 | トップ | 何者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL