Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

13年前の「義」に報いた、日台親善野球:台湾

2012年03月31日 02時27分30秒 | 中華民國 ニュース

民進党調査で「台湾と中国は同じ国に約8割ノー

吳伯雄・国民党栄誉主席が提唱した「1国2地区」の考え方について、民進党は29日、世論調査の結果を発表した。「台湾と中国は同じ1つの国であるか」という問いに対して、77.9%の人が「違う」と答え、「そうである」と答えたのはわずか17.5%だった。このほか、59.7%の人は両岸関係を1国2地区として語ることは受け入れられないとし、28.1%の人は受け入れると回答している。さらに61.6%の人は、1国2地区は国家主権を矮小化するとし、29.5%の人は、そうではないとみている。


台北株、一時200ポイント下げ

キャピタルゲイン課税の論議が進むなか、きのう29日の台北株式市場は平均株価指数が一時200ポイントを下げ、7900ポイントを割り込んだが、165.41ポイントマイナスで、下落幅は2.06%に終わった。これについて陳冲・行政院長らは「過度に反応しないでほしい」などと呼び掛けている。

エバー航空がスターアライアンスに加盟へ

中華航空が航空連合の「スカイチーム」に加盟したのに続き、エバー航空が世界最大の航空連合「スターアライアンス」に加盟することになった。最も早ければ来年第1四半期に正式に加わることになるという。29日に同航空とスターアライアンス側の調印が行われた。同航空ではこれによって旅客営業収入は20%伸びるとしており、来年には700億元に上るとみている。

中華航空や統一が緑ブランドに入賞

科学技術やデジタル商品などをテーマにしている『数位時代』誌は29日、「2012グリーンブランド調査」の結果を発表した。10大大賞には、国内6社の企業が選ばれ、中華航空、礁渓老爺大酒店、國泰金控、大林慈済医院、統一企業などが入賞した。中華航空は機内で出している箸を乗客が持ち帰ることができることや、礁渓老爺では宿泊客がゴミ拾いすれば割引券と交換できるなどが評価された。

シロバナヨウシュチョウセンアサガオでスープを作り3人中毒

苗栗県苑裡鎮玉田里に住む男性の彭さんは29日昼、シロバナヨウシュチョウセンアサガオを摘み、卵スープにした。彭さんは同棲している恋人と隣人の婦人の3人で食べたところ、神経性中毒を起こしたという。3人は直ちに病院に運ばれた。3人とも無事だった。専門医によると、シロバナヨウシュチョウセンアサガオは神経性毒を持ち、副交感神経に抵抗作用があるという。

ニワトリを買って家に戻る途中、車に衝突されて夫婦が死亡

鳥インフルエンザ感染のなか、彰化県に住む60代の夫婦は、自家用のためニワトリを買った。しかし、家に戻る途中、ワゴン車に衝突されて、夫婦2人とも病院に運ばれたが死亡した。夫婦が買った8羽のニワトリも全て死んだという。事故原因について、警察が調査中という。

韓国の人気女性グループKARAが初訪台

韓国の人気女性グループのKARAが29日、初めて台湾を訪れた。空港には200人以上のファンが詰め掛けた。空港で開かれた記者会見でメンバー5人は中国で挨拶した。ハングル語のアルバムと日本語シングルがきょう30日、台湾で発売されるのに合わせて行われるプロモーションのための来訪。


日本文物展開催、統治時代の生活用品や着物を展示


  台湾メディアの報道によると、台湾・新北市中和区の穂積小学校にて「日本文物展」が開催中。日本統治時代に使っていた生活用品が展示されているという。

  台湾・國立教育廣播電台(National Education Radio)のウェブニュースは、「新台北雙和区国際文化教育センター主催のこの文物展は、統治時代を生きてきたお年寄りたちが、個人の所有物を提供。衣類や家庭用品、おもちゃなど当時の生活が垣間見られる、珍蔵物が集まった」と伝えた。「日本の着物や浴衣、刀、ひな人形、浮世絵、相撲などを表す品が展示されています。学生たちが日本文化を理解するきっかけになれば」という小学校教師のコメントも紹介した。「日本文物展」は7月31日まで開催が決まっている。

  雙和区国際文化教育センターは4~5カ月に1回テーマを変え、市民の興味を引く催し物ができるよう努めている。設立2年ほどで見学者が5万人を超えた人気のスポットで、過去に韓国の教育関係者が見学に訪れたことも。今回の「日本文物展」をきっかけに、これから日本関連の企画が注目されそうだ。



13年前の「義」に報いた、日台親善野球

発生から1周年を迎える東日本大震災の被災者を支援するために、台湾と日本のプロ野球代表選手チームが10日東京ドームで親善試合を行い、日本が9-2で快勝した。台湾メディア・中国時報は11日、台湾にとっては13年前の「義」に報いる親善試合であったことを伝えた。

  記事は、10日の試合のチケット収入が被災者の家屋再建支援などに用いられることや、3万5000人の観客のうち、宮城、岩手、福島の被災3県から1万2000人が無料招待されたことを伝えた。

  また、1999年9月21日に発生し、死者2400人以上を出した台湾大地震の際には、オリックス(当時はブルーウェーブ)がイチローなど主力選手を率いて台湾を訪問、現地で3試合のチャリティー試合を開催したことを紹介。今回の親善試合によって「当時の日本プロ野球による義行に報いた」とした。

  台湾チームを率いた羅国璋監督は試合後「日本の投手、野手は強力だった。ただ、これは親善試合なので、今日の試合で台湾人の気持ちが伝わればと願っている。これも野球人として果たすべき責任だ」とコメントした。

鹿児島へ初の定期便、37年越しの悲願祝う

 鹿児島県と中華航空(チャイナエアライン)は28日、台湾から鹿児島へ初めて定期便が就航したことを記念し、台北市内のホテルで日本と台湾の関係者を招いた祝賀パーティーを開いた。同県の官民が1975年に初めて台湾側に働きかけて以来、実に37年越しの悲願。中華航空の張家祝董事長は「搭乗率80%以上、年間4万人の利用を目指す」と目標を示した。

 鹿児島へはこれまで、チャーター便のみが運航されていた。昨年11月に日本・台湾間の航空自由化(オープンスカイ)協定が結ばれたのを受けて、中華航空が25日から週3便で運航を始めた。鹿児島空港の国際線にはすでにソウル、上海があり、伊藤祐一郎県知事は「中国と韓国、台湾、鹿児島で形成する地域経済圏を発展させ、県の域内総生産(GDP)に占める比重を高めたい」と豊富を語った。

 鹿児島県は台湾へ主に食品を売り込んでいる。商用の往来はこれまで主に福岡経由だったが、「利便性が格段に高まり、ビジネスがしやすくなる」(鹿児島県商工会連合会の森義久会長)と期待が大きい。中華航空は、九州では福岡と宮崎へも乗り入れており、「出入りの地を柔軟に選べることで、九州への観光需要を刺激できる」とみている。 .

報道の自由、台湾が17位でアジアトップ=日本は64位―米調査会社

28日、米ギャラップ社が発表した世論調査結果から、アジアの国・地域で報道の自由度が最も高いのは台湾だと考えられていることが分かった。写真は中国の政治協商会議を取材する海外メディア。

2012年3月29日、シンガポール華字紙・聯合早報によると、米ギャラップ社が28日に発表した世論調査結果から、アジアの国・地域で報道の自由度が最も高いと認識されているのは台湾だということが分かった。

ギャラップ社が133カ国・地域を対象に行った「2011年度世界メディア報道自由度調査」の報告書によれば、台湾は世界17位で、アジアではトップだった。アジアNIEs4カ国では、香港が19位で台湾に次ぐ。韓国は87位。シンガポールは96位で、89位の中国を下回った。

日本は64位で、回答者の66%が報道の自由が守られていると答え、守られていないと答えた人は26%だった。なお、世界トップ10のうち6カ国をヨーロッパの国々が占め、米国は16位だった。

台湾の対日窓口トップ、「台日関係の向上を」

台湾の対日交流窓口、亜東関係協会の廖了以会長は29日夜、東京都内のホテルで行われた超党派議連「日華議員懇談会」の歓迎会に出席し、双方の関係強化を訴えた。

先月会長に就任した廖氏(写真左)は、日本初の故宮展につながる「海外美術品等公開促進法」の成立や、「台日民間投資取決め」の締結など、過去1年間の進展を振り返ると共に、租税を含む貿易面の後続協議や台湾の国際民間航空機関(ICAO)、国際原子力機関(IAEA)、気候変動枠組条約(FCCC)参加の必要性を強調、日本側に協力を呼びかけた。

これに対し日華懇の平沼赳夫会長は、日本人を母に持ち、内政部長(内相)などを歴任した廖氏の会長就任は、日本にとって「非常にめでたいこと」と歓迎したほか、昨年の震災後、台湾から巨額の義援金が寄せられたことに改めて謝意を表明した。

レセプションには、森喜朗元首相、衛藤征士郎衆院副議長など約100人の国会議員が参加した。

廖氏は27日から来月1日まで訪日。滞在中、工商団体と交流するほか、震災の被災地や日本統治時代に南台湾でダム建設に携わった八田與一氏の出身地、金沢市も訪れる予定。

ソニーが韓国のサムスンと液晶パネル合弁関係解消、台湾メーカーの受注増加チャンス

市場では、ソニーが昨年12月に液晶パネル分野で韓国のサムスンとの合弁関係解消を発表したことで、サムスンからの液晶パネル調達量は今後減少し、代わって友達光電(AU Optronics)、奇美電子(Chimei Innolux Corporation)といった台湾メーカーからの調達量を引き上げる可能性があると予測している。 

市場調査会社のDisplaySearchによると、ソニーは今年、友達光電からのパネル調達量が液晶テレビ出荷量全体の16%を占め、また奇美電子(Chimei Innolux Corporation)は21%を占めると予測されている。サムスンは依然として57%を占めるとみられているが、今後は徐々に低下すると考えられている。 

また市場調査会社のWitsViewによると、今年の世界の液晶テレビ出荷量は依然として成長することが予測されている。そのうちソニーは2012年度(2012年4月から2013年3月)の出荷量が約2000万台だが、実際の出荷量は1700万~1800万台にとどまる見込み。 

ソニーは出荷量全体の約50%に当たる9000万台の生産を外部に委託するとみられており、このうち台湾のEMS(電子機器受託生産サービス)大手である鴻海精密工業(HONHAI)が約70%に当たる700万台を受注し、緯創資通(Wistron)が約200万台を受注する見込み。










この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】日本料理はおいしい! 手頃な値段の寿司が最高

2012年03月30日 12時49分03秒 | 各国ブログ


【台湾ブログ】日本料理はおいしい! 手頃な値段の寿司が最高

レコチャイより・・・

  日本留学の経験を持つ台湾の女子大生が、「日本はおいしい食べ物が多すぎる。こんなことでは、日本に行く度に太ってしまう!」とブログに掲載。「一番恋しいのは寿司」とつづり、お薦めの店を紹介した。


  女子大生の高高(ハンドルネーム)さんは寿司が大好物とのことで、「住んでいた寮の近くに、寿司一皿105円という回転寿司屋があって、よく食べに行っていた」という。「一日二回も食べても平気」で本当に大好きなようだ。そして「回転寿司屋に行っても、回っている寿司は取らずに鮮度を求めてオーダーすると決めていた」高高さん。「たくさん椅子のある大型店舗なので、ゆっくりと食べることができた」と述べ、「私がいつも頼むネタは、あぶりチーズサーモン。えびアボカドもおいしくて、サービス価格で注文できるかけうどんも定番。この店はケーキ類もおいしかった」と日本の寿司屋をなつかしんだ。

  続けて「JR八王子駅の近くに、さらにおいしい寿司屋を見つけた」そうで、「一皿136円だが、キャンペーンを狙うと105円で食べられるネタあり。サーモン祭りの時は一皿105円と知り、友人とひたすら食べ続けた。ねぎサーモンと玉子焼きが大のお気に入り!」だそうで、いくら食べてもおいしく「病みつきになった」と述べている。

  さらに、「池袋西口にある寿司レストランを友人に勧められた」という高高さん。「回転寿司ではなくオーダー制。あぶりタコやあぶりサーモン、あぶりエビ、アボカドなど全部おいしかった!」とその店を思い出した。「あぶり系は抜群にうまく、お茶もおいしい店だった」印象に残っているそうだ。「季節メニューもあるので注文の楽しみが増え、大将と気軽におしゃべりできることも通いたくなる理由だった」という。

  日本の料理は本当においしい、と体感した高高さんは「次回はラーメンかケーキを紹介しましょう」と早々とブログのテーマを決めた。そして「日本では外食は多かったし、夕食を作った時もきちんと食べさらに夜食も食べていた……でもなぜか太らない!」ことに気づいた。その理由は「街中をよく歩いていたおかげかもしれない」という高高さんは、適宜な運動と意識があれば体重をコントロールできることを学んだようだ



この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】沖縄で宿泊するなら、ビジネスホテルよりリゾート系

2012年03月30日 12時44分01秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】沖縄で宿泊するなら、ビジネスホテルよりリゾート系
レコチャイより・・・

  大阪の御堂筋を歩いていてホテルを見かけ、沖縄旅行を思い出したという台湾人女性が、その思いをブログに掲載。沖縄のリゾートホテルと、ビジネスホテルを比較した。



  台湾人女性のshebw(ハンドルネーム)さんは、御堂筋を歩いている時に“有名女社長”が経営することで知られる、ビジネスホテルを見つけた。「このホテルが全国チェーンだとは知らなかった! 以前那覇に行った時に宿泊したが、沖縄だけのローカルホテルだと思っていた」shebwさんは、「このホテルの特徴は、入口でもエレベーターでも、ホテル内のいたる所で帽子をかぶった社長の写真が拝めるところ。社長お薦めのレトルトカレーも売っていた」と述べ、とにかく社長の姿に印象に残ったようだ。

  沖縄滞在の多くの日数を、航空会社が経営する海側の高級リゾートホテルで過ごしたというshebwさん。「そのホテルは本当に素晴らしく、サービスや心地良さが魂まで響きいい気持ちになった」と絶賛。その一方で那覇市内のビジネスホテル移動すると、「リゾートホテルを比べてはいけないことは、もちろん知っていた。でも実際に泊まるとなると、そのギャップはあまりにも激しかった」と述べた。だが何とかビジネスホテルの良さを見つけようと努力し、「朝食がおいしかった!」と思い出したそうだ。

  shebwさんは「食事スペースは広くなく種類も多くなかったが、西洋風の朝食と沖縄料理がならんでいた。ブッフェスタイルで自由に食べられる」と説明しており、「サラダと漬け物、白いごはんと社長のおすすめカレーをいただきました。とてもおいしかった!」と満足したようだ。また沖縄の豆腐がすっかり気に入り、「豆腐には調味料は加えなくていい。塩だけをつけ、沖縄豆腐の素朴な味と食感を楽しんでほしい」というのがshebwさんの希望。「あまりにもおいしくて3皿取った。みなさんも沖縄に行く時には、ホテルに不満があってもぜひ沖縄豆腐を食べてください!」と宿の不満を食で解消するよう、ブログを読む人に呼びかけている。




