英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

『ストロベリーナイト』 最終話「ソウルケイジ 後篇」

2012-03-20 23:04:40 | ドラマ・映画
 事件の真相はほぼ予想通り。耕介(濱田岳)と中川美智子(蓮佛美沙子)が、今回の殺人にどれだけ関わっているのかが不明だったが、耕介が美智子を何か(戸部)から守ろうとしていた為、ふたりが戸部(池田鉄洋)殺人に直接関わっていないことは推測できた。
 しかし、耕介の工具に着いた血を拭う様子や、切断された胴体の写真を高岡だと証言したことから、薄々高岡が加害者側でないかと気づいていたと考えられる。

今回のテーマは親子愛
 高岡(石黒賢)の父性は誤った方向に進んでしまったが、腕を斬り落とすという凄まじいものだった。
 高岡の凄まじい愛が玲子の心のわだかまりを解き、母親を抱きしめ、自分は強くなったから心配しないでと、安心させるに至った。
 日下も高岡に影響されたかは微妙だが、いじめに遭っている息子の困難な状況に正面から向き合おうとする。(単に、事件が解決したからかもしれない)


 面白かったが、前後篇の2話構成(後篇は拡大版)の方が良かったように思う。親子相のテーマがあったとはいえ、事件の真相は中篇でほぼ見えてしまったので、間延び感が強かった。
 最終回としての不満もある。高岡の愛の凄まじさに感化されたと先述したが、玲子は事件の真相を解明、証明するのに一生懸命で、そういう描写は薄かったように感じる。
 最終回だというのに、姫川班の他のメンバーは存在が薄かったのも残念だった。


【その他の疑問点など】
・高岡が犯行後、ホームレスたちにお近づきのしるしに金品を寄与したが、これは、玲子が高岡の居所に到達するためのヒントのためだけの行為に思える。せめて、金品の代わりに手当てを頼むとかなら納得できる。そもそも、高岡が金品を持っていたとは考えにくい。
 犯行の偽装をするのが精いっぱいのはずで、ブルーシートの小屋は誰が作ったのだろうか?
・高岡の切断された左腕に戸部の血を染み込ませるという偽装工作はかなり苦しい。第一、そういう知識を高岡が持っていたとは考えにくい
・最低な男・戸部を愛する小林実夏子(霧島れいか)って……
・ガンテツ(武田鉄也)は必要なかった

【ストーリー】(番組サイトより)
姫川玲子(竹内結子)は、発見された胴体が戸部真樹夫(池田鉄洋)のものだと橋爪俊介管理官(渡辺いっけい)に進言。戸部は過去の出来事で高岡賢一(石黒賢)を脅していただけでなく、三島耕介(濱田岳)にも害を及ぼそうとしていたと玲子は推測。そのため高岡が戸部を殺害し、自ら姿を消すことで被害者を装ったと続ける玲子だが、橋爪は受け付けない。玲子が反論していると、耕介が高岡の遺体確認に来た。日下守(遠藤憲一)の付き添いで胴体を確認した耕介は、高岡のものだと証言。捜査は再び戸部の捜索へと戻ってしまう。

玲子は國奥定之助(津川雅彦)に手首と胴体の 再鑑定を 求める。すると國奥はそれぞれが別人のものである可能性を示唆し、科捜研への連絡を約束してくれた。さらに、國奥は胴体の持ち主は感電死したと玲子に教え る。一方、日下は戸部の愛人、小林実夏子(霧島れいか)を訪ね、胴体の写真を見せていた。

中川美智子(蓮佛美沙子)を訪ねた玲子は、戸部から酷い目にあっていたことを告白させた。また、美智子は耕介が自分の父親が事故死ではないことを 教えてくれたのが本当の出会いだったことも打ち明ける。耕介は戸部のことを何も知らないと訴える美智子だが…。

捜査の禁を犯して胴体と手首の再鑑定を依頼した玲子は、橋爪に激しく責められる。そこに、日下が実夏子の証言をもたらし…。
ジャンル:
ドラマ
コメント (4)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 『平清盛』 第11話「もののけ... | トップ | 『相棒season10』 最終話 「罪... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終わりましたね (IDEA)
2012-03-21 02:25:00
英さん こんにちは。
おっしゃる通り前回で事件は大体見えてしまったので、今回は人間ドラマの部分が主でした。
姫川家・日下家ともに家庭に問題を抱え、それが高岡(内藤)親子の「親子愛」みたいなものと対比されていたように思います。

活躍したのは玲子と日下だけでしたね(笑)
湯田と保については台詞もなしです。かわいそう。
西島秀俊が「ソウルケイジ」では姫川班はあまり活躍しないと言っていましたが、その通りでした。

