Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

人材獲得へ外国人居留手続き簡素化:台湾

2011年04月30日 11時49分33秒 | 中華民國 ニュース

中華航空が関空でテープカット


チャイナエアラインは28日、大阪の関西国際空港で、桃園-大阪-ニューヨークの新路線を開設。

関空では馮寄台・駐日代表(左から4人目)らがテープカット。






黒マグロフェス、今年の一本目が水揚げ


屏東県黒マグロ文化観光フェスティバルは5/7に開幕する。

今年の一本目が29日に水揚げされた。左が釣り上げた清旺発号の蔡清風・船長。






阿里山登山鉄道で転覆の惨事


阿里山登山鉄道が27日正午に転覆事故。中国大陸からの観光客5人が死亡。

線路沿いの大木が突然倒れて四両が脱線転覆した。




行政院長、最低賃金3%以上アップ支持

景気の回復につれて、政府は企業に対して給与引き上げを呼びかけるとともに、軍人、公務員、教職員への給与を7月から3%引き上げると宣言した。これを受けて、今年第3四半期に審議される予定の労働者の最低賃金がどのような方向で調整されるか、そして調整の幅がどれくらいになるかが注目を集めている。

行政院労働者委員会の王如玄・主任委員は29日、呉敦義・行政院長が主催する朝食会に出席した際、「最低賃金の引上げについて、労働者委員会は行政院長の考えと同じで、引き上げ率は公務員の給与のそれより大きくなる」と述べた。

王如玄・主任委員は、第3四半期に開かれる最低賃金審議委員会で、労働者、企業、学術界と政府の代表者が話し合って最終決定するとしている。


5月1日のメーデーに労働三法が施行

組合法、団体協約法及び労資争議処理法の労働三法は5月1日に正式に実施される。一部のメディアは、労働三法では、中小企業は組合を組織できず、労働者の権益に制限を加えていると報じている。これを受けて、国民党立法院党団は29日、行政院労働者委員会の副主任委員を呼んで、労働三法の内容について説明を求めた。

労働者委員会の潘世偉・副主任委員は、「中小企業の従業員が、職員不足または雇用主の反対などにより組合を結成できない場合、個人の名義で外部の産業別組合に参加することが可能で、派遣社員も同じだ。だから労働者の組合結成の権利は大きく広げられている」と説明した。

一方、労働者委員会労使関係処の劉伝名・処長は、労資処理争議法のもっとも重要な意義について、「労資争議処理法には、不適切な労働行為について裁決する重要な仕組み、“裁決体制”がある。労働者が労働組合に加入したり、結成したりする際、雇用主が不適当な行動をした場合、行政院・労働者委員会は不適当労働行為裁決委員会を発足させ、同事件に対する裁決を行ない、その結果を裁判所に送って確認した場合、民事判決と同様な効力を持つことになる」と説明した。


総統、原住民族の自治試験実施構想を

行政院はさきごろ、原住民族自治法草案を作成した。同草案を支持するため、馬英九・総統は29日、台湾の原住民族の一つ、タロコ族自治準備委員会のメンバーと会見した。馬・総統は、「原住民族による自治は原住民族の長期的な願いであり、自らの公約でもある。原住民族がより大きい発展の空間を持てることを支持するが、その政策の実施には多くの問題を解決しなければならない。このためまず試験的にスタートし、エスニックグループを概念とすることで現在の行政区域とダブらないようにする」と述べた。

馬・総統は、「歴史の観点から一歩一歩進めるつもりだ。一度ですべてのことを成し遂げるのは難しい。国の中の国といった理想化されたものは不可能だ。総統に就任して3年、今やれるのは試験的実施だ。その成果が上がってから次に進む」と述べている。行政院による原住民族自治法草案のほかに、タロコ族自治準備委員会も関連の草案を立法院に送りました。馬・総統は国民党は立法院で多数を占めているため、意思疎通をしっかり行なえば成立は難しくないだろうとの見方を示した。


台湾産パイナップルの日本向け輸出倍増

昨年、台湾南部の屏東県で生産されたパイナップルの日本向け輸出はおよそ430トンだったが、今年はすでに500トン近く輸出されている。生産者側によると、今年、日本からの受注はおよそ800トンで、東日本大震災の影響を受けていない。また、日本側の厳しい要求をクリアするため、屏東県産のパイナップルには成長を早めるホルモン剤などが使用されていないほか、生産履歴の認定書もついている。

高品質の屏東県産パイナップルは今年、初めて中国大陸にも輸出されており、現在の時点ですでに160トン輸出された。なお、屏東県産パイナップルの日本と中国大陸向け輸出の今年の受注枠はすでにいっぱいとなっており、今は来年の受注を受け付けているという。


人材獲得へ、外国人居留手続き簡素化

行政院は28日の閣議で出入国及び移民法部分条文修正草案を承認した。草案では「外国人が“入国ビザ、労働許可証、外国人居留証明、及び再入国許可証”といったフォー・イン・ワンの有効な書類を持って台湾にやってきた場合、外国人居留証の申請が免除される」という条文が新たに加えられている。

行政院の呉敦義・院長は、2022年から台湾の人口はゼロ成長の段階に入り、いかにして優秀な人材を引き付け、台湾での少子化問題を補うかは、今後の、政府の移民政策にとっての重要な課題だと語った。呉・行政院長はまた、戸籍を持たない中華民国国民の入国手続き、海外で生まれた中華民国国民の台湾滞在、居留規制への緩和、外国人の台湾居留手続きの簡素化、国際結婚仲介業への管理強化などが現時点での急務だとしている。

現在、外国人が台湾で就労する場合、まず、行政院労働者委員会で労働許可証と中華民国の外国駐在代表処で居留ビザをそれぞれ申請し、台湾にやってきてのち、さらにこれらの書類を持って、内政部出入国及び移民署で居留証及び再入国許可書を申請しなければならないため手続きの煩雑さが指摘されている。









この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】地震が続く日本、私たちにとっても警告だ!

2011年04月30日 11時27分54秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】地震が続く日本、私たちにとっても警告だ!


レコチャイより・・・

  東日本大震災の後、「続いている日本の余震の状況が気になっている」という、台湾人女性のAngelicA(ハンドルネーム)さん。「毎日のように大きな地震が発生し、どういう判断を下したらいいのかわからなくなった」という不安な気持ちをブログにつづった。

  AngelicAさんは「私個人の観察と分析」と前置きした上で、「3月11日に最大級の地震が起こった日本の地盤はゆるくなっていて、これから地震などの大災害を引き起こす可能性があると思う。最近もマグニチュード6クラスの大きな地震が頻繁に発生して、大震災を引き起こすことも考えられる。日本にある約200の火山はすべて、いつ噴火するかわからない状況だと報道されていた。福島原発の事故評価はレベル7になった」と、不安要素を書きつづった。「日本にマグニチュード9以上の地震がまた発生する、と言う専門家もいる。日本はこれからも大変な状況が続く」と心配でたまらない様子だ。

  また、日頃から「台湾は日本との縁が深い」と感じていたというAngelicAさんは、「かつての日本の植民地であり、世界中で一番日本語を話す国だと思っている」と述べており、「日本から大きな影響を受けた私たちは、日本の今の状況を見ると悲しくなるばかり。でも緊急時に備えて、いろいろな準備をするべきだ」と提言。「天災が続く世の中……いつかすべての土地がなくなるのではないか、と心配だ」とブログを締めくくり、日本から学べという思いを伝えている。(





この記事をはてなブックマークに追加

台鉄の昇進試験のため乗客1万人に影響へ

2011年04月29日 14時27分07秒 | 中華民國 ニュース

八田與一記念公園開幕式に森・元首相ら出席へ

外交部関係者によると、5月8日に開かれる台南市の烏山頭ダム付近の八田與一記念公園の開幕式に森喜朗・元首相が率いる国会議員の訪問団が出席することが分かった。石川県出身の八田與一技師は日本統治時代に烏山頭ダムと嘉南大圳を設計し、嘉南平原を荒れ地から全国最大の米作地帯に変えた。同公園内には、八田技師の旧宿舎などが復元される。同公園は2009年8月から整備が進められてきた。



台鉄の昇進試験のため乗客1万人に影響へ

考試院は5月中旬、台湾鉄路局の職員の昇進試験を行うが、昇進や給料に関係するため、約450人の列車長と運転手が休みを取り受験するという。このため勤務する運転手が不足するため、台湾鉄道は28日、5月13日から16日までの4日間、電車156が運転停止になると発表した。それによって約1万人が影響を受けるという。消費者基金会は台湾鉄道の今回の措置を批判し、交通部に苦情を寄せている。


気温高く降雨の確率高い

きょう29日の天気は、南部から雲が増加して曇りのち雨となり、降雨の確率が高くなる見込み。10~30%の降水確率で、雨具を携帯したほうがよい。気温は降雨のため変化はなく、最高は29~30度、最低は22~25度とみられる。中央気象局によると、5月1日の日曜日には天気が回復するが、来週火曜から再び季節風が近づくという。


息子が母の親友と結婚して犬猿の仲に

台北市の35歳の男性は昨年、家族の反対を押し切り自分より11歳も年上のシングルマザーと結婚したという。女性は元々、男性の母親の親しい友人。2人はこの結婚が原因で犬猿の仲となった。そして昨年6月、2人は女性の家で殴り合いのケンカとなり、お互いを傷害罪で訴えたという。


結婚式当日に新婦が出席拒否して賠償金9万元

高雄市の卓さんという女性は昨年1月に徐さんと結婚する予定だったが、式の前日に新婦側の招待客の人数を6人に減らされたため、お互いの家族が激しい喧嘩になった。
男性は女性に本当に結婚するのかと問い詰め、女性は結婚式に出席しなかったという。この後、男性は女性を訴えて高額の慰謝料を求めたが、9万元の賠償金に落ち着いた。


あす台中で愛犬イベント

愛犬のイベント「狗狗嘉年華・愛牠,就要懂牠」(同市美術園道商店街管理委員会など主催)があす30日午前11時から、犬の糞問題などに取り組んでいる台中市政府の協力を得て台中市美術園道で行われる。50組の犬と飼い主がペアになって30メートルを走る競技や、動物病院による健康診断などが実施される。ベネッセコーポレーションが20日にペット専門誌「いぬのきもち」台湾版を創刊したことを記念したイベント。


