ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ

2017-06-03 22:21:48 | わ行

101歳にパワーをもらうの巻。

***************************


「笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ」70点★★★★


***************************


日本初の女性報道写真家、笹本恒子さんと
伝説のジャーナリスト、むのたけじさん。

ともにオーバー100歳の二人を
「天のしずく 辰巳芳子の“いのちのスープ”」
河邑厚徳監督が写したドキュメンタリーです。


笹本恒子さんは、近年メディアにもよく登場されているけれど
むのたけじさんを映像で見たのは
この映画が初めてだった。

笹本さんのお元気さ、美しさもすごいけど
(本当にお若い頃より、ますます美人!笑

やはり
むのたけじさんに圧倒されました。

朝日新聞の記者だったむのさんは
1945年8月15日に「戦争協力の記事を書いた」責任をとって新聞社を辞め、
その後、ずっとフリーで平和を訴えてきた
伝説のジャーナリスト。

映像を見ると、本当に年相応によぼっとした(すみません)
100歳のご老人なのですが
笹本さんとの公開対談でも、大学で講義をするシーンでも

マイクを持つと「カッ」とスイッチが入る。

その
血を吐くような、命を吐くような、言葉の数々。

滑舌も良く、声量もあり、
本当に別人のようになる。

その気迫とエネルギッシュさに圧倒されるんです。

監督はそんなむのさんの、
命の火が燃え尽きようとしている最期の瞬間まで、写している。

ラスト、わずかに開いた小さな瞳の淡いグレーが、
目に焼きつき、胸が詰まって、たまらない。

重く、大事なものを
バトンタッチされた気がして
様々なことを考えました。

「通販生活」公式サイト
「週刊通販生活」で河邑監督にインタビューをさせていただきました。

映画が意味するところについて、
監督、たくさん語ってくださってますので
ぜひ、ご一読いただければ!

なおこのインタビューは
雑誌「通販生活」夏号にも掲載されるそうです~


★6/3(土)から東京都写真美術館ホール、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

「笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローマ法王になる日まで | トップ | セールスマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL