英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

『相棒 eleven』 第18話「BIRTHDAY」

2013-03-14 20:34:52 | ドラマ・映画
 少年の行方不明、謎の家出少女、強盗殺人容疑者の逃走、不審な放置状態の不在住宅、ひき逃げされた奇妙な遺体、やたら豪華な誕生パーティー………と、無関係な謎が徐々につながっていくという、『相棒』の一つのパターンで、観ていて面白かった。
 場面や時間がバラバラに見せられるので、マルチサイトのアドベンチャーゲームのようなワクワク感、ジグゾーパズルのピースが嵌められていって全貌が見えてくる緩やかな爽快感があった。

 しかし、全貌がわかり、順序立てて事象を視ると、少年の病気以外は平易なストーリーだったように思えてくる。
 さらに、謎解きパズル性を高めたため、細かな点で不自然さが生じていた。
 特に、右京を事件に絡めるための無理が目立った


 謎の家出少女は少年の姉で、すでに病気で亡くなっていたようだ。その姉が少年の危機を右京に救ってもらうため、右京の前に現れたのだった。
 脚本家の立場としては、それによって右京をさり気なく事件に絡ませたかったのだろうが、霊という考えようによってはオールマイティな存在を登場させるのはどうなのだろう。
 現実的で論理的な右京、しかし、それ故、その逆の存在を求めたいのであろうか、右京は日ごろから霊魂や幽霊などの存在を信じたいと思っており、切望してやまないという態度を見せているので、幽霊が登場するのもありなのかもしれない。
 しかし、今回、あれだけ幽霊と接近遭遇したが、当の右京は全くそれを認知しなかった。となると、この脚本家は右京の幽霊切望という設定に関しては深く考えず、右京を事件に絡ませるため幽霊少女を登場させただけなのであろう。
 そもそも、弟の危機を救うために出現したのなら、直接はっきりと助けを求める方がはるかに確実である。


 強盗殺人容疑者はどうしようもない奴という設定。嘘をつかれたということに激情し、少年の前で老女(と呼ぶには若々しいが)を絞殺そうとする。また、少年に老女と少年の死体を埋める穴を掘らせる。また、裕福で幸せそうな少年を妬み、そのプレゼントを無茶苦茶に踏みつけるなど、非道ぶりを発揮させる。そのとんでもない奴が、少年の背負っていた病気や健気さを知り改心し、少年を救おうとするというしみじみストーリーというのも、今回の根ありだったと考えられる。
 しかし、老女の首を絞めたのは分かるとして、発覚を恐れ、死体(死んでいなかったが)を山中に埋めようとするのは不自然。すでに、ノーマーク状態ならこの行動も意味があるが、追跡の網の目を絞られている状況では無意味のように思える。却って足がつくと言える。
 少年に靴を履かせず連れ出すというのは、逃亡させにくいという面もあるが、これも右京の推理を導くためなのだろうか。それに、小学生に穴を掘らせるのは効率が悪すぎだろう。

 ひき逃げ事件の遺留品の手製のクリームを、米沢さんが享に舐めさせたのは、後にバラバラの事象をその味によって、享が結びつけるためのものだが、やはり不自然。

 最後の心肺停止も盛り上げ過ぎ。どのくらい停止していたのだろう?それによる後遺症が心配。盛り上げるためと、少年の誕生日としての重みをつけるためなのかもしれないが、都合がよすぎる展開で、現実味が薄れた。

 面白ければいいという考え方もあるが、そういう粗さが許されないのが、『相棒』のつらいところである。

 今回一番面白かったのが、誕生日をひとりで過ごすのが寂しい甲斐峯秋(石坂浩二)警察庁次長と、そういう心情に疎い右京、それをズバズバ指摘する少女らの会話だったかもしれない。

 

【ストーリー】番組サイトより
 右京(水谷豊)が「花の里」へと向かうと、店の前で自らを「家出少女」と名乗る小学校低学年くらいの女の子と出会う。右京は享を呼び出し少女を自宅まで送ることに。少女は自宅マンション近くで降りると、いつの間にかオートロックで施錠されているマンションのエントランスの中へ。

