ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

きっと、いい日が待っている

2017-08-02 23:44:27 | か行

このタイトルしかつけようがないよね・・・


「きっと、いい日が待っている」69点★★★☆


*****************************


1967年、デンマーク・コペンハーゲン。

13歳のエリック(アルバト・ルズベク・リンハート)と
10歳のエルマー(ハーラル・カイサー・ヘアマン)の兄弟は
シングルマザーの母親とつましく暮らしていた。

しかし、母親が病気になってしまい
二人は児童養護施設に送られる。

そこは上級生からのイジメと
そんなことは知らぬ存ぜぬな教師たち、
そして
限りなく威圧的な校長が巣くう
地獄のような場所だった――。

兄弟は「すぐに母親が迎えにきてくれる」と信じ、
日々を生き抜こうとするが――?!


*****************************


1967年、デンマーク、コペンハーゲンの少年養育施設で
実際に起こった事件を基にした作品。

本当にこのタイトルしかつけようがないというか
かなり、つらいです(泣)
困難を描く物語はままあるけれど、
「なかなか救いがない」度合いでは近年稀に見るかも(苦笑)


悲惨な施設に入れられても
「すぐに母親が迎えに来てくれる」と信じ、
なんとか日々をやり過ごそうとする幼い兄弟。

反抗的な兄と、想像力豊かな弟のキャラクターはとてもよくて
特に弟をひたすら守ろうとする、兄貴が切ない。

映画全体もピュアでいいんですが
まあ
とにかく彼らの試練の厳しいこと!

あらゆる希望は打ち砕かれ、頼りになりそうな人は消え
かすかな光は灯りそうになると、フッとあっけなく吹き消される。

そんな状況の繰り返しで
次第に翼をもがれていく兄弟が気の毒で
ちょっとしんどくなってしまいました。


それでも、約2時間を耐えたあとの
展開には喝采!

なにより、これが
さほど昔ではない時代に起こった実話だという重みは
噛みしめなければならないなあと。


★8/5(土)からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。

「きっと、いい日が待っている」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜明けの祈り | トップ | ロスト・イン・パリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL