英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

『家政婦のミタ』 最終話

2011-12-22 19:46:17 | ドラマ・映画
 「お母さんになって!」………「承知しました」

 主婦のミタです
この家に、母親はふたり必要ありません。みなさん、これからも末長くよろしくお願いいたします」
「ミタさんではなく、お母さんです。いつまでも、家政婦扱いするのは止めてください」
「死んだお母さんと唄った歌なんて、忘れなさい」
ターミネーター主婦、ロボットお母さんの誕生である。

 家政婦の時より、パワーアップしたかのようなロボットぶりで、家政婦の時の方が、母性を感じさせた。しかし、食事中の厳しい言葉自体は、母親としての言葉で、正論ではある。かなりきつくズバズバ言っていたが、甘甘な阿須田一家にはちょうどいいかもしれない。聞いていて、うなずいてしまった。
 しかし、さすがに仏壇を燃やすのはやり過ぎで、子どもたちもついていけず、恵一の病室に避難。

うららは逆疫病神
 胃潰瘍、PCフリーズ、ゴキブリを踏むなど、阿須田家の面々は不運に見舞われる。まるで、うらら状態。最初はミタさんの神通力かと思ったが、どうやら、うららが阿須田家の厄災を一手に引き受けていたようだ。
 ターミネーター主婦+厄災で笑顔が消えた阿須田家、そんな状態になってみて、うららの顔が浮かんだ。「私が何とかするから」と言っているうららの顔が。うららは阿須田家にとって大切な人だった。(でも、厄災を引き受けると言っても、抱えきれず、周囲に撒き散らし、結局被害を与えていたんだけど、被害を拡大させていたかも)

ミタさんかうららか、お母さんかミタさんか
 ミタさんに「自分かうららか、どちらかを選べ」と選択を迫られ、悩んだ挙句、うららを選び、「あなた(ミタさん)はお母さんじゃない」と言う。

ミタさんの真意
 ターミネーター主婦、ロボットお母さんの真意は、子どもたちに主婦や母の務めを認識させ、そして、お母さんの代わりはいないと分からせるためだった。安易にミタに母親を求めた阿須田家の子どもたちへの戒めでもあるように思う。

7連発、うららへの叱咤激励
 7連発のビンタ、「あたしなんかより必要なんだから、ミタさんの方が必要なんだから、結ちゃん達には」といううららに対して。
 有無も言わさぬミタのビンタ(さすがにグーではない)に、ヘラヘラうららも
「ふざけんなよ~」と体当たりするうららに

「そうやって、怒ってください。
泣きたいときには泣いてください。
気を遣って、無理に笑顔を作るのはやめてください。
ご機嫌を取ったり、顔色をうかがうようなこともやめてください。
あの人たちの家族になりたいのなら。
本当に、あの家族を守る気なら。

あなたは、旦那様の妻にはなれないかもしれない。
子どもたちの母親にはなれないかもしれない。
でも、保護者にはなれます。
〈あたしが何とかするから〉
〈人を憎むより、好きになって欲しい〉
〈大丈夫だよ、ハートでぶつかっていけば〉
あなたが言ってきたことは、全部正しいんです。
ただ、伝え方が間違っているだけです。
これからは、甘いだけじゃなく、厳しいことも言ってください。
今までのように、あなたがババを引いて、
あの家族に降りかかる災いを、すべて跳ね返してください。
そして、最後には、いつもあなたの笑顔で、みんなを包んでください。
あなたは、わたくしのようになっては、絶対だめです」

「私は、ずっと、笑顔を忘れずに生きていく」
笑顔を捨てようとしたうららが、約束した。


 うららの良さも認め、正さなければならないことは正す。
 子どもたちの母親の代わりは、簡単にはなれない。
 そして、自分への戒めもあったのだろう。

 心に響く、ミタの言葉だった。


「勇気が出ました。今から言ってきます」って、え?
 うららの結婚相手の言葉。何言ってんだ?と思ったら
「その結婚、ちょっと待ったぁ!」
 『卒業』のように、結婚式の花嫁を強奪。
 新婦に逃げられた新郎、追いかけるが、見事にコケル。本当に見事に。
 と、誰かと思ったら、極悪の元部下の名取だった。
     わはは!すっきり。

変わった阿須田一家
 元愛人にも、隣のおばさんにも、救いの言葉を掛ける阿須田一家。
 これを見てミタも安心か。

 ミタ語録が後押しする。いつもと違う前向きな定義だ。
「奇跡というのは、普通に考えれば絶対起きない出来事が、そうなって欲しいと願う人間の強い意志でおきることです。奇跡は起こるから、奇跡と言います。自分には無理だからと諦めている人には、絶対起きません」

 この後、おばさんと息子・翼が抱擁し、それを優しい眼差しで観るミタ、わずかに微笑んでいたように見える。しかし!スポンサーのロゴがそれを遮ってよく見えない。邪魔!

