Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

バスターミナル「市府轉運站」運行開始

2010年07月31日 18時14分00秒 | 中華民國 ニュース
10月から チャイナエアライン成田・高雄間に定期便

チャイナエアライン(中華航空)は、10/31から成田・高雄間に定期便を就航。
月、木、日曜の週3便。




台北・信義エリアのバスターミナルが運行開始

  台北・信義エリアのバスターミナル
市府轉運站が8月5日より運行を開始いたします。
宜蘭、基隆、桃園、新竹、苗栗、台中、台南方面などへ19路線が乗り入れる予定。






台北站並びの臺北轉運站と市府轉運站の比較


 

 





台湾高速鉄道

遊園地への無料送迎バスが運行しています
台湾高速鉄道は9月30日までの期間中台北、新竹、台中、嘉義の4つの駅よりそれぞれ最寄の遊園地への無料送迎バスを運行しています。詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

http://www.thsrc.com.tw/tc/?lc=tc

 台北駅→八仙水上樂園
 新竹駅→六福村主題遊樂園
 台中駅→月眉育樂世界
 嘉義駅→劍湖山世界主題樂園








この記事をはてなブックマークに追加

人気の日本観光、台湾からの訪問客増加,62万人

2010年07月30日 19時23分33秒 | 中華民國 ニュース

外国人に人気の日本観光、台湾からの訪問客増加


(レコチャイより)
  日本政府観光局(JNTO)が、2010年上半期の「訪日外国人旅行者数」の統計を発表。台湾メディアが、「日本を訪問する外国人は増えており、台湾観光客の上昇率も高い」と報道した。

  台湾・中央社は「日本政府観光局の統計によると、今年1月から6月までの訪日外国人旅行者数の累計は、420万3400人。昨年同時期と比較すると、堂々の35.8%増。特に韓国・中国・台湾からの観光客は大きく増え、2年ぶりの伸びを見せた」と報道。「金融危機が起こった08~09年は観光業は不調であったが、10年になり回復の兆しを見せている。特にアジア系航空会社が日本線の便数増加に力をいれており、訪日外国人の増加につながっている」と分析した。

  また、「国・地域別から見ると、最も多いのは韓国からの観光客で、116万人を超え、前年比71.9%の伸び率。2位は中国で70万人超え。47.4%の伸び率となっている。続くのが台湾で、62万人を超え、伸び率は37%。中国の大幅増により、3位という結果になったが伸び率は高い。だが今月より日本は、中国人の個人観光査証(ビザ)発給を緩和しており、今後どんどん中国からの訪問者が増えていくだろう」と報道。そして「増便効果で中国を訪問する台湾人が増えている」現状も伝えた。旅行先として日本人気がどこまで維持できるか、台湾での宣伝やプロモーション展開を重視する声も多いようだ。




この記事をはてなブックマークに追加

外国人に人気の日本観光、台湾からの訪問客増加

2010年07月30日 18時18分53秒 | 中華民國 ニュース

250センチの蛇が高雄市の民家に入り込む

高雄市鼎金消防分隊は、民家に入り込んだ体長250センチの蛇を捕獲した。大雨で民家に入り込んでしまったと見られ、めったにない出来事に驚いた住民は通報。毒性はないものの捕獲時に消防隊員の手にまきつくなどした。蛇は捕獲後、無事、山に還された。



身分証番号の最後が「44444」でも、とても縁起が良い男性

花蓮市に住む50歳の男性・梁さんの身分証番号は、最後の5桁が全て「4」である。「4」中国語の発音で「死」に通じることから、縁起が悪いと嫌がる人が多い。しかし梁さんは、ちっとも気にしていない。というのも広西省チワン族を祖先にもち、チワン族の言葉で「4」の発音は、中国語・台湾語の「喜」の発音と同じだという。彼にとって、とても縁起の良い番号だという。また誕生日は9月21日生まれで、南投県の歴史的大地震「921地震」の起こった日付と一緒である。みんなすぐに覚えてくれる。男性の両親は元気に健在で、妻子もおり円満、仕事も順調。過去に梁さんの身分証番号を高く買い取りたいという人がいたが、断ったという。



未成年の少女10人に接客させていたクラブを摘発

未成年の少女10人に接客などをさせていた台北市長安東路のクラブが警察に摘発された。最も若い少女は15歳で、なかには中国語を学ぶためニューヨークから台湾に帰っていた華僑の17歳の少女もいた。店側はインターネットのチャットで少女たちをドラッグや金銭で勧誘していた。このクラブは未成年を接客させている店として、業界で有名だった。



中華航空が10月から成田・高雄間に定期便

中華航空は10 月31日から成田・高雄間に定期便を就航させる。月、木、日曜の週3便で、機材はエアバスのA330−300型機(295 席)を使用する。同航空では、周辺住民や南部を訪れる観光客、南部科学工業園区に進出する日系企業などの利便性が高まると期待している。同路線には日本航空が毎日1便を運航している。


桃園空港の滑走路2本の使用年限10 年も過ぎる

審計部が28 日発表した各事業部門の決算報告書によると、桃園空港の南北2本の滑走路の使用年限が10 年以上も過ぎていることが分かった。全長3660メートルの北滑走路は1979 年供用開始で、全長3350メートルの南滑走路は84 年供用開始。これまで改修工事が3度計画されたが実現せず、滑走路は常に補修工事が行われているという状態だ。このため同空港では、来年から100 億元余りをかけて2本の滑走路を全面改修するという。現在、ボーイングB747-400などの大型機は発着できない。