 苦笑しながらマンションを出てふと見ると、右京はマンションの目の前にある不審な一軒家を見つける。近隣の聞き込みで江美子(左時枝)という卓球のコーチをしているしっかり者の老婆が一人で住んでいることがわかるが、しっかり者の老婆が鍵もかけずに外出するだろうか。

 そのころ、ある夫婦から12歳の誕生日を迎える息子の隼人(加藤清史郎)が家に戻らない、と交番に通報が入る。夫は財務省に勤務する官僚・鷲尾武弘(古川悦史)。12歳の誕生日にしては、派手なパーティーの準備がされていた。武弘・美鈴(古村比呂)夫妻から話を聞いた巡査たちは、12歳にもなってこんなに派手な誕生祝いをしてもらうような家庭なのだから、過保護が災いしたのでは、と陰口をたたく。

 一方、伊丹(川原和久)ら捜査一課は、強盗殺人容疑で指名手配されている大場(榊英雄)をかくまっていた恋人・咲子(中村真知子)の自宅へ。が、大場は咲子に追い出され、すでにどこかへと逃げた後だった。やけになって他人を巻き込むのではないか、と心配する咲子だったが…。

 老婆・江美子の失踪と、少年・隼人の行方不明、そして強盗殺人容疑者の逃走…。一見、無関係な3つの事件の関連とは? その不可思議な結末とは!?

ゲスト:加藤清史郎 左時枝 榊英雄

脚本:古沢良太
監督:橋本一
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壮絶な森九段の降級、加藤九... | トップ | コメントを削除され、考えてみた »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人気作ゆえ (tomov)
2013-03-15 08:48:40
>面白ければいいという考え方もあるが、そういう粗さが許されないのが、『相棒』のつらいところ

話的には意外で楽しめましたが、突っ込みどころが多かったですね。
ひたすら暗い話とかもあるので、ドラマとしては楽しめました。

しかし清史郎君の弟まで出てくるとは!
http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp374497
楽しめました ()
2013-03-15 17:59:07
tomovさん、こんにちは。

>話的には意外で楽しめましたが、突っ込みどころが多かったですね。
>ひたすら暗い話とかもあるので、ドラマとしては楽しめました。

 はい、楽しめました。ただ、出来れば、突っ込みどころは少なくしてほしいです。今シリーズは、どうしてしまったのでしょうか?

>清史郎君の弟まで出てくるとは!

 似ていますが、プロフィールの写真は兄より凛々しいですね。
ここのコメントで (koumama)
2013-03-15 23:11:54
清史郎くんの弟だったんだなぁって発見できました。
似てるなぁって思っていたので(笑)
今回の相棒も
英さんがいうようにいろんな伏せんが敷いてあってそれがひとつに結びついて行く過去と現在が行ったり来たりして面白い作りだったとは思います。
ただ
今回の相棒シリーズはやっぱり今までより 奥がないなぁて思います。
ちょっとこじつけや無理が多すぎかな。
あの少女が導いてくれなければあの不審な家を見つけられなかったという事だしあの少女が幽霊?だとしたら何でもありでしょって感じかなぁ(笑)
もうすぐ最終回だし ラストは納得のいくものが見れたらいいなぁって思っています。
相棒ではなく従者、あるいは助手 ()
2013-03-16 12:35:37
koumamaさん、こんにちは。

>今回の相棒シリーズはやっぱり今までより 奥がないなぁて思います。
>ちょっとこじつけや無理が多すぎかな。

 ほんと、そうです。
 あと、新コンビというのに、ほとんど衝突、反発はなく、「相棒」というより「従者」「助手」という感じで、この点も大きな不満です。

>あの少女が導いてくれなければあの不審な家を見つけられなかったという事だしあの少女が幽霊?だとしたら何でもありでしょって感じかなぁ(笑)

 そうですね。幽霊を認めてしまったら何でもアリで、物理的に論理を組み立てていく『相棒』の土台が崩れてしまいます。
 そもそも、今回の場合、初めから危機を訴え、キャンプ場に連れて行けば、5分で終了でした。幽霊を出すなら、せめて、おばあちゃん(左時枝さん)の生霊で、危機を訴えてきたのなら、あの不審住宅の地点に導くのも納得できたのですが。
 最終回も、映画つながりで、嫌な予感がします。
ジムスナイパーカスタム (かみしろ)
2013-03-18 02:13:58
タイトルに意味はありません。

