Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

アンドレ・ザ・ジャイアントより3センチもデカい!ある高校バスケ選手がスゴすぎる【動画】

2015年06月30日 19時29分03秒 | 世界のニュース


動  画 1 


タッコ・フォール君19歳、セネガル出身の彼は最大の高校生バスケットプレイヤーとして、昨年の春ネット上で話題になり、僅か数ヶ月でフロリダ大学にスカウトされるという大出世を遂げたのだ。

映像を見る限りでも他の選手が子供に見える位の背の差。バスケットという競技で楽々ゴールに手が届く大きさは反則といいたくなるが、残念ながら彼の最大の武器でありアドバンテージ。とはいえ部屋を出るときはドアの高さに気を使い、水を飲むのも大変と苦労は多く、自ら「僕は塩メンタルだからね」と強調して言うように割と気は小さいのでプレイの心労も結構あるという。

タンザニア出身の長身NBAプレイヤー、ハシーム・サビートが221センチとアフリカにはまだまだ未知の才能が眠っている可能性もある。もし全選手が220センチ越えのバスケットチームが存在したらそれはそれで面白くないと思うが、タッコ・フォールのような超巨大選手がNBAで躍動する姿を見てみたいものだ。


動  画 2 







この記事をはてなブックマークに追加

大技炸裂!スキルフルなアイスクリーム屋店員がスゴすぎる【動画】

2015年06月30日 19時25分33秒 | 世界のニュース





カタールのアイスクリーム屋がハンパなくスゴすぎると話題だ。

動  画 

動画は、カタールの首都ドーハにある、日本でもおなじみコールドストーンでのひとコマ。ここの店員のひとりがめちゃくちゃアツくてハイスキルなアイスの出し方をするのである。

両手のスクープでバニラアイスをすくったこの店員、ジャグリングのようにアイスをぽんぽん投げたり、お手玉のように両のスクープでくるくる回したり、極めつけは宙に放り投げたアイスを大理石の台の上にスマッシュショットで決めるというスゴ腕っぷり。時折カメラ目線でニヤッと笑いながら技を繰り出すあたりも、手練れ感満載だ。

動画を見たユーザーたちからは、「すごいね!」「このアイス、100ドルの価値ありそうw」「こりゃ人が集まりそうだな」「あんな技みたことないよ!」など大絶賛の嵐となっている。





この記事をはてなブックマークに追加

ダチョウ上島 後輩の元AKB野呂佳代と“予想外”のキスに赤面

2015年06月30日 18時29分28秒 | 世界のニュース


お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」が30日、都内で行われた米CGアニメ映画「ヒックとドラゴン2」のブルーレイ&DVD発売イベントにゲスト出演した。

 日本では劇場公開されなかったものの、アカデミー賞にもノミネートされた世界的ヒット作をPRするため、上島竜兵(54)の「竜(ドラゴン)」つながりでの起用。だが、上島は司会を務めた所属事務所の後輩で元AKB48の野呂佳代(31)の態度が気に入らなかったらしく、「何なんだよ、お前は」と事あるごとにちょっかいを出し始めた。

 そして、文句を言いながら近づき最終的にキスをする定番のギャグに移行。上島としては“寸止め”にするつもりだったが、野呂が受け入れる予想外の行動に出てビックリ。「軟らかくていい唇だった。ちょっと好きになりそう」とほおを赤らめた。

 肥後克広(52)と寺門ジモン(52)は、「おいおい、女芸人じゃねえんだぞ。元アイドルだぞ」とツッコんだが、時既に遅し。上島は「ここ何年か、カミさんともチューしてないから。もうちょっとしたら抱けそう」とご満悦の表情。対する野呂は照れながらも、「ずっと背中を見て育ってきて、後輩としていろいろと教えていただいているので、お応えしないと思って。上島さんにだけは女として見られている。入れるならダチョウ倶楽部に入りたい」とまんざらでもない表情で志願していた。




この記事をはてなブックマークに追加

ケンタッキーでカード誤請求 5カ月間に1500件超 決済システムにソフト不具合

2015年06月30日 18時28分11秒 | 世界のニュース



 「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングスは30日、24都府県の290店でクレジットカードを利用した決済時の請求額に誤りがあったと発表した。