ガンテツの登場は映画版への布石だと思います。
ガンテツが優秀な葉山に目を付けて、自分の班に引っ張ろうとする原作がありますから。
井岡のホームレスの部分は、間違いなく玲子にヒントを与えるためのものですね。
あの「取ってつけた感」はすごいです。

玲子の心を動かしたのは、高岡の父性と嫌いな日下にも「父親」としての部分があると感じたからなのでしょうか?
日下が三島耕介と話しているあたりが、ハイライトだったように思います。

それにしても映画化ですか・・・・・
なんか興集的には一抹の不安が。
親子愛については見応えが (英)
2012-03-21 11:08:18
IDEAさん、こんにちは。
親子愛に関しては、見ごたえがありました。

>活躍したのは玲子と日下だけでしたね(笑)

>ガンテツの登場は映画版への布石だと思います。

 映画の布石のためにガンテツを出して、主要メンバーである姫川班が出ないと言うのは、本末転倒です。

 なんだかんだと言ってきましたが、終わってしまいましたね。少し寂しいです。
また映画につなげるんだなぁ・・ (koumama)
2012-03-21 17:49:38
間延び感は否めないとしても 親子愛が壮絶でとても内容は見ごたえありましたよね。
ただ 最終回にしてはあれ?っていう終わり方をしたのでなにかなぁ?と思ったら
やっぱり・・映画化でした(笑)
ガンテツがあの葉山君を引き抜こうとして バーにも現れたりしてたってことですか。。知らなかった・・(笑)
刑事ものとしてより 姫川班のチームワークのよさとかが好きだったので もう少しチームが活躍してほしかったなあと思いました。
面白かったですね (英)
2012-03-21 18:54:26
koumamaさん、こんばんは。

 なんだかんだ言いましたが、面白かったです。

>親子愛が壮絶でとても内容は見ごたえありましたよね

 ミステリーとしての細かい疑問点はありますが、親子の情愛について見ごたえがありました。耕介の父の切ない死に方、高岡の凄まじい愛、玲子親子の雪解け、ついでの感がありますが、日下の父としての苦悩。
 また、反目(玲子が一方的?)し合っていた玲子と日下がお互いに認め合い、距離を近づけていく様もよかったです。