「食事の用意が出来ました」の声が震えていた
 阿須田一家が変な顔をして振り返った時、ミタさんの顔がヒクヒクし、声が震えていた。絶対、笑いをこらえていた。その後、お腹も鳴らしたし。

「皆さんおかげで、少しですが、光を取り戻すことができました。ただ、死んだ夫と息子への思いは一生消えることはありません。ふたりを死なせてしまった十字架は一生背負っていくしかないんです。でも、これからは……皆さんのおかげで取り戻すことができた小さな灯りを頼りに家政婦として働いていこうと思います。自分の意思で」
 ミタの顔には明るさと柔らかさと、意思が感じられた。


ミタさんが笑った
「最後の業務命令です。ミタさん、笑ってください」
「(恵一の言葉なので、多少端折ります)今でも、亡くなったご主人と息子さんのために、笑ってはいけないと思っているんだろうけれど、そんなこと、本当にふたりが望んでいるとおもいますか?あなたは、生きているんです。………あなたは、ロボットじゃなくて、人間なんです。亡くなったご主人や息子さんのために、笑って欲しいんです。……笑ってください。ミタさん」

 少しうつむき目を閉じ、意を決したように眼を開き、
「承知しました」
そして

ぎこちなく微笑む。
ひとりひとりに微笑む。少し硬いが優しい微笑み。
子どもたちが、ミタさんに声を掛け、それに対し、
「承知しました」と答え、微笑む。
「承知しました」涙がほほを伝う。
「承知しました」
「承知しました」
「承知しました」
「承知しました」

「今度はあなたが幸せになる番です。あなたが幸せにならなかったら、ぼくは承知しませんからね」
「承知しました」
「これからは、いっぱいいっぱい笑ってね、ミタさん」
「承知しました」

 感動のシーンだった。ミタさんが笑顔になって本当によかった。
 ミタさんの心の殻を突き破るような強烈なエピソードがあるのかと思ったが、これはこれでいいのかもしれない。

 このあとの10分弱の別れのシーンは、冗長気味。
 最終話は、たぶん笑顔のシーンなのだろう。私も感動してしまった。でも、印象に残ったのは、ミタがうららに託した言葉や行為だった。
 特に「あなたは、旦那様の妻にはなれないかもしれない。
子どもたちの母親にはなれないかもしれない。
でも、保護者にはなれます。
〈あたしが何とかするから〉
〈人を憎むより、好きになって欲しい〉
〈大丈夫だよ、ハートでぶつかっていけば〉
あなたが言ってきたことは、全部正しいんです」


 は、心に響いた。「母親にはなれないかもしれない」というのは、最終回のテーマに沿った言葉で、感心した。



 各話に格となるエピソードがあり、それが強烈で、全体にビシッと筋が通り緩みがなかった。それも、単に強烈なだけでなく、各話の主題がきっちりしていて、それの決着もしっかりつけてある。
 さらに、それでいて、次回どう展開していくんだろうという期待感さえ抱かせる。その上、各話にユーモアも盛り込んである。感心したなり~!


【その他いろいろ】
・恵一「まさか、夫婦になるなんてことはないですよね」(少し嬉しそう)
・ポケットから書類を出す。ミタさんの事だから、婚姻届かと思ったら、やはりそうだった。もしかしたら、特別超過料金の請求書かと思ったけれど。
・婚姻届に署名捺印って、ホントに婚姻届を出されたらどうするつもりだったのか?


【ストーリー】(番組サイトより)
 阿須田家の子供たちから「お母さんになって」と懇願された三田(松嶋菜々子)が「承知しました」と返事をしたことを聞いた恵一(長谷川博己)は耳を疑う。事実を確認しようとした恵一に三田は署名・捺印済みの婚姻届を差し出す。恵一はすぐに結婚は考えられなかったものの、子供たちのためにも「ずっと家にいてほしい」と頼む。三田は、阿須田家の“母親”になった。

 喜ぶ阿須田家の子供たちだったが、三田は意外な行動をとり始める。

 そんな矢先、恵一が食事中に倒れ、入院してしまう。阿須田家は、しばらく三田と子供たちだけの生活になる。

 一方、恵一のことを忘れたいうらら(相武紗季)は見合い相手(勝地 涼)との結婚を決意し、結婚式の日取りまで早々に決めてしまう。そんなうららの前に三田が現れ、自分が阿須田家の子供たちの母親になったことを勝ち誇ったように告げる。

 三田が母になって以来、子供たちの周りで不運なことが次々と起こり、阿須田家には不穏な空気が漂う。困惑を深める子供たちは、三田が家を乗っ取るつもりではないかと疑い始める。

 三田の真意とは、一体何なのか?

