ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

胸騒ぎのシチリア

2016-11-19 23:08:01 | ま行

ティルダ・スウィントンが
キレイだ~


「胸騒ぎのシチリア」68点★★★★


*********************************

のどを痛めた
ロック歌手のマリアン(ティルダ・スウィントン)は
シチリアの美しい島で
年下の恋人(マティアス・スーナールツ)と穏やかな日々を過ごしていた。

が、そこに
元カレのハリー(レイフ・ファインズ)が乱入してくる。
しかも、カレは娘だという
セクシーな娘(ダコタ・ジョンソン)を連れて来た。

静かな島で、4人の関係が
少しずつ変化し始め――?


*********************************


「ミラノ、愛に生きる」監督が、
再びティルダ・スウィントンを主演に描いた恋愛劇。

元ネタは
アロン・ドロン主演の「太陽が知っている」(69年)。
(「太陽がいっぱい」ではなく。すみません未見ですが)

シチリアの島を舞台に
ロック歌手(ティルダ・スウィントン)と年下の恋人、
歌手の元カレと、その妖艶な娘の四角関係?を描いていて、

まあなんといっても
ナチュラルにセレブライフを送る
ティルダ・スウィントンの中性的な魅力が抜群。

「ミラノ~」では完璧な上流階級ファッションだったけど
今回はロックスターのセレブ役なので
上品でシンプル、ラフな感じも漂っていてオシャレ。

デザインは元ディオールのラフ・シモンズだそうです。

余談ですが
つい先日、来年1月公開の「ドクター・ストレンジ」を試写で見たのですが
ティルダ・スウィントンが最新の映像技術のなかで
魔術師の”マスター”をこれまた美しく演じていて
なんでも演じられる俳優ってすごいなあと改めて思ったり。


ただこの映画、
物語が動くのがかなり後半で
それまでしゃべりっぱなしのレイフ・ファインズに
付き合わなければいけないのが、正直しんどい(苦笑)

ワシ、「イタリアは呼んでいる」もそうだったんですが
イタリアで、おしゃべりをしまくる男、という
シチュエーションがどうも苦手らしい(苦笑)

まあ陽気なキャラで
いいんですけどねえ・・・。


★11/19(土)から新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国で公開。

「胸騒ぎのシチリア」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレーライスを一から作る | トップ | ファンタスティック・ビース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ま行」カテゴリの最新記事