西門町の店舗売却で過去最高の坪964万元

不動産仲介業者が28日明らかにしたところによると、台北市西門町の峨眉街の店舗が6月、1億6300万元で売却された。1坪当たり964万5000元で、西門町の店舗物件の売却価格として過去最高。

この物件は1階が女性用のアクセサリ、眼鏡、財布、帽子などを販売している店。6階建ての建物全体の家賃は1カ月当たり約48万元。峨眉街の歩行者天国に位置する店舗は、家賃が1カ月当たり20万元以上にも。峨眉街と西寧南路の交差点の店舗では家賃が坪6万1000元で、峨眉街の路地の中でも7坪程度で家賃は10万元に達している。ここ最近、台北の原宿と呼ばれる西門町一帯で、店舗を中心に不動産の売買が活発に行われているという。


外国人に人気の日本観光、台湾からの訪問客増加

日本政府観光局(JNTO)が、2010年上半期の「訪日外国人旅行者数」の統計を発表。台湾メディアが、「日本を訪問する外国人は増えており、台湾観光客の上昇率も高い」と報道した。

 台湾・中央社は「日本政府観光局の統計によると、今年1月から6月までの訪日外国人旅行者数の累計は、420万3400人。昨年同時期と比較すると、堂々の35.8%増。特に韓国・中国・台湾からの観光客は大きく増え、2年ぶりの伸びを見せた」と報道。「金融危機が起こった08~09年は観光業は不調であったが、10年になり回復の兆しを見せている。特にアジア系航空会社が日本線の便数増加に力をいれており、訪日外国人の増加につながっている」と分析した。

 また、「国・地域別から見ると、最も多いのは韓国からの観光客で、116万人を超え、前年比71.9%の伸び率。2位は中国で70万人超え。47.4%の伸び率となっている。続くのが台湾で、62万人を超え、伸び率は37%。中国の大幅増により、3位という結果になったが伸び率は高い。だが今月より日本は、中国人の個人観光査証(ビザ)発給を緩和しており、今後どんどん中国からの訪問者が増えていくだろう」と報道。そして「増便効果で中国を訪問する台湾人が増えている」現状も伝えた。旅行先として日本人気がどこまで維持できるか、台湾での宣伝やプロモーション展開を重視する声も多いようだ。


この記事をはてなブックマークに追加

台湾ニュース

2010年07月29日 18時08分49秒 | 中華民國 ニュース
日航台湾支社による客室乗務員18人解雇で労働争議

台湾メディアの報道によると、日本航空台湾支社は27日、台湾籍の客室乗務員18人を解雇すると発表した。同支社ではリストラ策として、台湾籍の客室乗務員142人のうち、68人から70人を削減する方針で進めていた。しかし早期退職に応じたのは50人で、目標人数に届かなかったため、この18人の労働契約を28日で終了するとした。これを受けて同支社の組合は、台北市労工局に労働争議として調停を申請。同労工局はこれを受理した。同支社はこの解雇は規定方針で、対象者には労働基準法に基づいた所定の金銭を支払うとしている。調停は1週間以内に行なわれる見通し。1月に会社更生法の適用を受けた日航は、同支社でもリストラなど経営の大幅な見直しを行っている。


83センチの長髪の少年、癌患者にかつら用の髪を寄付予定

もうすぐ中学生になる台北の王威くんは、13年髪を伸ばし続けて現在83センチの長さ。身長は153センチで、よく女の子に間違われ、以前は公園で「清朝時代の人」といわれたこともある。王威くんは8年前乳癌の祖母に「髪が伸びたら私のためにかつらを作ってね」と言われていたが、伸びるのを待たずに亡くなってしまった。それ以来、癌患者の人たちのために何かをしてあげたいと髪を伸ばし続けたという。中学校に入学することもあり、近く散髪し髪を寄付する予定だ。



台北で360年ぶり「再会」=中台で引き裂かれた中国の名画


台湾の故宮博物院は29日、中国大陸と台湾で別々に収蔵されている元代の水墨画の名画「富春山居図」について、来年6~9月に台北の同博物院で開催する特別展で展示すると発表した。散逸した同水墨画があわせて展示されるのは約360年ぶりとなる。
 同水墨画は、文人画家の黄公望が1350年に完成させ、中国史上、最高傑作の一つとされる。本来は一続きの絵巻物だったが、明代末の収蔵家が1650年に死去したのをきっかけに一部が焼失し、焼け残った水墨画は二つの部分に散逸。1949年の中台分断後は、小さい方が「剰山図」として浙江省博物館に、大きい方が「富春山居図」として台北故宮博物院に保管されてきた。
 特別展では同水墨画のほか、黄公望の別の書画も北京の故宮博物院などから借り受けて展示する。中台は経済分野に加え、文化面での交流も活発化させており、中国の温家宝首相は今年3月、「(水墨画の二つの部分が)いつの日か一幅の絵になることを願う」と語り、悲願の「中台統一」を同水墨画の再会になぞらえた。 

この記事をはてなブックマークに追加

台湾報道「丹羽・中国新大使が日本は台湾問題を承認してない」

2010年07月28日 17時26分34秒 | 中華民國 ニュース
アニメや漫画のイベントにコスプレイヤーが



台湾の「コミケ」が25日、台湾大学で。

コスプレイヤーはカツラやコンタクトレンズで漫画のキャラクターに変身。






李毓芬さんが下着の着用法伝授


モデルの李毓芬さん(右)はオタクのアイドル、下着モデルのトップとして知られる。

24日には下着メーカーのイベントに出演、着用の秘訣を披露。





関穎さんがセクシーにCDデビュー


女優として活躍している関穎さんがCDデビュー。

23日にはスーパーガールの扮装で台北市内の繁華街、西門町での宣言活動に登場。




馬・総統と「台湾スーパーベイビー」


馬英九・総統は26日、コンビニが台湾製商品(MIT商品)を販売することになったイベントに出席。

マスコットを手にPR。サングラスもメイド・イン・タイワン?