 この5カ月に1500件超の誤請求があった。

 該当する期間は1月29日から6月19日の間で、件数は1514件、誤って請求した金額の総額は約189万円。該当する購入者にはカード会社を通じて返金する。

 同社によると、5月11日~6月12日の間に、「購入額より請求額が多い」という問い合わせが4件あった。調べたところ、導入しているカード決済システムのソフトに問題が見つかったという。

 6月19日から対象店舗ではクレジットカードの取り扱いを停止している。7月下旬にはソフトを改修し復旧させる見通し。



この記事をはてなブックマークに追加

中国・女性銀行員の間で性病が流行中!?  その意外な感染ルートとは……

2015年06月30日 15時30分47秒 | 世界のニュース


賄賂や不正蓄財など、ダーティーマネーが氾濫する中国だが、人民元紙幣は衛生的に見ても汚染されているようだ。

 複数の中国メディアによる報道によると、浙江省温州市の30歳になる女性銀行員の阿麗(仮名)が先日、下半身にかゆみを覚えて病院で診察を受けたところ、性病のひとつである尖圭コンジローマに罹っていると診断された。そこで阿麗がまず疑ったのが、婚約者の男性。外で女遊びをして病気をうつされ、それが彼女にも伝染したのではないかと考えたのだ。


 阿麗はすぐさま婚約者を病院へ連れていき検査を受けさせたが、結果はシロ。そこで再度、医師の詳しい問診を受けたところ、阿麗は医師から驚きの言葉を聞かされた。なんと、仕事でお札を数えた後に手を洗うことなくトイレに行ったことが、感染の原因だというのだ。つまり、お札に付着していた尖圭コンジローマの原因ウイルスが、阿麗の手を介して性器に感染したというわけだ。

 同じ頃、同市に住む20代女性の小楽(仮名)も、下半身のかゆみを訴えて病院へ行ったところ、ある性病に罹っていると診断された。しかし小楽は、まだ性経験のない処女だった。彼女も同じく銀行員で窓口業務を担当しており、お札を数えた後に手を洗わずトイレに行っていたことが判明。こちらも、それが性病の原因だと考えられている。

 2013年に香港城市大学がアジア各国の紙幣に付着している細菌の数について調査したところ、人民元は1枚当たり平均して17万8,000個と、2位の香港、カンボジアの紙幣(各1万個)を大きく離してダントツの1位。しかも、最も多くの人の手に触れられる1元札(約20円)からは、なんと1,800万個もの細菌が検出されたという。ここまでくると、中国でお札を触るのが怖くなるレベルの話だ。





この記事をはてなブックマークに追加

交通違反の女が逆ギレ、シャツのボタンを自ら外して「レイプされる!」と大騒ぎ―中国

2015年06月30日 15時30分08秒 | 世界のニュース


中国江蘇省南通市で、アウディを運転する42歳の女が自動車の走行が禁止されている道路を逆走したとして、交通警察から取り調べを受けた。女は200元(約3800円)の罰金が科されることを聞くと、突然車に乗り込み、去ろうとした。交通警察は車の前にバイクを止めてこれを阻止。怒った女は大暴れした挙げ句、自身のシャツのボタンを外して「レイプされる!」と騒ぎたてた。警察の調べによると、女性が運転する車は41回の違反が未処理のままだった。女は現在、5日間の行政拘留処分を受けている。

この騒動に対する中国ネットユーザーの関心度は高く、27日午後の時点で微博の検索ランキングで3位に入っている。ユーザーからは「42歳にもなってレイプって叫ぶかねえ」「交通警察はイケメンだからな。彼の方が被害に遭うところだった」「典型的なろくでなし女」「拘留5日?そのまま懲役5年にしてやれ」「41回の違反って、道路は自分の家の庭だとでも思ってるのか」「恥を知らないやつは天下無敵」などのコメントが寄せられている。






この記事をはてなブックマークに追加

【米国ブログ】日本の不思議さ「ハイテク社会の中に古い歴史が混在」

2015年06月30日 14時51分47秒 | 各国ブログ


  来日した米国人女性が、日本文化に関する情報を発信するブログ「nrvmagazine」で、日本で感じた印象について感想を語っている。

  まず、筆者は、日本では日本語が分からなくてもサインを解釈できることに気づいた。道路標識や看板には文字だけではなく、絵文字や生き生きとした漫画で表現されているので、どのような注意を促しているかが理解できたという。