玉木宏さんが7月に台北でコンサート

俳優で歌手でもある玉木宏さんが7月に台北で開くコンサートのPRのため、5月2日台湾を訪れる。コンサートは7月2、3の両日、台北市の華山レガシー・タイペイで開かれる。玉木さんは、台湾でも人気があるテレビドラマと映画『のだめカンタービレ』の主演男優で、多くのファンがいる。


86%の小・中学校で週に1度の菜食給食

小・中学校の86%では週に1度、菜食給食が実施されている。環境保護や健康増進などの観点から、各小・中学校が推進しており、地域によって特色あるものになっている。宜蘭県では地元の食材の使用とともに、農家の野菜生産の苦労を学習。桃園県では栄養士が特別に組み合わせたメニュー。雲林県では医師のアドバイスを得て肉を少なくした菜食や、有機野菜の菜食給食を行っている。







この記事をはてなブックマークに追加

台湾写真ニュース

2011年04月29日 12時32分53秒 | 中華民國 ニュース

王・立法院長を日本の人たちが感謝の見送り


王金平・立法院長(左)は22日、義援金を届ける訪日を終えて東京で記者会見。

会場の結婚式場を後にする際、百人以上の職員が台湾への感謝をこめて見送った。





花博ドリーム館が閉館セレモニー


台北花博のドリーム館は24日、閉館セレモニーを。

天井から広がる「大花」と芸術家の最後のパフォーマンスは肉体芸術とハイテクのインタラクティブな対話を表現。





台湾の珍珠奶茶がロンドンに殴りこみ


紅茶の本場、英国の業者が台湾の「タピオカパールミルクティー」をロンドンで発売。

中華民国の張小月・駐英代表(右)も本場の味と絶賛。





両岸の清華大学、源は一つ


台湾海峡両岸の清華大学は今年創設百年。

新竹の清華大学には北京の清華大学の門を1/3に縮小した「清華園」がある。

一つの学校が二つに分かれた歴史の悪戯。








この記事をはてなブックマークに追加

北米プレート50メートル移動、7メートル隆起

2011年04月29日 08時02分33秒 | 世界のニュース


横浜港で日本の輸出品の放射線検査

日本の輸出品が放射性物質に汚染されていないかを調べる検査が横浜港で始まった。
【動画ニュース】 


旅行社企画のボランティアツアーに応募殺到

29日からゴールデンウイーク(GW)が始まった。休みを利用して東日本大震災の被災地へボランティアツアーに出向く人もおり、旅行会社が企画したバスツアーは応募が殺到し満員状態だ。直接のボランティアは難しくとも、東北の観光地を訪れることも復興の手助けになる。震災の影響や風評被害に苦しむ各観光地では「ぜひ東北に来て」と熱望している。

 旅行会社「トップツアー盛岡支店」が募集した5月1日と5日に東京から出発するボランティアバスツアーは、車中2泊の4日間で参加費1万9000円。津波に襲われた岩手・野田村で泥の撤去作業をする予定で、各定員43人が2時間で満員になった。アシスタントマネジャーの吉田覚さんは「20代、30代の若い参加者が多く、GWを使い岩手まで来てくれるのは本当にありがたい。今後も宿泊施設が確保でき次第企画したい」という。

 岩手県社会福祉協議会では、5月2~8日の大槌町への日帰りボランティアを募集した。1日定員40人で、盛岡駅前に午前6時30分までに集合するのが条件だが、告知から3時間で全て満員に。花巻市社会福祉協議会でも日帰りボランティアの募集を始め、こちらは28日の段階で空きあり。今後も各所で企画されそうだ。

 宮城県では、個人のボランティアを受け入れているところも。しかし、同県災害ボランティアセンターでは「GWは渋滞が予想される。公共の交通を利用するか、20人以上の団体でバスで来てほしい」と呼びかけている。現地のニーズにマッチすることも重要で(1)介護の資格を持つ人(2)理髪の技術を持つ人(3)学校が休みなので子供の遊び相手――などが今は特に必要とされている。

 しかし、やみくもに現地入りするのはかえって迷惑に。同センターでは「装備や水などしっかり用意してほしい」と強調。マスクや長靴のほか、脱水を防ぐ塩分補給の梅干しも持参してほしいという。「1年、2年の長期の支援が必要になる。今後も週末などに募集をするのでGWに限らず参加して」(岩手県社協)と一時的ではない参加を求めた。



今こそ東北へ!観光地巡りで“間接支援”

 宮城県大崎市にある鳴子温泉郷の観光協会によると、約90の旅館、ホテルのほとんどが割安の宿泊プランを実施中。おかげで徐々に予約が入り始めたが「まだ例年の半分程度」という。

 老舗旅館「幸雲閣」はこの日から「がんばれ宮城!プラン」を展開。5月31日までで、GW期間中は1泊2食付きで8000円、同期間以外は7350円。例年のちょうど半額だ。まだ空室があり「建物や設備などに被害はほとんどなく、ライフラインも正常に復旧しているので安心してお越しいただきたい」(担当者)と呼びかけている。

 福島県猪苗代町の猪苗代湖では観光遊覧船「磐梯観光船」が今月1日から運航を再開したが、原発事故の風評被害で客足は鈍い。乗船客は普段の2~3割程度で、GW期間中の団体予約も例年の2割ほど。同観光船は被災者の乗船料金を半額に設定。「美しい景観を楽しんでリフレッシュしてほしい」と話している。

 毎年多くの観光客を集める「弘前さくらまつり」(青森県弘前市)は本丸の入園料(大人300円、子供100円)の3分の1を義援金に充てる。「角館桜まつり」(秋田県仙北市)とともに客足は鈍いが、29日の東北新幹線、秋田新幹線の全線運転再開に期待を込めている。


日本音楽財団がストラディヴァリウスのバイオリン売却 東北を支援

日本音楽財団(塩見和子理事長)は28日、所有するストラディヴァリウスの1721年製のバイオリン「レディ・ブラント」を売却し、日本財団の「東日本大震災支援基金」に寄付すると発表した。塩見理事長は「世界遺産といわれるくらい価値のあるもの。1000万ドル(約8億円)以上の値はつくと思います」と話している。

 日本音楽財団によると、レディ・ブラントは、ほとんど未使用の状態で、名器といわれるストラディヴァリウス製のバイオリンの中でも最も保存状態が良いとされている。英国の詩人、バイロンの孫娘、レディ・アン・ブラントが所有していたことから、この名前がついた。

 6月にアメリカの弦楽器専門の楽器商によってオンライン・オークションが開かれ、最終日の20日には、イギリス・ロンドンでレディ・ブラントの現物が持ち込まれ、入札も行われる。

 同財団は、レディ・ブラントを平成20年に購入。購入額は明らかにしていないが、塩見理事長は「今回の震災を世界にアピールしたい。東北の復興支援のために使ってもらいたい」と話している。

.
北米プレート50メートル移動、7メートル隆起

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は28日、東日本大震災の震源域で、日本列島が乗った北米プレート(岩板)が太平洋側に約50メートル移動して、約7メートル隆起したことが分かったと発表した。深海調査研究船「かいれい」による海底地形調査結果の速報値。今後さらに詳細な解析を行い、地下構造の変化を解明していく。

 かいれいによる海底地形調査は3月15~31日に、宮城県沖の震央周辺で実施。音波の反射などによって海底の地形・構造を調べ、平成11年に同じ場所で行った調査のデータと比較した。

 その結果、震央近くから日本海溝に達する領域で、北米プレートに大規模な地形変化が起きていたことが判明した。震源域の海底ではこれまで、海上保安庁や東北大学の調査により24~31メートルの水平変動が報告されていたが、今回の変動量50メートルは最大となる。このほか、海溝付近の水深約7600メートルの海底に、幅約1500メートルにおよぶ高さ約50メートルの盛り上がりがあることも分かった。JAMSTECでは、陸側の斜面で海底地滑りが起きたためではないかとみている。









この記事をはてなブックマークに追加

中華航空の桃園―大阪―ニューヨーク線が就航

2011年04月28日 19時55分43秒 | 中華民國 ニュース

小学校でイノシシが「副校長」?


桃園県高義小学校に現れるイノシシは人が持つ食べ物をねだるなど遊ぶのが大好き。

校内を悠々と歩く姿から、生徒たちは「副校長」と呼ぶ。





王・立法院長が訪日して義援金届ける


訪日した王金平・立法院長(左)は21日、日本の対台湾窓口機関・交流協会本部で外交部がまとめた義援金を贈る。

服部礼次郎会長(左)は深く感謝。





「翡翠白菜」ならぬ「ガラス白菜」


故宮博物院は21日、台北ギフト展で各記念品を展示。

写真は同博物院の代表的収蔵品「翡翠白菜」を模したガラス工芸品。台湾元2万元なり。




死者6人のうち5人は大陸からの観光客

台湾で27日に発生した観光列車の脱線・転覆事故で、これまでに確認された死者6人のうち5人が大陸からの客だったことが分かった。中国新聞社が報じた。

 事故が発生したのは嘉義県の阿里山森林鉄道。大木が倒れてぶつかったことで、車両が脱線・転覆した。

 列車には、広東省、山東省、四川省、河南省、浙江省などの旅行会社が組織した旅行団が乗っていた。大陸からの観光客は5人の死亡が確認された。負傷者は30人。安否が確認できていない人もおり、死者数はさらに増える可能性がある。


飲酒店の建設管理検査で合格率は34.9%

内政部によると、飲酒店、カラオケボックスなどの安全検査で、建設管理部分では1647店のうち合格は575店にとどまり、合格率は34.9%にとどまった。

消防管理部分では3634店のうち合格は2845店、不合格は789店で、合格率は78.3%だった。県・市別に見ると、台中市の不合格が195店で最多だった。また、3634店のうち検査時に営業時間外だったのは308店だった。県・市別に見ると、台中市が105店で最多、次いで高雄市60店、宜蘭県48店の順。

同部によると、不合格の理由で多かったのは、建築物の使用許可を取っている用途と、実際の用途が異なっていることで、例えば、飲料店としての使用許可を取っているものの、実際には飲酒店を開いている。

今回の検査は、3月に台中市のパブで火災が発生したことを受けて、3月7日~4月6日に実施された。


民進党の次期総統選候補に蔡主席

民進党は27日、蔡英文・同党主席を次期総統選挙の候補者に決めた。一般を対象にした世論調査の結果、元行政院長の蘇貞昌氏に僅差で勝った。蔡主席は初の女性総統を目指す。国民党も同日の中央常務委員会で、党主席でもある馬英九総統を正式に次期総統選候補とすることを決定した。次期総統選は、来年1月に、立法委員選挙と同時に行われる。


今度は阿里山で1人死亡7人重軽傷の自動車事故

27日の阿里山森林鉄道の事故に続き、阿里山で28日朝、1人が死亡、7人が重軽傷を負う自動車事故があった。走行中の8人乗りの車が林道から10メートル下の谷に転落した。警察が事故原因を調べている。


台湾鉄道のネットシステムは中途半端?


