NPOえひめセラピードッグの会

人と動物が共生できる社会の実現、犬猫の殺処分0を目指して。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3日目★動物愛護センター訪問

2011年06月09日 | 愛護センター見学

 

国際セラピードッグ協会の大木トオル代表とスタッフの皆さん、

そして当会のメンバー6名で、愛媛県動物愛護センターを訪問しました。

この日は休館日であるにも関わらず、私達の訪問を快諾して下さいました。

ありがとうございました。

 

譲渡待ちの子犬や子猫たち。

とっても可愛いです。

このコ達は捨てられたか、もしくは持ち込まれたかのどちらかです。 

優しく温かく素敵な家族に出会えますように・・・

 

 

センター所長・職員の方々と対談。

あいテレビ、読売新聞社さまにも同行取材して頂きました。

 

センター所長から、愛媛県の現状をレクチャーしていただきました。

 

平成22年度の愛媛県内、犬・猫殺処分の現状は

犬 1897頭  猫 3617頭   計 5514頭

避妊手術さえ徹底できれば、数は半数になるであろう、との見解です。

 

飼い主による持ち込みの主な理由は、

  ・ 適切なしつけができない

  ・ 病気や高齢で死に目を見たくない

  ・ 死体の処分に困るから生きたうちに

  ・ 赤ちゃんが生まれたが、飼い主が見つからない

 

以下、大変厳しい内容となります。 しかし、現実です。

実際に犬・猫が収容されている現場を見せていただきました。

 

つい数日前まで家庭犬だった犬、迷い犬、野良犬たち・・・成犬です。

ガリガリで栄養状態が悪いコ、

素人が見ても病気を抱えていると分かるコ、様々です。

 

収容された犬達は、5日間の保留期間の後、

飼い主が現れない限り、二酸化炭素ガスで殺処分されます。

よく「安楽死」と認識されていますが、

要は酸欠状態が続くわけですから、決して「安楽」ではありません。

 

自動制御室。

 

ガス死した犬猫達は焼却ボックスに移されます。

 

焼却炉は2台。

 

焼却後、お骨は小さく粉砕され、廃棄物として処分されます。

 

こんなにも小さく小さくなってしまったお骨。

 

残された首輪。

 

今まで、本や映像で見たことがあった現実がそこにありました。

訪問から数日経っているにも関わらず、未だ文章をまとめることができません。

今回の記事はここまでとさせて頂きます。

最後まで目を通してくださって、ありがとうございました。

 

 

今回、愛媛に来てくれたセラピードッグ達。

このコ達は皆、元捨て犬で

殺処分寸前の5日目の部屋からレスキューされました。

 

私達の会は、セラピードッグの存在を世の中に広め

一人でも多くの方々にこの現状を知って頂き、啓蒙活動を続けることで

ドイツのようにヒトと動物が共生する社会作り、

「犬・猫の殺処分0」 を目指します。

 

     NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

  ※ マナーとして、記事・写真の無断転用は一切ご遠慮下さい ※ 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加