  また、最も印象的だったのはハイテク社会と、昔ながらの風景のコントラストだったようだ。「大都会なのに、いまだに昔風の手製のほうきで掃除している人々の姿を見かけた」という。ほかにも、町には古い建物や歴史的な場所がたくさんある一方で、革新的な人々がそこで混在する不思議さを感じた。皇居の隣に最先端の高層ビルがそびえ建つたつことや、東京タワーの隣に増上寺が建つことなども、筆者にとっては珍しい風景に見えたようだ。

  ハイテクの町、秋葉原で印象的だったのは、居眠りをする人々だという。昼休みに公園のベンチや芝生などで寝ている人々を見て、「ハイテク産業はハードな仕事なのだろう」と感想を記した。その一方で、早朝からファッショナブルな靴で足早に通勤する日本人もいて、「起きているときの日本人は本気で働くようだ」とユーモアを交えながら語った。

  また、日本にはさまざまな迷信や神秘性が存在することに関心を示した。参拝した神社では、「手を洗った後に、二回お辞儀をして二回手をたたき一礼する」ことや、「おみくじと呼ばれる運命を占う紙があり、凶が出たら木に結びつけて不運を取り払う」ことなどに神秘性を感じたようだ。「大吉が出たので安心した」と旅の幸先が良いことにホッとした様子で語った。

  ハイテク社会に混在する伝統的な風景を見ながら、筆者は日本や日本文化の一面を知ったようだ。





この記事をはてなブックマークに追加

新幹線車内で油かぶり火…1人死亡1人心肺停

2015年06月30日 14時46分55秒 | 世界のニュース


30日午前11時30分頃、神奈川県小田原市付近を走っていた東京発新大阪行き東海道新幹線「のぞみ225号」(16両編成)で車内の非常ブザーが押され、緊急停止した。

 JR東海や神奈川県警などによると、1号車の先頭のデッキで乗客が油をかぶったとの情報があり、男性1人が死亡、女性1人が心肺停止となっているという。総務省消防庁によると、このほかに男女の重傷者が2人、軽傷者が約20人出ているという。小田原署が状況把握を進めるとともに原因を調べている。このトラブルでJR東海は、新横浜―小田原間の上下線で運行を見合わせている。午後1時現在、運転再開時間は未定。


 国土交通省などによると、1号車の運転席のすぐ後ろのデッキで1人が、火に包まれ、油まみれの状態で倒れており、運転士が消火した。1号車の後方にはトイレがあり、その前でもう1人が倒れていた。

 トイレで爆発音がして、トイレの非常ブザーが押され、それを聞いて運転士が緊急停止した。この新幹線には乗客約1000人が乗っており、乗客は、4号車から後ろの車両に避難している。

 国交省によると、警察が車両内で現場の検証作業を行った後、車両を小田原駅まで移動させ、同駅で乗客を降ろす予定という。また、同省は関東運輸局の職員2人を現場に派遣し、情報収集を行うという。

 同省は午前11時50分に鉄道局長を本部長とする対策本部を設置した。

 小田原署には、「のぞみの車両内で男が灯油かガソリンをまいた」「けが人が数人いる」との情報があって署員が現場に駆けつけた。






この記事をはてなブックマークに追加

「マッコリ」は韓国の伝統酒と言えない?ほとんどが日本式で製造

2015年06月30日 11時00分19秒 | 世界のニュース


韓国・SBSは、韓国の伝統酒「マッコリ」には悲しい伝説があり、韓国の伝統酒と呼べない状況にあると伝えた。

日本統治時代、朝鮮総督府は韓国文化を抹消しようとさまざまな試みを行った。その結果、多くの伝統酒が姿を消したが、唯一生き残った酒が「マッコリ」だ。しかし、そのマッコリさえも韓国伝統の酒とは言い難いという。

現在、韓国で販売されているマッコリのほとんどは、伝統的な製造方式ではなく、日本の製造方式で製造されている。伝統方式は味の調節が難しいのに対し、日本式は単一の菌で品質を維持することができるため大量生産に向いており、多くの醸造業者が選好しているという。また、マッコリの味と香りを決める菌にも、日本統治時代に日本から持ち込まれた菌(アスポギルロス・ルチュエンシス)が使われている。