 そして、阿須田家の人々との交流をきっかけに人間らしい感情を少しずつ表すようになった三田は、最後に笑顔を見せるのだろうか?


主婦になったのに、やはり食べない。
寝室は?それとも通い?
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『謎解きはディナーのあとで... | トップ | 『整理整頓』 中田章道七段作 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終わってしまいましたねー (将棋を知らない母)
2011-12-23 07:30:48
終わってしまいましたねー
この日は、すべての家事を必死に終わらせてリビングのテレビの前にこたつを設置して観ましたー(こんな時に限って直前にだんな様が帰ってきましたが・・・・)
そうです。母もうららちゃんに言った言葉の方が心に響きました。
ミタさんの笑顔、、、ああああー松島菜々子さんって、笑うとこんなに可愛い顔だったんだーって思い出しました。子供たちの言葉、よかったですね。。
きいちゃんは、末っ子というだけあって、気持ちに素直でいいですね。。ひとりだけミタさんにぎゅーって抱きしめられてましたね。。。
ミタさん、このままホントに家族になろうかなーって思ったりしなかったのかしら??
揺れただろうなー
でも、夫婦にはなれないかも・・・(笑)
英さん、今回はたくさんのドラマの解説ありがとーございました。来シーズンもよろしくです~
ありがとう (玉です)
2011-12-23 07:50:50
最後まで、名セリフを並べてくれました。そして、最後まで、動きのある展開に、お見事でした。泣けましたね。最後のミタさんへの言葉は、各自自分で考え、シーンも一発OKですって。撮影裏や、毒をもった?とか想像させたり、やること、にくいです。(いい意味)
阿須田家の変顔、笑えました。
うららちゃんへのびんたも強烈でした。
そして、みたさんの笑顔、さすがです。顔のアップだけで、魅せますね。泣き顔よりも、難しい演技かもしれません。
無理だと諦めている人には、奇跡が起きない・・・(名台詞)隣のおばさんや、逃げられた新郎、元愛人まで、よくうまくまとめました。すっきりです。
笑いあり、泣きあり、教えあり、視聴率高いのもうなずけます。続編はないそうですが、見たい気もするし、ここまで期待度高いので、難しい気もするし・・・
毎回アップありがとうございました。
終わってしまいました (英)
2011-12-23 17:04:17
将棋を知らない母さん、こんにちは。

>ミタさんの笑顔、、、ああああー松島菜々子さんって、笑うとこんなに可愛い顔だったんだー

 ええ、彼女の笑顔、素敵でしたね。彼女の笑顔を見ることができて、よかったです。
 無性に、普通の松嶋さんを見たくなりました。で、『ゴースト』ですか(笑)
さすがの最終回 (英)
2011-12-23 17:10:15
玉さん、こんにちは。

最終回もいろいろと、やってくれましたね。

>毎回アップありがとうございました

いえ、皆さんにコメントをいただけるので、書いた甲斐もありましたし、やる気も出ました。
最終回は、「よかった」の一言でいいかなと思いましたが、そういう訳にもいかないだろうと(笑)。おつきあい、ありがとうございました。
三田さんの "氷の面"が割れた! 笑顔を出した!! (zebra)
2011-12-23 17:51:59
最終回でしたね。

なぜ、三田さんが 母親訳を引き受けたのか・・・
それは いままでも そうだったのですが、 三田さん 常識では 絶対 家政婦の域を外れる業務命令ばっかり やってたじゃないですか。

 それを やることによって その弊害が なにが起きるか 阿須田家の人々に 教えたかったのですよ(・へ・)

 ましてや、母親役・・・そりゃあ~ ムリもムリ!
家族の域に踏み込んではいけないのに 踏み込ませるから 家政婦ではなくなる上に 子どもたちにムリな事もでてしまう・・・

 が、クリスマスの夕食で お父さんが
「笑って くれませんか・・・?」  

 あれだけ 三田さんが「ムリです」と言ってたことを やらせるのかよぉ~って

 三田さん「承知しました」・・・え?え? エエ~~~!!!(゜口゜)

 声を大にして いいたい

三田さんの "氷の面"が割れた(゜▽゜)! 笑顔を出した(^∀^)!!