今回は、少年の家族の方にフォーカスもっていって完全に失敗しましたね。
犯人の方にすべきでした。
あんなにはっきりと意思疎通できる幽霊を出してしまったら、正直推理なんて馬鹿らしくてしようと思わなくなります。今回は犯行を推理させるつくりになってはいませんでしたが、あの少女が幽霊だと察した時点で「なんてもありの回」ですから。
普通に犯人だけをメインにして、「覚えていてくれた」ことで踏みとどまる話にすればよかったと思います。在り来りと言えば在り来りですが、交通事故で殺さなくても良かったでしょう。事故で意識不明で大筋変わりませんし。

少年がどの時点で心停止したか判然としませんが、あの経緯だと蘇生するのは無理がありすぎます。
脳の血流が止まれば、通常二分程で蘇生しても障害が発生、五分で植物状態、十分になれば脳死です。それ以上はほぼ蘇生の可能性はなくなります。
結構な値段のするAEDがあのような場所にあるのもかなり無理があるかと。

>ひき逃げ事件の遺留品の手製のクリームを、米沢さんが享に舐めさせたのは、後にバラバラの事象をその味によって、享が結びつけるためのものだが、やはり不自然。

あれは酷かったですね。せめてもブラック・ユーモアとして、成分分析の結果くらいは言わせた方がいいでしょう。それでもあり得ないことですが、危険な薬品を小瓶に移して持ち運ぶことくらいは犯罪に関係なくても考えられますから。
そうですよね ()
2013-03-18 17:32:17
かみしろさん、こんにちは。

>あんなにはっきりと意思疎通できる幽霊を出してしまったら、正直推理なんて馬鹿らしくてしようと思わなくなります。

 ですよね。「なんでもあり」になってしまっています。単純に、「おもしろかった」と割り切ればいいのかもしれませんが、『相棒』としては許されない展開です。

>少年がどの時点で心停止したか判然としませんが、あの経緯だと蘇生するのは無理がありすぎます。
脳の血流が止まれば、通常二分程で蘇生しても障害が発生、五分で植物状態、十分になれば脳死です。それ以上はほぼ蘇生の可能性はなくなります。