こうした状況の中、白麴菌に代わる韓国の菌を見つけるため、国立生物資源館は13年から研究を開始。今月25日には「優秀なマッコリを作ることができる菌株3種を分離して特許出願を完了し、マッコリ醸造業界に渡して生産する法案を推進中だ」と発表。マッコリが「真の韓国伝統酒」になる第一歩を踏み出したと伝えている。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「伝統方式を守ろうと努力してくれる人たちがいて本当に良かった」

「日本は植民地時代に韓国のすべてを奪った。本当に恐ろしい民族だ」

「日本のせいで韓国の伝統がどんどん消えていく…。このままでは国が滅びてしまう」

「マッコリは悪魔の酒だった…。1日も早く、私たちが『韓国のマッコリ』を飲めるよう頑張ってほしい」

「時間がたつほど、日本統治時代がなぜ悲劇と言われるのかを強く実感する」

「日本のビールを飲むな!もっとマッコリを飲もう!」

「菌に国籍があるの?」

「日本の方式の方が優れていたから、韓国の会社が日本の菌を輸入して使うようになったということでしょ?日本に奪われたと主張するのはおかしくない?」

「また日本のせい?韓国伝統のマッコリが消えたのは韓国人のせいだよ。日本人がこの記事を見たら大笑いするだろう(笑)」






この記事をはてなブックマークに追加

わずか2日の滞在で「仇日」感情消えた中国の会社社長、4年間の「日本製品ボイコット」も終了

2015年06月30日 10時59分14秒 | 世界のニュース


釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題で中日関係が冷え込んだのを契機に、4年近く前から「日本製品ボイコット」を徹底してきた北京宏昆集団の陳芳総裁がわずか2日の日本滞在で、すっかり考え方が変わった。今ではグループ全体に「日本を学ぶ」ことを推奨しているほか、株主総会に「日本製品ボイコット」を取り消すように進言しようと考えている。29日付で環球網が伝えた。

60年代生まれの陳氏は幼いころから「反日ソング」を聞き、「反日映画」を見て育ったため、強烈な「仇日」感情が染み込んでいる。12年に釣魚島(尖閣諸島)問題で中日関係が冷え込んだ時には、グループ会社20社の5000人の従業員全員に「日本製品の購入」を一律禁止するという反日行動に出た。

それから4年近く、日本製品のボイコットは続いていたが、わずか2日間の日本滞在で「日本を手本にすべきだ」とすっかり考え方が変わった。日本で受けた健康診断での「心のこもったサービス」に感銘を受けたのだ。「日本人の細やかな心配りは素晴らしい。最先端ではない医療設備もあったが、そんなことは問題ではない。とにかく丁寧な説明に感動した」と大絶賛。

「日本人はまず、相手の立場に立って考えることを出発点にしている。われわれは、日本人を見習わなければならない。今後は日本製品を進んで買って、少しでも多く日本に学ぶ機会を設けなければ。近いうちに会社の幹部や優秀社員200人を日本に派遣して、学ばせるつもりだ」と語っている。




この記事をはてなブックマークに追加

香港児童の読書習慣、日本・台湾より劣る

2015年06月30日 10時57分58秒 | 世界のニュース


香港の青年会議所が最近実施した調査で、香港児童の読書習慣が、日本や台湾に遠く及ばないことが明らかになったと報じた。

同会議所は今年上半期、香港、日本、台湾の児童1400人を対象として読書や作文の習慣に関する調査を実施。その結果、香港では月に10冊以上の本を読む児童がわずか6%で、過半数が月4-6冊、すなわち1週間に1冊しか本を読まないことが分かった。

一方、日本と台湾では3割以上の児童が月に10冊以上の本を読むとの結果になり、香港の読書習慣が日本や台湾に後れを取っている状況が浮き彫りとなった。

また、香港では作文コンクールに参加したことのある児童がわずか1割にとどまった。時間不足が最大の原因とされるが、日本では半数以上、台湾でも3割の児童が作文イベントへの参加経験があった。さらに、香港の児童の9割超が作家を理想の職業に選ばず、3割が「使命感があり、社会に貢献できる職業」を希望していることも分かった。

香港家庭教育学院の代表者は、習い事や授業の補修などによって親が「子どもの授業外の時間を埋めてしまい、読書の時間を犠牲にさせてしまっている」と分析。点数によって表される目先の成果ばかりを見て、読書によって得られる長い目で見たプラスの影響を考えていないとした。



この記事をはてなブックマークに追加

さんまと今田耕司暴露 太田光代社長のシビアな“ギャラ交渉”