台湾鉄道のネットチケット予約システムに、英語のサービスが加えられたが、利用者からは中途半端なシステムだと指摘されている。途中までは英語だが、支払い方法からは中国語になっているためだ。これに対して台湾鉄道の朱来順・総経理は、3カ月以内のシステムを改善すると表明した。


新北市で472キロの違法爆竹が発見される

新北市五股で爆発事故があった後、台湾各地で消防当局による爆竹の貯蔵状況調査が行われた。26日午後には、同市板橋で472キロの違法な爆竹を発見して、業者に罰金を科した。住民からの通報で爆竹の隠し場所が判明して、消防当関係者が発見したという。


中3生が父親の車を運転してバイクに衝突

台南市で25日、中学校3年生の男子生徒が父親の車を借りて運転し、バイクに乗っていた60歳男性と衝突して死亡させた。事故当時、男子生徒は逃げだが、2日後に父親に付き添われて警察に自首したという。男子生徒は友人を迎えに行く途中、スピードを出しすぎてバイクの男性にぶつかった。


台湾の視点で八田与一テーマにした舞踏劇

歴史研究家の相揚氏と台湾青年舞団が協力して、烏頭山ダム建設の偉人である八田与一をテーマとした舞踏劇を制作した。氏は日本で制作されたアニメ映画の「植民地観点」ではなく、「台湾の視点」で制作したと語っている。舞踏劇は29日から、嘉義、台南、高雄、台北、台中で巡回公演される。八田与一は「嘉南大圳の父」と呼ばれ、嘉南平原の水利事業を指揮した人物として知られており、同ダムの近くにある銅像の前で、毎年の命日に多くの台湾人が参拝に訪れている。



国光石化プラント建設を中止

国光石化公司は27日、彰化県に建設を予定していた国光石油化学プラントの建設を中止することを決めた。環境保護の観点から馬英九総統が建設を支持しない立場を表明したためだが、同社では「きわめて遺憾だ」としている。同公司の役員会では会社存続を決めており、今後、海外を含めた新たな展開をしていくとみられる。



中華航空の桃園―大阪―ニューヨーク線が就航

 中華航空(チャイナエアライン)は4月28日、台湾の台北(桃園)と米国ニューヨークを大阪経由で結ぶ新路線を開設した。

 台湾桃園空港、大阪関西空港、ニューヨーク・ジョンFケネディ空港では、中華航空の新路線就航記念式典がそれぞれ行われ、第一便の搭乗客に記念品が贈られた。

 桃園空港での第一便出発式に出席した中華航空の孫洪祥・総経理(社長)は、台北(桃園)―大阪―ニューヨーク線の開設で、中華航空が一週あたり台湾から大阪に乗り入れる便数が7便から10便に増加し、日本全国では85便から88便に増加したことを明らかにし、「台日間の便数で(中華航空が)最も多く、両国の国民が往来する交通の主力となっている。(増便は)ビジネスや観光の便の選択肢が増えるだけでなく、中華航空が実際の行動で日本を支持するものである」と強調した。

 このほか、中華航空は第一便就航前日の4月27日昼に大阪市内のホテルで就航祝賀レセプションが開かれ、張家祝・中華航空董事長(会長)、馮寄台・台北駐日経済文化代表処代表、秋山喜久・関西広域機構会長、木村慎作・大阪府副知事、福島伸一・関西国際空港社長ほか、100名以上の台日関係者らが出席した。

 このなかで馮寄台・駐日代表は、中華航空の新路線開設で旅行者により便利な選択肢を提供できると強調したほか、台湾からの東日本大震災への慰問の意を伝達し、台湾から義援金がすでに約150億円寄せられたことを明らかにした。

 台北(桃園)―大阪―ニューヨーク線は、桃園発とニューヨーク発がそれぞれ毎週月、木、土曜日に運航される(大阪発はニューヨーク行きが毎週月、木、土。台北行きが毎週火、金、日)。機体はボーイング747-400型で、定員はビジネスクラス61席、エコノミークラス314席の合計375席。

 台北発のCI020便は、8時00分に桃園空港を出発し、11時20分に大阪関西空港に到着する。その後12時50分に関西空港を出発し、現地時間の13時00分にニューヨーク・ジョンFケネディ空港に到着する。飛行時間は計15時間30分。

 ニューヨーク発のCI019便は、現地時間の14時30分にジョンFケネディ空港を出発し、翌日18時10分に関西空港に到着。その後19時50分に関西空港を出発し、21時40分に桃園空港に到着する。

《2011年4月28日 台湾週報》





この記事をはてなブックマークに追加

阿里山登山鉄道で転覆事故:台湾

2011年04月28日 05時28分06秒 | 中華民國 ニュース

阿里山登山鉄道で転覆事故、5人死亡

台湾南部の景勝地、阿里山を走る世界的に有名な登山鉄道で27日正午、嘉義駅から70キロ、神木駅付近で列車四両が転覆する事故が発生。線路脇の木が折れてレール上に倒れ、列車はこれを避けられず転覆した。列車には中国大陸からの観光旅行ツアー三団体、80人あまりが乗っており、中国大陸の観光客5人が死亡、30余人がけがをした。

馬英九・総統は知らせを聞くとただちに国民党の中央常務委員会から退席、総統府に急遽戻って状況の把握に努めた。馬・総統は、事故の原因を詳しく調べるよう指示すると共に、人命救助に全力であたるよう命じた。

行政院の呉敦義・院長も、中華民国国軍、空中勤務チーム、嘉義県政府消防局などが全力で救助に当たっていると説明、関連の政府部会は鉄道沿線の危険な樹木について全面的な検査をただちに行うと強調した。


【動 画】 


国光石化役員会、プラント建設中止を承認

台湾中部、彰化県に建設が予定されていた国光石油化学プラントは、環境保護の観点から馬英九・総統が支持しない立場を表明、国光石化公司では27日に役員会を開き、行政院環境保護署に計画の取り消しを申し入れるかどうか、そして、今後の企業の方針などについて話し合った。

同社の大株主である、台湾中油公司は役員会で計画取り消しを提案。役員会がこれを承認したことで、設立から5年、このプラント建設を目指してきた国光石化公司の彰化県における計画は取り消されることになった。同社では「きわめて遺憾だ」としながらも、役員会では同社の存続を支持することも決めており、今後、国内外での投資の機会を探っていくと説明している。

一方、このプラント建設が頓挫する結果となったことで、経済部の責任を問う声もあるのに対し、国光石化では、施顔祥・経済部長をはじめ、経済部のこれまでの努力を認め、辞任する必要はないのではとしている。


玉木宏さん、7月コンサートの宣伝で5/2訪台

日本の俳優兼歌手の玉木宏さんが7月に台北でコンサートを開くことになり、5月2日に前宣伝のため台湾にやってくる。玉木宏さんが主演したテレビドラマと映画、『のだめカンタービレ』は台湾でも多くのファンを持っており、玉木さんが演じた役の「千秋先輩」は若者を中心に広く知られている。

このほど、玉木さんは7月2日と3日に台北市内のイベントスポット、華山レガシー・タイペイで、「玉木宏ライブツアー RGB2011」と銘打ってコンサートを開くことが決まった。チケットは5月3日に発売される。アジアツアーの一環で最初の海外公演が台北。玉木さんはこのコンサートの宣伝のため5月2日に台北入り、一泊二日ながらファンとの対面を楽しみにしているという。

財政部:公的銀行の株は中国大陸に売らず

台湾海峡両岸間で金融機関への監督管理に関する合作を話し合う会議が台北で初めて開かれた。双方の金融機関の相互投資などが協議され、それぞれ「誠意を持って回答する」、あるいは「前向きに検討する」という立場を強調した。双方は、金融機関が相互に投資し、株式を持ち合うことなどを認める意向を持っているが、中華民国政府が株式を持つ公的金融機関への対応が注目を集めている。

中華民国財政部の李述徳・部長は27日、立法院で、現在は中華民国政府の保有する株式を中国大陸に売り渡すことはしていないし、公的金融機関の現金増資に中国大陸の金融機関が参与することは認めないと説明した。

李・財政部長はしかし、政府の持ち株については、「今は売らないが、永遠に売らないと保証はできない」として、将来的には中国大陸の金融機関に売り渡す可能性も否定できない立場を示した。





この記事をはてなブックマークに追加

「私は日本という女性と結婚」 ドナルド・キーン氏、永住へ帰化手続き

2011年04月27日 20時54分51秒 | 世界のニュース


「私は日本という女性と結婚」 ドナルド・キーン氏、永住へ帰化手続き


日本文学研究で知られる米コロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさん(88)が日本に永住する意思を固め、日本に帰化する手続きを始めたことが15日分かった。関係者が明らかにした。関係者は「東日本大震災で大変心を痛め、被災者との連帯を示すために永住への思いが固くなったようだ」と話している。

 キーンさんは1922年、ニューヨーク生まれ。学生時代に「源氏物語」の英訳を読み、日本文化に興味を抱いた。日米開戦後は海軍情報士官として、玉砕した日本兵の遺書を翻訳したり捕虜を尋問。復員後、英ケンブリッジ大、米コロンビア大、京都大で日本文学を学んだ。「日本文学の歴史」「百代の過客」「明治天皇」などの著作で知られる。