この記事をはてなブックマークに追加

アース・アワーにあわせ、百近くのビルが1時間消灯 :台湾

2012年03月30日 08時04分29秒 | 中華民國 ニュース


馬総統が「1国2地区は20年来変わっていない」


「1国2地区論争で国民党主席の馬英九総統は28日、同党中央常務委員会の席上、1992年10月のメディアの報道を引用して、当時の行政院大陸委員会の黄昆輝・主任委員が立法院での答弁で、大陸政策は「1国2地区3段階」で行うとしていたことに言及して、このように憲政での積み重ねがあり、その歴史は脈々とあると述べた。その上で、1国2地区とは「1つの中華民国、2地区」であるとした。さらに「これは新しいものではなく、20年になる。李登輝・元総統、陳水扁・前総統の時代から変わっていない」と強調した。


外交部が「尖閣諸島は日本固有領土」記載の教科書に抗議

外交部は28日、日本の高校教科書に「尖閣諸島は日本固有の領土」と記載されていることに対して日本側に抗議するとともに、中華民国は一貫して尖閣諸島の主権を有していることを改めて申し入れた。文部科学省が同日発表した新版の高校教科書の検定結果によると、「地理A」、「地理B」、「政治経済」、「現代社会」などの教科書の中ですべて「尖閣諸島は日本固有の領土」の記述があり、来年春から使う予定という。

政府が初めて住宅撤去する強制執行

政府は初めて民間住宅を撤去する強制執行を28日に実施した。自発的に集まった300数人の学生や市民は前日の夜から撤去対象の王さん宅を守っていたが、最終的には警察官1000人が強制排除した。王さんの家族は100年以上の家と別れを告げたという。撤去では、警察側と抗議する市民の衝突が起きた。


週末は気温が12度に下がる

中央気象局によると、きょう29日から30日までは各地が曇りのち晴れという安定した天気になる。温度はきのう28日より高くなり、西部で最高気温は30度まで上る見込み。しかし、30日夜から天気が変わり、寒気団の影響により、今週末は北部の気温が12度まで下がるという予測。

ホタル観賞は来月から

気温が高くなり始め、ホタルが出現しているという。ホタル観賞シーズンが到来している。台中市東勢林場では10日からホタルが見られ、その観賞の本番は4月5日からと予測されている。南投特有生物研究保育センターによると、3種類の水生ホタルを含め、台湾には63種類のホタルがいる。ホタルは20~1500メートルの低海抜で、光害がない自然環境や自然の陸や川で生息するという。

元立法委員が刑務所入り

「天道盟精神リーダー」という呼び名がある羅福助・元立法委員は、株の不当取引や税金の不正支払いなどで3800万元の不法利益を獲得し、さらに土地の登録資料を偽装し、基隆市にある他人が所持する100件の土地を自らのものにした。10年間の裁判を経て、最高裁判決では「証券取引法」違反による偽装文書などを違反した罪で、4年間の有期懲役と600万元の罰金が科せられた。

台北でユニバーシアードフォーラム開催

第11回ユニバーシアードフォーラムが26日、2017年夏季ユニバーシアード大会開催が決定している台北市で開かれた。フォーラムには67カ国から代表220人以上が集まった。同フォーラムは2年に1度で、台北での開催は初めて。

手足口病の重症患者が新たに3人

行政院衛生署疾病管制局によると、手足口病の重症患者が新たに3人確認された。中部の1歳の男児と4歳の女児、南部の2歳の男児の3人。今年に入ってからの手足口病の重症患者は20人で、例年を上回っている。既にピークに入ったとみられており、昨年より2週間早い。


日台青少年スカラシップ 蕭副総統「日本復興信じる」

日本と台湾の青少年交流促進をめざす「第9回日台文化交流 青少年スカラシップ」(主催・フジサンケイビジネスアイ、産経新聞社 共催・台湾行政院新聞局、台北駐日経済文化代表処)の日本側研修団は27日、総統府で蕭万長副総統を表敬した。

 蕭副総統は学生17人との懇談で、日本と台湾の関係が一層緊密化している現状を紹介。東日本大震災で巨額の義援金を寄せた台湾への感謝表明をした学生らに対し、「日本は困難を克服し、必ず希望に満ちた未来を建設できると信じている」と励ました。

 また、日本統治時代に台南で世界有数の烏山頭ダムなどの建設を指揮した日本人技師、八田與一氏(1886~1942年)の業績に触れ、「氏の記念公園の見学などで大いに見聞を広め、今後に生かしてほしい」と、青少年らの活躍に期待を寄せた。

 一行は、同日午後、台湾の対中交流窓口機関、海峡交流基金会も表敬訪問し、江丙坤理事長と懇談した。


朝鮮日報日本語版・ シャープ「サムスン打倒」の鴻海と資本提携

 サムスン電子など韓国企業に押され、創業以来最悪の赤字を出していたシャープは27日、「サムスン打倒」と公言する台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手、鴻海精密工業と資本提携すると発表した。 
 今回の資本提携は、鴻海グループと液晶パネル分野で提携することが目的で、 鴻海は増資引き受けにより、シャープの株式9.88%を取得し、筆頭株主になる。鴻海は中国でアップル製品の受託生産を行う富士康(フォックスコン)の親会社でもある。鴻海グループの郭台銘会長は、日本メディアとのインタビューで、「日本企業と力を合わせ、サムスンを打倒しよう」と述べ、日本企業にラブコールを送っていた。

 「液晶パネルの元祖」と呼ばれた伝統あるシャープが、プライドを捨て、鴻海を筆頭株主として受け入れることにしたのは、サムスン電子など韓国勢に押され、2012年3月期に最終損益が2900億円の赤字に陥る見通しとなる中、現在のビジネスモデルでは未来がないと判断したためだ。

 4月に社長に就任する奥田隆司常務は記者会見で、「研究開発から生産、販売まですべて自前で手掛ける単独の垂直統合モデルには限界があった。鴻海グループが持つ高い生産・加工技術力とコスト競争力を融合し、両社の強みを生かしたグローバルでの垂直統合モデルを一緒につくり上げる」と述べた。

食べ歩きがおいしいアジアの10都市、台北や福岡がランクイン―米旅行情報サイト

23日、米CNN傘下のアジア旅行情報サイト・CNNGoは「ストリートフードがおいしいアジアの10都市」を選出した。写真は台湾・台北市のナイトマーケット。

2012年3月23日、米CNN傘下のアジア旅行情報サイト・CNNGoは「ストリートフードがおいしいアジアの10都市(Asia’s 10 greatest street food cities)」を選出した。台湾・今日新聞が25日付で伝えた。

地元の台湾メディアが報道で大きく取り上げたのはもちろん台北グルメ。CNNGoで紹介された代表的な屋台料理を伝えている。焼き小龍包(生煎包)、中華ハンバーガー(割包)、プルプル皮の蒸し肉まん(肉圓)、カキ入りそうめん([虫可]仔麺線)、ネギ入りクレープ(葱油餅)、おぼろ豆腐のプリン(豆花)、胡椒たっぷりのひき肉詰めパン(胡椒餅)、発酵豆腐(臭豆腐)、台湾風ライスバーガー(大腸包小腸)などユニークなB級グルメ。これらが愉しめるナイトマーケットは台北観光の最大の目玉のひとつだ。

その他、選出された9都市は福岡、ペナン(マレーシア)、バンコク(タイ)、ハノイ(ベトナム)、シンガポール、ソウル(韓国)、西安(中国)、マニラ(フィリピン)、プノンペン(カンボジア)だった。


台湾初のガラス媽祖廟、3/31一般開放

強化ガラスを使って建立される台湾で初めて媽祖廟は3月31日に一般開放する予定。この媽祖廟は、台湾中部の彰化県に位置する。媽祖廟を建立する人は台湾の大手ガラス業者で、2007年にガラスで台湾で初めての媽祖廟の建設を始めた。総工費は台湾元1億2000万元、日本円凡そ3億3600万円。

ガラスの媽祖廟は300坪に達し、7万枚の強化ガラスを使っている。廟の天井の高さは4メートル。昼間は太陽の光を、夜にはLEDライトの光を利用して台湾のハイテク技術を生かして、廟を一層きれいにする。台湾最高峰・玉山の主峰をモチーフにした仏がん(厨子)は1400枚の緑色のガラスで構成されている。環境への影響を配慮するため、媽祖廟ではガラス製の果物やガラス製の「金紙(神様のお札)」を開発中。媽祖様は航海の安全を守る女神で、台湾では広く信仰されている。


運行5年の台湾高速鉄道、初めての線路侵入が発生

運行が6年目に入った台湾高速鉄道に、点検を除き無断に線路に入ることは禁止されているが、28日に2007年運行以来初めての線路侵入事件が発生した。

この事件は幸いに5便の運行に支障をきたすだけで、台湾の南北新幹線を運営している台湾高速鉄道会社は再発防止に力を入れている。

高速鉄道によると、昨日の午後1時36分頃、赤い上着を着た男性は苗栗と頭份間の線路内に発見され、36分後の2時12分に警察に連行された。

事件が発生した線路の周辺は「線路の外が高く、内が低い」ので、周りの丘に沿い、接近すことが可能だ。沿線の両側には高さ2~3メートルの有刺鉄条網が張られているが、空所もあり、侵入者は空所から線路に入ったのだろうと推定された。

鉄道当局は、侵入防止策を増強するとともにパトロールを増やすことで、事件の再発を防止すると表明した。

エバー航空が世界最大の航空連合のメンバーへ

台湾の大手航空会社、エバー航空(長栄航空)は29日、世界最大の航空連合であるスターアライアンスへの正式加盟に向けた調印を交わし、加盟時期は2013年となる見通しだ。

調印式は、同社の張国煒社長(写真右から2人目)とスターアライアンスのCEOマーク・シュワブ氏(写真左から2人目)らによって行われた。

張社長は、正式メンバーになった後、エバー航空はヨーロッパ、中南米、アフリカにおけるサービス強化に取り組みたいと語った。

現在、スターアライアンスの正式加盟数は26社で、他の航空連合である「スカイチーム」の15社とワンワールドの11社を上回っている。

エバー航空の加盟により、加盟予定を含めた加盟航空会社数は30社に増え、1日当たり、2万2000便を191か国の1345都市に運航することになる。

昨年9月、チャイナエアライン(中華航空)がスカイチームへの加盟を実現しており、エバー航空の世界的な規模の航空連合への加盟はそれに次ぐものとなっている。

.
調達パートナー大会、40億ドル超の商談成立が目標

中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)主催の「2012年新興及びEU市場調達パートナー大会(Sourcing Taiwan 2012)」が29日、台北市内の世界貿易センターで行われ、馬英九総統(写真中央)は開幕式で輸出市場の分散化を目指す政府の実績をアピールした。

馬総統は、「昨年の中国大陸(香港を含む)向け輸出の伸び率は8.1%にとどまったのに対し、新興市場向け輸出は22.1%も成長した」と新興市場の開拓強化などを柱とした「新鄭和計画」推進の成果を説明した。

一方、今月15日に発効した米韓FTA(自由貿易協定)については、地域経済統合の動きから取り残されないよう、10年以内のTPP(環太平洋経済連携協定)参加に改めて期待を表明した。

大会には59の国・地域から566人のバイヤーが招かれ、主催側では昨年の40億2000万米ドルを超える商談の成立を目指している。

.
昨年の合計特殊出生率、1.07に回復

内政部が発表した最新の統計で、2011年の台湾の合計特殊出生率は2010年の0.89から1.07に回復したが、香港の1.189とシンガポールの1.2より低くなっている。

内政部の資料によると、台湾での合計特殊出生率が2003年に1.23に下がって以来、台湾は「超低出生率」国家・地域の仲間入りとなった。2010年はさらに0.89に落ち込んだが、2011年は1.07へと上昇した。

政府の関連政策推進や昨年は中華民国暦で100年に当たり、「末永く仲良く」の象徴とされる縁起のいい年であることなどが原因として挙げられている。

なお、今年は辰年に当たり、竜は皇帝など尊くめでたい存在と見られ、人々の出産意欲が高いことから、今年の新生児数は20万人に達すると見込まれている。

.アース・アワーにあわせ、百近くのビルが1時間消灯

3月31日の「アース・アワー(Earth Hour)」を前に、荒野保護協会などは29日、記者会見を開き、31日の夜8時半から、総統府と台北101を含む百近くの台湾の代表的なビルディングが1時間の消灯運動に参加することを発表した。

3月31日の「アース・アワー」は地球温暖化防止キャンペーンの一環として2009年から始まり、世界から多くの国々が同日の夜8時半から9時半までの消灯運動に参加し、地球資源の大切さを重視する姿勢を示している。

荒野保護協会によると、今年は135国の5200都市からの総計22億人が「アース・アワー」に参加する予定だ。

協会はインタネットで台湾全土に60万人の参加を呼びかけ、参加を決めたビルディングは総統府、台北101のほか、台北市政府、新台北市政府、国父記念館、中正記念堂、ミラマー エンターテイメントパーク、高雄の六合観光夜市と義大遊楽世界が入っている。


.