2015年06月30日 10時57分10秒 | 世界のニュース


これまでは「爆笑問題をつくったオンナ」という賛辞の嵐だったが、今後はちょっと風向きが変わってくるかも知れない。爆笑問題が所属する事務所・タイタンの社長で、太田光の妻でもある太田光代さん(50)のことだ。

 話は9日に放送されたラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」に遡る。この中で爆問の太田が「俺、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に干されてんだよ。今まで押さえていたスケジュールが全部外されてるんだ」と発言。これを受けて27日に放送された「さんまの――」で、さんま本人が太田に直接「おまえ、ギャラ高いねん」と通告したことを告白。すると番組に出ていた今田耕司が太田をフォローする意味で「(妻の)太田社長はギャラ交渉がキツいねん」と発言。さらに、ギャラを巡って番組プロデューサーと太田社長が揉めていることまで“暴露”してしまったのだ。

 自社のタレントを高く売るためのギャラ交渉は重要な仕事だが、太田社長を巡っては以前から業界内でシビアなエピソードが語られていた。



「とくに看板タレントの爆笑問題は“安売り”はしません。しかも、バーターで自社タレントをぐりぐり押し込んできます。ひと頃の日本エレキテル連合がいい例です。また、太田社長自身にインタビューや講演などをお願いしてもタレント張りに結構なギャラを提示してきます。タレントの宣伝になる場合でもギャラは発生しますね」(テレビ関係者)

 業界の大物とも“ツーカー”という太田社長。やり手が過ぎると敵を増やすことにならないか。



この記事をはてなブックマークに追加

<靖国神社>「みたままつり」で露店ダメ ナンパ横行で苦慮

2015年06月30日 10時56分18秒 | 世界のニュース


◇7月13~16日開催の戦没者慰霊の夏祭り 出店中止は初

 東京・九段北の靖国神社は、戦没者を慰霊する夏祭りとして親しまれてきた「みたままつり」(7月13~16日)で露店の出店を中止することを決めた。みたままつりは終戦から2年後の1947年に始まったが、出店の中止は初めて。期間中は約30万人の参拝客でにぎわう一方、最近は若者らが遅くまで酒を飲んで騒いだり、男女が出会いを求めて集う「ナンパ祭り」とインターネット上に書かれたりし、神社などが対応に苦慮していた。

 靖国神社によると、まつりの期間中、例年は参道に約200の露店が並び、午後10時ごろまで軽食などを販売していた。約10年前から多数の若者らが集まり、「(露店が閉まった後も)近隣で遅くまで飲み食いしている」「騒がしい」との苦情が住民から神社に寄せられ、周辺の道路にはごみがあふれるようになったという。

 周辺の警備を担当する警視庁麹町署によると、把握できているだけで昨年の期間中はけんかや器物損壊などのトラブルが計11件あった。神社側も近年、警備員を増やすなど対策を講じたが「状況が改善しなかったため」(担当者)、出店見合わせを決めた。

 29日に神社に参拝した大田区の女性会社員(33)は「昨年の祭りで、男性が浴衣の女の子に声を掛けたり、酒を飲んだ人が騒いだりしているのを見かけて不愉快だったので、大歓迎」と話した。一方、近所に住む主婦(53)は「自分が幼い頃や、子供が小さい時に祭りの楽しみの一つだった露店がなくなるのは寂しい」と惜しんだ。





この記事をはてなブックマークに追加

宮根誠司“金への執着”が異常すぎ!? 他タレントのギャラ一覧「ミヤネファイル」ってなんだ?

2015年06月30日 10時54分42秒 | 世界のニュース


 爆笑問題の太田光と田中裕二が、23日放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、フリーアナウンサーの宮根誠司について「あの人、会うとホント金の話ばかり」と明かした。

 番組内で田中が宮根について金の話ばかりする印象があると話すと、太田も「『ギャラいくらですか?』って」と宮根が出演料をしつこく聞いてくることを暴露。田中は「『いくらもらってんの?』って、そればかり。本当に(金が)好きだよね、あの人」と話した。

 実は、宮根は業界内でも「他人のギャラを聞いてくる」ことで有名のようだ。別のお笑い芸人も昨年、あるバラエティ番組で「宮根さんって、会うとギャラの話を延々と聞いてきて、あの局は誰々にこれだけ払ってるのに、こっちだといくらだとか、そんな話ばっか」と、まったく同じことを話していたのだ。