 三島由紀夫とは京大留学中の54(昭和29)年に知り合って以来の友人で、三島作品の翻訳も行った。2008(平成20)年に文化勲章を受章した。

 松尾芭蕉の「おくのほそ道」をたどる旅をし、英訳も出版。東北大(仙台市)で半年間、講義したこともある。それだけに、被災地の状況を心配している。平泉の中尊寺は難を逃れたが、何度も訪れた松島や多賀城など芭蕉ゆかりの地は大きな打撃を受けた…。

 キーンさんはこれまで1年の半分ほどを東京都北区の自宅で過ごしてきたが、26日にコロンビア大で最終講義を迎えることもあり、日本に永住することを決めた。周囲に「日本が大好きだから」などと説明しているという。


法務省は15日、震災直後の3月12日から4月8日までの4週間に日本から出国した外国人は延べ53万1000人で、このうち発生後1週間では24万4000人だったと発表した。震災発生前の1週間は14万人だった。

 震災と福島第1原発事故を受けて、各国が一時的な出国検討を勧告したり、被災地からの帰国支援を実施したことが影響した。

 NHKのインタビューに応じたキーンさんは「日本は危ないからと、(外資系の)会社が日本にいる社員を呼び戻したり、野球の外国人選手が辞めたりしているが、そういうときに、私の日本に対する信念を見せるのは意味がある」と語った。

 「私は自分の感謝のしるしとして、日本の国籍をいただきたいと思う」とし、夏までに日本国籍を取得する考えだ。

 独身を通してきたキーンさんは「私は『日本』という女性と結婚した。日本人は大変優秀な国民だ。現在は一瞬打撃を受けたが、未来は以前よりも立派になると私は信じる」と、新たな祖国になる日本の復活を信じている。






この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】私は祈る…生きる努力をしている日本人のために

2011年04月27日 20時38分28秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】私は祈る…生きる努力をしている日本人のために



レコチャイより・・・

  「日本が大好きで何度も旅行した」という、30代後半の台湾女性・凡孜(ハンドルネーム)さん。大震災に遭った日本を思い、その気持ちをブログに書きつづった。

  「人生で最も多く旅行した国は日本。年に3~4回行くこともしばしば」という凡孜さんは、かなりの日本通だ。同じ黄色い肌を持ち、穏やかで優しく礼儀正しい日本人に好感を抱いている。お気に入りの都市は東京で、地震の影響を受けたことを悲しんだ凡孜さん。

  「私が一番行った場所は東京。大好きな都市。なので、被災のニュースを見ると悲しくてせつない気持ちになった」と言い、「賢い地球人は、日本の大震災を目の当たりにし……痛手を受けるだろうか。“人類が必死でがんばれば、天にも勝る”という人間の暴言を聞いたことがあるが、今一度振り返って反省すべきなのではないだろうか」と提言した。

  そして「災難がまだまだ続くからこそ、真心で生きるべきではないだろうか」と訴えた凡孜さんは、「どんな形でもいいから、被災して生きる努力をしている日本人のために祈りたい。彼らのためにやるべきことが、私たちにはもっとたくさんあるはずだ」と締めくくった。そのブログから、あふれるほどの日本への愛情が伝わってくる。





この記事をはてなブックマークに追加

台湾茶の茶葉2500缶を被災地へ贈呈

2011年04月27日 19時18分33秒 | 中華民國 ニュース

台湾桃園国際空港が空港ランキングで16位、「清潔度」は初めて10位以内に

ACI(Airports Council International)の今年第1四半期(1~3月)の空港ランキングによると、168空港の中で台湾桃園国際空港は総合で16位だった。昨年第4四半期の24位から8ランク上昇した。また、同じレベルの20空港の中では5位だった。

 36の調査項目のうち、台湾は17項目で上位10位以内に入った。そのうち、「ショッピング施設」「出国・入国審査」「搭乗待合スペースの快適度」など7項目は3位以内だった。また「清潔度」で10位以内に入ったのは初めて。このほか、「ビジネス客の満足度」は前期の25位から14位に上昇した。


桃園空港出入国職員は世界で2番目に礼儀正しい

国際空港評議会が25日発表した空港サービス品質の調査評価によると、世界168空港の中で、桃園国際空港は16位で、昨年より8位も上昇した。さらにその中で出入国業務における職員の態度に関する項目で、同空港は2位の好成績であると、移民署が発表した。またパスポートチエック時間では3位、入国手続きでは4位だったという。


新光三越百貨が中国・四川省成都市に進出

新光三越百貨は23日、中国・四川省成都市温江区で新店舗を起工した。敷地は1万坪、2014年初めのオープンを目指している。同社が成都に進出するのは初めて。中国西部市場の開拓を目指している。

 現在、成都には台湾系資本の百貨店が4店あり、新光三越百貨が進出することで台湾系百貨店にとって激戦区となる。そのうち藍天グループは昨年、成都の中心街にある春煕路歩行者天国に建群広場を建設した。

 新光三越百貨の中国事業は、北京の新光天地が経営権問題で仲裁の段階に入っている。しかし、中国市場の開拓は断念しておらず、成都店のほか、江蘇省蘇州市の金鶏湖の近くに店舗を開設する予定。



台湾茶の茶葉2500缶を被災地へ贈呈

茶葉復興委員会、台湾区茶輸出業同業公会は、共同で第2回となるイベント「お茶を日本へ、台湾茶で心を温めよう」を行い、2500缶のウーロン茶の茶葉を東日本大震災の被災地への寄付活動を実施していた。茶葉の贈呈式は台北の日僑学校で行われ、鈴木明・同校校長PTA会長が代表として受け取った。


浮気相手守るため妻を逆告訴

台中市豊原にある豆乳ケーキが有名なパン屋のオーナーの妻が、浮気問題で警察に届け出た。35歳のこのオーナーが20歳の浮気相手と同棲していたところを、妻が雇った探偵社がこの証拠を掴んだ。このため妻は浮気相手を家庭妨害で訴えた。しかし、オーナーは弁護士を雇い、恋人を守るといい、妻を傷害罪で訴え返した。オーナー夫妻は知り合って20年、結婚して6年、5歳の子供が1人。妻は悲しさのあまりに言葉が出なかったという。


中1の女子生徒が姉の口座から現金盗み出し

新竹県の13歳少女がこの1カ月、金使いが荒く友達の誕生日で6000元をプレゼントしたほか、荷物係りとして男子生徒2人を従えてデパートで買い物していた。少女は33歳の姉のキャッシュカードの暗証番号を覚え、銀行口座から1カ月間で計16万8000元を引き出していた。姉は反省する気配がない妹を警察に届け出たという。


国防部が国軍の歴史をマンガ本で作成

国防部は26日、今年が中華民国建国百年であるのを記念して、中華民国国軍の歴史を紹介する初のマンガ本を作成したと発表した。「永恒的輝煌」と題されたマンガ本は、若者を対照に軍隊の歴史を知ってもらうことが目的で全280ページ。そのうち50ページは、抗日戦を詳しく描いているが、国共内戦に関する部分は、わずか2ページだった。


経済部が国際海洋エネルギーシンポ開催

再生エネルギーの発展強化を図るため経済部能源局はこのほど、台北市内で国際海洋エネルギーシンポジウムを開催した。米国の海洋エネルギーの先進的事例と、台湾の海洋エネルギーの取り組みについての経験が発表された。工業技術研究院は現在、初の5キロワットの海洋温度差発電モデルのプラットフォームを開発し完成させるなど、研究を進めている。


馬総統が大学国際化に5年間で500億元投入へ

馬英九総統は24日開催された清華大学の創立100周年記念式典での挨拶の中で、台湾を東アジアの高等教育の中心として建設する考えとともに、大学の国際化を進める意向を示した。馬総統は「政府として5年間で500億元を投入し、大学の国際化などを推進したい。10年後には留学生率を10%に引き上げたい」と述べた。


中台金融当局が初会合:トップ協議を定期開催へ

 中台の金融監督機関トップによる銀行業での協力強化を話し合う初会合が25日、台北市内で開かれた。双方はトップ協議を定期的に開催することなどで合意。銀行当局の最高幹部による直接対話への道を開き、市場の門戸をさらに広げた。ただ台湾側は政府系銀行の株式を中国の投資家に売却しない方針をかたくなに守るなど、依然として慎重姿勢を残している。

 協議には行政院金融監督管理委員会(金管会)の陳裕璋主任委員と中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の劉明康主席が出席した。双方はトップ協議を年に2回、中台で交互に開くことで合意。次回は中国・北京市での開催で、陳主任委員が下半期に同市を訪問する。

 このほか、新銀行自己資本規制(バーゼルIII)に関するフォーラムの共同開催、銀行監督作業チームの発足などでも共通認識を得た。

 中台間の協議はこれまで、台湾の海峡交流基金会(海基会)と中国の海峡両岸関係協会(海協会)の協力枠組みのもと、観光や航空業界がそれぞれ窓口機関を設置して実務レベルの協議を行ってきた。ただ参加者は技術面について議論する司長クラスが中心。経済協力枠組協議(ECFA)の枠組みのもとで設置された、物品・サービス貿易や投資保護などを協議する両岸経済合作委員会も副部長クラスにとどまっていた。

 しかし今回は部長クラスが出席。海基会と海協会の枠を超えた直接対話として注目が集まった。

 ■「積極的に検討する」止まり

 ただ協議では、相互に規制緩和を求めたのに対し、双方とも具体的な回答を提示することはなく、「積極的に検討する」と述べるにとどまった。台湾側は、中国の金融機関への出資や中国にある台湾系銀行の営業拠点拡大など、中国側は中国の銀行による台湾進出の際に必要な、海外経験に関する条件の緩和、中国の銀行の台湾での支店数や営業範囲に関する規制緩和などを求めた。

 ■公営企業株は売却しない

 一方で、中台の“特殊な関係”を背景に、台湾政府の中国に対する警戒感が根強い面も見え隠れした。

 李述徳・財政部長は25日、政府系銀行の株式を中国の投資家に売却しない方針を表明。政府系銀行が支店や子会社を通じて中国の銀行に出資することや戦略提携を結ぶことは奨励するが、中国の銀行による出資については「保留する」としている。

 財政部は政府系銀行の最大株主。中国側が市場を通じて取得する場合は問題ないとしている。

 中台は、2009年4月に開かれた窓口機関による第3次トップ会談で「金融協力協定」に調印し、金融市場開放の第一歩を踏み出した。11月には金融協力覚書(MOU)を締結。銀行の相互進出や人民元の直接取引、中国QDII(適格国内機関投資家)による台湾投資解禁などで交流を深めている。26日付工商時報、経済日報が伝えた。 .