この記事をはてなブックマークに追加

釜石のラグビー少年を招待、日台で交流試合:台湾

2012年03月28日 05時00分28秒 | 中華民國 ニュース



長栄航空による台北・松山空港の商務航空中心5月1日に運営開始


長栄航空(エバーエア)では、同社が権利を落札して開設を進めてきた台北・松山空港の「松山商務航空中心(センター)」を4月末までに開幕する見通しとなった。同センターは現在、当初の予定より早いスピードで開発準備が進められている。 

サービス開始後、ビジネス専用機、プライベート小型飛行機を利用する旅客に対して、迅速に手続きを行えるように個別に出入国サービスを提供する。 

同センターで働く地上勤務員、サービススタッフ、旅客機メンテナンススタッフなどはいずれも長栄航空から派遣される予定。運営開始は5月1日


貧富の差、史上最高の93倍に

貧富の格差が驚異的なスピードで進んでいる。財政部財税資料センターの最新統計によると、総合所得税申告の20区分中、最も下位ランクの5%の所帯は2010年の平均所得は4万6000元で、最も上位ランクの5%の所帯の平均年所得である429.4万元と比較すると、その差はこれまでで最高の93倍に上ることが分かった。2009年はこの差は75倍で、1年間で格差が急激に進んでいることになる。しかし現実の貧富の格差はより深刻だ。生活困窮者は申告する必要はなく、富裕層は申告しなくていい不動産所得や株売買の免税措置を活用しており、実際の所得は同センターが掌握している数字をはるかに超えているという。

中国の公職に就いている台湾人は169人

台湾人が違法で中国の党、政治、軍機関に勤務しているのはそれほど珍しくないが、国家安全局は26日、政協委員、人民代表大会代表を含めて中国で公職に就いている台湾人の総数は169人に達していることを初めて明らかにした。しかし行政院大陸委員会がこれまでに処罰したのは、わずか1人。このため与野党の立法委員は陸委会に対して「行政の怠慢」と批判しており、幸媛・陸委会主任委員は全面的に調査することを約束した。

救急ヘリコプターが海に墜落

空軍救急隊に所属しているS-70Cカモメ救急ヘリコプターは26日夜、夜間緊急救助に向う途中、台東県蘭嶼の東南方沖の海で墜落した。海巡署や空軍などが救助活動を行っているが、ヘリコプターに搭乗していた6人のうち、救護士である蔡宜哲さんは救助されたが、他の5人は行方不明という。

清掃員2人は50万元を拾って警察に

高雄市環境保護局の清掃員2人は、捨てられていた大型家具を処理する際、クローゼット内に現金50万元と金のアクセサリーを包んだ袋を見つけ、直ちに警察に届いたという。月給が3万元のこの2人はこの善行に対して、当然のこととであり、持ち主はきっと心配しているとコメントした。

借主は取立てで自殺、貸主は6カ月の有期懲役

台南の男性の黄氏は、金を貸した人の家のドアに「死ね」と書き、借金をした人は自殺したため、6カ月の有期懲役を科せられたという。この判決は世間の注目を集めている。調べによると、黄氏は3万元を死者に貸し、何回も家まで行って取立てした。2日後、死者は借金の取り立てのプレッシャーから首吊り自殺した。裁判所は黄氏に対して毀損や脅迫などの罪で有罪との判決を下した。

現金強盗犯は1分間で1252万元を持ち去る

台湾保全会社の職員2人が26日午後、大量の現金を台北市中小企業銀行南京東路支店に運送中、ヘルメットをかぶりマスクをつけた男が4発銃撃して、1252万元の現金を奪った。犯行時間はわずか1分間という。容疑者はスクーターで逃げた。この銃撃で職員1人が両足を撃たれて、病院に運ばれた。命に別状がないという。事件現場は松山警察分局から200メートルしか離れていない。

製造、サービス業の経営状態が好転

台湾経済研究院は26日、景気動向調査の結果を発表した。輸出、国内消費とも旧正月後は回復して、2月の企業の経営状態は1月より好転し、製造業とサービス業の経営環境指数は2カ月連続して上昇した。しかし国際原油価格は上昇しており、景気改善の将来性に対する不確定要素となっているという。

61.9%の労働者が出国して働くこと希望

大手求職サイト「yes123」の調査によると、61.9%の労働者が台湾から出て外国で働くことを希望していることが分かった。その先としてオーストラリア、カナダ、日本の人気が高いという。この3カ国では、平均的時給は台湾元に換算すると350元になり、台湾での時給の約3。さらに食事と宿舎を提供するところもある。給料はすべて6万元からという。

台経院調査:製造、サービス業の景況感改善

台湾経済研究院は26日、景気動向調査の結果を発表。欧米と日本の景気が引き続き改善されているため、今年2月の企業の経営状態は好転、製造業、サービス業の経営環境指数は2ヶ月連続で上昇。製造業の指数は95.08、サービス業は93.76だった。景気の先行きを楽観視する企業が増え、悲観的に見る企業は減った。

台湾経済研究院景気予測センターの孫明徳・主任は、欧州の信用不安問題が薄らぎ、アメリカの景気が徐々に回復、日本経済もマイナス成長からプラス転換するという三つのプラス要素の関係で企業は楽観的になっていると分析した。

孫・主任は、中国大陸の経済成長の鈍化、国際的な原油価格の上昇が不確定要素だと指摘、「今年の景気には三つのよい要素と二つの悪い要素がある。原油価格については、過去の歴史からわかるように、価格が上がる前には企業が備蓄に努め、設備も多く購入するため、一時的に景気にプラスとなる。だから、原油価格の上昇の影響はただちに現れない場合もある。時間が経たないと景気へのマイナスの影響は出てこない」と話した。

台湾経済研究院の洪徳生・院長は、世界景気は引き続き回復しつつあるので、全体的には将来の景気に楽観的な態度だと述べた。


1330万円の世界一周ツアー、発売から17秒で完売

80日間の旅費が475万台湾ドル(約1330万円)と「史上最高値」という世界一周ツアーは26日正午に発売され、僅か17秒で売り切れた。

ツアーを企画した旅行代理店「易遊網(ez Travel)」によると、定員15人のうち、13人が中国大陸住民で、台湾からの参加者は2人しかいないという。キャンセル待ち人数が36人に達するなど、売れ行きがあまりにも好調だったことから、同社は第2陣の募集を検討中だ。

同ツアーは来年1月14日に出発する予定で、参加者はナスカの地上絵(ペルー)やイースター島のラパ・ヌイ国立公園(チリ)など、ユネスコの世界遺産に登録されている名所を多く訪ねるほか、豪華客船での南極の旅と、ガラスに覆われた部屋(フィンランド)でのオーロラ鑑賞を楽しむこともできる。

.釜石のラグビー少年を招待、日台で交流試合

 東日本大震災で被災した子供たちを励ますためのラグビーの日台交流試合が24日、台北市士林区のラグビー場で開かれた。台湾在住日本人のラグビーチームが主催し、岩手県釜石市のラグビー少年たちを招待。日台の少年たちは言葉の壁を乗り越えて体をぶつけ合い、ラグビーを楽しんだ。

 在台日本人チーム「FIVEWOODS」の主将、山本英治さんが、大学時代の先輩で元ラグビー日本代表の向山昌利さんに「ラグビーを通じて被災した子供たちを励ましたい」と相談したことから企画が始まった。「言葉が通じなくても子供たちが笑顔でボールを追いかけてくれればいい」と山本さんは開催への思いを語った。向山さんは、「体と体をぶつけ合うのは究極のボディランゲージになる」と、ラグビーを楽しみながら海外の人と交流を図ることについての意義を話した。

 来台したのは釜石シーウェイブスジュニア所属の小学1~6年生15人。台湾側は台北の少年チーム所属の中学1~3年生が参加した。向山さんによるラグビー教室も開かれ、日台の子供たちが一緒になって練習した。練習では大人も混じった日台混合チームでのゲームも行い、子供から大人までが交流を楽しんだ。

 メーンの交流試合では25対15で釜石が破れる結果となった。多くの選手が悔しさに涙を流したが、FIVEWOODSのメンバーたちは「逆に励まされた、ありがとう」と、健闘ぶりに声援を送った。釜石チームキャプテンの川村直輝くん(小学6年生)は「負けたけどいい試合だった。台湾のチームと一緒に練習したのも楽しかった」と笑顔で語った。 .

海鴎救護ヘリが海に墜落、5人行方不明に

空軍司令部は26日夜、空軍のS-70C海鴎救護ヘリコプターが台湾南東部の離島、蘭嶼の東南で医療搬送任務に当たっている最中に何らかの原因で墜落したと明らかにした。6人の乗組員のうち救護院1名は救助されたが、他の5人は行方不明となっている。

台湾籍の漁船乗組員が海上で心臓発作を起こしたもようで救助するはずだった。夜9時20分あまりにレーダー上から消失、墜落したという。


独身男性は独身女性よりもっと「余って」いる!進む晩婚・非婚化


23日、台湾で晩婚・非婚化が進んでいる。未婚女性の増加が話題となっているが、実は未婚男性の方が多いことが分かった。写真は台北。

2012年3月23日、台湾紙「聯合晩報」によると、台湾内政部の2010年の統計で、結婚適齢期の男女のうち配偶者のいる女性の割合は50.9%なのに対し、男性はわずか44.3%であり、2011年末までで、未婚女性は217万人なのに対し、未婚男性は270万人いることが分かった。中国新聞社が伝えた。

20歳から49歳までの市民に対して行った調査によると、80年代は配偶者のいる男性の割合は62.3%、女性は74.7%だったのが、90年代には男性59%、女性69%になり、2000年代には男性53.8%、女性60.7%と減少を続け、2010年には男性44.3%、女性50.9%にまで減少した。初婚年齢の平均は80年代には男性27.6歳、女性24歳だったのが、90年代には男性29.1歳、女性26歳、2000年代には男性30.8歳、女性26.4歳になり、2010年には男性31.8歳、女性29.2歳にまで上がっている。

また、今年の2月までで、外国人配偶者数は46万人に達し、そのうち中国本土が6割を超えて最多、次いでベトナムが18.7%となっている。外国人配偶者は女性が約43万人、男性がわずか3万人と人数にかなりの開きがみられるが、アジア出身者以外では男性の方が女性の人数を上回っている。

政府関係者によると、教育の普及や経済の上昇により、これまでの伝統的概念が希薄になっていることが、結婚・出産の割合低下につながっているとみられる。


シャープ、台湾・鴻海と資本業務提携=液晶事業立て直し

 シャープは27日、台湾の電子機器受託製造世界最大手、鴻海精密工業と資本業務提携すると発表した。シャープが実施する第三者割当増資を鴻海グループが引き受け、約11%出資する。鴻海との提携でシャープは、不振に陥っている液晶事業の立て直しを目指す。 






この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】東京スカイツリー、建設中でもやっぱりすごかった!

2012年03月25日 13時16分22秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】東京スカイツリー、建設中でもやっぱりすごかった!

レコチャイより・・・

 
 2012年5月22日にオープンする、東京スカイツリー。3月22日より個人入場券の受付が始まった天望デッキは、東京の新名所となること間違いなしだが、オープン前に近くまで行った台湾人女性がブログで状況を報告。日本のニュースポットを紹介した。

  台湾のブロガー小猫大人(ハンドルネーム)さんは、「ここは東京のシンボルと言える新しいスポット!」と書いて、自分で撮影した東京スカイツリーの写真を掲載。下からあおるように撮ったその写真は、スカイツリーのフォルムを美しくとらえ青空をバックに清々しい。「開業するのはいよいよ5月。私は建設中の様子が見たくて、押上駅で降りた。A2出口から地上に上がって、右側の薬局から歩くとスカイツリーがすぐに見えてくる」とつづった、小猫大人さん。

  「スカイツリーは、やっぱりすごかった。高さはなんと634メートル! そして建設中とは言え、清潔な環境を完璧に整えている日本人のすごさを実感した」そうだ。「パネルに張られている建設記録の写真を見ていたら、おじいさまが声をかけてくれて細かく真面目に概要を説明してくれた」と、親切な日本のお年寄りの歓迎に感動したそうだ。

  続けて「時間があって歩くのが好きな人は、スカイツリーを見ながら浅草通りをゆっくり歩き、浅草に行くといい。約2キロ程度で近いし、道に迷うことは絶対にない! なぜならアサヒビール本社ビルそばの“金の炎”を目指して歩けばいいのだから」などと、スカイツリーから浅草までのルートを説明した小猫大人さん。ブログの最後には吾妻橋から見た、スカイツリーとアサヒビール本社が並んだ風景写真を載せている。小猫大人さんには5月以降再び日本に来て、スカイツリーの天望デッキから東京の景色を楽しんだもらいたいものだ。





この記事をはてなブックマークに追加

「1国2地区」、呉伯雄・国民党名誉主席が胡錦涛・中国国家主席との会見で提示 :台湾

2012年03月25日 09時12分08秒 | 中華民國 ニュース


サザビーが台湾で豪邸を販売


美術品のオークションで有名なサザビーの関連会社で、世界の豪邸を取り扱う不動産会社「サザビー国際不動産」は22日、正式に台湾で運営を開始した。台湾の富豪を対象に、個性的な世界の十大豪邸を販売する。そのなかにはヨーロッパとアジアとの隣接している、ボスポラス海峡近くのトルコの海辺の別荘があり、価格は33億9000元という。台湾で唯一高級豪邸に入ったマンションは「文華苑」で、1坪250万元を超える。

士林夜市のある店舗では客は自分でお釣りを取る

夜市やレストランに行くと、客は店員にお金を払い、さらに店員がお釣りを客に返すというのは普通。しかし台北市士林夜市の幾つかの店舗では、客が自分でお金を箱に入れ、お釣りも客自身が取るというやり方にこだわっているという。店側は客とお金の受け渡しがないほうが衛生的としている。客側も同様に感じており、さらに信用されている感覚がして温かい雰囲気があっていいという。


31日夜の「Earth Hour地球の1時間」消灯活動に参加を

中華民国荒野保護協会は31日午後8時半から1時間、「Earth Hour地球の1時間」消灯活動を実施する。世界自然保護基金(WWF)が2007年3月31日、オーストラリアで始めた活動。この消灯活動で地球温暖化や気候変動の影響に注目し、地球環境を保護する機運を盛り上げるのが目的。昨年は世界5200以上の都市、135カ国が呼応した。


士林夜市のある店舗では客は自分でお釣りを取る

夜市やレストランに行くと、客は店員にお金を払い、さらに店員がお釣りを客に返すというのは普通。しかし台北市士林夜市の幾つかの店舗では、客が自分でお金を箱に入れ、お釣りも客自身が取るというやり方にこだわっているという。店側は客とお金の受け渡しがないほうが衛生的としている。客側も同様に感じており、さらに信用されている感覚がして温かい雰囲気があっていいという。


キティ型のメトロ ICカード乗車券、予約販売開始

台北市と新北市を結ぶ新交通システム、台北メトロことMRTで使用されているICカード乗車券・イージーカードの販売会社は23日、着せ替え可能なハローキティ型イージーカードの予約販売を開始した。

カードの大きさ約6センチで、「クラシック版」と「春ドレス版」に分かれている。

バージョンを問わず、値段はいずれも一枚890台湾ドル(約2500円)、2000枚ずつの限定販売。

2バージョンともに購入の場合、値段は1600台湾ドル(約4500円)となり、こちらも3000枚の数量限定販売となっている。

予約販売は正午12時からファミリーマートでスタート、5月7日からはMRTの各売店で購入できる。

なお、クラシック版には着せ替え用の青いズボン、春ドレス版にはピンクのドレスがついている。

.
結婚適齢期の未婚者、女性より男性が多い

台湾では結婚適齢期(20~49歳)にあってもまだ結婚していない男性の人数が女性より多いことが内政部が発表した最新の統計でわかった。

それによると、昨年、35~49歳の未婚男性者数は57万2074人だったのに対し、同じ年齢層にある女性の未婚者数は44万5485人と、結婚適齢期にある独身女性より男性のほうが10万人あまり多くなっている。

欧米や世界の潮流の影響で今の人々の考え方が変わり、とりわけ、未婚の男性がより個人の意志と自由を重視するようになったこと、毎日の生活が忙しすぎて、友達を作る時間がないことが理由として挙げられている。

同問題を解決するため、内政部は今後も引き続き、未婚男女の交流イベントを行っていく方針。


国民党の呉伯雄・名誉主席、胡錦涛・中国国家主席と会見

台湾の与党・国民党の呉伯雄・名誉主席は22日、北京で胡錦涛・中国国家主席と会見した。この中で呉伯雄氏は、「1国2区」(1つの中国、台湾地区と大陸の2つの地区)の考え方を初めて提示し、これは台湾が両岸関係を処理する上での法的基礎であり、両岸は国と国の関係ではなく、特殊な関係だと指摘した。

これに対して胡錦涛・主席は、直接回答は行わなかったが、両岸の政治的現実について、「両岸は統一していいないが、中国の領土と主権は分裂しておらず、大陸と台湾は同じ1つの中国に属しているという事実に変更はなく、この事実が両岸の現行の規定に合っていると確認することは、双方のいずれにとっても可能なことであるはずだ」と語った。