 これに、ほかの出演者も「自分と同じMCだけじゃなく、ひな壇に座るようなゲストのギャラまで全部把握しようとする」と新たな情報を加えたが、残念ながらこのトーク部分はオンエアされずにカットされてしまっている。

 宮根がレギュラー出演している『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)の番組制作関係者に聞いてみたところ「制作側の給料を聞かれた話はないけど、タレントから“宮根さんが出演者のギャラ一覧表を持っている”って話を、何度も聞いたことがある」という。

「誰も見たことはないんですが、業界では密かに“ミヤネファイル”なんて呼ばれています。そのリストには宮根さんだけでなく、親しい番組関係者からの情報も入れ込んで、随時更新されているとか。それを宮根さんは自分の興味だけでなく、親しいタレントに知恵を貸すのに使ったり、宮根さんが属するバーニング系列の芸能プロの仕事にも活用しているというウワサ」(同)

 一説には、宮根の出演料がここ数年で倍増しているのも、ミヤネファイルが活用されたためだといわれる。小倉智昭ら他番組のキャスターの金額と比べさせ、『ミヤネ屋』の出演料も1回100~180万円ほどの大幅アップがあったという話だ。

「ただ、そういう手法自体は、島田紳助さんがやっていたことを真似たという説もあります。島田さんは直接、人を使って情報収集していましたけどね」(同)

 宮根の貪欲なギャラ吊り上げには、関東地方のテレビ関係者から「下品すぎる」という不快感も聞かれる。

「東京進出の際には、もともと諸先輩の司会者より割安だということで起用されたのに、今ではその先輩と同じか、それ以上。そうなると、わざわざ宮根さんを使いたいとは思わないし、ギャラ交渉のやり方が考えられないくらいえげつないから、交渉が面倒」(在京のテレビプロデューサー)

 爆笑問題のトークも、そんな宮根の評判を知っていて伝えたものだったのかもしれない。





この記事をはてなブックマークに追加

カスパロフ「プーチンはISISより危険だ」

2015年06月30日 08時19分47秒 | 世界のニュース


 チェス界の偉大な元チャンピオンで、今は人権活動家でロシアの政治家ガルリ・カスパロフ(52)。2007年には反体制派の指導者として大統領選に立候補したが敗退。短期間だが投獄され、命を狙われた回数は数知れない。今年の10月には、ロシア大統領で永遠の政敵ウラジーミル・プーチンについての著書『勝者がやって来る(Winner is Coming)』を出版するカスパロフに、ワルシャワの密かな一室で本誌のロバート・チャルマーズが話を聞いた。




──アドルフ・ヒトラーに非があったのは否定できない。だがヒトラーだって、政界に入った当初は人々のために善をなそうとしたと想像するのは間違いだろうか。

「善とは何だ。結果を見ろ。スターリンはヒトラーより多くの人間を殺した。もっとも、虐殺競争ならポル・ポトがチャンピオンかもしれないが」

──プーチンはどうだ。少しぐらい使命感や慈善の心はあったのか。

「ない。プーチンは日和見主義者だ。戦略家ではない。彼は配られたカードがたまたま強かったポーカー・プレーヤーのようなものだ。彼は最初からKGBのスパイでそれを誇りにしている。KGBは慈善団体ではない」

KGBのある幹部は、プーチンを批判して命を落とした活動家について話しているとき、カスパロフは「リストの次」だったと言ったことがある。

──命の危険を感じることはあるか。

「ロシアには2年半も帰っていない。ニューヨークに住んでいるんだ。危険な噂のある国には近寄らないようにしている」

-----

「しかし真面目な話、何ができるというんだ。講演のためにあちこちへ行かなければならない。怪しい人間とはお茶を飲まないことにしている。とにかく用心すること、それだけだ」

──君は最近、プーチンは世界で一番危険な男で、ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)よりもはるかに危険だと言った。本当にそう信じているのか。

「もちろんだ。プーチンは(大統領の任期が切れた)2008年に引退することもできた。だが今は、独裁者として権力の座に捕われている」

プーチンに必要なのは友ではなく敵だけ

──最近も、ISISなどゴミのように潰してしまえると言った。

「ISISは殲滅できる。彼らには空軍がないし、アフが二スタンのような山岳地帯にいるわけでもない」






この記事をはてなブックマークに追加