日本の旅客、松阪肉密輸?で送検


23日、台湾桃園国際空港では日本からの旅客が松阪肉53キロを持ち込もうとして動物伝染病帽子条例違反で送検された。肉も没収に。








パフィーが9月に台北で12年ぶりコンサート

人気女性歌手コンビのパフィー(大貫亜美、吉村由美)が9月25日、台北市で12年ぶりにコンサートを開く。2人は26、27日の両日、コンサートのための記者会見やテレビ出演などのPR活動を行なった。パフィーはデビュー当時から台湾でも人気があり、『これが私の生きる道』などの中国語版が発売された。2人は1998年、台湾で初コンサートを開き、翌99年にも公演を開催する予定だったが、921台湾大地震が発生したため中止した。2人は「また台湾に来ると言って、10年以上が経ってしまいました。約束を守らなければ、との思いがありました」と話していた。


男性の口腔ガン死亡率、40年で4倍に激増

中山医学大学の台湾口腔ガン調査で、台湾男性の口腔ガンの死亡率が40年で4倍に増えたことが分かった。檳榔(噛みタバコ)の影響が、増加の原因ともいわれている。東部の患者が多く、口腔ガンの死亡率が最も高い県は台東県で、次いで雲林県、彰化県、花蓮県、高雄県だった。以前は発症年齢は50~60歳が多かったが、近年では40~50歳でも増加しているという。また8割の患者が、喫煙、飲酒、噛みタバコの習慣があった。


上半期に日本を訪れた台湾人観光客、37%増加

日本国際観光振興気機構の統計によると、今年の1月から6月に日本を訪れた外国人観光客は420万3400人と去年の同時期より35.8%増加した。2008年に次ぐ観光客数となった。うち韓国からが116万9700人と71.9%の大幅増加で、便数の増加や大型旅客機の利用による席数の拡大などが理由に挙げられている。次いで中国からが70万4800人で47.4%の増加。去年の7月から個人観光ビザが許可されたことも大きく影響した。台湾からは62万2600人と37%の増加だった。


広島行き中華航空機が機内気圧低下で緊急事態

22日夕、桃園空港を離陸した広島行きの中華航空機が、突然の機内気圧の低下により、高度3万6000フィートから1万フィートまで急減圧緊急降下するという異常事態が発生した。機内では自動的に酸素マスクが下り、乗客が着用するという事態になった。このため同機は桃園空港に引き返した。幸い乗客89人と乗員には、けがはなかった。行政院飛航安全委員会が原因を調べている。




少年軟式野球世界大会で嘉義市少年野球チーム準優勝

23日から26日まで東京で開催された第28回少年軟式野球世界大会で、嘉義市の各小学校から選抜された少年野球チームが準優勝した。同大会には12カ国から16チームが参加した。決勝戦ではチャイナ・チームと対戦して1対0で惜敗した。台湾は2003年のSARSで欠場したほかは、第1回目から毎回参加。これまでに優勝10回、準優勝8回、第3位が2回という好成績を残している。


台湾報道「丹羽・中国新大使が日本は台湾問題を承認してない」

27日、中国の環球時報は台湾メディア・自由時報の報道を引用したうえで、「戦後初の民間人出身の中国大使として31日から着任する丹羽宇一郎氏は、1972年の日中共同声明で『台湾は中国領土の一部』と主張されたことについて、日本はただ単に理解し尊重するとの立場を表明したに過ぎず、直接承認したことはないと述べた」と報じた。

人民日報など大陸メディアは、台湾の自由新報が丹羽新大使の発言をねじ曲げて紹介したと報じた。丹羽氏は、日本国政府が1972年の日中共同声明にもとづき「日本国政府は中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であることを承認」し、さらに台湾問題については「中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重」との立場で、両国関係を発展させてきたと発言した。「日本政府は台湾は中国領土の一部と直接承認したことはない」の部分は、丹羽氏の発言にない。

 報道を受け、環球時報の記者は27日午後、駐中国日本大使館に取材を行った。日本大使館職員は取材に対し、「丹羽氏の記者会見での発言について具体的な内容はまだ把握していない」とし、日本に確認すると回答した。

 続けて27日夜、日本大使館職員は環球時報の記者に対し、電話で回答、「丹羽氏の発言の意図は、日本政府の台湾問題に対する態度は、日中共同声明の基礎の上に成り立ち、一度も変わったことがないというものである」と述べたという。

 環球時報は「1972年9月25日から30日にかけ、当時の日本首相であった田中角栄氏は、周恩来総理の招きに応じて訪中し、日中双方は『日中共同声明』に調印した」と報じ、「共同声明の中で、台湾は中国の一部であるとの立場を表明していたはずだ」と主張した。