この記事をはてなブックマークに追加

日本の女性が台湾の新聞に感謝の広告を

2011年04月27日 05時36分36秒 | 中華民國 ニュース

閉幕の台北花博で謝恩ウィーク始まる

中華民国台湾にとって過去最大の国際イベント、2010年台北国際花博覧会は昨年11月6日に開幕、約半年間、内外の入場者を引きつけ、4月25日に大好評のうちに閉幕した。開催期間中、会場で働いたボランティアは3万人近くで、主催者の台北市政府ではこれらボランティアの労をねぎらうため、閉幕直後の1週間を謝恩ウィークとしてボランティアを招待。謝恩ウィークは26日から5月1日までで、イベント運営にあたった職員、会場でのボランティア、その家族ら30万人近くが入場できる。

ボランティアを務めたのは各界の人たちで学生や退役軍人もいた。ボランティアの一人、葉重宏さんは末期のがん患者で、7度の化学治療を受けているが半年間ボランティアとして勤務した。謝恩ウィークの会場にやってきた葉さんは、「私の人生は美しく彩られた。人生の最後にすべきことをしたと思えるからだ。私の人生は短いかもしれない、あと1年か2年かもしれない。どもそんなことはどうでもいい。AIPH国際園芸家協会のフィーバー会長が、台北花博はここ50年でもっともすばらしかったと言ってくれ、私に限りない誇りと励ましをくれた」と話した。

桃園国際空港の検査人員、親切さ世界2位

ACI国際空港評議会は25日、各国の空港におけるサービスに対する審査結果を発表。対象となった世界168の空港のうち、台湾桃園国際空港は16位だった。昨年に比べて8ランク上昇した。

ACIのランキングについて明らかにした内政部移民署では調査された各項目について説明、イミグレーションでの待ち時間で台湾桃園国際空港は3位、検査人員の礼儀正さと人助けへの熱心さという項目ではさらに全体で2位だった。移民署では、移民署国際事務チームでは利用者へのサービス向上に向けて様々な策をとっており、外国の観光客によい印象をもってもらいたいと願っていると話した。

交流協会への義援金、2億元超える

日本で今年3月11日に東日本大震災が起き、地震と津波による被害が広がったことから、日本の対台湾窓口機関・交流協会では3月21日より9月30日まで、災害復興のための義援金を募っている。

中央通信社が26日に報じたところによると、交流協会台北事務所のウェブサイトでは今月22日までに寄せられた東日本大震災に関する義援金は台湾元が2億2048万元、日本円が470万円、米ドルが3736ドルだと明らかにしている。

これは、中華民国政府がまとめている、22日までの義援金53億元とは別のもので、交流協会に寄せられたものだけでも約6億円になっていることがわかった。交流協会によると、この義援金のうち1億7936万3652円はすでに日本の赤十字社に送られており、今後、被災地の自治体が設ける義援金分配委員会を通じて現金の形で被災者に届けられるという。


日本の女性が台湾の新聞に感謝の広告を

日本の東日本大震災で、中華民国台湾から様々な支援が行われていることに対して、日本の女性が募金をして台湾の新聞に感謝の広告を出す。この女性は広告デザインの仕事をしている木坂麻衣子さんで、人口2300万人と決して大きくない中華民国台湾が台湾元50億元(日本円約144億円)という巨額な義援金を提供し、世界で最も多くの寄付をしていることに驚いた。しかし、日本の政府が外国の新聞に感謝の広告を載せながら台湾の新聞にはなかったことで、木坂さんは、台湾の人たちに日本人は恩知らずだと思わせてはいけないとインターネットを通じて、台湾の新聞に感謝の広告を出す計画を発起して経費を募り始めた。

木坂さんは100万円あれば十分だと考えていたが、瞬く間に1600万円が集まり、台湾の人たちの想いが日本の人たちをどれだけ感動させているかがわかったと話している。この募金は26日までで、台湾の新聞での広告掲載費用を差し引いた残金は日本の被災地に寄付される。新聞広告は5月3日の、台湾の大手日刊紙『聯合報』に掲載される予定。








この記事をはてなブックマークに追加

南投県が日本に義捐金1062万元

2011年04月26日 20時46分44秒 | 中華民國 ニュース

両岸金融監督管理協力作業がスタート

両岸間では昨年1月に、金融監督管理協力備忘録が発効しており、金融業務相互進出のためプラットフォームを設けることで合意していた。25日、両岸金融監督管理に関する第一回正式会合が開催され、台湾側・行政院金融監督管理委員会の陳裕璋・主任委員と、中国大陸側・中国銀行監督管理委員会の劉明康・主席がそれぞれ代表を務めた。今後、中国大陸資本の金融機関による台湾の公的金融機関への投資について具体的な協議が進むと見られている。中国大陸資本の台湾金融機関への出資比率は5~10%以下に制限されているが、財政部の李述徳・部長は、実際の資本参加許可については、「経営効果や世論の動向を判断材料にする」と慎重な態度を見せている。


南投県が日本に義捐金1062万元

中部・南投県では3月15日から東日本大震災支援のための義捐金を受け付け、4月14日までに1062万元強が寄せられた。南投県は、1999年の台湾中部大地震で最も被害が大きかった地域で、当時支援の手を差し伸べてくれた日本に恩返しがしたいと県政府が義捐金を集めていた。県では、今月末にも日本側に義捐金を引き渡す予定。

また、姉妹都市の仙台市を訪れていた台南の頼清徳・市長は25日帰国した。頼・市長は帰国会見で、被災地の農業者や児童らを台湾に招く計画を進めていることなどを明らかにしたほか、風評被害が日本の観光や経済に大きな打撃を与えていると説明。宮崎県長や仙台市長から、日本の正確な状況を台湾側に伝えて欲しいとの要望を受けたと述べ、今後市政府として日本観光を促進する予定などを説明した。


経済部:今年大陸から二億ドルの投資を目標に

「台湾海峡両岸投資交流視察団」が25日から北京を訪れ、投資説明会を開催している。液晶パネル、機械設備、電子および流通サービス分野の投資誘致を目指しており、現地企業との座談会や個別の訪問なども行い、大口投資を加速させたい意向。訪問団には、経済部の投資処、投資審議会、工業局などが参加しており、経済部が中国大陸に投資誘致訪問団を派遣するのは初めて。経済部では2009年6月末から中国大陸資本の台湾投資を一部開放し、今年3月末までに、合計130件、1億4500万ドル分の投資案件が許可されている。今年3月には、投資要件を更に緩和したため、経済部では、今年度の中国大陸からの投資誘致目標を1億2000万ドルから2億ドルに引き上げている。



ロンドンで「珍珠奶茶」が人気急上昇

イギリスのロンドンで今月21日に、台湾生まれのアイディアドリンク・タピオカ入りミルクティー(珍珠奶茶)の専門店「Bubbleology」がオープンし、評判を呼んでいる。オーナーのアサド・カーンさんは、以前台湾を訪れた際にその魅力に取り付かれ、銀行の仕事をやめタピオカ入りミルクティー店を開くことを決意。原料などを全て台湾から輸入し、本場の味を再現しているとして現地メディアなどにも取り上げられ、オープンから数日で連日500杯以上の売り上げを記録。今後9ヶ月以内に支店を三箇所増やす予定で、7月には高級デパートのフードエリアにも出展が予定されている。


896万人が入場して台北花博が閉幕

費用138億元を投入した台北国際花卉博覧会は25日で閉幕し、記念イベントが昼間から夜まで続いた。夜は大直橋で3分間の花火ショーが行われ、平日にも関わらず、最終日の入場者数は12万人に達した。花博半年間の総入場者数は約896万人に達し、188億元の経済効果をもたらしたという。国際園芸家協会(AIPH)のフィーバー会長は、台北花博はこの50年間で最も素晴らしい花博であると賞賛した。

【動  画】 



台北花博の14テーマ館のうち13館を残す
25日に閉幕した台北国際花卉博覧会はきょう26日から5月1日まで、同博覧会のボランティア、スタッフ、台北市職員などを招待する感謝週間を実施する。また同博の14テーマ館のうち、13館は今後も残されるが、そのうち人気のあった夢想館、未来館、天使生活館は、入場料を徴収する。100元以下の入場料となる見込み。


今年は4月までにフグ中毒11人

フグ料理は美食家に愛される料理だが、リスクがある料理の一つであることも知られている。今年の1月から4月までに、既に11人がフグ中毒となった。中毒事件の中に、台南にある1軒の日本料理屋では、客4人がフグ中毒になり、そのうち3人が入院した。フグ料理は、日本のフグ調理専門ライセンスを所持している上、経験豊富な料理人にしか任せられない料理である。


台北101は世界で3番目に費用が高いビル

世界で最も費用が高い建物のランキング10が発表され、アジアから5つの建物がランクインし、台北101は3位になったという。ウエブサイトのグローバル・プロパティ・ガイドの最新調査によると、世界で最も費用が高いビルは米国ラスベガスのウインホテルで、2位はインドの富豪が住む豪邸だった。


17歳の高校生カップルが飛び降り心中

台北市の17歳の高校生カップルは家出した5日後の25日、女子生徒が住む12階建てのマンションから一緒に飛び降りた。女子生徒はすぐ死亡が確認されたが、男子生徒は重体。2人は今年初めから、正式に付き合い始めたという。しかし未成年であるため、お互いの家族に反対され、心中を図ったという。


ビリヤード中国代表として台湾の呉選手が大会出場

北京で25日から開催されているビリヤード大会に、「泰山神童」と呼ばれている台湾のビリヤード選手の呉珈慶さんが「中華人民共和国臨時公民証」を取得し、中国代表として出場している。これまで台湾のスポーツ選手が、中国籍を取得して中国代表として出場したことはなく、今後、論議を呼びそうだ。