>最終回にしてはあれ?っていう終わり方
>姫川班のチームワークのよさとかが好きだったので もう少しチームが活躍してほしかったなあと思いました。

 ドラマの最終回としては、主人公の周辺の姫川班の活躍や玲子絶対絶命といったシーンはありませんでしたが、原作に忠実だったということなのでしょう。
 映画の伏線のガンテツのシーンは余分だと思いました。
 来週から、少し寂しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ストロベリーナイト #11 最終回 (ぐ〜たらにっき)
『こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか〜ソウルケイジ』
ストロベリーナイト 第11話(最終回)ソウルケイジ3 (レベル999のgoo部屋)
『ソウルケイジ』 “こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか〜ソウルケイジ” 内容 捜索により、胴体部分が発見された。 DNA鑑定の結果、 すでに見つかっていた高岡(石黒賢)のものと言われる左手首と一致。 指紋から手首を高岡のモノと判断する橋爪管理官(渡辺...
ドラマ「ストロベリーナイト」 第11(最終)話 ソウルケイジ (午後に嵐。)
ソウルケイジ (光文社文庫)(2009/10/08)誉田 哲也商品詳細を見る 照れてるんですか? 姫川玲子(竹内結子)は、発見された胴体が戸部真樹夫(池田鉄洋)のものだと橋爪俊介管理官(渡辺いっけい)に進言...
ドラマ「ストロベリーナイト」 第11話(... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
事件の裏にある、無償の愛---------。事件そのものは、前回姫川が推理した通りだったわけで、問題は何故こんな複雑な事件になってしまったのかということ。発見された胴体が高岡ではな...
ドラマ「ストロベリーナイト」 第11話(最終回) あらすじ感想「ソウルケイジ3」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
事件の裏にある、無償の愛---------。 事件そのものは、前回姫川が推理した通りだったわけで、問題は何故こんな複雑な事件になってしまったのかということ。 発見された胴体が高岡ではない----------!? これは戸部の遺体だと宣言する姫川。 前回予想....
ストロベリーナイト (最終回・第11話 3/20) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』(公式)の最終回『ソウルケイジ 3』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。 先週に比べれば、随分と整理整頓したもんだ… 先週の...
ストロベリーナイト 最終回(第11話)の感想 (オタクと呼ばないで)
フジテレビ系列で放送の「ストロベリーナイト」最終回(第11話)の感想などこんなにも人を愛した殺人者がいただろうか〜ソウルケイジ(解決編)最終回でしたけど、終わった気がしないのが不思議です。また来週も、チャンネルを合わせたらやっているような感覚。シーズン2...
「ストロベリーナイト」第11話(終) (日々“是”精進! ver.A)
我が子同然だったから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203210002/ ソウルケイジ (光文社文庫) 誉田 哲也 光文社 2009-10-08 売り上げランキング : 277 Amazonで詳しく見る by G-Tools
ストロベリーナイト 最終話 感想 ソウルケイジ (ドラマとアニメの感想日記)
「ストロベリーナイト」最終話「ソウルケイジ」の感想いきまっすv ネタバレ注意です☆ 今朝のめざましテレビに竹内さんと西嶋さんが出演されていましたねv 撮影現場ではスイーツ刑事(デカ)と呼ばれていた西嶋さんはドラマの最中でもけっこうチョコを食べていたと思...
ストロベリーナイト 最終回 (のほほん便り)
サブタイトル「こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか〜ソウルケイジ」 ひたすら悲しき父性愛がベースになってましたね。高岡(石黒賢)といい、日下(遠藤憲一)といい… 決死の覚悟で、偽装工作。自らの手を切り落とした時点で覚悟はできてたのでしょうか? ...
ストロベリーナイト (AKIRAのドラマノート)
最終回「ソウルケイジ」の感想&総括
ストロベリーナイト 第11話・最終回 感想「ソウルケイジ」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ストロベリーナイトですが、ものすごく分かりにくかったです。ガンテツ(武田鉄矢)が少しだけ出てましたが、不気味にニヤニヤしながら「おまえはさしずめ、腰巾着二号だな〜」と自分のオヤジギャグに酔いしれます。 葉山(小出恵介)は腰巾着三号の称号をありがたく拝命...
ストロベリーナイト 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX/竹内結子,西島秀俊,小出恵介 ¥23,940 Amazon.co.jp 玲子(竹内結子)は、発見された胴体が高岡(石黒賢)のものではなく、戸部(池田 鉄洋)のものではないかと橋爪管理官(渡辺いっけい)に進言する。 戸部が過去...
「ストロベリーナイト」 第十一話 (最終話) ソウルケイジ その3 こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか (トリ猫家族)
 「人間ってそんな利口じゃないんだよ。 無条件で、ただ守ってあげたい、ただ、ただ愛している。 そう思っている時の父親ほど、不器用な生き物いなくてな・・ 自分勝手で、カッ ...
ストロベリーナイト 第11話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
ソウルケイジ 2012.03.20 Tue On-Air 最終話 あらすじ ※3月20日(火)の最終話放送時間は、夜9時〜10時4分(10分拡大放送) 姫川玲子(竹内結子)は、発見された胴体が戸部真樹夫(池田鉄洋)のものだと橋爪俊介管理官(渡辺いっけい)に進言。戸部は過去の出来事で高...
ストロベリーナイト 第11回 最終回「ソウルケイジ 後編」 (昼寝の時間)
公式サイト 原作:誉田哲也「シンメトリー」「ソウルケイジ」「感染遊戯」(光文社刊
【ストロベリーナイト】第11話 最終回と統括感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
「ソウルケイジ」 切断された左手、保険金詐欺疑惑、傷のない胴体、DNA鑑定、ホームレス…… 「ストロベリーナイト」第11話           内藤和敏の胸部には、13年前の交通事故の傷痕...
ストロベリーナイト 最終話:こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか〜ソウルケイジ (あるがまま・・・)
高岡・・・ヽ(´Д`;)ノうう〜 間違った道に足を踏み入れちゃったとは言え、高岡賢一@石黒賢の父性の強さに泣けた〜 そして、日下の・・・ 自己満足とは言え、ただただ守りたい、ただただ愛したい、そう思ってる父親ほど 不器用な生き物はいない、自分勝手でかっこ悪く...
《ストロベリーナイト》★最終話 (まぁ、お茶でも)
橋爪管理官に、写真の胴体が高岡賢一のモノではないと言いだした姫川と、それに同調している日下が強引に迫った。 内藤和敏の胸部には13年前の交通事故の傷跡が多数残っていることは病院のカルテで分かっていた。だがこの胴体には、胆嚢の手術痕があるだけだった。 「そ...
勘に頼って (笑う学生の生活)
ドラマ「ストロベリーナイト」を見ました。 フジにて 火曜9時にやってました SPドラマからの連ドラ化 いわいる刑事モノですね 1話〜2話完結の構成で 姫川班の活躍を描いているわけですが どの エピソードも引き込まれ 最後まで気の抜けない展開で楽しめました 特に....
「ストロベリーナイト」第11話(最終回) (fool's aspirin)
見つかった胴体だけの遺体が何者かわかる時、そこには哀しいまでの父性が浮かび上がる。消えた高岡の行方を、玲子は確かに知っていた…!ソウルケイジ、堂々の最終回。