胡錦涛・主席の発言は、将来の双方の政治交渉の可能性を考慮したものだとみられている。

この会見に同席した国民党関係者は、呉伯雄氏は台湾の法律と規定について説明を行い、「1国2区」の概念と法的基礎を強調しており、これは中華民国の主体性を表明し、中国大陸側に中華民国の存在という現実を直視するよう希望するのが目的だったと指摘している。

馬英九総統も2008年9月に海外メディアの取材を受けた際、「1国2区」の概念を提示したことがある。このため、呉伯雄氏が今回、胡錦涛・主席に対して台湾の「一中各表」(1つの中国、各自解釈)の立場と「1国2区」の概念を示したのは、馬英九総統の意向によるものとみられている。

呉伯雄氏はまたこの会見で、「九二共識」(92年コンセンサス)を堅持することは国民党と共産党の重要な政治的相互信頼関係の重要な基礎だと指摘した。そして、双方の現行の体制と法律の関係規定に基づいて、双方は「1つの中国」を堅持しているが、「1つの中国」の内容については双方の解釈には相違があり、われわれとしては共通点を求めながら相違点を残しており、共通点は両岸が同じ「1つの中国」に属すということであり、相違点については現実を直視し、争議を棚上げしていると指摘した。

また、台湾が推進する両岸関係の根拠は両岸人民関係条例であり、この法律は「1国2区」の概念を法律的基礎としており、両岸事務を担当するのは行政院大陸委員会であって、外交部ではなく、これは両岸が国と国の関係ではなく、特殊な関係であることを示していると述べた。


台湾旅行、最多129万人…羽田直行便で急増か

昨年、日本から台湾を訪れた旅行客が前年比19・9%増の約129万人に達し、過去最多を記録したことが、台湾観光局の調べで明らかになった。

 同局統計によると、日本からの旅行客は、陳水扁前政権時代の2007年の約117万人がこれまでのピークだった。

 昨年の旅客数が伸びたのは、10年10月に東京・羽田―台北・松山間の直行便就航で交通の便が良くなったことに加え、昨年3月の東日本大震災で台湾の各界が約200億円と世界最大規模の義援金を集めるなどして、日本人の台湾への関心が高まったのが主要因とみられている。 .

外交部:台湾留学生は英の新ビザ制度影響受けず

外交部が、イギリスが4月のはじめに実施する新たな留学生ビザ発給制度は、台湾の留学生の権益に影響しないとしている。イギリス政府は、4月はじめから新たな留学生ビザ制度を実施すると発表した。一部のメディアではこの新たな制度の実施により、イギリスへの留学が難しくなると心配している。

外交部欧州司の鄭泰祥・副司長は22日、イギリスの台湾駐在代表所は、台湾の留学生がみな優秀だと賞賛したと述べ、2011年に台湾では3500人がイギリスへの留学を申し込んだ。通過率は99%だった。昨年現地での就職を申し込んだのは157人だった。関連条件に符合するなら、台湾の留学生の申し込みを歓迎するとする、イギリス台湾駐在代表所の立場を伝えた。

イギリスの台湾駐在代表所はさきごろ、ニュースリリースを出して台湾の人たちのイギリスでの就職、留学、旅行を歓迎すると発表した。中華民国台湾とイギリスとの間にはワーキングホリデー制度がある。イギリスに留学したい台湾の学生はこのようなルートも利用できるため、イギリスの新たなビザ制度の影響をあまり受けないと見られている。

イギリス政府は新たな規定の中で、外国の留学生が卒業したら、イギリスで二年間就職できる条文を削除した。4月以降、留学生がイギリスで就職したい場合、年収2万ポンドを上回る、専門技術が必要な仕事を見つけなければならない。そして学士と修士の学位を獲得するためにイギリスで学ぶ留学生のイギリスにおける滞在期間は合わせて5年間を超えてはいけないという規定も付け加えられたという。



男性18人が17歳少女と集団痴漢プレー!!“痴漢電車”主催者らを起訴 



 親日感情が強く、日本の人気アイドルの音楽やテレビドラマなどでも現代日本文化に親しむ台湾社会。その台湾で今年2月、日本製アダルトビデオ(AV)を模倣し、貸し切り電車内で成人男性18人が、17歳の少女1人と合意の上の集団痴漢プレーを展開するという前代未聞の事件が発生した。この“痴漢電車”主催者ら男女6人は3月20日、台湾当局に起訴されたが、男性18人と少女に関してはおとがめなしという司法判断に社会は唖然(あぜん)。一体どんな経緯があったのか。(台北 吉村剛史)

 ■少女もネットで応募

 台北郊外・新北市の板橋地検が20日、公序良俗法違反罪(妨害風化罪)のわいせつ斡旋(あっせん)で起訴したのは、「痴漢電車」を主催した主犯の男(37)=求刑懲役6月=と、アシスタント役の女性2人、見張り役の男3人=いずれも同2月=の計6人。

 司法当局の調べや、台湾の主要メディアなどによると、事件が起きたのは2月19日午後のこと。主犯の男が、日本のAVを参考に思いついた「集団痴漢プレー会」への参加者を、事前にインターネットの掲示板で募集し、当日、参加希望の男性18人と、少女(17)1人を午後1時半、台北駅に集合させた。

 まずは同行の助手らとともに、全員の身分証の確認や、隠しカメラの携行の有無など、セキュリティーチェック。その後、台北駅に到着した、下り急行・●(=くさかんむりに呂)光521号(基隆・七堵発、高雄行き)の最後尾(9両編成)の貸し切り車両に、参加者を案内した。

 午後3時25分の出発から、同5時15分に苗栗県の竹南駅に到着するまで2時間弱の間、鉄道法で規定された最初の改札と次の改札の間の実質約80分間で、18対1の“痴漢電車”プレーが展開された。

 ■記憶は5人目まで

 車内では、乗車直後の車掌の改札後、すぐに見張りの男らが連結部のドアを閉め、女性アシスタントが参加男性全員に、ウエットティッシュやコンドーム、うがい薬などを配布した。

 主犯の男が、OL風の白いワイシャツに黒の上着とスカートをまとった少女に対し、わいせつな動作するよう指示した。それを開始の合図として、スーツ姿の参加男性らが次々に少女に手をのばし、わずか5分後には少女の衣服ははぎ取られ、AVさながらの光景が展開されたという。

 当局の調べに対し、プレーで「小雨」と名乗った少女は「変わった趣向に興味を持ち、年齢をごまかして申し込んだ。報酬はもらっていない」「当日は多数の男性と関係を持ったが、5人目以降は覚えていない」などと説明したという。

 一方、「車内では約半数が少女と関係を持った」などと証言した参加男性らの多くは、ハイテク企業勤務の社会人らだった。

 また女性アシスタントの1人は有名大学院生で、「現代の性に関する論文を書くために申し込んだ」などと供述した。

 ■売買春にあたらず

 白昼堂々のこのご乱行は、2月24日、野党の立法委員(国会議員に相当)が密告者の名を伏せて指摘したことで発覚した。

 主要4紙やテレビ各局が大きく報じる中、鉄道警察局も捜査に着手し、主催者らが公序良俗法違反罪、参加男性らが青少年保護育成条例違反や公然わいせつ罪に問われる騒ぎとなった。

 何より世間を震撼(しんかん)させたのは、年齢を偽って「主役」を買って出た少女が未成年(台湾では18歳未満)だったことだが、この手の事件では未成年は「被害者」として扱われるため、結局、少女は罪に問われなかった。

 また男性らは、当日不参加だった2人を含め、事前に1人800台湾元(約2200円)を主催男性らに支払ったが、貸し切り車両代7580元(約2万円)をはじめ、うがい薬やコンドーム代など実費が主で、残金の1万元(約2万7000円)のみが主催者の懐に入った。

 台湾では昨年、従来、売春者側のみが処罰された社会秩序維持保護法が改正され、行政機関の指定区域外での売買春は、買春側も処罰の対象となったが、少女が「報酬をもらわなかった」ため、売買春にあたらないと判断された。

 青少年保護育成条例違反に関しては「年齢を偽る17歳6カ月の少女が、未成年だと見分けるのは困難」との理由で不問に付された。

 また公然わいせつ罪については、貸し切り車両は密室空間にあたり、自由意思で参加した関係者以外の目に触れる状態ではなかった、と判断された。

 ■6割が「おかしい」

 結局、残金などがなければ、主催者6人も罪には問われなかった“事件”なのだが、破天荒なパーティーの中身が明らかになると、ネット上では「最近の少女は何を考えているのか」という教育関係者の嘆きから、「AV制作で、もうけるのが目的だったのではないか」という疑念、果ては「なぜオレのところに招待状が回ってこなかったのか」との独身男性つぶやきまで異見が百出している。

 一方、異変を見過ごした台湾鉄路管理局では、再発防止のため、車両貸し出しの規則を見直すことも検討するとしている。

 また、男性18人が、本当に少女が17歳であることを知らなかった証拠がない中での地検の不起訴判断に対し、有力紙、蘋果日報が21日付紙面で報じた自社世論調査では、58・75%が「おかしい」とし、「正しい」の23・35%、「わからない」の17・90%を大きく上回った。

 ■日本文化と認識?

 「日本のAVを参考にした」というこの事件が台湾社会を騒がせていた3月3日、台湾の知的財産保護に関わる捜査機関、保護智慧財産権警察大隊は、昨年11月から3月にかけ、台北市内の夜市(露店街)などで、日本のテレビドラマなどの海賊版DVDを販売していた4業者を摘発した、と発表した。

 NHKやフジテレビなど、日本の5テレビ局が、コンテンツ海外流通促進機構(CODA)を通じて行った台湾当局への取り締まり要請に基づく摘発で、日本のコンテンツの海賊版DVDを対象にした一斉摘発は、台湾では初めて。

 現場では「家政婦のミタ」や「坂の上の雲」など、最新の人気テレビドラマの海賊版DVDが1セット180元(約500円)前後で販売されており、結局、海賊版約1万点が押収されたという。

 だが、台湾では人気ドラマ同様に日本のAVの海賊版DVDも、夜市などで1枚100元(約270円)程度で販売されているケースが後を絶たず、「日本製AVは内容が多様で質が高い」として、全土にファンが多いのが実情だ。

 中には「日本ではAVのような行為が普通に行われている」と勘違いする人もいる。台湾在住の邦人女性が深夜にタクシーに1人で乗ると「運転手からそういう話題を振られて不愉快な思いをした」というケースも少なくないという。



この記事をはてなブックマークに追加

結婚で移住した大陸人が政党結成:台湾

2012年03月22日 04時15分17秒 | 中華民國 ニュース



観光局がホテル34軒の星評価を公表

交通部観光局は19日、墾丁・福華や台北・Wホテル、南投・涵碧樓など34軒のホテルの星評価を発表した。今回の規模はこれまでで最大となり、業者のなかには星取得を記念して65%オフの優待サービスを提供しているところもある。1泊6600元の割引もあるという。今回星評価を取得したホテルでは、5つ星を獲得した観光ホテルが最も多い。




NCCがブロードバンド接続で民間参入認める方針

国家通訊伝播委員会(NCC)は19日、ブロードバンド接続のスピードが遅く料金も高いことに対して、末端ユーザーに至る通信回線部分への民間参入を認める方針であることを明らかにした。既に韓国は2008年に通信速度100 Mbpsを実現したが、台湾では2015 年に8割の普及を目指す段階。

あす呉・国民党栄誉主席と胡錦涛国家主席が会談か

呉伯雄・国民党栄誉主席と中国・胡錦涛国家主席があす22日、中国の北京で会談すると伝えられている。呉・栄誉主席らはきょう21日に北京入り。22日に胡・国家主席と会談を行った後、23日には河南省に向かうという。会談が行われれば5度目となる。

大阪アジアン映画祭で『セデック・バレ』が観客賞に

昨年、内外で話題となった台湾映画『セデック・バレ』(魏徳聖・監督)が第7回大阪アジアン映画祭(9~18日)で上映され、観客賞に輝いた。映画の前編『太陽旗』と後編『虹の橋』が同時に日本で上映されたのは初めて。日本統治時代の霧社(現在の南投県)で原住民のセデック族が起こした抗日蜂起の霧社事件を描いた作品で、レセプションに出席した魏監督は「日本で多くの人がこの映画を愛してくれることは大変うれしい」と話していたという。


福建省平潭総合実験区開発は「ECFAの下で交渉すべき」

陳冲・行政院長はこのほど、台湾人の幹部職員を募集している中国福建省平潭総合実験区開発について「ECFAの下で交渉すべき」と述べた。また同実験区では高速道路、高速鉄道などのインフラが不足。そのため「両岸共同」のコンセプトで推し進めようとしていて、それは「1国2制度」のイメージを喚起するとの見方も示した。

肉類を食べなくなり海鮮類が人気

ラクトパミンを恐れて、多く人々が肉類を食べなくなり、海鮮類は宴会の人気メニューとなった。海鮮宴会を専門にしている業者は、最近、問い合わせが2割増えた。全メニューを海鮮系に変えてほしいと要求する顧客も多くいるという。居酒屋業者も肉類を頼む客が減ったといい、マグロさばきショーを1日7~8回も行ったという。

億長御坊が4度目の「天下第一店」に

第5回台北市伝統市場フェスの「天下第一店」で、雑貨や小吃店舗の最優秀店舗が公表された。南門市場に位置する億長御坊は4度目で、小吃店舗部門のチャンピオンに輝いた。士東市場の四行倉庫は連続で雑貨部門の1位を勝ち取り、「買わなければいけない」というマーケティング大賞特別賞も獲得した。

子供の日に小学生は猫空ロープウェイ無料搭乗

4月4日の子供の日を祝うために、台北市政府は19日、台北児童月シリーズイベントを発表した。子供の日は宿題がないほか、3つのプレゼントがある。4月3日は同市小学校の休憩時間を20分間延ばす。4日は全国の小学校の児童対象に、猫空ロープウェイに無料で乗車できる。同市政府が特別に製作したノートを所持すれば、社会教育関係施設でチケットの優待サービスがある。


日本の津軽三味線名人が、交響楽団と共演!