各種調査で桃園国際空港のサービス向上

各種調査で桃園国際空港のサービスが向上している。国際空港評議会(ACI)の第1季の空港サービス調査によると、同空港は昨年第4季より8位上昇の16位となったほか、米国品質協会のビジネス客の空港満足度調査で、昨年第4季より11位上昇の14位になった。さらに年間旅客数量が2500万~4000万人クラスの20空港の調査では、同空港は全体の5位に入り、ビジネス客の空港満足度では4位だった。


重罪で服役中の夫の「精子採取」、30代妻の懇願を当局が許可の意向

2011年4月24日、台湾・聯合報によると、殺人未遂などで懲役15年の刑に服している夫との子どもを作るため、「夫の精子を採取させて欲しい」と嘆願した30代の妻に、当局が認める意向を示したことが分かった。中国台湾網が伝えた。

今回、「夫の精子の採取」を求めている妻は30代で、夫の出所を待っていたら子どもが産めなくなると訴えている。妻によると、夫は3兄弟の長男だが2人の弟も重い罪で服役中のため、このままでは後継ぎができず「お家断絶」は免れない。そのため、「夫の遺伝子を残す」という長男の妻の務めを全うさせて欲しいと願い出た。台湾では死刑囚の精子を採取することは法律で認められている。

台湾法務部は当初、服役態度が良好であれば仮釈放も可能で、妻が妊娠する機会もできると説得したが、妻は聞き入れず、台湾行政院に手紙を書き直訴した。その後、台湾法務部が主催した有識者による検討会で妻の言い分が支持されたことで、当局も許可に向けて動き出した。許可されれば台湾で「夫の遺伝子を残すため」に精子を採取する第1号となる。


女子アナが「睾丸ニュース」に大爆笑、動画サイトで話題に

2011年4月25日、台湾の女性アナウンサーが「男性の睾丸が事故で取れた」とのニュース原稿を読んでいる最中に笑いが止まらなくなるというハプニングが起きた。中国新聞網が伝えた。

「睾丸ニュース」でNGを連発したのは女性アナウンサーの徐孟蘭(シュー・モンラン)さん。台中市の男性が仕事中の事故で睾丸が取れるという大けがを負ったが接着手術が成功した、というニュースを読み上げる際、原稿に書かれてあった「睾丸は無事“巣”に戻された」との描写があまりにも面白く、笑いが止まらなくなってしまった。結局、NGを連発し、何度も撮り直すことに。最後にはデスクを名指しして「もう恨んでやる!」と大笑いしながら叫んだ。

このNG場面集がネット上の動画共有サイトにアップされると、たちまち話題に。ユーザーからは「(アナウンサーが)可愛い」「自分まで楽しい気分になってしまう」「デスクの原稿、面白すぎ」などと好評を博し、徐アナはたちまち時の人となった。だが、当の本人は「事故にあった男性を笑ったのではありません。プロ失格です」と反省しているという。

 【動  画】



SONY STYLEが台北市西門町から家賃引上げで撤退

SONY STYLEが台北市西門町から家賃引上げで撤退することになった。この店舗は西門町の歩行者天国の中心部のJUN PLAZAビル1階に位置し、人通りが非常に多い漢中街と峨嵋街の交差点に当たる。これまでSONYの新製品の発表会や発売の多くが、この店で開催されていた。

しかし、これまで家賃は1カ月70万台湾元余りだったが、家主が88万台湾元への引上げを要求したため、SONY STYLEは契約の継続を拒否した。新しい家賃は1坪当たり3万台湾元以上で、同エリアでの最高となるもの。

ところが、中国からの台湾への個人旅行の解禁が近いことから、好業績を見込んで韓国の化粧品ブランドが直ちにこの店舗に入居を決め、6月には新店をオープンする予定となっている。

不動産市場は「ぜいたく税」の導入決定で打撃を受けているが、中国人観光客の個人旅行解禁への期待から店舗物件の人気は衰えていないもよう。



台湾からの日本観光ツアーが低価格で販促

台湾からの日本観光ツアーが低価格で販売されており、各旅行代理店が販売している日本ツアーは5月末までは2万台湾元以下の低価格で購入できる。

 日本は台湾の重要な旅行市場だが、震災と原発事故のためサクラの季節のツアーはほとんどキャンセルされた。このため台湾の旅行代理店各社は、市場を刺激して日本ツアーを回復させるため、ツアーを2万台湾元以下、個人旅行を1万台湾元以下の低価格で販売している。

 4月中旬に中華航空(チャイナエアライン)と日本ツアーを経営している旅行代理店12社が日本の中部、北海道、関西を視察に訪れ、旅行の安全性を確認した上で、帰国後に相次いで低価格料金のツアーを発売している。

 そのうち信安旅遊は、東北地方を除いて、他の各地へのツアーを料金2万台湾元以下に抑えて販売している。可楽旅遊は、中部(立山・黒部を含む)4泊5日を1万9999台湾元で販売しており、従来の3万台湾元以上に比べて1万台湾元以上も安く設定している。

 東南旅行社では、東京3泊4日が9900台湾元、大阪・京都4泊5日が1万6888台湾元、北海道4泊5日が1万9800台湾元など。

 雄獅旅遊では、関西4泊5日が1万4900台湾元、中部(立山・黒部、合掌村)4泊5日が1万9900台湾元など。

 喜鴻では、九州4日間が1万8900台湾元。

 中華航空は個人旅行を大幅に値下げしており、5月末までは2泊3日が日本のどの地方についても半額で販売している。

 今回の低価格による日本ツアーの販促は5月末までで、景気の回復に伴って6月には正常な料金に戻る見込み。


乗用車の後部座席にシートベルト着用が義務付け、タクシーも含めて

立法院は22日、「道路交通管理処罰条例」部分条文改正案を可決・成立させた。これにより、タクシーを含めて乗用車の後部座席に乗る場合はシートベルト着用が義務付けられることになった。違反した場合は運転者に1500台湾元の罰金が科される。もし高速道路、「快速道路」での場合、罰金は6000台湾元となる。

 タクシーの運転手は乗客にこの規定を告知する義務があり、運転者が告知義務を尽くしても乗客がシートベルトを着用しない場合、乗客1人ごとに罰金が科される。

 チャイルドシートについては、4~12歳、または体重18~36キログラムの児童については、チャイルドシートの使用が義務付けられる。ただし、タクシーの場合、特別に用意する必要はない。

 交通部では1カ月以内に関連機関と協議を行い、新規定を段階的に実施する予定。成人については1~3カ月の宣伝期間を設けて実施する。児童については宣伝期間を6~12カ月設ける。

 台中市長の妻、国父・孫文の孫娘がシートベルトを着用していなかったため交通事故の際に重傷・死亡を引き起こしたことから、今回の法改正が急がれていた。


「国民党はあまりに中国傾倒」「民進党はあまりに鎖国」イメージ固定化

 「国民党はあまりにも中国政府の立場に傾倒しすぎている」と考えている人は53%、「民進党はあまりにも中国との往来に反対しすぎている」と考えている人は50%だった。

 民進党の支持者の中でも、約30%が「中国との往来は台湾経済にとって重要だ」と考えている。また、さらに多くの民進党支持者は、民進党は過度に中国との往来に反対していると考えている。有権者全体では、半数が民進党の対中国政策に同意していない。

一方、国民党の支持者の中でも、約30%が「国民党はあまりに中国傾倒」と考えている。

これは、中央研究院の呉乃仁氏が23日、同院社会所が開催したシンポジウムで発表した論文で指摘したもの。民進党は「国民党はあまりに中国傾倒」と批判しており、また国民党は「民進党はあまりに鎖国」と批判していることから、台湾人の間にそれぞれの政党のイメージが固定化してきていることを示している。

 また、中国経済による誘惑の中で、60%以上の台湾人は「中国との統一がより容易になる」と心配していることも分かった。呉乃仁氏は、台湾の民意の主流は中国との経済交流に肯定的だが、中国との経済交流に代償がないわけではないことを広く理解していると指摘した。

 台湾の民意の主流は、「独立自主の政治コミュニティー意識」と「中国経済との往来歓迎」の2つ意識の間で難しい選択を迫られており、中国との経済的往来が台湾の将来に対する自由選択権が制限されることを恐れている。


女性歌手が総統官邸前で裸に、反原発訴える

台湾の女性歌手が25日、馬英九総統官邸前で裸になって反原発のパフォーマンスを行った。市民からは「売名行為だ」との声も聞かれた。中国新聞網が伝えた。

 総統官邸前で裸のパフォーマンスを行ったのは、李●という女性歌手(●はうかんむりに必)。25日午前、防護服を身にまとった8名のパフォーマーとともに官邸に登場し、肌色の下着を着用して反原子力を訴えた。全裸ではなかったが、警察官が彼女の前を布でさえぎり、解散を命じた。

 歌手は裸で戦いを表現することで、環境保護、原子力発電所への反対を馬総統に重視してもらいたかったと動機を述べた。市民からは「知名度を高めるためのパフォーマンス」との声も出たが、以前から同様の運動を行っているとのことで「疑われても気にしない」と語った。

 警察当局は事前の申し出がなかったことから「集会デモ法」違反によって解散を命じたと説明。歌手らに罰金を科すことになるという。


【動  画】 



エネルギー政策改めて総点検:原発事故・国光石化が衝撃

政府がエネルギー政策の見直しを迫られている。東日本大震災で一気に注目度が高まった原発リスクに加え、国光石化科技による高エネルギー消費の大型プラント計画が頓挫するなど状況が変わったためで、今後10年を見越した政策について協議する公聴会をきょう26日に開く。

 日本の福島第一原子力発電所の事故で、原発リスクへの関心が一気に高まったことを受けて、行政院の呉敦義院長は、域内のエネルギー政策を見直す考えを先に立法院に伝えていた。26日には呉院長や経済部の施顔祥部長らが公聴会に出席、改めて政策の総点検に乗り出す。

 公聴会では、エネルギー全体に占める原子力発電の中長期的な比重や現在運転中の原子炉の稼働延長、再生可能エネルギーの数値目標再設定などについて聖域を設けずに議論する。

 福島第一原発の事故がチェルノブイリと同様の過去最悪レベルに至ったことから、すでに3カ所で原発が稼働している台湾でも住民の関心は高い。来年1月の総統選を前にして、民進党の蔡英文主席は2025年までの脱原発を選挙の争点に設定。台湾電力は先月、新北市に建設中の第4原発への原子炉追加建設を検討する調査研究で、研究機関への委託を取りやめることを決めた。再開も未定としている。