 また、環球時報は「発言が事実であると確認された場合、丹羽氏の中国大使着任を受け入れられるか?」とするネットアンケートを実施した。97%のユーザーが受け入れられないと回答し、日本に対する反発のコメントが多く寄せられている。

この記事をはてなブックマークに追加

台湾ニュース

2010年07月27日 13時58分05秒 | 中華民國 ニュース


内政部が近く売春の非犯罪・非処罰化で座談会

台湾紙『蘋果日報』によると、内政部は8月2日、31日の2回、売春を罪とせず処罰しないことについて討論するため、セックス事業従事者と女性団体、住民代表などを招いて100人規模の座談会を開く。年内にその結果を行政院のプロジェクトチームに送る予定。座談会では、セックス事業の場所や経営形態などについて討議するという。女性団体は「腹案もなく、ただ民主的な形式を取るだけで、現状も分かっていない」と批判している。昨年11月、司法院大法官会議が、売春を罰するなどとした法律の条款が憲法の平等の原則に反するという憲法解釈を行い、2年以内にこの同条款を失効させることを求めた。これを受けて同部は、性的サービス業の非犯罪化、非処罰化の方向を検討している。




交通部が空港MRTのスピードアップ要求を拒否

馬英九総統が台北駅から桃園空港への建設中MRTの最短時間を30分以内に縮めることを交通部に求めていたが、同部は26日、専門家の意見を尊重してこの要求を拒否した。同部高速鉄道局は馬総統が指示した時間短縮について内部で検討していた。しかし専門家の意見では、空港MRTシステムは高速鉄道とは違い、スピードアップするには、さらに数百億元の費用をかけて機械設備と電力設備、土木工事などのシステムが必要となるとしている。このため同部は専門家の意見を受け入れて、馬総統のスピードアップ要求を拒否した。



林務局が地質にスポットを当てた百大地質景観を選出

行政院農業委員会林務局はこのほど、自然景観でも地質にスポットを当てた「台湾地質景観百選」を出版した。選定にあたっては、林務局が台湾大学、東華大学、高雄師範大学などの有識者とチームを組織して、2年がかりで台湾全域の保護エリア320カ所を調査した。選ばれたのは、石門、草嶺山崩、新養女湖、月世界泥岩悪地、桶盤嶼柱状玄武岩、南方澳沙頚岬など。地質景観のほとんどは遠い昔に形成されたものだが、1999年の台湾大地震で一瞬にして生まれた場所も選ばれている。



台湾鰻魚発展基金会が日本で台湾産ウナギをPR

「台湾鰻魚発展基金会」(郭瓊英・董事長)ら一行は23日、東京で台湾産ウナギの販売促進のための一環として、イベント「日本最大 巨大うな重作り」を開催した。親子ペア20組が縦4メートル、横2.5メートルの巨大うな重作りに挑戦するイベントで、この日は500人分に相当する450尾分のウナギの蒲焼、138キロのご飯を使用して巨大なうな重を作り上げた。郭董事長は「台湾ウナギは天然に近い養殖方法で育てたもので、日本と同じシラスウナギの種類。日本の養殖技術を40年前から踏襲しており美味しい」とアピールした。さらに安全面についても「台湾で最も厳格な安全検査制度を輸出する前に2回以上実施している」と強調した。



東京の土地は安い!日本の制度を手本にしたい台湾

「不動産価格の高騰は、台北人にとっての悪夢」と台湾の日刊紙「自由時報(ザ・リバティ・タイムス)」が報道。「今や日本の首都・東京よりも、台北の物件が高値になった」とした。

 自由時報は台北市内の不動産会社を取材し、台北大直水岸地区と東京品川ウォーターフロントの住宅の比較記事を掲載。「品川の物件は、東京湾・東京タワー・レインボーブリッジという美しい景色に囲まれ、天王洲アイル駅から、羽田空港へとモノレールで結ばれている。そういった地区の物件は、築6年・33坪で3750万台湾ドル(約1億1250万円)。1坪当たり114万台湾ドルとなる。台北大直水岸地区の築5年のマンションは、1坪当たり150万~200万台湾ドルで、品川よりも高くなる」と例を挙げた。

 また、「台湾では集合住宅購入時は共有スペースまで料金がかかるが、日本は専有面積で計算。ほかにも税金や報酬率、譲渡時の条件など、台湾の方がなにかと高くつく。投資を希望する台湾人は、台湾では中古マンションを購入し、海外なら東京の不動産購入が有利に働く」という不動産会社のアドバイスを掲載した。

 そして「東京は住居を構えるよりも、賃貸物件を借りる人の方が過半数を超えている。バブル経済後の特殊な文化だと言えるが、住居の質の高さや計算方法、公正な抽選制度など台湾も見習うべきだ」と提言している。



この記事をはてなブックマークに追加

「百景」に選ばれた野柳地質公園の奇観

2010年07月26日 14時39分51秒 | 中華民國 ニュース

新荘副都心の商業区入札で1坪213万元も

台北県政府は23日、新荘副都心の商業区12区画の入札を行ったが、1坪213万元という、これまで同県では最高の落札価格となった。12区画の標準価格の合計は約70億元だったが、落札総額は139億元を突破した。
同副都心の住宅区では、1坪当たり約159万元の高値が付けられている。同副都心は、台北港には自動車専用道路で、桃園国際空港には空港MRTで結ばれるため、交通の便が良いとされている。