 津軽三味線の奏者・木乃下真市さんが台湾の交響楽団と共演した。台湾メディアが伝えた。

 台湾・國立教育廣播電台(National Education Radio)のウェブニュースによると、「木乃下さんは3月17日、台北市内の中山堂で国立台湾交響楽団のコンサートに出演した」とのこと。

 「三味線は日本特有の弦楽器で、琵琶のように弾く。日本の青森県・津軽は三味線の演奏が有名な地で、木乃下真市さんは20代からチャンピオンに輝き、数々の受賞歴を持つ名人。台湾では日本の作曲家・和田薫氏の作品「弦魂」を演奏した。この曲は、和田薫氏が木乃下さんのために作った楽曲で、独奏部分は津軽民謡風で三味線の音色が響きわたる。そして交響楽団とのコラボレーションも見事で、和洋の融和が楽しめる演奏に仕上がった」と國立教育廣播電台は伝えた。

 また「三味線は3本の弦で演奏する楽器で、津軽三味線は9センチX20センチのピックのような撥(ばち)で演奏するのが特徴。独特な音を出す」など説明。台湾の人々にとって、日本の三味線との出会いは新鮮だったようだ。

台湾市民の62.4%「中国は信用できない」、交流盛んも警戒緩めず

19日、台湾シンクタンクが発表した台湾市民のアンケート調査結果で、回答者の62.4%が「中国は信用できない」と答え、「信用できる」は22.6%にとどまった。写真は台湾北東部の宜蘭県。

2012年3月19日、米華字メディア・多維ニュースによると、台湾シンクタンクが同日発表した台湾市民のアンケート調査結果で、回答者の62.4%が「中国は信用できない」と答え、「信用できる」は22.6%にとどまった。東呉大学政治学科の徐永明(シュー・ヨンミン)副教授は「中台交流は盛んになっているが、台湾市民は中国への警戒を緩めていない」と分析した。

台湾の馬英九(マー・インジウ)政権に対しては、半数近い49.7%が「不満」と回答。「満足」は38.5%だった。また、陳沖(チェン・チョン)行政院長に対しては4割近い39.5%が「不満」と回答。「満足」は33%にとどまった。地域別にみると、馬政権への満足度は北部ほど高く、南部ほど低かった。

専門家は中国への不信感が強い原因について、制度や文化、生活などの大きな違いが影響しているとみている。

結婚で移住した大陸人が政党結成「差別の問題ある」

 台湾人と結婚した中国大陸出身者がこのほど、「中華生産党」を結成した。台湾当局も認め、2月28日には台北市内で結成大会を行った。大陸出身者が一様に感じるのは、周囲からの差別視という。同党主席に就任した盧月香氏によると、党員数は2万7000人に達した。中国新聞社は自社サイトで21日、盧月香主席への取材を交えた記事を掲載した。

 結婚により“中華民国”籍を取得した大陸部出身者は27万人、さらに申請中の人は60万人以上いると見られている。東南アジアや欧米出身者の20万にを加えれば100万人を超える「大集団」になるが、台湾社会では差別視される「弱いグループ」という。

 盧主席は党結成の基本的考えを「当局がわれわれのために新たな政策を定めることを待つよりも、みずから権利を勝ち取った方がよい」と述べた。今後は人材を育成し、小さな地域の代表議員を生み出し、県や市の議員、最終的には台湾最高の立法機関である立法院の同党所属議員を誕生させたいという。

 盧主席は2010年に、台湾在住の大陸出身者の「Uターン投資」の世話をしてきた。大陸部の農業やサービス業に投資をしてもらう。事業が成功して「大陸出身者の皆が儲かれば、中華生産党の実力も、それにともなって向上する。台湾の政界で地位を得ることも可能」と考えたからだ。

 大陸出身者が問題だと考えている「差別的条項」のひとつとして、活動や資格の制限がある。移住して最初の2年は、「団聚」と呼ばれる期間だ。次の4年間は「依親居留」と呼ばれ、一定の条件を満たした者だけが仕事を認められる。その次の2年間は「長期居留」で、その後やっと、定住の申請ができる。

 結婚にともない台湾に住むことになった人々は「法令に明らかな差別がある」として十数年にわたり“戦って”いるが、効果はほとんどなかったという。

 一般の台湾人にも「差別感情」はある。台湾に定住して15年という女性によると、4年前に台北市内の幼稚園の教諭になった時には、保護者から「大陸人が、わたしの子を教えられるわけがない」という非難の声が殺到した。最近になりやっと、保護者の信頼を得たという。

 盧主席によると、結婚により台湾に住むことになった大陸出身者は「明暗が分かれている」という。失敗が目立つケースとしては、台湾の生活に非現実的な幻想を抱いていたり、適応能力に欠けている場合などが挙げられる。

 盧主席は「心の中で恨んでいるよりも、現実を変えようと努力した方がよい。積極的な考えで現実と向き合えば、よりよい結果を得られる」と述べた。

馮寄台駐日代表、福島でフラガールを激励

馮寄台駐日代表(大使に相当)は20日、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズを訪れフラダンスを観賞、被災復興に取り組む福島県にエールを送った。

5月末に任期を終え帰国する予定の馮代表は、「卒業旅行」に、12日に中華民国政府による渡航規制が解除されたばかりの福島県を選んだ。19日からの訪問で、スパリゾートハワイアンズのほか、環境水族館アクアマリンふくしま、鶴ヶ城なども参観した馮氏は「全ては正常に戻っており、観光客だけが足りない」と述べ、福島との交流を強化したい考えを示した。

被災したスパリゾートハワイアンズの再起を描いた映画『がんばっぺ フラガール!』で、いわき市やフラガールたちの苦労を知ったという馮代表は、この日念願のフラダンスを観賞し「本場以上」と絶賛、ダンスで被災地の元気を取り戻そうと頑張っているフラガールたちを激励した。

.
日月潭を一周する自転車道の美、世界トップ10入り

)台湾中部にある南投県の日月潭国家風景区管理処(日管処)が19日に明らかにしたところによると、日月潭を一周する自転車道が米ニュース専門局CNN傘下の情報サイト「CNNGo」から世界で最も美しい自転車道のトップ10に選出された。

選出の理由は、静かな青い湖面が毎年、台湾や日本の観光客を数多くひきつけており、詩人や画家の創作にもインスピレーションを与えていること、地元の先住民族・サオ族の文化とユニークな生態環境が日月潭を特色のあるスポットにしていることが挙げられている。

エコを意識した旅行の推進に積極的に取り組んでいる日管処は近年来、日月潭の周りに月潭や頭社、北旦など、それぞれの特色を持つ自転車道を完成させた。とりわけ北旦自転車道は台湾では唯一の水面上を走る自転車専用道路として知られている。

北旦湾に沿って作られ長さ400メートルの同自転車道は滑らかな曲線を描いており、朝晩のロマンチックな雰囲気が魅力だと言われている。

日管処は日月潭の美しさをじっくり鑑賞できる健康的で楽しい自転車の旅をアピール-している。

.



この記事をはてなブックマークに追加

台湾の元情報調査員、中国が誘い出して軟禁・軍事機密要求 :台湾

2012年03月21日 08時30分36秒 | 中華民國 ニュース

献花問題で平沼日華懇会長が馬総統に陳謝

超党派の議員連盟の日華議員懇談会の会長で「たちあがれ日本」代表の平沼糾夫会長、中井洽・衆院予算委員長ら一行は19日、総統府で馬英九総統と会見し、日本政府が11日に東京で開いた東日本大震災1周年の追悼式で、台湾代表である台北駐日経済文化代表処の羅坤燦・副代表を日本企業代表などの席に案内し、指名献花から外したことについて「非常に失礼なことをして遺憾」と謝罪した。これに対して馬総統は「ここ3年間、台日関係は順調に発展しており、このような友好関係が続くことを希望しているなどと話し、理解を示したという。

レディ・ガガコンサート入場券、史上最高の12800元も

米国の人気歌手のレディ・ガガが5月17日、台北市の南港展覧館でコンサートを開く。台湾の演奏会では史上最高となる12800元のチケットが登場する。このため主催者側はダフ屋の販売を防ぐためインターネット販売は行わず、台湾大学体育館で販売する。詳細はあす21日発表されるという。

20日午前零時から輸入牛を検査

輸入牛肉検査が20日午前から始まった。検査対象となるのは昨年初めから、ラクトパミンが検出された産地の国という。税関の米国産牛の量は平常より2~3割も減少した。輸入企業が検査を回避したためとみられる。行政院衛生署によると、臨時に税関検査員を15人増やし、状況を見ながら調整するという。


東呉大を三流大と批判、名コメンテーターがお詫び


有名コメンテーターである陳揮文氏は先週のラジオ番組で、中国を訪問した民進党スポークスマンである羅致政氏を、「何様」とか「三流大学」の教授と批判したため、羅氏は陳氏を告訴した。羅氏が勤務していた東呉大学の卒業生や在学生も陳氏の発言について、激しく反発している。このため陳氏は19日夜、ラジオ番組で自分の言葉使いが適当ではなかったと謝り、お詫びをしたという。

台湾の元情報調査員、中国が誘い出して軟禁・軍事機密要求

19日、台湾・聯合報は「中国当局が退職した台湾の元情報調査員を狙い、旅行やビジネスを理由に中国へ誘い出し、軟禁して軍事機密情報を聞き出している」と伝えた。

2012年3月17日、台湾・聯合報は「中国当局が退職した台湾の元情報調査員を狙い、旅行やビジネスを理由に中国へ誘い出し、軟禁して軍事機密情報を聞き出している」と伝えた。台湾側によると、これまでに少なくとも3人が被害に遭ったとみられる。中国台湾網が報じた。

被害に遭った元情報調査員・董建南(ドン・ジエンナン)氏は、在職中は台湾当局の「中台情勢研究所」に勤務。政治や経済など幅広い分野での情報収集にあたり、3~4年前に定年退職した。中国側の接触が始まったのは2009年。旅行やビジネス目的で中国に呼び出され、到着後は中国当局者が片時も離れず同行。ホテルに軟禁され、知っている軍事機密を話すよう迫られたという。

台湾当局によると、これまでに少なくとも3人が誘い出されたとみられるが、今後の調査でさらに増えそうだという。

<東日本大震災>「隣人」草の根で連帯

 東日本大震災は隣の中国や台湾の人たちにとって「隣国日本」との関係を見つめ直すきっかけになった。宮城県女川町で中国人研修生を避難させながら自らは津波に巻き込まれた会社役員の話は中国社会に感動を広げた。台湾では約180億円相当の多額の義援金が集まり、世界中が注目した。日本と複雑な歴史問題を抱える中国、台湾の社会に日本の震災はどんな影響を及ぼしたのか。中国と台湾の「1年後」を報告する。

 ◇女川町で命救われた中国人研修生

 中国遼寧省大連市のオフィスビルの一室。東日本大震災で犠牲となった宮城県女川町の水産加工会社専務、佐藤充さん(当時55歳)を紹介するパネルが展示されている。佐藤さんは地震直後、会社の宿舎にいた中国人研修生20人を高台に避難させたが、宿舎に戻ったところを津波にのまれ1カ月後に遺体で発見された。

 展示スペースは、研修生の派遣元企業「中国大連国際合作集団」が事前研修などで使う教室の一角に設けた。「日本に行く研修生に佐藤さんのことを知ってもらい、周囲の人への感謝や思いやりの心を持つ大切さを学んでほしい」。朱明義(しゅ・めいぎ)会長はこう説明する。今月12日にはここで佐藤さんの追悼行事を催し、新たに日本に派遣される研修生ら約300人が参加した。

 「地震の後、私たちは恐怖のあまり混乱していた。佐藤さんが来てくれなければ助からなかった」。今は大連郊外に住む元研修生の李海迪(り・かいてき)さん(22)はこう振り返る。佐藤さんの献身的な行動は中国メディアで大きく報じられ、昨年5月に訪日した温家宝首相も「災難の中で結ばれた友情はさらに貴重だ」と称賛した。

 女川町で水産加工会社の生産再開にめどがつくと、佐藤さんに救われて中国に戻った研修生20人の多くは女川町に戻ることを望んだ。だが、家族をはじめ周囲は「危険だ」と猛反対。今年2月に女川町に戻った研修生は5人にとどまった。李さんも「美しい女川でまた働きたい」と思ったが家族は納得しなかった。働いていた大連の水産加工会社を辞め、昨年10月に結婚。今は夫が経営する食堂を手伝っている。

 大連の水産加工会社で働く何方方(か・ほうほう)さん(26)も家族の反対で女川町に戻ることを断念。「日本で学んだ技術を今の職場で生かしているが、もっと学びたかった。再び女川に戻った人たちがうらやましい」と打ち明ける。両親の勧めで昨年婚約し、11月に式を挙げる予定だ。

 震災を受けて中国政府は、四川大地震(08年)の恩返しにと日本支援に積極的に動いたが、米国の「トモダチ作戦」に比べると日中双方の国民感情改善への効果は限定的だった。最近は、尖閣諸島周辺を含む無人島への命名問題や、河村たかし名古屋市長の南京事件を巡る発言で日中関係は再びぎくしゃくしているように見える。

 一方で、福島第1原発事故の影響で日本への外国人観光客数が激減するなか、中国からの観光客数はいち早く回復し、昨年11月から今年1月までは過去最高を記録した。日本政府などによるPRや個人ビザの発給要件緩和の効果が表れているとみられ、震災で打撃を受けた観光業界にとって頼みの綱ともなっている。

 日中関係に詳しい清華大学の劉江永(りゅう・こうえい)教授は「情報化社会で中国人の日本に対する見方は多様化している。歴史問題などでマイナスに動きやすいのも事実。ただ震災や原発事故は強い関心を呼び、中日両国が協力していくことの重要性を再認識させた」と指摘する。

 津波から救われた元研修生たちは、日本、そして女川町への思いを胸に、新たな人生を歩み出した。李さんはこの1年を振り返りながらこう語った。「震災を通じて周囲の人たちがとても大切な存在だと感じるようになった。そう感じることで人と人とは仲良くやっていけるはず。中国と日本の関係もそうなってほしい」

 ◇巨額義援金の台湾

 2月末、台北市内の台湾大学で「日台再建シンポジウム」が開かれた。東日本大震災で被災した仙台市荒浜地区と、台湾で09年8月に発生した大水害の被災地との間で、住民の意向に沿った再建計画を共に考えようというイベントだ。日本側の主催者で荒浜地区を支援する名古屋市のNPO(非営利組織)法人「まちの縁側育くみ隊」の名畑恵さん(29)は「大震災から1年たっても台湾人の関心は高く、声をかければ響いてくれる。頼りになる隣人」と評価する。

 日台関係は歴史と政治のはざまで揺れ動いてきた。中国大陸で共産党との戦いに敗れ、49年に台湾に移った国民党政権とともに移住した「外省人」は、かつて旧日本軍と中国大陸で戦った。一方、終戦前から台湾で生まれ育った「本省人」は日本人として教育され、約21万人が旧日本軍の軍務に服した。日本との距離感は両者の政治的対立に跳ね返った。しかし大震災後、外省人である馬英九総統夫妻がチャリティー番組で義援金の受け付けを長時間手伝うなど、歴史に根ざす対立の影は急速に小さくなった。

 集まった義援金は世界でも最大規模の約66億台湾ドル(約184億円)に達した。台湾・政治大学日本学研究所の蔡増家(さい・ぞうか)教授は「日本統治時代(1895~1945年)の歴史を知らない、今の日本しか知らない若い世代を中心に純粋に日本を助けたいと思った」と分析する。

 蔡教授はまた、多額の義援金が世界でも注目されたことで「(主要国との正式な外交関係を失ってきた)台湾人にとって大きな自信となった。ソフトパワーと民間の力で影響力を発揮することができることを証明した」と指摘している。

JX日鉱日石エネルギー、台湾で燃料電池販売へ

 JX日鉱日石エネルギーが、ガスを利用した家庭用燃料電池の台湾での販売を検討しているもようだ。地場天然ガス大手の欣中天然気と共同での販売に向けた交渉を進めている。海外での販売はこれが初となる見通しだ。

 19日付工商時報によると、欣中は台中市の一般家庭約30万世帯に天然ガスを供給している。JX日鉱日石エネルギーの燃料電池も、「まずは同市のデベロッパーと交渉を進め、新たに開発する住宅物件向けに販売する計画」と同紙は伝えている。

 JX日鉱日石エネルギーはNNAに対し「決定事項ではない」(広報担当者)としながらも、「台湾での販売を検討して欣中と協議を進めているのは事実」と明らかにした。

 同社によると、日本の燃料電池の年間販売台数は5,000台程度だったが、東日本大震災による原発事故が発生した昨年は1万3,000台まで増加。今年は2万台に達するとみている。 .