 さらに、国光石化の域内投資の可能性がなくなったことで、大量のエネルギー需要が必要とされなくなる。このため石化産業の高度化、質的成長を加味した政策の調整が入ることになりそうだ。

 経済部関係者は24日、「将来のエネルギー需要を再度試算する必要がある」と述べたが、原発や再生可能エネルギーが占める比率についてコメントを避けた。ただ、方向性としては「安定したエネルギー供給は必須。多様化の促進も重要だ。エネルギーと環境と経済性の3つの面への配慮が必要になるだろう」との見方を示している。

 ■国光石化の凍結、肯定意見も

 一方、国光石化による計画の棚上げが波紋を呼んでいる。経済部の施部長は、エチレンの将来の供給不足を考慮し、ナフサ分解プラントの対中投資規制を緩和する方針を表明したものの、中国は、投資するにしても中国側が株式の過半数を握るよう規定している。この案件については中台間の協議が必要だが、政治リスクが高いとの懸念は根強い。

 しかし、年明けの総統選の結果を受けて、新たな総統が就任するのは5月20日まで待たねばならならい。「この政治的空白期間に重要な新政策は決まらない」(政党関係者)との見方が強く、短期的な解決策は見いだせそうにない。国光石化はあす27日の董事会で、海外での投資へ計画を移行させるかどうかを議論する。

 国光石化の総額9,000億台湾元(約2兆5,500億円)を超える大型投資がなくなれば、域内総生産(GDP)を押し下げるとの悲観的な見方がある。半面、政府は「光学膜や太陽電池、LED関連の川上材料など付加価値の高い石化産業の発展を探る」(施部長)と新たな道を開く考えもある。主要シンクタンクは高付加価値で従来とは異なる投資を呼び込める機会になるとして、必ずしも経済にマイナスの影響を与えるとは見ていない。25日付経済日報、工商時報、タイペイ・タイムズが伝えた。








この記事をはてなブックマークに追加

「日本で嫌われる中国人労働者、台湾人は歓迎される」

2011年04月25日 19時30分42秒 | 中華民國 ニュース

地震慰問で訪日の王金平・立法院長、ホテル・レストランで歓迎受ける

 地震慰問のため21日から日本を訪れている王金平・立法院長一行は、宿泊先のホテルやレストランでスタッフが列を作って歓送するなど特別な歓迎を受けている。台湾が今回の震災で日本に大きな支援を行っていることに対し、日本人の間に感謝の気持ちが広がっていることを示している。

 そのうちホテルの幹部クラスのスタッフは同院長に対して、日本人は震災の中での台湾の好意に大変に感動しており、少なくとも日本の人の感謝の気持ちを示させてほしいと語った。

記者会見の会場では、会見が終わって立ち去ろうとした時、レストランのスタッフ200人が100メートルほどの長さに並んで見送りし、感謝の言葉を述べたため、同院長は1人1人と握手をして歩いた。


日本の商社からのウナギ調達増加

日本の商社からのウナギ調達量が増加しており、このため台湾でウナギの価格が高騰している。活鰻で1キログラム当たり800台湾元程度に値上がりしており、さらに値上がりすると予測されている。現在、ウナギの蒲焼は1キログラム1000台湾元以上に達している。

台湾ではウナギの養殖量が減少しており、価格は上昇を続けていたが、ここに来てさらに値上がりしていることから、台湾の消費者に手が届かなくなっている。

 台湾で40年以上、日本とのウナギ貿易に従事している三文貿易によると、震災後に日本でのウナギの需要は一時減少し、価格はそれまでの1キログラム720台湾元から680台湾元に値下がりした。しかし日本で震災からの復興ムードが広がってきたことからウナギ需要も回復しており、台湾への発注が増えている。しかし台湾ではこの2年、養殖量が減少していることから、価格の高騰を招いている。

 養殖業者によると、台湾ではウナギの稚魚の生産量が一昨年は20トンあったが、今年は1トン以下に減少する見込み。最盛期に100トンあったのに比べて、著しい減少となっている。


馬総統が次期総統選で国民党候補に

馬英九総統は23日、次期総統選挙へ立候補することを国民党本部に申請した。他に候補者はいないため、同党の候補になることが確定した。早ければ5月4日の中央常務委員会で発表される見通しで、6月25日の党代表大会で正式決定する。一方、民進党はきょう25、26日、次期総統選挙での同党公認候補を選ぶための世論調査を行なう。早ければ27日正午にも結果が出るという。同党の蔡英文主席、蘇貞昌・元行政院長、同党の許信良・元主席の3人がこれに立候補者しており、このなかから選ばれる。


新北市五股の金紙工場が大爆発

新北市五股の老舗の金紙工場で22日午後10時20分ごろ、大きな爆発事故があった。工場内に大量の爆竹が保管されていたため、巨大な爆発となった。事故で4人が死亡、38人が怪我した。100坪以上ある工場は全壊の上、横の民家も損害にあった。工場は2カ月前に安全検査が行われたばかりにも関わらず、厳重な事態に至ったという。朱立倫・新北市市長と侯友宜・副市長は自ら指揮をとって事故原因を調査している。


花博はきょうで閉幕、夜は花火ショー

台北国際花卉博覧会はきょう25日に幕を閉じる。前日の24日は会期最後の日曜日とあって、入場者数は18万2000人に達し、最高記録になった。園内は人波に溢れ、土産店も入場者を規制したという。閉幕式にはパレードや3分間の花火ショーがあり、総入場者数は900万人に達する見込み。


15日間人事不省の少女が蘇る

台中市の中学1年生の少女が2カ月前に、祖父が運転していた耕作車から溝に落ち、溺れた事故にあった。人事不省になり、15日間も病床に寝込んだ状態。台中栄民総合病院の医療チームは「葉克膜合併低温療法」で、体温を34度か35度以下の温度に維持し、脳の酸素消耗量、炎症を引き起こす確率、新陳代謝の速度などを減少することに成功した。少女は当療法により、奇跡的に目が覚めたという。


桐の花フェスティバルが23日に苗栗で開幕

行政院・客家委員会主催の「2011客家桐の花フェスティバル」が23日に苗栗県で開幕した。同フェスは今年で10年目となり、年々規模が大きくなっている。今年は異常気象の影響で桐の花の開花時期が遅れたが、5月22日まで同イベントは続く。13県・市で桐の花シリーズイベントが相次いで開催される。


両岸金融監督管理機関、25日に初会談

台湾海峡両岸の金融監督管理機関の首長が25日に世界で二番目に高い超高層ビル台北101で初会談を行う。中華民国台湾の金融機関の所轄機関、金融監督管理委員会の陳裕璋・主任委員と中国大陸の銀行業監督管理委員会の劉明康・主席は関連事項について話し合いを行う。

台湾が中国大陸と調印した金融監督管理協力覚書(MOU)が昨年1月16日に発効した。両岸も金融機関の監督管理関係のプラットホームの構築に合意した。初めての会議が25日に台北で挙行。

中華民国台湾の金融監督管理委員会によると、台湾の金融機関が関心を持っている議題はすべてこのプラットホームを通じて討論することが可能。23日に台湾に到着した中国大陸銀行業監督管理委員会の劉明康・主席は台湾の金融監督管理委員会と、中国大陸に事務所を設置して満一年の台湾系銀行による支店設置の承認問題、支店設置後の人民元両替業務開始問題などの問題を討論。

今回、劉明康・主席は金融関係の好材料を三項目提出すると見られている。この三項目の好材料とは次の通り。第一に、台湾系銀行が中国大陸で支店を開設した後、直ちに人民元の関連業務を開始できること。第二に、台湾の金融監督管理委員会はそれに合わせて台湾系銀行による中国大陸での支店設置、中国大陸の金融機関への参入などを解禁する。これに対して中国大陸の銀行業監督管理委員会も支持を表明。第三に、中国大陸系銀行による台湾の銀行、金融持ち株会社への参入に関する時間表。


台湾の私立大学、初めて上海で学生を募集

中華民国政府が今年から中国大陸の学生の受け入れを解禁するのを受けて台湾の私立大学八校は23日、初めて中国大陸上海で学生を募集。23日、上海の進学説明会に参加した台湾の私立大学は銘傳大学、中原大学、世新大学、靜宜大学、聖約翰大学、朝陽科技大学、大仁科技大学及び東方設計学院の八校。

今年、中華民国政府は中国大陸の大学生を1488人、院生571人、博士コースの学生82人受け入れる予定。しかし、大学入試の際の戸籍は北京市、上海市、江蘇省、浙江省、広東省及び福建省にある学生に限定。院生の場合、中華民国教育部がその学歴を承認する中国大陸の大学、短大の卒業生に限る。

なお、銘傳大学の八校は北京市、江蘇省、浙江省、広東省、福建省などの5ヶ所で行われる進学説明会にも参加。



花博参観者数、延べ880万人突破の見込み

昨年11月6日に開幕した2010年台北国際花博覧会は25日で閉幕。23日の時点で花博の入園者数は延べ865万6371人に達した。

17日の時点で入園者数はすでに延べ800万人を突破した花博を「閉幕前、もう一度見よう」という心理が働き、ここ1週間、各エリアは人ごみでいっぱい。毎日の入園者数は延べ10万人近く。23日(土曜)は延べ13万8597人が入場するなど、一日当たりの入園者数として2番目に高い数値を記録(2月27日の連休で記録した一日平均延べ15万人あまりに次ぐ)。

花博の馬千惠・スポークスマンはここ数日、天気がよく25日には盛大な閉幕イベントが行なわれるため、最終的な入園者数は延べ880万人を突破できるだろうと見込んでいる。

なお、24日午後5時の時点で花博の入園者数は延べ16万990人に達し、花博が始まって以来の一日当たりの最高を更新した。


本土メディア、台湾の「日本で嫌われる中国人労働者、台湾人は歓迎される」

2011年4月23日、中国・環球網は、日本で働く中国人と台湾人の違いについて論じた台湾メディアのニュース記事を掲載した。筆者は日本留学経験のある台湾人記者。文章は以下の通り。