サラリーマンの45%が制服を望む

大手人材バンクの1111人力銀行の調査によると、サラリーマンの45%が制服を望んでいることが分かった。毎月、男性が服装などにかける費用は平均2365元、女性の場合は同3058元かかっており、その費用が主な理由とみられる。企業には必ずしも服装規定があるわけではないが、サンダル履きや、短パンやミニスカートの着用、ノースリーブなどはふさわしくないとされているという結果も出た。


10月に東京で台流ライヴイベント

台湾のアーティストや俳優が登場する日本で初の台流ライヴイベント「Asia Music Summit」が10月16日、東京・品川で開催される。男女混合大型ユニットのdance flow(ダンスフロー)をはじめ、俳優の鄭元暢(ジョセフ・チェン)、彭于晏(エディ・ポン)、女優の林依晨(アリエル・リン)といったメンバーが出演する。イベント終演後は、出演者とのタッチ会も開催予定されている。いずれもavex taiwan所属。


水上勉氏ゆかりの日本の古民家を淡水に移築

日台のNGOが協力して、福井県の古民家を台北県淡水鎮の和平公園内に移築した。24日には、移築が終了した古民家で記念交流会が開かれて伝統芸能などが披露された。この古民家は作家の水上勉さんの父が大正4年に建てた純日本式家屋で、日台友好と交流の象徴として移築された。古民家は、水上さんの信条であったとされる「一滴の精神」にちなんで一滴水記念館と名付けられた。同記念館には水上さんの作品に加え、移築活動を支援してきた同県出身の作家の陳舜臣さんの作品も収められる。9月までに周辺の公園整備なども完了し、正式オープンの予定。


学生麻雀大会、優勝の秘訣は「運」

台湾大学麻雀部は25日、第2回目となる学生麻雀大会の決勝を開催した。聖約翰科技大學 4年生の張さんが優勝、2位は政治大学法律学科の学生、3位は文化大学化学学科の学生だった。2位まではバイクがプレゼントされた。優勝者の張さんはネット麻雀でも商品をもらったことがなく、今回の優勝については「秘訣は特にありません。運がよかっただけです。」と答えた。成功大学の教務長は学生が麻雀をすることについて、特に悪いことはない、才能を多いに伸ばして欲しいとコメントした。


福岡発台北便・日本人2人のスーツケースから、松坂牛55キロ

23日午後1時半、福岡発台北行きの便に乗っていた日本人2人のスーツケースの中から合計55キロの松阪牛が発見された。2人は50人以上のツアー客と共に入国手続きをしていた。発見された肉を前に、税関で何のためかと質問され、友人へのプレゼントとしどろもどろに答えたという。日本から台湾への牛肉輸入は、狂牛病汚染の恐れがあるとして禁止されており、持ち込もうとした理由や事情を調べている。


雨雲の影響で、降水確率が高く蒸し暑い天気に

中央気象局の発表によると台湾の東側、東南側の広い範囲で雨雲が発生しているため、きょう明日は各地で降水確率が高くなると予報している。花東地区では1日を通して降水確率が高く70%、その他の地域では50%前後と予想。北部、中部では午後に一時的に局地的な雨が降る可能性がある。各地の最高気温は32度から34度で、湿気の多い1日となりそう。30日からは太平洋高気圧の影響で天気が安定する見込み。


空港までのMRT、最短時間を25分まで短縮予定

交通部高速鉄道局は、台北駅から桃園空港への建設中MRTの最短時間を25分まで縮めることが恐らく可能であると発表した。
6月に馬英九総統が工事視察に訪れた際は、空港までの最短時間は35分だったが、30分以内に縮めるべきだとの意見で、停車予定駅を2つ飛ばし28分まで縮めた。その後2回目の視察時に、競争力強化のために「最短時間を20分から25分の間に縮めるべきだ」と馬総統が発言したことを受けて、今回は時速100キロを時速111キロまで上げることにしたという。全長51キロで22駅、2014年10月に全線開通予定となる。



桃園空港で松坂牛53キロ没収

台北税関局は23日午後、台湾桃園国際空港に到着した日本国籍の男性2人の荷物から、松坂牛53キロを発見。農業委員会・動植物防疫検疫局では、口蹄疫発生地域である日本からの牛肉持込を禁じており、2人は24日、動物伝染病防止条例違反で桃園地方検察署に移送された。2人は日本からの団体旅行に参加しており、牛肉持込が違法とは知らず台湾の友人に贈るつもりだったと話している。

台湾では日本のブランド牛の人気が高く、1キロおよそ80米ドル程度で取り引きされるとの報道もある。松坂牛の持込が発覚したのは今年で9件目で、空港警察局では取締りを強化している。無許可での禁止品持込は、最高で7年以下の実刑に加え300万元以下の罰金刑が課される。


「百景」に選ばれた野柳地質公園の奇観・・「女王の頭」

  荒れた大地に屹立(きつりつ)して、遠方を眺める女性の胸像。なんとなく、古代エジプト彫刻を思いおこさせる奇観だ。台湾でこのほど選ばれた地質百景のひとつ。地元では「女王の頭」と呼ばれているという。中国新聞社が報じた。