全家、中食の第3工場建設へ

コンビニエンスストア大手、全家便利商店(台湾ファミリーマート)は、域内3カ所目となる中食工場を新たに建設する。5億6,100万台湾元(約16億円)を投じて新竹県新豊郷に用地8,832.4坪の工場を設ける。

19日に開いた董事会で決定した。足元の中食商品の1~2月売上高は前年同期比で2割増加。中でも、コーヒーと焼きいも、おにぎりの伸び幅が3割と特に大きかった。同社工場はこのほか桃園県大渓鎮と高雄市岡山区の2カ所。

今年は新工場のほか、物流センターの建設や小型店の大型店への改修などで、設備投資は総額20億元を計画している。

■おにぎり販売、昨年は6割増

昨年のおにぎり販売量は前年比6割増の約3,200万個で、売上高は7億元に上った。今年はさらに新しい味の研究開発や品質の改善を進め、売上高10億元を目指す。中食商品の売り上げ全体に占めるおにぎりの比率は15%に達する見通しだ。



この記事をはてなブックマークに追加

台湾故宮展:14年6~9月 日本で開催:台湾

2012年03月20日 05時07分39秒 | 中華民國 ニュース


熟年離婚が10年前の2倍に増加


行政院主計処の資料によると、中華民国建国100年の昨年、5万7000組の夫婦が離婚しており、1日当たり156組のペース。このうち50歳から64歳までの、いわゆる「熟年離婚」が大幅に増加して、10年前の2倍を超えていることが分かった。それによると、離婚しやすいのは35歳から49歳までの年齢層だが、50歳から64歳までの層が目立ってきている。識者は高い離婚率の主な原因として、女性の教育、仕事の機会が増え、個人主義が盛んになり、さらに社会も離婚に対して寛容になってきて、特殊なものではなくなってきているためと分析している。

. 台湾故宮展:14年6~9月 日本で開催

台湾の馬英九総統は19日、訪台している超党派の日華議員懇談会の平沼赳夫会長(たちあがれ日本代表)らと会談し、台北・故宮博物院の美術品の日本展について、14年6月から9月の間に展覧会を開始することを決めたと明らかにした。

 平沼会長によると、馬総統は「アジア初の展示となるからぜひ、成功させたい。文化交流が一層深まることを期待している」と述べた。また、日本の国立博物館などの美術品の台湾展を実現させたい考えも表明した。



北部は寒冷と温暖が交互に繰り返す天候

今週は中南部の天候は安定するが、北部は寒冷と温暖が交替に繰り返すという。既に北部は18日午後から気温下がっており、北部や宜蘭、花蓮で夕方から雨が降った。きょう19日から気温は下がるが木曜日は暖かくなり、金曜日午後から涼しくなるという不順な天候となる。中央気象局は注意を呼び掛けている。

胎児をおろす映像を中学生に見せる

妊娠4カ月半の赤ちゃんを堕胎する様子を映した映像を、新北市の男性教師が健康教育の授業で、中学1年生の生徒に見せたという。母体からバラバラになった手足や体が挟み出されるという残酷な映像を見せつけられて、具合が悪くなった女性生徒が何人もいた。学校側は、この男性教師に謝罪することを命じたという。

壁と床が濡れる「反潮現象

近頃、天気は暖かくなった。自宅の壁に水滴がつき、床も濡れていることに気付いて、水道管などからの水漏れではないかと疑う人が多い。中央気象局によると、この現象は春によく起こる「反潮現象」という。暖かい湿った空気を伴う南風が、夜間温度の低い壁や床に当たった結果、水滴ができるという。22日から南風が吹き、「反潮現象」が再び表れるという。

電車で20キロ離れた家に戻るのに500キロも乗車

花蓮の女子高校1年生は16日夕方、花蓮駅から20キロ離れた太魯閣駅に電車で帰宅するはずだった。しかし、彼女はプラットフォームを間違い、266キロも離れた竹南駅で発見されたという。パニックとなった女子高生は車内改札から逃れようとトイレに隠れ、終点駅の竹南駅に到着した後、駅員に乗り間違えたと話した。翌日、駅員が女子高校生を無事自宅の駅まで送ったという。

5月20日以降に与野党党首会談実現か

曾永権・総統府秘書長は18日、馬英九政権が2期目を迎える5月20日以降に、与野党党首会談を開く方針であることを明らかにした。既に民進党、親民党、台湾団結連盟に接触しており、感触は悪くないという。このうち民進党は陳菊・代理主席が5月27日の主席選挙以降に協議するという。


世界で最も美しい10大自転車道路に日月潭ランクイン

南投県の日月潭の優美なる風景は内外で有名で、特に現地にある湖を回る道路は景色が美しく、原住民文化と自然生態が豊富。このため米国のケーブルテレビニュース「CNN」は、世界10大最も美しい自転車道路の1つに選んだ。日月潭は台湾で最も大きな湖を回る道路で、自転車で一回りをするのに3時間かかるという。

謝・女流名人が5連覇で名誉称号の資格獲得

台湾・苗栗出身の謝依旻・女流名人はこのほど、第24期女流名人戦三番勝負で挑戦者の向井千瑛・五段に勝利した。これで女流名人戦5連覇を達成したことになり、名誉女流名人の称号資格を獲得した。昨年10月には女流本因坊戦5連覇で初の名誉称号となる名誉女流本因坊の資格を得ており、2つ目の名誉称号資格取得。2名誉称号資格獲得は女流棋士では日本初となる。

自動電気屠殺の鶏肉輸出は好調維持

台湾中・南部の彰化県、台南市では高病原性鳥インフルエンザが発生し、養鶏業者は大きな衝撃を受けたが、獣医師の検査を受けた自動電気屠殺の鶏肉の輸出は依然として好調ぶりを見せている。

「安全な生産体制、自動的電気屠殺、獣医師の検査実施が消費者の信頼を得る鍵だ」と大手鶏肉業者の「凱馨実業」が輸出好調の原因を説明した。

鶏の飼育、屠殺、検査の一貫した生産システムを実施している同社のやり方が日本とシンガポールで高く評価され、鳥インフルエンザの発生に影響されず、今年の鶏肉輸出が昨年同期を上回ったという。

.





この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】景観のいい横浜のホテルは、中国語で予約ができる!

2012年03月19日 16時38分58秒 | 各国ブログ


【台湾ブログ】景観のいい横浜のホテルは、中国語で予約ができる!


レコチャイより・・・


  「横浜に景色が素晴らしいホテルがある!」と、台湾人男性が絶賛。
公式サイトや宿泊情報を、ブログで紹介した。


  台湾人の小馬叔叔(ハンドルネーム)さんは、「みなさんに自慢したいホテルがある。それは見晴らしが美しい“ニューオータニイン横浜”」とブログの冒頭につづり、「公式ホームページを見てください。中国語に対応していて、繁体字と簡体字の二種類がある。このホームページを見ると、日本人が中国人マーケットをいかに重視しているのかがわかる」と述べた。「このままの調子だと、2年後位には日本でも中国語が通じるのではないか!?」と、小馬叔叔さんは感じたという。

  続けて「英語や日本語を勉強しなくても、このホテルのホームページが利用できてうれしい。同ホテルは日本全国にありそれぞれ特徴を持っているが、一番特徴があるのは、もちろん横浜! 海辺にあるので海鮮鉄板焼き食べ放題や、クルージング遊覧コースが利用でき、それほど高額ではないので思い出作りに最適なホテルだと思う」と紹介した。小馬叔叔さんは「1日5室限定」の特別プランで宿泊したそうで、「びっくりする位安く宿泊できたので、本当にラッキー。興味がある方はホームページをチェックして、予約してほしい」と、宿泊した部屋の写真を掲載。「でも中国語ページを使って予約をすると、特別プランや割引クーポンは表示されない。なので日本語でチェックしよう」と注意を促した。小馬叔叔さんはインターネットの翻訳サイトを使って、日本語ページの理解に努めたそうだ。

  また小馬叔叔さんは、「ホテル予約の有名サイト、じゃらんや楽天トラベルを使うのも手。いくつか見比べてほしい」とアドバイス。日本に来る時は日本人と同じ方法でホテルの予約を取る台湾人が、意外に多いのかもしれない。





この記事をはてなブックマークに追加

ホームステイを経験し日本の情を学んだ、台湾の女子中学生

2012年03月19日 07時53分26秒 | 中華民國 ニュース


交流協会、「台日創意園区(TJ-PARK)」の予定地を視察


交流協会が6日、台南科学園区を訪問し、「台日創意園区(TJ-PARK)」の予定地を視察した。視察には同協会東京本部の赤堀幸子・貿易経済部長、高雄事務所の菅原忠一・副所長ら8人が参加した。 

TJ-PARKは日本企業による対台湾投資の誘致を推進するプロジェクトの一環として設立された。台湾進出を計画している日本企業、台湾企業と提携している日本企業などを対象に土地を提供する。 

日本と台湾は昨年9月、「日台民間投資取決め」(台日投資協議)に調印した。これにより双方の経済・貿易における提携関係が強化されるとともに、投資分野でも提携がいっそう深まると期待されている。そのため、すでに多くの日本企業が同地を視察に訪れている。


Makiyoら運転手暴行、3百万元で和解

 タクシー運転手に暴行して重傷を負わせ重傷害罪に問われた飲食店経営の友寄隆輝と友人でタレントのMakiyoこと川島茉樹代両被告の公判が15日、台北地方法院で開かれた。

 起訴状などによると、友寄、川島両被告は2月2日夜、タクシー運転手の林余駿さんに殴る蹴るの暴行を加え、頭蓋(ずがい)内出血など頭や胸に重傷を負わせた疑い。

 15日は検察官の求刑に先立ち、両被告が運転手に300万台湾元(約850万円)を支払うことで双方の代理人が和解に合意した。

 続いて検察官が、友寄被告が執拗(しつよう)に運転手の頭を蹴るなど残酷なこと、川島被告は友寄被告に繰り返し暴行を促すなど犯行は悪質で、社会に与えた衝撃も大きいとして、友寄被告に懲役2年、川島被告に同4カ月を求刑した。

 起訴当時の求刑は友寄被告が6年、川島被告が4年だった。和解が成立したことや被告側が真摯(しんし)に謝罪したことなどを酌量したとみられる。

 弁護側は両被告が真面目に謝罪し、賠償の支払いを約束していることなどを理由に寛刑を求めた。

 次回公判は4月5日に開かれ、判決が言い渡される見通し。 .


収蔵品が紛失しない台湾の故宮博物院=中国メディア“驚愕”

 広州日報はこのほど、台湾の「故宮博物院」の現状をリポートした。大陸から訪れる見学者の増加や、建物の大増築計画を紹介するとともに「過去50年で紛失したのはわずかに紙1枚と塩1包みだけ」と強調した。

■収蔵品で質・量ともに圧倒的な台湾の「国立故宮博物院」

 中国国民党の指導者だった蒋介石は日中戦争期、北京の故宮(清朝時代の呼称は紫禁城)にあった重要な収蔵品を中国奥地に疎開させた。終戦後、同収蔵品はいったん南京に移されたが、国民党政府は共産党との内戦で敗色が濃厚になった1948年、収蔵品を更に厳選して台湾に移した。

 台湾では台北市郊外に1965年、「国立故宮博物院」が完成し、北京の故宮から運ばれた美術品・文化財が一般公開されることになった。

 台湾の「故宮博物院」の収蔵品は約70万点だ。一方、北京の故宮博物院の収蔵品は21万点程度とされる。

 北京の故宮博物院が「歴史的建造物」としてのかけがえのない価値を有するのに対し、台湾の故宮博物院の収蔵物は質・量ともに「北京の故宮博物院を圧倒している」と評価されている。

 北京の故宮博物院では、管理の杜撰(ずさん)さから、行方が分からなくなった収蔵品も多いとされる。広州日報は台湾の故宮博物院について「厳格な管理」にも注目した。

■紛失は文献中の1ページと、長時間による揮発物のみ

 同博物院の建設が始まったのは現在から50年前の1962年だ。収蔵予定品のチェックも同時に進められた。1989年に改めて収蔵品のチェックが行われた、「人為的な紛失」は清朝時代の文献中の1ページのみだったという。しかも「1969年に書籍として出版されることになった。そのため外部に運び出された際に1ページが失われた」と、紛失の経緯も特定できた。

 もうひとつの「紛失物」は、「1包みの塩」だった。新疆からの献上品として清朝宮廷が保管していたが、紙包みはそのままだったが中の塩がなくなっていた。「極めて長い時間をかけて、揮発してしまった」と断定された。

 台湾の故宮博物院では、写真撮影や修復作業を含めて、「いかなる場合でも、収蔵品の外部持ち出しは禁止」との規則が徹底している。1969年の「1ページ紛失」は、博物院内でスキャニングができなかったためで、現在は「発生する可能性がない事故」という。

 同博物院では、すべての収蔵品を展示することができないために、入れ替え展示を行っている。同、陶磁器、玉などは1年または半年に1回、書画や書籍などは3カ月に1回の入れ替えだ。入れ替えの周期が違うのは、「光にさらされる影響」を考慮しているためだ。

 同博物院の周功〓院長によると「入れ替えに際しては細心の注意をしている。これまでに収蔵品を破損したり破損する事故は発生していないし、今後もありえない」という。(〓は「品」の「口」の位置に「金」)

 例えば、「美術品を展示台の上で移動させる場合、台から持ち上げてはならない。台の平面にそって水平に移動させる」など細かい規則がある。作業員は長期にわたって規則を完璧に励行できるよう訓練されており、特に重要な美術品では複製品を作って訓練を繰り返している。また、収蔵品の移動に際しては必ず3人の作業員が居合わせなければならず、すべての過程を動画撮影して記録しているという。

■疑惑が発生すれば迅速に誠実に対応、情報はオープンに

 これまで台湾の故宮博物院でも、収蔵品の破損疑惑、防犯システムの停電、職員によるデジタル資料の不正転売などの疑惑が発生したことがある。

 「破損疑惑」は2007年に発生した。「宝石で作られていた昆虫の触角が破損している」という一般見学者の指摘だった。調査の結果、1969年の調査時点で、すでに破損していたことが分かった。

