英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

A級順位戦8回戦

2011-02-03 18:08:13 | 将棋
 A級順位戦8回戦が一斉に行われた(渡辺-谷川、久保-木村戦は関西将棋会館)。
結果は
三浦 弘行八段(3勝5敗)●-○高橋 道雄九段(4勝4敗)
郷田 真隆九段(4勝4敗)○-●森内 俊之九段(6勝2敗)
渡辺 明 竜王(6勝2敗)○-●谷川 浩司九段(4勝4敗)
藤井 猛 九段(3勝5敗)○-●丸山 忠久九段(3勝5敗)
久保 利明二冠(4勝4敗)●-○木村 一基八段(3勝5敗)
 森内九段が敗れたので、谷川九段、久保二冠も勝てば可能性が残ったが、ともに敗れ、挑戦権は森内九段と渡辺竜王に絞られた。両者6勝2敗で並び、最終局は森内九段が久保二冠、渡辺竜王は丸山九段が対戦相手。久保二冠も丸山九段も降級の目があり、大一番となった。
 残留争いは、敗れると降級が確定、あるいは確定の可能性があった藤井九段、木村八段がともに勝ち、5者に降級の可能性が残る混戦となった。

 最終局は
▲森内九段③(6勝2敗)-△久保二冠⑩(4勝4敗)
△渡辺竜王⑨(6勝2敗)-▲丸山九段④(3勝5敗)
▲谷川九段⑥(4勝4敗)-△郷田九段⑦(4勝4敗)
▲高橋九段②(4勝4敗)-△藤井九段⑧(3勝5敗)
△三浦八段①(3勝5敗)-▲木村八段⑤(3勝5敗)
 丸囲み数字は順位(昨年度成績によるランキング)で、残留争いは同成績の場合は順位が順位下位が降級となる。

 降級確率(単純に勝ち負けを1/2として計算)は、
藤井九段…5/8 勝っても、丸山九段と久保二冠の両者ともに勝たれると降級
木村八段…1/2 勝てば残留、負けると降級
丸山九段…3/8 勝つと残留、負けても木村八段と藤井九段がともに敗れれば残留
三浦九段…3/8 勝つと残留、負けても丸山九段と藤井九段がともに敗れれば残留
久保二冠…1/8 勝てば残留、負けても丸山九段と藤井九段のどちらかが敗れれば残留

 よって、久保二冠はよほどのことがない限り残留、藤井九段が一番危ういが、勝てば丸山九段と藤井九段のどちらかが敗れれば残留という状態なので、最終局に勝てば3/4の確率で残留、つまり勝てば普通の運なら残留できる。
 勝たないと(ほぼ)駄目という状況は、藤井、木村、丸山、三浦でほぼ一くくりに出来る。
 直接対決の三浦-木村戦はしびれる一番となった。逆に4勝4敗同士の谷川九段-郷田九段戦は挑戦・降級に絡まない一局となった。

 8回戦の簡単な感想(並べただけなので、いいかげんです)
三浦八段●-○高橋九段
 中座飛車で高橋九段の勝利。A級順位戦の後手番すべてで中座飛車。渡辺竜王、森内九段に敗れたものの、丸山九段、谷川九段、三浦八段を撃破。棋界一の中座飛車使い手かもしれない。正直、1、2回戦を連敗した時、「今期はやはり…」と思った。失礼しました。
郷田九段○-●森内九段
 正統派郷田九段が、序盤で一刀両断した印象。『囲碁将棋ジャーナル』の解説も、まったく手を抜かず、研究し尽くしてきているところが素敵(笑)。とにかく将棋に対して真摯だと思う。(他の棋士がそうではないという意味ではありません)
渡辺竜王○-●谷川九段
 渡辺竜王の充実ぶりが見て取れた一局。逆に、谷川九段が……。正直言うと、ここ半年、若手に切られっぱなしという印象。順位戦も5回戦から4連敗。
藤井九段○-●丸山九段
 強い時は強いんだなと再認識させた藤井九段。この両者の順位戦は、カロリーメイトを思い出す。
久保二冠●-○木村八段
 棋風は違うが、粘り強い点はよく似ている。今回の辛抱し合いは木村八段に軍配が上がった。

 3月2日が待ち遠しいです。
ジャンル:
文化
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『フェイク 京都美術事件絵... | トップ | 『CONTROL 犯罪心理... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
谷川ファンとしては ( 勝手新四朗)
2011-02-03 20:58:45
谷川ファンとしては見たくない結果になりました。
出だし4連勝のときは、名人挑戦のはずだったんですけどね~。
最終局は「将棋界n一番長い日」の放送でも観ることにします。
勝手さんを意識しました (英)
2011-02-04 00:24:28
勝手さん、こんばんは。

谷川九段についての文は、勝手さんの顔が浮かびました。もう一度、タイトルを取って欲しいですね。
少しだけ・・・安心 (勝手新四朗)
2011-02-07 20:31:39
最終戦(3/2)の谷川-郷田戦は、唯一 挑戦も降級も関係のない対局になってました。
降級の心配がないので、少しだけ安心です。
(何年か前の降級かどうかのときは、心臓に悪かったですし・・・。ま、そのときは妙手で勝ちましたが)
最終局ですが、森内九段の流れが悪く、渡辺竜王の単独挑戦(7-2)と予想しておきます。
流れとしては (英)
2011-02-07 21:57:13
 勝手さん、こんばんは。

 流れは渡辺竜王挑戦となりそうですね。
 羽生ファンとしては、「望むところだ」と言いたいところですが、ちょっと不安です。

 2001年以降の対戦成績は、渡辺-丸山戦は4-4、森内-久保戦は、森内九段の10勝12敗(直近は久保二冠の6連勝)。
 プレーオフになった場合、森内-渡辺戦は森内九段の10勝15敗(直近は森内九段の1勝7敗)ですので、データ的にも渡辺挑戦ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
A級順位戦8回戦 (即席の足跡《CURIO DAYS》)
先月、7回戦終了時にA級順位戦の行方という記事を書きましたが、さらに一歩進んで、A級順位戦の8回戦@ラス前が終わりました。 おとといの解説会は結局行けず終い。 久々にオジサンとも会いたかったのに残念でした。 いつものように深夜までの熱戦の結果、 ● 三浦...
A級8回戦一斉対局 渡辺明 vs 谷川浩司戦、世代を超えた熱戦を追った (Return to Forever)
今日、もちろん全ての対戦が将棋ファン注目の戦いですが、当方にとって渡辺-谷川戦が