「不誠実で、人をだますのが好き?日本企業が中国人労働者を敬遠」―こんなニュースが台湾人留学生をも苦しめている。その背景には以下のような意見やエピソードが飛び交っている。

「中国人の“責任逃れ体質”に慣れるには時間がかかる」とこぼす社員に対し、上司がこう諭す。「中国人とのやり取りはすべて記録しておけ。証拠すら役に立たない時があるが、ないよりましだ」。また、日本企業が従業員を雇う際には「長期的に勤務できるか」と尋ねるものだが、多くの中国人留学生は「できる」と答える。しかし、実際はより給料の高い仕事を見つけたらすぐに転職する可能性が高い。これらが、日本企業が中国人を敬遠する理由だ。

かつて日本に留学中、筆者もこのようなケースを経験した。ある奨学金試験に留学生が殺到した。面接に通れば月10万円が支給される。最後に残った候補者は、彼女と中国東北地方出身の女性だった。面接官は言った。「奨学金受給中は日本を出られません」。翌月にも香港へ行かなければならない事情があった筆者は、それを正直に話した。一方、東北地方出身の彼女は「私はお金がないので、出国できるわけがありません」。結果的に、彼女が奨学金を手にした。が、彼女はその後すぐ恋人とフランスへ旅行し、最新型のコンピューターを買って帰り、家賃の高い都心へ引っ越しまでしたのだ。

また、千葉のある大学院に留学中の中国人学生は仕事三つをかけ持ちし、勉強する時間もとれないほどだった。「日本に来るのに金がかかり、働かざるを得ない」という。だが同級生に言わせると、授業にもほとんど出ないのに、奨学金をもらっている。勉強ではいつも他人に頼るが、言い訳は「仕事のせい」。そんな態度に嫌気がさす人もいる。

筆者の友人は現在、日本で働いている。面接では嫌な思いをしたこともあるというが、台湾人の実力とやる気は日本人を感動させ、歓迎されている。ほかのアジア諸国の人材と比べ、“台湾出身”というのは比較的評価される要素のようだ。だから、日本で苦労している学生たちへ告げたい。真面目に働くことが一番だ。先輩たちが築いた礎を無駄にしないでほしい。(翻


国光石化のプラント計画凍結:馬総統が「不支持」表明

 馬英九総統は22日、国光石化科技の大型石油化学プラント建設計画について、支持しない方針を正式に表明した。環境アセスメントをめぐり、地元住民との対立が続いていたが、計画決定から約6年を経て凍結が決まった。次は海外への移転が焦点となる。ただ、石化産業は域内総生産(GDP)の3分の1を占め、台湾経済の屋台骨を担うだけに経済成長や雇用への影響が懸念される。

 大型石化プラント計画をめぐっては、21日の第5次環境影響評価専案小組で「条件付きで審査通過」「否決」の2案を作成し、来月の環境影響評価委員大会に結論を委ねるとしていた。

 しかし馬総統は22日、最終的な結論を待たずに建設を支持しない方針を表明した。先日、建設予定地の彰化県を訪れた際に農民やカキ養殖業者がひざまずいて天に祈っている姿に心打たれたという。同地は「国家湿地自然公園」として開発するよう内政部に指示した。

 総額9,000億台湾元(約2兆5,500億円)を超える大型投資計画が棚上げになったことで、経済への影響が懸念される。経済部工業局によると、石化関連産業の生産高は3兆3,000億元に上るとされ、今回の凍結決定はGDPを2ポイント押し下げる見通し。関連産業を含めると、計23万5,000人分の雇用機会が失われるとみられている。

 ■質的成長へかじ取り

 これに対し馬総統は、「政府は石化産業の発展を放棄したわけではない。ただ産業構造や政策の方向性を再検討する必要がある」と反論し、これまでの量的成長から質的成長へとかじを切る方針を示した。

 原材料を海外から輸入し、川中~川下産業の高品質、高付加価値化を実現している日本の産業モデルを参考にする。基幹材料の技術を持つ日本企業を誘致することも視野に入れている。杜紫軍・工業局長は具体的な企業名は明かさなかったが、「リストは作成済み」と話している。

 ■域内での建設「不可能」

 馬総統の会見を受けて、経済部の施顔祥部長は23日、「当初の予定地(2,000ヘクタール以上)と同規模の土地を域内で探すことは不可能」と説明した。これにより域内での建設は絶望的となった。次は海外への移転が焦点となる。施部長は先ごろマレーシアやインドネシアなどを候補先として挙げている。

 ■ナフサの対中投資緩和へ

 一方で、国光石化の計画が凍結されたことで、域内では将来的なエチレン不足が懸念される。不足量は年間35万トンに上るとされ、施部長は中国でのナフサプラント投資規制を解禁する方針を表明。液晶パネル産業と同様、付帯条件付きとする方向で、今週から検討を始める。エチレン不足を解消するため、台湾への優先供給を大前提とするようだ。

 国光石化の大株主である台湾中油(中油)は27日に株主総会を開き、海外へ移転するか否かも含め、最終的な結論を出す。

 ■台プラ寡占へ

 馬総統の発表を受けた台湾区石化公会の陳武雄理事長は22日、「台湾プラスチックグループ以外の石化業者は、中油と共に競争の舞台から消える」と悲観的な見方を示した。

 中油は当初、国光石化のプラント稼働により、2期合計でエチレン年産能力が240万トン増えると見込んでいた。しかし計画が凍結されたことに加え、第4、5ナフサプラントが順次稼働を終了するため、中油の年産能力は現在の108万トンから2025年には60万トンまで減少する見込み。

 これにより、中油系の川上メーカーは原材料不足に直面し、海外移転を余儀なくされるという。陳理事長は、「このままでは20~30年後には台プラの寡占状態になる」と警鐘を鳴らす。

 国光石化は製油所をはじめ、エチレンなど主要石化製品を生産する大型プラントで、民進党政権時代の05年に始動した。当初は雲林県での建設を予定していたが、環境アセスメントが難航し彰化県に移転。しかし環境保護団体や地元住民との対立が続いていた。23、24日付台湾各紙が伝えた。 .








この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】日本で働く中国人と台湾人の違い

2011年04月24日 17時21分45秒 | 各国ブログ

【台湾ブログ】日本で働く中国人と台湾人の違い


レコチャイより・・・

  台湾人留学生が日本でアルバイトをする際、中国人への対処の仕方も考えなければならないため、仕事が大変なだけでなく、精神的なストレスもあってさらに大変だと多くの台湾人留学生が感じているという。日本で生活したことがある台湾人留学生の話を台湾メディアNOWnewsが引用し、報じた。

  記事は「不誠実、人を騙すのが好きというのは、中国人の生まれつきの性質であり、一部の経営者はこの点を理解すると、だんだん中国人を雇いたくなくなる」とし、台湾人留学生は、「中国人の話すことは聞くだけにしておくほかはない。中国人と一緒に仕事をすると、身も心も非常に疲れる」と語った。

  また記事は日本人の言葉として、「中国人とやり取りしたすべてのデータを保存しておくといい。証拠を前にすれば何も言えなくなる。時には証拠を前にしても効果がないこともあるが、それでもないよりはましだ」と紹介、「だから多くの日本企業が中国人を雇いたがらないのだ」と分析した。

  ほかにも中国人の不誠実の例として、多くの中国人はバイトの面接で「長期可能」を選択するが、就職後にもっと給料の良い仕事を見つけると、突然辞めてしまうことをあげ、奨学金を取るために嘘(うそ)をつき、学校側の奨学金受取期間中は国外に行かないという約束も平気で破ると紹介、「だから中国人は敬遠されてしまうのだ」とした。

  一方、台湾人は日本で仕事をする際、多くの問題に直面するが、台湾人の実力と熱意は日本人を感動させることができると語り、日本でのバイト経験がある留学生たちに、「台湾人であることを前面に出し、台湾人魂を持っていけば、同じような顔立ちの東洋人求職者たちと比較したとき、台湾人は比較的好意を受けやすい」と主張。日本に留学している台湾人たちは、アルバイトの時は真面目(まじめ)に働き、台湾人の先輩たちが苦労して得た日本での評判を失わないようにしてほしいと語りかけた。







この記事をはてなブックマークに追加

NTT データがユニクロの台湾向けオンラインストアを構築

2011年04月23日 16時19分30秒 | 中華民國 ニュース

馬総統が再選出馬へ=支持率低迷、課題山積

台湾の馬英九総統(60)は23日、任期満了に伴って来年1月14日に実施予定の次期総統選挙への再選出馬に向け、国民党本部に公認申請を行った。党主席を兼務する馬総統のほかに立候補の動きはなく、6月25日に開催される代表大会で正式に決定する。野党の民進党も近く公認候補を決める方針で、総統選に向けた両党の動きが早くも本格化する見通しだ。
 馬総統は若年層の支持者らを伴って党本部で手続きを済ませた後、「今は前回総統選の時と同様にとても緊張している。再任を目指して頑張りたい」と抱負を述べた。
 馬総統は2008年の前回総統選で、経済振興を公約に掲げ、対抗馬の民進党候補を大差で破った。就任後は対中関係改善を急ピッチで進め、対中輸出の拡大や中国人観光客の増加など経済分野を中心に実績を上げた。
 しかし、貧富の格差拡大や急速な対中接近が一部支持者の離反を招き、支持率は長期低迷。政権与党の立場をフル活用して巻き返しを図っているが、再選への課題は山積している。



NTT データがユニクロの台湾向けオンラインストアを構築

NTT データは2011年4月22日、ユニクロの台湾向けオンラインストアを構築し、サービスを開始した、と発表した。NTT データの「ダイレクト チャネル プラットフォーム」を、クラウド化した「グローバル EC サービス」として SaaS 型で提供したもの。

「グローバル EC サービス」は、「ダイレクト チャネル プラットフォーム」を活用し、商品や在庫などの各国共通サービスと、送料や税などの各国ローカルサービスを組み合わせることのできるアーキテクチャを持つ、全世界向けの EC サービス。

グローバル機能では、米国 Revere、ドイツ Cirquent などの NTT データの海外グループ会社と連携、各国の法規制、サービスレベル、文化や商習慣も考慮したシステム/サービスを提供している。



この記事をはてなブックマークに追加