 三田さんに、なにか欲しいプレゼントは ありますか?と聞くと "私の石がほしい・・・"
 その場では きいちゃんは 石を渡すことが何を意味するかわかっているので 泣いてましたね。

 でも・・・渡さないと ダメだよね(^~^)

だって・・・渡さないと 阿須田家に来た意味がないんだもん・・・  バスを停めて 三田さんに石を渡すきいちゃん。  泣けた!ここも重要な場面だ。  三田さんが阿須田家に受け入れてもらえて 救われたんだな~


 最後に  再び 閑散とした一軒家に来た 三田さん その家の家族とは どうなるのかなぁ~~
 「かつて、私は 心が死んだように生きていましたが とある家族に家政婦として招かれたときにそこの家族に心のふれあいを 私に 取り戻させてくれました」 

 新たに家政婦として訪れた一家に そう話すと思うなぁ~

熱弁ですね (英)
2011-12-23 20:27:24
zebraさん、こんばんは。

思いのこもったコメントありがとうございます。あちこちのブログに同文章で書きこまれており、その熱心さには恐れ入ります。

どのブログにも同文章ということは、ブログの記事の内容に関わらない、そのブログの記事についてのコメントでないということになります。

コメントの熱い思い、受け取らせていただきました。面白くて、よいドラマでしたね。

コメントを投稿

ドラマ・映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

家政婦のミタ 第11話(最終回) (レベル999のgoo部屋)
『本当の母親…それはあなたたちが決めることです!』 内容 希衣(本田望結)が、三田(松嶋菜々子)に「お母さんになって」と懇願。 すると。。。「承知しました」という三田。 そして希衣や海斗(綾部守人)翔(中川大志)は、 恵一(長谷川博己)に三田へプロポーズす...
「家政婦のミタ」最終話 (またり、すばるくん。)
最終話「本当の母親…    それはあなたたちが決めることです!」 視聴率40.0%  
家政婦のミタ 16話 最終回 (なんでもあり~な日記(カープ中心?))
ミタさんはサンタ 伏線回収 ミタさんではありませんお母さんです の3本でした。来週もまた見てくださいねーウフフフー 個人的には泣けない最終回でしたw いや、ミタさんの笑顔 ...
【家政婦のミタ】第11話 最終回と統括感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
僕達は、どんな関係になるのかなぁと思って。 ・・・まさか夫婦になるなんてことはないですよね? 私は、署名・捺印しておきました。 えっ!? いや…ちょっ…ちょっと待ってくださいよ! 無理です...
家政婦のミタ 第11話・最終回 感想「本当の母親…それはあなたたちが決めることです!」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
家政婦のミタですが、話題騒然のドラマは最終回も面白く感動的だったと思います。直前のスペシャルは予想を裏切らず総集編でしたが、三田灯(松嶋菜々子)に「もう謝らなくてもいいから!二度と笑わないでっ!!」と強烈な呪縛をかけた姑は「私そんなこと言ってないわよ。...
家政婦のミタ 第11話(最終話) (Happy☆Lucky)
第11話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント
家政婦のミタ 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
阿須田家の子供たちから「お母さんになって」と言われた三田(松嶋菜々子)に、 恵一(長谷川博己)も「ずっと家に居てほしい」と頼む。 三田が阿須田家の母親となって喜ぶ子供たち。 だが、三田は意外な行動を取り始める。 これまで家族好みの完璧な料理が、家計が苦...
家政婦のミタ【第11回(最終回)】日テレ水10 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
本当の母親…それはあなたたちが決めることです!  「承知しました」by笑顔の三田さん(松嶋菜々子)。 うわぁぁぁぁぁぁっ!!!泣けちゃったわよ泣けちゃった。泣けちゃったったら泣けちゃったわ~。「家政婦のミタ」でまさかこんなに泣いちゃうとは、思いもよりません...
「家政婦のミタ」アイス家政婦の完璧業務完了お母さんは阿須田家が決める事ですミタは阿須田家に家族の絆を示し小さな灯に微笑み次の... (オールマイティにコメンテート)
「家政婦のミタ」最終話は希衣がミタにお母さんになってと業務命令したら承知しましたと語り、ミタは結たちのお母さんになるも、なった途端に食事は質素になり、厳しい物言いと現 ...
家政婦のミタ 最終話:本当の母親…それはあなたたちが決めることです! (あるがまま・・・)