 防犯システムの停電では、博物院側が設計に問題があったことを認め、ただちに改善すると表明した。デジタル資料の不正転売では、内部関係者2人が起訴された。

 いずれの件でも、博物院側は情報を公開して、認めるべき点は認め、改善を約束した。周院長によると、博物院に対する「疑問の声が上がるのは自然なことだ」という。

 周院長は、「疑問の声が出た場合には、ただちに情報を公開するなど、透明性と専門性を保つようにしている」、「重要な問題については、(公的な)調査を喜んで受け入れている」と述べた。

 広州日報は、同博物院がメディアの取材に対してオープンであることも評価。「メディアが申請さえすれば、院長、副院長ともに取材のための時間を手配してくれる」と紹介した。

ホームステイを経験し日本の情を学んだ、台湾の女子中学生

 台湾中部・彰化県の女子中学生たちが、日本に飛びホームステイを体験。「滞在先となった長野県の人々が中学生を訪ねて台湾に来て、台日交流の感動的な再会シーンが見られた」と台湾メディアが報じた。

 日刊紙「自由時報(ザ・リバティ・タイムス)」によると、「2011年冬に彰化県の女子中学生153名と教師の一行が、日本の長野県を訪ねてホームステイを体験した。続けて今年の冬にも、同中学の女子学生106名が再びホームステイを希望し長野県を訪問。現地の人々と交流を持った」という。

 「女子中学生は4~6人一組になって農家に泊まり、家畜の世話や田植えを手伝った。またスキーや雪合戦などの雪遊びにも夢中になり、たくさんの楽しい思い出を作った。中学生たちは長野の人々に大きな感謝の気持ちを抱き、日本の生活を体感した幸せをかみしめている」と自由時報は伝えた。

 そして3月14日、中学生たちを泊めた長野県の農家の人々が台中を訪れた。「温情停留協会という組織を作った彼らは、25人で中学校を訪問した。ホームステイを経験した女子中学生たちは、再会した日本の友人と抱き合い、プレゼントを渡して歓迎。温かな交流の場面が生まれ、日本の情が伝わってきた」そうだ。

 “台湾の家族”から名物料理やおもちゃを贈られ、うれしそうにしていた長野県の人々。生活を共にし、深い絆で結ばれた両者は、今後も交流を続け受け入れ体制などを整えていくとのことだ

高報酬稼げる民宿体験者募集、大人気

大手人材バンクの1111人力銀行が台湾の民宿を体験する希望者を募集中。定員は一名だが、選ばれた人は半年間で150万台湾ドル(約424万円)の高い給料が支払われるため、短期間で応募が殺到する高い人気を見せている。

仕事の内容は、6ヶ月内に所定の民宿100軒を体験し、その特色やグルメ、風景などをインターネット上に写真・文章を通じて紹介すること。

1111人力銀行によると、オンラインでの募集受付が2月22日に開始後、3週間のうちに6000人以上の応募者があった。学生、会社員、看護士、企業の高層管理職、外国人など身分がさまざまなほか、年齢層も16~72歳までと幅広い。

とりわけ20~30歳の応募者が最も多く、約6割を占めており、30~40歳の人が約30%、50歳以上の中高齢者が2%となっている。

応募者のうち、最高齢となった72歳の趙さんは、台湾鉄道や台湾高速鉄道を利用する際、高齢者向け(満65歳)の半額優遇処置が受けられるが、民宿ではそれがないため、これを機に無料の民宿宿泊チャンスを掴みたいと応募の理由を語った。

募集締め切りは4月30日、アドレスは下記のとおり。

http://www.1111.com.tw/12sp/eastbnb/index.asp

.

交通部観光局が台湾10大観光小都市を発表

 交通部観光局が台湾の地方観光を促進し、国内外の観光客を誘致するために「天下遠見出版公司」に委託して「台湾10大観光小都市」を選出するイベントの結果が3月14日に発表された。

 同イベントは、2012年1月21日より、インターネットまたはハガキによる投票を得点に加味(20%)したうえで、専門委員による審査(80%)が行われ、「台湾10大観光小都市」およびその他特色ある小都市が選出された。

「台湾10大観光小都市」は以下の通り
(順番は正体字中国語の画数順)
大甲区(台中市) 媽祖文化
大渓鎮(桃園県) 蒋介石元総統のまち
北投区(台北市) 北投温泉の優雅なまち
安平区(台南市) 「台湾」の名のふるさと
金城鎮(金門県) 後浦の古き街並み
美濃区(高雄市) 美しく情の深いまち
鹿港鎮(彰化県) 工芸、美食、歴史のまち
集集鎮(南投県) 風をきる集集トレイン
瑞芳区(新北市) 水金九地区の鉱山の秘境
礁渓郷(宜蘭県) 礁渓温泉、健康のまち

そのほか、10大観光小都市以外に以下の特色ある小都市が選出された。

「最も地方の特色がある小都市」
三義郷(苗栗県) 木彫芸術のまち

「最も清潔な観光小都市」
瑞穂郷(花蓮県) 瑞穂郷でリゾート

「最も国際観光地の潜在力がある小都市」
信義区(台北市) 流行最前線のまち


「観光潜在力がある小都市」
北竿郷(連江県) 馬祖北竿、戦地の郷
琉球郷(屏東県) 生態保育の小琉球
馬公市(澎湖県) 民俗文化が濃厚なまち
鹿野郷(台東県) 熱気球のふるさと

《2012年3月15日 台湾週報 》



馬英九総統が日本交流協会主催の「東日本大震災追悼・復興レセプション」に出席

 3月12日夜、馬英九総統は日本の対台湾交流窓口である財団法人交流協会(以下、交流協会)の台北事務所が主催した「東日本大震災追悼・復興レセプション」に出席し、震災の犠牲者に対する哀悼の意ならびに犠牲者の遺族に対する慰問の意を表した。さらに、馬総統は同レセプションにおいて、この日より福島第一原発の半径30キロ圏以外の地域に対する海外渡航警戒レベル『赤色(渡航自粛勧告)』を解除すると発表し、日本の観光業のさらなる発展に資するところとした。

 馬総統は同レセプションにおいて、第13期副総統に選出された呉敦義・前行政院長、楊進添・外交部長、廖了以・亜東関係協会会長、新任の駐日代表となる沈斯淳・外交部次長、今井正・交流協会台北事務所代表らと共に震災の犠牲者のために一分間の黙祷を行い、追悼の意を表した。

 馬総統はあいさつの中で、「東日本大震災が発生し、すでに満一年となった。地震発生当時を思い起こしてみると、私はただちに台湾を訪問中であった海部俊樹・元首相へ電報を打ち、台湾の政府および国民からの慰問の意を表すと共に、台湾の政府が1億元(約2億8,000万円)を贈り、救済に協力することを表明した。その後、台湾の国内各界では積極的に寄付活動が行われ、私も妻と一緒にみずから台湾紅(赤)十字会が主催するテレビチャリティーイベントに参加したが、台湾の国民の真心と熱意に深く感動した。さらに2011年3月中旬~5月中旬の間に、台湾の国民から総額66億元(約185億円)の義援金が寄せられた。これは台湾の対外義援金の額の上で、最高額を記録し、また同時に各国の対日援助額においても最高額だった」と述べた。

 また、「わが国において台湾中部大地震(1999年9月)および台風8号水害(2009年8月)が発生した際に、日本政府と国民はただちに援助の手を差し伸べ、台湾の再建に協力していただいたことで、台湾の全国民は心の中で感謝したのだった。そのため、台湾の友人が災難に遭ったことで、自ずと全力で助け合うべきであると感じたのだった。日本国民は、再建の過程においても冷静さ、粘り強さ、団結力、秩序正しさなど大国の国民としての模範を示した。また、日本国民が悲しみをこらえて、再建に努力している姿勢に心から感服の意を示すものである」と讃えた。

 さらに、「日本は政府から民間まで、首相から若い人たちまでもが各種のルートを通して、次々と台湾の国民に感謝の意を表しておられ、これは過去においては目にすることのなかった真実の心の体現化である。2011年に、台湾の双十国慶節出席のために来台した日本の国会議員は66名にもなり、これまでにおいて最多の出席者数となり、台日間の友好関係の密接さを示すものとなった」と強調した。

 馬総統は、「震災は不幸なできごとではあったが、台日両国の国民が災難の中で真実の心に触れ、苦難の中でお互いに団結し合い、将来のために共に努力していくことは、きわめて貴重なことである。今後双方の関係がより一層深化し、ウィンウィンの状況を創出していくようにしていきたい」との考えを示した。

【総統府 2012年3月12日】







この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】父の薦めで見た『家政婦のミタ』、先生も見ていた

2012年03月18日 10時56分52秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】父の薦めで見た『家政婦のミタ』、先生も見ていた

レコチャイより・・・

  関東地区での平均視聴率が25%超え、2011年12月に放送された最終回は40%を記録し“21世紀の最高傑作”とされた、日本テレビ系列のドラマ『家政婦のミタ』。その人気で流行語が生まれ、、ロケ地の動物園の入園者数が増えるなど社会現象をも巻き起こしたが、台湾にもその状況が伝わり話題に。『家政婦女王』というタイトルで17日遅れで放送され、多くの人々が視聴した。

  「家族全員がリビングに集合し、『家政婦女王』を一緒に見ていた」とブログにつづったのは、台湾の女子高生・檜香里(ハンドルネーム)さんで、「家族そろってドラマを見るのは久し振り」だったという。そして「毎週必ず見た、と言うのも父が見るように薦めたから」ときっかけを書き、「なんと学校の国語の先生も見ていて、先生は授業でドラマの話題を出した!」と驚いたそうだ。

  檜香里さんは「このドラマは、謎に包まれた家政婦の三田灯という女性の話。彼女は自分にできることであれば、主人の命令に絶対服従する人。自分の意思は持たないまるでロボットだ。彼女が派遣されたのは、夫の浮気で妻が自殺し、子ども達の素行が悪くなる問題だらけの家。ドラマの前半はその家族中心のストーリーで、後半から三田さんのことが描かれる。最終的には三田さんが笑顔を取り戻し、次の派遣先の家へと向かう」とあらすじをまとめ、「このドラマの成功の理由は、脚本の力。毎回謎めいていて、次も見たくなるように仕組まれている。そして松嶋菜々子さんの見事な演技も人気の理由のひとつ」と述べた。これまで松嶋菜々子の作品を見たことがなく、「よく知らなかった」という檜香里さんだが、すっかりファンになったようだ。

  続けて「できちゃった婚、浮気に不倫、自殺、いじめなどストーリーに含まれていた内容は、私たちの日常生活にとても身近なこと」と述べた檜香里さんは、「台湾と日本社会の現実問題だと思う。このドラマは日常生活に潜む闇をテーマにし、“あなたならどう解決するの?”とそれぞれの人生に問いかけているのだ」と感じたという。

  「『家政婦のミタ』を見終わった最大の感想は、“人の真心の重要性”」とブログを締めくくっている檜香里さん。日本のヒットドラマは、若い台湾女性の心を感化したようだ。







この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】国民性がわかる日本の広告、心をぐっとつかまれた!

2012年03月18日 10時55分31秒 | 各国ブログ


【台湾ブログ】国民性がわかる日本の広告、心をぐっとつかまれた!


レコチャイより・・・

  日本企業の広告を見て「日本国民の人間性やライフスタイルをチェックしている」という、台湾人ブロガーのvacuumorange(ハンドルネーム)さん。日本在住の経験を持っている独自の視点で、分析結果を書きつづっている。

  数年前に「男のコのカワイイは、アテにならない」と書かれたキャッチコピーが、気になったというvacuumorangeさん。「女友達に認められるスタイル作れという答えを導き、社会現象を反映しているフレーズだと思った。日本女性はグループ内の同性の意見を気にしすぎ。その姿は不健康だと思えるほどだ。だからこそ、このキャッチは女性の興味をそそり、私のハートもつかんだ。国民の人間性を深く理解している広告だと思った」そうだ。

  また中高年の男性向けのスキンケア用品の広告を見て、「男性もスキンケアが必要なのか?、と最初は疑問に感じるかもしれない。だが家族のために働いて毎日疲れている男性たちは、ある日突然自分の顔がブルドッグのように垂れ下がっていると気付くだろう。そういった時にこんなスキンケアの広告を見ると、変わりたいと思うものだ。中高年男性の心をぐっとつかむ、印象的な内容になっている」と、vacuumorangeさんは述べた。

  そして「楽しそうに見えるけれど、日本家庭の物悲しい現実を物語っている」と感じたのは、ファミリーカーの広告。「“うちにいるより、家族だね”というフレーズを使っているが、どうして外にいる方が家族らしさを感じるのか? 平日に父親が帰宅するのは遅い時間で、家族は全員眠りについている。でも休日は残業のため出社。同じ家に住んでいても他人のようになるのが、日本の家庭。日本に住んで、仕事熱心な真面目な態度や厳しさを身にしみて感じた。日本人の生活は、台湾より緊張感があるのが現実なのだ。母親は専業主婦が多く、話題は近所付き合いのことと家族の出来事ばかり。ダブル不倫も現実に起こりえることで、日本の映画や小説に不倫ネタが多いのも、実社会を反映しているのかもしれない」と感じたという。

  「日本でテレビコマーシャルや電車・雑誌広告を見ると心に残る。消費者の気持ちをぐっとつかむフレーズや状況が、凝縮されている。バラエティ番組を見た時には、叫び声をあげるために出演したお笑い芸人がたくさんいた。台湾バラエティの定番は、目立つ司会者がひたすら1人でがんばるスタイルだ。日本のテレビ番組はチームワークを大切にし、スタッフは強い結束力を持っている。自分の役割はすべて把握し、すべて計算しつくしている日本人はすごい!」とvacuumorangeさんはブログを締め、「日本とは……戦略と策略にこだわる国だ」としている。







この記事をはてなブックマークに追加

震災の追悼式で台湾冷遇 野田首相が再び陳謝

2012年03月16日 04時24分24秒 | 中華民國 ニュース



被災地からラグビーキッズを台湾に招く

東日本大震災被災地の子供たちを、ラクビーを通じた台湾の子供たちとの交流で元気付けようと、台湾日本人ラグビーチーム(FIVEWOODS)と、台湾ラグビー協会が岩手県のラグビーチーム「釜石シーウエイブスJrの児童と保護者ら約20数人を招く。一行は23日に台湾に入り、24日に台北市の百齢橋河川敷グランドで元ラグビー日本代表の向山昌利さんによるラグビー教室に参加するほか、地元チームと交流試合を行う。費用は約400万円かかるが、在台日本企業からの協賛金などでまかなわれる。問い合わせはFIVEWOODS山本英治・主将(e.yamamoto@nagase.com.tw)へ。


温・中国国務院総理は引退後に台湾を観光したい

温家寶・中国国務院総理は2009年に、歩けなければ四つん這いでも阿里山や日月潭を見てみたいと発言したのに続き、14日の記者会見では引退後に、個人ツアーで台湾に行きたいとコメントした。しかし、条件付きという前提という。陳沖・行政院長はテレビ局の取材に対して、政府交流の規定に適すれば、大陸人民の訪問は歓迎するとコメントした。しかし、特定の立場の人については、情勢などによって判断するという。