 そう、ここも相当変です。話を感動的にするための演出でしょうけれど、私も、いつ心肺停止したのか気になって仕方ありませんでした。
 逃亡犯を死なせて鑑識に回したこと、遺留品を舐めさせたこと、幽霊、トイレの蓋(きちっとした家庭なので、蓋を占めないとは考えにくい)などなど、すべて、細切れの演出をしたいための強引さとしか思えません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
相棒 season11 第18話「BIRTHDAY」 (瑞原唯子のひとりごと)
カイト父。興味があるとは言っていたけど、ほんとやけに右京さんを構いたがりますねぇ。誕生日のお祝いを処分するのも特命係の仕事とか。こんなことでわざわざ呼びつけるとは…まあ、この人がカイト君に誕生日を祝ってほしいと思っているとは考えられないよね。ていうか、...
相棒 season11 (第18話・3/13) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
テレビ朝日系ドラマ『相棒 season11』(公式)の第18話『BIRTHDAY』の感想。 正に「誕生日」にまつわる話三昧で面白かった! 話全体を“誕生日”と言うキーワードで捻りに捻った凝った展開は面白か...
相棒 Eleven テレ朝(3/13)#18 (ぬる~くまったりと)
第18話 BIRTHDAY 公式サイトから右京(水谷豊)が「花の里」へと向かうと、店の前で自らを「家出少女」と名乗る小学校低学年くらいの女の子と出会う。右京は享を呼び出し少女を自宅 まで送ることに。少女は自宅マンション近くで降りると、いつの間にかオートロックで施錠...
「相棒season11」第18話 (またり、すばるくん。)
第18話「BIRTHDAY」 視聴率16.5%        
相棒 11 #18 (シフォンなキモチ)
最後、びっくりしました!すっかりあの女の子のこと忘れてたよ!! いやー、参りました!という感じ・・・。それにしても助かってよかった。おねーちゃん、泣けるぜ。 1日の内に起こった事件を犯人と被害者、右京とカイトの2つの視点で、時間軸を交互に展開してました。そ...
相棒11 第18話「BIRTHDAY」 (D☆エディション)
今回も子と親の情のお話でジンと来ましたね。 子役の加藤清史郎の演技も良かったです。 実は重い設定がある子ゆえのベテラン子役の配役だったのですね(笑) 手紙とかもう泣かせる ...
相棒11 第18話「BIRTHDAY」 (D☆エディション)
今回も子と親の情のお話でジンと来ましたね。 子役の加藤清史郎の演技も良かったです。 実は重い設定がある子ゆえのベテラン子役の配役だったのですね(笑) 手紙とかもう泣かせる ...
相棒感想 相棒Season11 第18話「BIRTHDAY」 (往く先は風に訊け)
    弟を見守る姉は実は・・・
「相棒 Eleven」第18話 (日々“是”精進! ver.F)
祈り… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303140002/ 相棒season11 オリジナルサウンドトラック(初回生産限定) (AL2枚組)池 頼広 HATS UNLIMITED 2013-0...
相棒11 「BIRTHDAY」~あざやかなオチで思わずニヤリ!  (平成エンタメ研究所)
 最後に見事なオチをつけましたね。  それまでは、あれれ??? と思って見ていた。  物語は、 ?指名手配犯・大場三郎(榊英雄)の逃亡 ?鷲尾隼人(加藤清史郎)と瀬田江美子(左時枝)の拉致 ?ひき逃げ事故で大場の死  という事件を、時系列でバラバラにして見せて...
相棒11「BIRTHDAY」 (のほほん便り)
これは、相棒史に残る傑作では? 時系列をあちこちする、ジグソーパズルのようなつくり。 花の里の前で出会った、謎の「家出少女」、やたら豪華なバースディ・パーティの準備、謎のまずい白い小瓶の物体、犯人の身体が、ぐっしょり濡れてた訳…  まさに「誕生日、...
相棒Eleven 第18話 (ひびレビ)
相棒シーズン11、第18話は緊迫の誕生日。 峯秋が誕生日にもらったという和菓子を処分する事になった右京。そのまま花の里へ向かった右京は、店の前の怪談に座る1人の少女と出会う。少女は家出少女だと名乗り、右京はカイトも呼んでその少女を家まで送る事に。 少女は家の...
相棒season11 第18話 (ぷち丸くんの日常日記)
右京さん(水谷豊)は、警察庁の次長・甲斐峯秋(石坂浩二)に呼び出されて自分の誕生日のお祝いにもらった饅頭の処分を頼まれます。 次長に、右京さんは行きつけのお店・花の里のことを聞かれますが、その...
【相棒season11】第18話感想と視聴率「BIRTHDAY」  (ショコラの日記帳・別館)
『相棒Eleven』第18話「BIRTHDAY」 来週(3/20(水))は、最終
【相棒season11】第18話感想と視聴率「BIRTHDAY」 (ショコラの日記帳)
『相棒Eleven』第18話「BIRTHDAY」来週(3/20(水))は、最終回で、2時間9分のSPです。1時間早い夜8時から(PM8:00~10:09)ですので、お見逃しなく♪第18話の視聴率は、前回の16.7%より少し...
「相棒11」18 Birthday ☆☆ (ドラマでポン)
右京さんがナンパw その他見所満載。最後もいい話で良かったなあと思ったら……幽霊話?? もうちょっとぼかしてくれないと反則じゃないのかなあ。 そんなわけで、小6男子が行方 ...
相棒11 第18話 BIRTHDAY (レベル999のgoo部屋)
『BIRTHDAY 内容 甲斐警察庁次長(石坂浩二)に呼ばれた右京(水谷豊) 誕生日にもらった菓子を処分してくれと言う。 息子の享(成宮寛貴)に気づいてもらいたいのかと考えた右京だったが。。。 特命係にいた享は、米沢(六角精児)から、“暇つぶし”として ...