 この「女王の頭」を見ることができるのは、台北県万里郷にある野柳地質公園。同公園は台湾本島から北東方向に突き出した長さ1.7キロメートル、幅が最大で300メートルの細長い岬で、世界的にも珍しい奇岩による風景が集中していることで知られる。
 「女王の頭」は砂岩でできており、長い年月にわたる侵食・風化作用により形成されたという。





台中・清泉崗空港の拡張工事始まる

 台中空港(通称は清泉崗空港、台中県沙鹿鎮)の第1期拡張工事が24日に開始された。この工事の内容には、国際線用のターミナルビル、飛行機メンテナンス工場および5つのボーディング・ブリッジ建設、エプロン拡張、滑走路の移設などが含まれる。2012年完工の予定。

 国際線用ターミナルビルの延べ床面積は2万平方メートル、投資総額は38億9000万台湾元。完工後、同空港の利用者数は現在の年間延べ120万人から255万人に膨れ上がる予定。ちなみに、台北市の松山空港の利用者数は年間300万人。

 現在の同空港の主要任務は、台湾の各離島への運航、両岸直行便および国際線チャーター便の運航。域内線の利用者数は、2008年は延べ62万人、2009年は66万人だった。国際線はそれぞれ46万人、35万人で今年は58万人と予想されている。

 今回の工事は第1期工事とされている。しかし交通部の消息筋によると、第2期、第3期工事の予定は今のところなく、将来の同空港の発展状況に応じて新たな建設を行うかどうかを決める方針。

 起工式に出席した呉敦義・行政院長は「台中県と台中市は間もなく合併し、直轄市となる。今後、国際都市として発展していくためには空、海の交通が重要になる。空港は内外ともに美観を備え、設備はソフト、ハードとも充実していなければならない」と表明した。さらに、同空港は両岸直行便の重要な拠点であり、将来は同空港を利用して両岸を往来する旅客の増加が見込まれると語った。










この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】日本留学中の台湾女子大生、チケットだらけの日々

2010年07月25日 20時36分41秒 | 各国ブログ
【台湾ブログ】日本留学中の台湾女子大生、チケットだらけの日々
・・・レコチャイより

日本に留学中の台湾人女子大生・Akimi(ハンドルネーム)が、「日本はチケットだらけ!」というタイトルで、ブログを執筆。「行動する時はチケットが必要な社会」と日々の様子をつづった。

  当然ながら、まずは「台北から東京行き航空券を購入した」Akimi。学校が始まる前に日本の文化を感じたいと思い、「京都旅行を決め行きは新幹線のチケットを買い、帰りは高速バス。それから富士五湖行きに野球観戦、友達に頼まれたCDの受取証…」。わずか数日でたくさんのチケットを手にすることになったという。

  「入手に一番苦労したのは、KAT-TUN東京ドームコンサートのチケット」。駆け込みでファンクラブに入会したというAkimiは、約4か月やきもきしながら、チケットの抽選結果を待っていた。「台湾の友達の分も頼まれていたので、“本当にチケットが買えるのか、日本旅行の手配をしてもいいのか”と、みんなイライラし始めた」と、日本の対応の遅さに不満を持ったが、結果的に第二希望の日が当選。「ステージに近いアリーナ席のチケットが届き、大満足」の結果になったそうだ。

  続けて、あこがれの土地である北海道行きの航空券や、帰省用の航空券などを購入し、日に日にチケットが増えているというAkimi。「チケットは人生の経験を象徴していると思う。チケットを通して日本のことが理解できる。そして日本で手に入れたチケットは、お金では買えないような価値がある」と文を締めくくり、使った後も大切に保存したいと述べている。台湾人女性がそのように感じるということは、日本はチケット社会ということか。





この記事をはてなブックマークに追加

台湾メディアやファン…酒井法子のAV出演に期待!?

2010年07月25日 16時21分17秒 | 中華民國 ニュース

日本から移設の古民家、台北県淡水で「一滴水記念館」として復活

台北県淡水鎮に日本から古民家が移設され、「一滴水記念館」と名付けられた。日本から古民家が台湾に移設されたのは初めて。

今回の移設は、阪神・淡路大震災と921大地震(1999年9月21日に台湾中部で発生)の被災地交流がきっかけ。移設に当たり、約9年の歳月が費やされた。

 日本でこの古民家が解体された際、日本人作家の水上勉氏(故人)の父親が建設したものであることが判明した。同記念館には同氏のほか、陳舜臣氏の作品などが展示されている。



台湾メディアやファン…酒井法子のAV出演に期待!?

2009年8月、覚せい剤使用の逃亡・逮捕劇で、世間を騒然とさせた酒井法子。80~90年代、人気アイドルとして活躍していた酒井は、中華圏でドラマ放送やコンサート開催などの実績があり、広く知られている日本のスター。近況を気にするメディア関係者やファンも多い。

 台湾の日刊紙「蘋果日報(アップル・デイリー)」は、「アイドルイメージが崩れ去った現在の酒井法子に、注目しているのはアダルトビデオ業界。すでに数社が出演交渉を始めている」と報道。「昨年は酒井が返事をせず、はっきりとした結果は出なかった。だが最近は中国からもアダルト作品への出演依頼が届き、ギャラの提示額はなんと3億円。もし出演が決まれば話題性は高く、ギャラを超える売上を記録するだろう」とした。「台湾でも知名度のある酒井のファンはいまだに多く、“5億円のギャラを出してもいい”という人物もいて、商品価値はとにかく高額だ」と伝えている。

