英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

『八重の桜』 第11話 「守護職を討て!」

2013-03-17 19:44:15 | ドラマ・映画
三郎の思い
 八重の弟・三郎が京都行きを志願。父・権八に反対されても、全く揺るがない。
 その思いの強さは、佐川官兵衛も感服するほどであった。

 自分も会津のために働きたいという思いの他に、尚之助の新式銃を登用を進言したい。そのためには、自分が佐川隊に入隊すれば、藩士として扱われるなければならない
 その気持ちを尚之助は理解する。その優しさに八重も感謝。

「何かを変えるのは容易いことでねえ。一遍にはうまくいかねえ。そんでも、それが正しいことなら、何度でも何度でも願い出て、ちっとずつでも変えていく。ずっとそうやってきた。
 親を見くびんなよ。だけんじょ、わしもわが子を見くびっていたかもしんねえ。にしゃもう、立派な会津の男だ


 先週に引き続き、「何度でも何度でも」という会津の、そして、山本家の強い意志、そして、親子の絆の良い話だった。

今週の八重と尚之助
 八重も尚之助のやさしさ(理解)に感謝。しかし、一方ではこんなやり取りも。
 八重の勇ましさを揶揄され、立腹し、
「わたすも勇ましいばかりではねえのです」
と言い切ったが、勇ましいお針指導をしてしまう八重。

一方、京都では
象山、暗殺
長州挙兵の気勢
で緊迫度が増す

 毎回、話の後半に次回への盛り上がりを見せるが、翌話ではその期待ほどの盛り上がりを感じないのは私だけだろうか?会津編は面白い。あ、主人公だから当然か。
 次回は『蛤御門の戦い』であるが。



 【ストーリー】番組サイトより
会津では、八重(綾瀬はるか)の弟・三郎(工藤阿須加)が、突然、都へ派遣される部隊へ志願して権八(松重豊)から激怒される。八重は三郎が初めて父に口答えをしたことに驚き、自分のまねばかりしていた弟の成長がうれしくもあり、寂しくもあった。
 そのころ、容保(綾野剛)らは長州軍の脅威にさらされていた。都では佐久間象山(奥田瑛二)が尊皇攘夷派の不逞浪士に暗殺され、覚馬(西島秀俊)は悲嘆する。そして、偵察により長州が容保の首をねらっていることを知った覚馬は、さらに怒りを募らせていく。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Wリーグファイナル JXサ... | トップ | 歳時メモ 梅の開花(1週間前) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
大河ドラマ「八重の桜」信念の人11象山死す!三郎が部隊に志願も許しを得られず京都では勅命により長州軍との戦になった (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第11話は会津が長州軍の標的となり、それに加担した佐久間象山が尊皇攘夷派の不逞浪士に暗殺されてしまう。一方会津では三郎が都への部隊に志願するも権 ...
大河ドラマ「八重の桜」第11回 (日々“是”精進! ver.F)
会津の男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303170005/ 八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-12-20売り上げランキング : 2082Amazonで詳しく見る by G-Tools
八重の桜 第11回 守護職を討て! (レベル999のgoo部屋)
『守護職を討て!』 内容 元治元年 朝廷への開国などの説得のため京に滞在していた佐久間象山(奥田瑛二)が、 尊王攘夷派の不逞浪士たちの襲撃を受け、暗殺された。 まさかの事態に驚愕する覚馬(西島秀俊) と同時に、会津藩も浪士たちの的になっていると知る事に。 ...
八重の桜~第十一話「守護職を討て!」 (事務職員へのこの1冊)
第十話「池田屋事件」はこちら。 前回の視聴率はなんと12.6%。15はキープする
八重の桜 第11回 「守護職を討て!」 (青いblog)
象山先生いきなりかよ! すごい死に様だったな~~ 歌なんかうたってて、のんびりした、とても悪いことなんて起こりそうもないような風景で殺されるのが怖かったです。 暗殺とか…嫌ですねぇ。いくら時...
『八重の桜』第11回 (悠雅的生活)
守護職を討て!
大河ドラマ「八重の桜」 第11話 あらすじ感想「守護職を討て!」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
志願の先-------!! ついに動き出した長州勢。 三郎が都へ派遣される部隊に、自ら志願したいと言い出す。 だが、権八はそれを許さない。 早く手柄を立てたい気持ちはわかるけどという八重に、姉上に何がわかると、いつになく反抗的な三郎。 仲間が皆志願し...
八重の桜 第11回「守護職を討て!」 (あしたまにあーな)
冒頭から会津の精神である「ならぬものはならぬものです」という言葉が権八から三郎に向けられます。この言葉、強い志を持つものに対して随分と抑圧的なものなのですが、最近思うのはこの言葉には裏があるのではないということ。 つまり、ダメなものはダメと言われて、は...
八重の桜 第11回「守護職を討て!」  (昼寝の時間)
公式サイト 会津では、八重(綾瀬はるか)の弟・三郎(工藤阿須加)が、突然、都へ派
「八重の桜」 第11回、守護職を討て! (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第11回、守護職を討て! 会津では佐川が徴兵活動。 長州との激突は目前に迫る。
洋製に倣ひ船艦を造り、専ら水軍の駆引を習はせとの仰せだべし(綾瀬はるか) (キッドのブログinココログ)
佐久間象山(しょうざん)は松代藩士として藩主・真田幸貫に「海防八策」を献じている。 その五番目は「西洋の造船技術を学んで軍船を作り、海軍によって運用させること」という単純明快な作戦である。 もちろん、明治維新後、大日本帝国はこの路線を邁進するのだった。 前...
八重の桜 第11回「守護職を討て!」~「にしはもう立派に会津の男だ」 (平成エンタメ研究所)
 自分のことが理解されるというのは心地よく、幸せなことである。  三郎(工藤阿須加)は多くの人に理解されている。  まずは尚之助(長谷川博己)。  三郎の佐川官兵衛(中村獅童)の部隊への志願。  この志願のもうひとつの理由を尚之助は理解した。  それは<隊....
八重の桜 第11回「守護職を討て!」 (D☆エディション)
八重の弟・三郎の成長が描かれる回。 長いスパンを描く大河だからこそのキャラの成長は見どころですね。 一方で京での緊張がしだいに高まっていくのも描かれる。 こちらは歴史的事 ...
守護職を討て! (西徂庵)
八重の桜 #11
【八重の桜】第11回感想と視聴率&WBCプエルトリコ戦視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
「守護職を討て!」 3/18(月)午前10時頃からのWBC・プエルトリコ戦、残念