十大観光町ランキングで鹿港が三義に勝つ

初めて実施された「十大観光町」の結果が14日発表された。数十万人の投票に専門家の現地評価を加えた総合評価で、投票で2位だった苗栗県三義郷はランク外になったが、「最も地方特色のある町」という賞になったという。投票で10位内に入らなかった彰化県鹿港鎮は、古風な雰囲気と旅行する環境が整っているとして、専門家の良い評価を得た。


阿里山賓館のスイートルームは1泊30万元

1カ月間続く阿里山の桜フェスティバルはきょう15日、スタートした。林務局が建設、運営、移転のBOT(Build、Operate、Transfer)方式で、民間に委託し13億元の費用を投入した五つ星の阿里山賓館新館の試験運営も同時に始まった。新しい客室は1泊1万元からという。スイートルームは1泊30万元という価格で、南部地区では最高記録となった。

建設会社を訴えた人気歌手の母が敗訴

歌手で人気芸能人の周杰倫さんの母親である葉恵美さんは4年前、新北市淡水にある「台北湾」という見晴らしのよいマンションの21階に豪邸を購入した。昨年マンションが完成し、家を入手した際、窓から見える景色は、墳墓ばかりであることが分かった。葉さんは建設会社に対して事実を隠していたとして告訴し、契約の解除と926万元の返金を要求した。台北地方裁判は屋内から外を見ると、広告にあった海の景色やゴルフ場が見えるとして、葉さんの敗訴判決を下した。


民進党関係者が中国政府高官参加の会議に参加

民進党スポークスマンの羅致政氏は、きょう15日中国・雲南で開かれる研究会に東呉大学副教授の立場で参加する。この研究会は中国・国務院台湾事務弁公室(国台弁)傘下の研究機関が主催し、王毅・国台弁主任らが参加する。陳菊・同党代理主席は「民進党の発展に役立つ」と述べている。

総統府見学の中国人観光客が増加

今年に入り、総統府を見学する中国人観光客が増えている。毎日7、8団体が訪れており、その数は200人以上。中国人観光客の総統府見学は2008年6月に解禁され、2月までに3万1311人が参観した。見学できる場所は、1階の回廊、北・南中庭、西門などに限られ、他の場所は立ち入りが禁止されているが、馬英九総統に会えるかもしれないという期待を抱いている人も多いという。

日本JCメンバーが台北で「600人601脚」に挑戦

岐阜、愛知、三重、静岡の東海4県の日本青年会議所(日本JC)一行は6月5日、台北市観山河濱公園で行われる600人が2人3脚形式で走る「600人601脚」に参加しギネス世界記録に挑戦する。日本JCは毎年、船で世界各地を友好訪問しており、2012年は昨年の東日本大震災被災地に対する台湾からの支援に感謝の気持ちを表すため、台湾を訪問地に選んだ。


台韓LED戦が再燃、台湾勢は団体戦で対抗へ

 韓国サムスン電子とLG電子が今年1月、政府の補助金の後押しで20米ドル(約1,663円)を切る低価格で7ワット(W)のLED電球を売り出したことで、台湾勢との価格戦が再燃している。サムスンは年内に10米ドル以下へ下げる方針で、戦いは激しさを増しそうだ。

 韓国勢の攻勢に対し、台湾を代表するLEDメーカー、億光電子工業(エバーライト)の葉寅夫董事長は13日、見本市の「台湾国際照明科技展」に出席した際、サムスンは強敵だが価格性能比、技術力とも台湾勢は引けを取らないと指摘。川上から川下まで団結して団体戦を挑めば韓国勢に負けることはないと述べた。

 サムスン電子は垂直統合方式で価格を圧縮しており、台湾勢はコスト削減能力は高いのに、利益率は韓国勢に劣る。葉董事長はLEDの価格変動は急速なので、チップからパッケージングまで台湾勢が緊密に協力するべきだと指摘。「川上、川下の各社が一致してコストダウンに努力すれば、ライバルに痛撃を与えられる」と述べた。

 また、LEDが急速に普及し始める価格は「7W=10米ドル」や「10W=10米ドル」など諸説ある。葉董事長は「省エネや環境保護などに対するLEDの効果を訴え、購入の際に低価格以外の要素を考慮してもらうべきだ」と述べ、消費者を啓発する必要性を強調した。

 市場調査会社によると、韓国勢のLEDが20米ドルを切った背景には韓国政府の補助金政策がある。台湾の業界も昨年来、補助金の支払いを呼び掛けている。葉董事長は「省エネ家電と同様、消費者に対する補助金の対象にするべきだ」と述べた。

 今年の「台湾国際照明科技展」はメーカー321社、782ブースで前年より20%規模が拡大した。葉董事長は、経済部の梁国新次長ら要人と会場を見学した。 .


台北駐日経済文化代表処のロビーに掲げられた千羽鶴 

 東日本大震災から1周年を機に、台湾からの支援に感謝を表す千羽鶴が台北駐日経済文化代表処(東京都港区)に届けられ、玄関ロビーに飾られている。

 岐阜県大垣市の女性(66)が1人で折り、12日に郵送で届けられた。震災直後に宮城県で活動した救助隊員を念頭に「雨や雪が降り厳しい環境の中で、南国の方たちにはさぞ辛い任務だったと存じます」などと感謝の手紙が添えられていた。

 ロビーには学習院女子大の学生や匿名の市民から寄せられた千羽鶴も飾られている。代表処は「日本の皆さんが台湾との交流を大切にしてくれることに感謝し、一日も早い復興を祈念しています」(広報部)と話している。台湾からは震災後、約200億円の義援金が寄せられた。


震災の追悼式で台湾冷遇 野田首相が再び陳謝

日本政府が11日主催した「東日本大震災1周年追悼式」で中華民国(台湾)の代表に「外交団」として献花する機会が与えられなかったことについて、野田佳彦首相は14日の参院予算委員会で再度陳謝した。

11日のセレモニーで、台湾の代表として出席した羅坤燦駐日副代表(副大使に相当)は1階の来賓席でなく、2階の一般席に案内されたほか、各国代表による指名献花からも外された。

これについて12日の参院予算委で「深く反省したい」と謝った野田首相は14日、「やはり失礼があったと思う。きちんとご案内しなかったことも含めて心からお詫びしたい」と述べた。

なお、13日「事務レベルの仕切りに問題があったとは思わない」とした藤村修官房長官もきのう、「式典の運びに配慮が足りなかったことは問題で反省材料としたい」と前の発言を撤回した。

.嘉義市、ホワイトデーイベント「愛は大声で」

ホワイトデーに当たるきょう、南台湾の嘉義市では関連イベント「幸福101 愛要大声説」(幸福101 愛は大声で)が行われた。

同市の高齢者向け施設「長青園」主催の同イベントは恋人や夫婦、親子、姉妹、友達同士など、101組の「カップル」が対象で、互いの暗黙の了解程度がテストされたほか、「ハグ30秒」や「愛は大きな声で」なども行われた。

「長青園」の園長は、お年よりは自分の感情を伝えるのが苦手なためか、昨年、台湾全体の自殺率が低下したにもかかわらず、高齢者の自殺率がやや上昇したと前置きし、皆が勇気を持って思いやりと愛を伝えるよう、同イベントを行ったと開催目的を説明した。

「愛は大きな声で」に参加した今年65歳の江さんは、「一生のうち、自分をよく理解してくれる親友が3人でもいれば十分だ。過去40年、陳さんはいつも味方でいてくれて、本当にありがとう」と80歳の親友の陳さんに感謝の言葉を伝えると、参加者から熱烈な拍手を送られるなど、大勢の人が愛と熱気に包まれたホワイトデーを楽しんだ。

.阿里山の桜祭り、あすからスタート

台湾の観光名所、嘉義県の阿里山であす15日から、1ヵ月間続く「桜祭り」がスタートする。

イベントの主役である「吉野桜」(ソメイヨシノ)は20日頃が満開と見られ、その後は大島桜、普賢象桜など各種の桜が相次いで開花。満開の美しさを一目見ようと、毎年数万人の花見客が阿里山を訪れている。

嘉義林区管理処によると、ここの吉野桜は1903年に初めて日本から移植されたもの。文献の記載では、1918年に約900株あまりの吉野桜が大量に台湾に移植されたのがきっかけで、3年後の1921年に阿里山では初の桜祭りを迎えることになった。

なお、この時期は天気が変わりやすく、また阿里山は海抜2200メート以上の高所に位置し、夜は10度以下の低温になるため、防寒対策には注意が必要。

阿里山で桜フェスティバル、交通規制実施・無料バス運行

嘉義県の阿里山できょう(15日)、桜フェスティバル「阿里山桜花季」が開幕する。交通の混雑を避けるために、さまざまな交通規制が実施される。

例えば、臨時駐車場の空きスペースが20%未満に減少した場合には乗用車の入山が規制され、空きスペースが300カ所以上に回復してから乗用車の入山が再開される。

また、行政院農業委員会林務局は阿里山公路で、午前8時~午後5時に無料バスを運行する。このバスを利用した場合、入園料が25%引きとなる。

.日本のヴォーカルユニット、「謝謝台湾」ライブ

北海道からの女性3人組ユニット「Super Pants」(スーパーパンツ)が、東日本大震災に対する台湾からの支援に感謝しようと、初来台し各地で無料ライブを行った。

「台湾多謝公演~ご縁でありがとうコンサートin台湾」と題した同ライブは、10日の台北を皮切りに高雄(11日)、台中(12日)、苗栗(13日)を経て、きょう再び台北で最終日を迎えた。

台湾ライブについてメンバーらは公演前、緊張していたが舞台に上がり観客に「頑張って」と勇気付けられ、「謝意を伝えに来たのに逆に励まされた」「台湾の人々の暖かさを肌で感じ取り、双方の友情がより高まるようそれを日本に伝えたい」と感想を述べている。

Yuko、Seri、Megumiの3人からなる「Super Pants」は2008年に結成されたヴォーカルユニット。3人はこれまで台湾のことをよく知らなかったが、台湾からの素早い震災支援や台湾のテレビ各局のチャリティー番組放送等で台湾に強い関心を持つようになった。

3人は実際の行動で台湾に感謝の気持ちを伝えたいと考え、台北駐日経済文化代表処札幌分処(中華民国の日本出先機関札幌事務所)などの協力を通じてようやく「多謝台湾」公演が実現した。

一行は来台前、中国語の特訓を受けたり、台湾との“ご縁”があるよう、コンサートを聴きに来たすべての来場者へのプレゼントとして、日本円の五円硬貨でできた贈り物を日本のスタッフとファンと4カ月あまりをかけて1万個作るなど、台湾公演のために努力してきたという。

.台湾初の「クラウドバレー」、きょう設立

台湾初のクラウド産業の集積エリア「台湾雲谷(クラウドバレー)」が14日、本格的にスタートした。

セレモニーで挨拶に立った陳冲行政院長(写真右から1人目)は、「クラウドバレーはシリコンバレーに例えられることが多いが、“雲”は変化に富んだもので、各関係者がシリコンバレーのコンセプトにとらわれないよう期待したいと語った。

そのほか、政府が2010年4月にクラウドコンピューティング産業発展プロジェクトを認可してまもなく、台湾クラウドコンピューティング産業協会が発足、皆の支持により「台湾雲谷」が設立される運びになったとその背景を説明した。

台湾雲谷には台湾の通信最大手「中華電信」やノートPCメーカー「華碩(ASUS)」のほか、富士通、マイクロソフト、インテルなど、国内外から計30社近くの大手企業が加わっているという。

同クラウドバレーの立ち上げにより、今後、外国のバイヤーがここでワンストップサービスを受けられることが期待されている。


日本、台湾の福島への渡航延期勧告解除を評価

馬英九・総統が日本の観光業への支持を表明するため、12日夜、福島第一原発から半径30キロメート圏内と「計画非難区域」を除く福島県に対する渡航延期勧告の即日解除を宣言した。

日本の対台湾窓口機関、財団法人交流協会は、東日本大震災の犠牲者追悼と、被災地へ大きな援助を提供した台湾に対する謝意を表するため、12日夜、台北市内の観光ホテルで「東日本大震災追悼復興レセプション」を行った。

招かれて出席した馬・総統は挨拶の中で、東日本大震災の犠牲者への深い追悼の意と、遺族への心からのお見舞いの意を表明すると共に、日本の観光業の活力回復に期待するとして、福島第1原発から半径30キロ圏内と「計画避難区域」を除く福島県に対する渡航警戒指定(渡航延期勧告)の即日解除を宣言した。

財団法人交流協会台北事務所の今井正・代表は挨拶の中で、「台湾の皆様のご友情に改めて心から深く感謝する」と述べて謝意を表明、「まさかの友は真の友、私たち日本人は日本にとって重要な隣人、友人としての台湾の存在の大切さを改めて実感した。台湾の方々からの『がんばれ、日本』の声は日本人の心の奥底に届き、沁んだ。」と話した。

財団法人交流協会は、11日、台湾の主要各紙に『ありがとう台湾、日本は元気に再生します。』とのメッセージを掲載した。

馬・総統のほかに、次期副総統当選者の呉敦義・前行政院長、外交部の楊進添・部長、外交部亜東関係協会の廖了以・会長ら各省庁の行政首長、各国の中華民国台湾駐在大使、日本の災難救助に協力した消防署の特別捜索チーム、中華民国レスキューチームなどの関係者も参加した。

なお、日本の玄葉光一郎外相は13日、外務省恒例の記者会見で、馬英九・総統が12日夜、福島第一原発から半径30キロメート圏内と「計画非難区域」を除く福島県に対する渡航延期勧告の即日解除を宣言したことを高く評価し、今後も国際社会に対して日本の現状に関する説明を強化する方針を明らかにした。


日本への桜花見客、一昨年より20%増

日本の桜の花を観賞するために、日本を訪れる台湾の観光客が昨年東日本大震災発生前の水準に戻っている。昨年に発生した東日本大震災は日本の観光業に大きなダメージをもたらした。日本の桜の花を見に行く予定だった台湾の観光客は相次いで日本旅行をキャンセルした。しかし、一年後の今、日本での旅行の安全に対する信頼感が回復した模様。

台湾の大手旅行業者、雄獅旅行社の頼一青・副総経理は、今年日本の桜を見に行くツアーの人気が急上昇を見せ、一昨年より20%増え、このような日本への観光ブームが一ヶ月続く見通しを明らかにした。日本の桜の日本の桜の花見シーズンが3月末に始まる。

頼一青・副総経理によると、大阪と京都は台湾の観光客が最も好きな桜名所で、現在、この二ヶ所に行く航空チケットが残りわずかとなったが、ほかの桜名所に行く航空チケットはまだ20%ぐらいの空席があるという。

なお、日本の観光市場全体について言えば、台湾旅行同業者組合の許高慶・秘書長は、東日本大震災の日本の旅行観光業に対する影響は凡そ8ヶ月続いた。昨年12月になって日本を訪れる台湾の観光客が徐々に増え始めていると説明、両国でのオープンスカイ政策の実施、航空会社による航空拠点と便数の増加などにより、今年日本を訪れる台湾の観光客が昨年より20%増えると予測。












この記事をはてなブックマークに追加