 億単位のギャラを提示しても、出演に応じないという酒井。蘋果日報は「日本の業界関係者は、実現の可能性はほとんどない」と現状を伝えているが、“僕らのアイドル、酒井法子のアダルトビデオが見たい!”という台湾の男性ファンのリクエストが、各メディアのネット掲示板やブログに届いている。(



退役軍人中心の直接交流活発化 軍事対話に向け布石

中国と台湾の退役軍人を中心とした直接交流が活発化している。中台関係は「先易後難(先に簡単、後から難しい課題へ)」の方針で、経済から交流を始め、政治・軍事対話は後回しとなってきたが、実際には、軍事相互信頼の基礎づくりが始まっている。

 今月14日、北京で「両岸(中台)関係の平和的発展と軍事相互信頼」と題する討論会が開かれた。台湾からは退役軍人らが出席した。中国からは、こうした会議では初となる現役軍人が出席したとの情報もある。

 今年4月には、訪中する台湾の退役軍人の中では過去最高クラスの許歴農・元上将率いる元将軍計23人のグループが北京を訪れた。中国最高指導部と会談したほか、中国の退役上将との座談会で、軍事相互信頼のメカニズムを早期構築することで一致した。

 また、台北で昨年11月、中台間では初の政治・外交・軍事問題の学術フォーラム「両岸一甲子(中台60年)」が開かれ、中国の胡錦濤国家主席のブレーン、鄭必堅・中国改革開放フォーラム理事長のほか、中国の退役将軍2人が参加している。

 ほかにも中台退役軍人のゴルフ大会が中国で開かれるなど、元軍人同士の感情的な対立を解く試みが展開されている。

 一方、台湾の馬英九総統は今年5月、就任2周年を前にした記者会見で、中国指導者との政治・軍事対話に関して「排除はしないが時期は熟していない」と強調した。しかし、今年3月1日には台湾国防部(国防省)に「国防シンクタンク」準備室が設立され、中国軍との交流などを視野に活動を開始している。


馬総統が香港にならい汚職防止機関を設置と発表、71%が賛同と期待

2010年7月22日、台湾ニュースサイト・今日新聞網は、台湾の馬英九総統が20日、香港の汚職防止のための監督機関「廉政公署」にならい、台湾にも「法務部廉政署」を設置すると発表したと報じた。環球網が伝えた。

記事によると、台湾当局は15~16日にかけて同署設置に関する世論調査を実施したところ、住民の71%がこれに賛同、「汚職防止機関の設置は台湾の国際イメージと競争力を引き上げることになると思う」と答えた。住民はこれを台湾当局の汚職撲滅への決心として概ね期待をもって好意的に受け止めているようだ。



この記事をはてなブックマークに追加

漫画『神の雫』に台湾の紹興酒が登場?

2010年07月23日 08時27分57秒 | 中華民國 ニュース

漫画『神の雫』に台湾の紹興酒が登場?

台湾の大手日刊紙『聯合報』は20日、日本の漫画作品『神の雫』に、台湾の紹興酒が登場する見通しと伝えた。
『聯合報』によると、『神の雫』の原作者である亜樹直さん(ペンネーム)が6月に台湾を訪れた際、中華民国台湾の元駐フランス代表である大学教授が、中華料理にワインと紹興酒という組み合わせで亜樹直さんを接待。亜樹直さんは初めて口にした台湾の上質紹興酒の味に大変感激し、日本に持ち帰ったほか、作品に取り入れたいとの意思を示したと伝えられている。ソムリエものの漫画である『神の雫』は、台湾でも中国語版が発行され高い人気を集めており、ファンの間で期待が高まっている。


廉政署は政府の汚職を摘発する専門機関

馬英九・総統は20日、廉政署を設立すると宣言、腐敗や汚職撲滅への強い決意を示した。

これを受けて、法務部の曾勇夫・部長は21日、記者会見を開き、廉政署の機能と構造について説明。行政院の計画によると、廉政署は法務部の下に設けられ、政府の風紀を司る政風司、調査局、そして検察署の機能を結合し、政府関係者の汚職事件を専門に摘発する機関となる。

曾勇夫・法務部長は、汚職防止のため政府はより多くの有力な組織を必要としているとし、一般の政府風紀機関が行政権しか持たないのと異なり、廉政署の廉政官は司法警察の身分を持ち、調査権を有すると説明。人員は、政府風紀機関、調査局、警察より抜擢する。また、廉政署は捜査権も持ち、検察署より優秀な検察官を募る。

廉政署の設立が、思想や言論の自由を奪う恐れがあると指摘する声に対し、曾・法務部長は、「廉政署は政府風紀機関をカバーするが専門機関だ。専門は政府の汚職事件に関する調査で、その他の業務にはタッチしない。従来の政府風紀機関は廉政署に情報提供するが、政府の汚職にあたる部分だけだ」と説明した。

また、法務部の下に設けるのではレベルが低いとの言い方に対して曾・法務部長は、証拠があれば検察官は起訴できるので、捜査はあくまで独立したものになり、外部の干渉は受けないと強調した。


台北花博、テレサ・テンさんの遺品を展示

今年11月に開幕する台北インターナショナル・フローラ・エキスポの主催者である台北市政府は21日、同イベントの会場ではテレサ・テン文教基金会と協力して、テレサ・テンさんにゆかりのある品々を展示すると発表。