承知しましたo( ̄ ̄▽ ̄)oニコッ 阿須田家のみんなに笑顔で「承知しました」を連発したミタさん。 だけど、沖縄に移転するとかウソ言ったのは何故? 今後も関わりを持とうとする阿須田家を敬遠してるの? それともうららちゃんの為に遠慮してんの? 少しは表情が柔らかく...
家政婦のミタ 最終回 (シフォンなキモチ)
うまいこと伏線を回収したなぁー! となりのババアでさえ、救われる展開じゃないですかw うん、みんな成長した! 特に、クズ父が成長した[E:coldsweats01] ちゃんと「お父さん」になったw でも、不倫相手が舞い戻ってきたからな~、ちょー危険w さて、ミタさんの笑...
家政婦のミタ 最終回 (Yが来るまで待って・・・)
ミタさん、お母さんになって! -承知しました-。 小躍りして喜ぶ阿須田家の子供たちだったが、世の中そんなに甘いもんじゃなかった・・・。 *今日のあらすじ*
ドラマ「家政婦のミタ」第11話(最終回)... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
「三田さん、笑って---------」今期一番の話題作の最終回。視聴率は驚異の40%!すごすぎる!で、その前に三田さん特別編って、単なる総集編かと思ったから、最初にちょっとだけお話...
ドラマ「家政婦のミタ」 第11話(最終回) 感想「本当の母親…それはあなたたちが決めることです!」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
「三田さん、笑って---------」 今期一番の話題作の最終回。 最後の数字がどこまで行くのか、明日の発表が楽しみだ♪ で、その前に三田さん特別編って、単なる総集編かと思ったから、最初にちょっとだけお話が繋がってたのは嬉しかったわ。 旦那さんと息子さ...
家政婦のミタ 最終回~満月が象徴するもの (平成エンタメ研究所)
 劇中、何度か<月>が出て来る。  この月が象徴するものは何だろう?  おそらくは三田さん(松島菜々子)。  月は荒涼としている。生命がいない。自分では輝けない。  それは心が死んでしまった三田自身でもある。  だが、一方で月は太陽の光を受けて、夜に人々を...
家政婦のミタ最終回 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
前からずっと見ていたわけではないけど、「家政婦のミタ」がおもしろいというので最近見ている。12月21日の最終回では、21時からそれまでのあらすじ紹介もしてくれて親切だ。子供達の甘ちゃん的な考え方が、ミタ(松嶋菜々子)からすればおかしいのだ。けれど、あまりにも...
家政婦のミタ (第11話・最終回 12/21) 感想 (ディレクターの目線blog@Seesaa)
10/12から日テレで始まったドラマ『家政婦のミタ』(公式)の最終回『本当の母親…それはあなたたちが決めることです!』の感想。 最終回の感想を一言で… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3274/ ★Seesaaブ...
家政婦のミタ (AKIRAのドラマノート)
最終回の感想
家政婦のミタ #11 最終回 (昼寝の時間)
公式サイト 見ながらとったメモは過去最多になったのすけれども、それを清書している
ミタさんはサンタクロース 本当はサンタクロース 晴海家政婦紹介所から来た~(さよなら「家政婦のミタ」特別版・家政婦のミタ#11最... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
歴代3位、脅威の視聴率40.0%キター まんたんウェブ、オリコン『家政婦のミタ』来年もまた来るね。12月21日・・・夫の命日であるこの日に、夫と息子が亡くなってから初めての墓参 ...
家政婦のミタ 最終回 (のほほん便り)
本編の前にオンエアされた特別企画「さよなら『家政婦のミタ』」は、少しだけシーンを追加した、思いっきりの総集編でしたね。 日テレさん。予期せぬミタさん人気に舞い上がり、お昼の番組での企画をはじめ、あやかり番組、どれだけ作ったことでしょ (^^;) 最終回...
ミタを見た。 (笑う学生の生活)
ドラマ「家政婦のミタ」を見ました。 日テレにて 水曜10時にやってました 今季ドラマでも1番話題になった作品ですね ストーリーしかり、視聴率でも なんていっても 最終回は40%でしたからね! 視聴率が良いことからもわかるように やはり 面白かったです 1番にはス....
《家政婦のミタ》#最終回 (まぁ、お茶でも)
父、恵一が戻り、子供たちは、三田さんが、「お母さん」を快諾した事を報告した。 早くお父さんもプロポーズしてとせっついた。 三田さんが、買い物から戻り、恵一は恐る恐る聞いた。 「本当にこの子たちの母親になって くれるのですか?」 「私でよろしければ。」