フローラ・エキスポは今年11月6日から来年4月25日まで開かれる。会場は四つ、パビリオンは14箇所設けられる。そのうち、円山公園展示エリアでは花の園芸のほか、五つの展示館が設置される予定となっており、そのうちの一つ「有名人館」は今回のイベントで唯一、花の無い展示館。

台北市政府産業発展局では、有名人館では華人社会の歌姫として今も多くの人の記憶に残る台湾出身のテレサ・テンさんを代表として、テレサ・テンさんの衣装や生活用品、トロフィーなど、生前の品々を展示するとしている。そのうち9点は未公開の日記、メモ、手紙などテレサ・テンさん直筆のもので注目される。


日本が宮古島に自衛隊?外交部は「関心伝達済み」

日本の防衛省が宮古島か石垣島に自衛隊を配備する構想を持っていると伝えられた。中華民国外交部の陳銘政・スポークスマンは21日、「この件については以前からわかっており、外交ルートを通じて、中華民国政府がこれに高い関心を持っていることを日本側に伝えている」と述べた。

日本側では最近、与那国島の上空を縦断する形だった、日本と台湾の間の防空識別圏ラインを一方的に西に移動させた。中華民国台湾はこれを受け入れない姿勢を表明している。日本は台湾の反応を受け、与那国島に沿岸監視部隊を100人程度配備する計画である他、中共の艦隊が沖縄付近に出没することから、宮古島や石垣島にも国境警備隊を配置する考えだという。外交部では、日本側の動きを今後も注視していくとしている。


観光局、ネットで項目別にベストの夜市を選定

ナイトマーケット・夜市は台湾観光の大きな特色で、多岐にわたるグルメと手ごろな価格で、外国からの観光客がもっとも好む観光スポット。交通部観光局が外国人観光客を対象に行った調査によると、2007年は観光客100人中、ナイトマーケットに行ったと人は63人だったが、2008年には67人、2009年には73人と人気は右肩上がり。

このため観光局ではこのほど、台湾各地のナイトマーケット30箇所からまず10箇所に絞り込み、そこから人気のナイトマーケットを選び出すことにした。10箇所は、基隆の廟前夜市ト、台北市の士林、華西街、寧夏夜市、台中市の逢甲夜市、嘉義市の文化路夜市、台南の花園夜市、高雄市の六合夜市、鳳山の中華街観光夜市、宜蘭の羅東夜市。この中からインターネット上での投票で、もっともエコロジー、もっとも親切、もっとも魅力的、もっとも歩きやすい、もっともおいしいの五つの項目ごとに、ベストのナイトマーケットを選び出すという。



嘉義市の少年軟式野球チーム、日本の世界大会へ

台湾南部の嘉義市少年軟式野球チームが日本で行われる第28回少年軟式野球世界大会に出場する。嘉義市では21日に壮行会が開かれ、同市の黄敏恵・市長は代表チームにチャイニーズタイペイの旗を授けた。

チームを率いる劉威成・監督によると、今回の代表チームは嘉義市の五つの小学校から優秀な選手を選抜、さらに中華民国学生野球連盟の推薦により、台東県、桃園県、屏東県からも一人ずつ選手を出してもらって組織した。6月22日には合宿に入り、今月13日から19日まで各地で行った壮行試合では8試合で7勝するなど調整も順調。劉・監督は、日本という異国での大会出場になるとはいえ、生活面で調子を崩さず、普段どおりの力を発揮できれば十分優勝の可能性はあると自信を見せた。

大会は東京、江戸川区で行われ、13カ国から16のチームが出場する。23日に開幕、24日から試合が始まり、決勝戦は26日に予定されている。


欧州議会最大会派が台湾へのノービザ支持

外交部欧州局の李光章・副局長は20日、欧州議会内で最大とされる議会グループが、中華民国台湾の旅券保持者に対する観光ビザ免除について支持を打ち出したと報告、年内のノービザ実現は楽観的だとの見通しを示した。

現在、中華民国台湾の旅券保持者に対し観光ビザ免除を実施している国・地域は31、ランディングビザの実施国は29で、事実上60カ国・地域へのノービザ渡航が可能。EUのビザ免除が実現すれば、ノービザ実施相手は80カ国・地域を越える事となり、外交部の章計平・新聞文化局長は、中華民国建国100年目となる2011年までに対象を100カ国・地域にまで増やしたいと目標を掲げている。


民生東路5段、環河南路3段、推定13万匹のゴキブリの棲家

台北市環境保護局によると夏に入ってから1カ月平均10件ほどゴキブリ駆除の相談があり、中山北路七段、士林夜市周辺などからが多いという。対策として飲食店の多い民生東路五段、問屋市場のある環河南路三段の下水道、側溝に殺虫剤を噴霧した。1平方メートル当たり85匹いると推測され、前者では7万6000匹、後者では5万3000匹いるとされる。3カ月連続の噴霧で約70%の駆除が終わったと見込まれており、環保局では引き続き様子を見て、噴霧を継続するという。


阪急10月に開店予定、信義区百貨店エリアさらに10%成長を期待

10月上旬、台北市政府ターミナル駅に統一阪急百貨店が開店予定だ。ターミナル駅の工事終了後、毎日10万人以上の利用者がおり、付近の誠品書店、新光三越、BELLAVITAでは売上げが2割から3割アップした。阪急の開店に伴い、台北信義区の百貨店エリアの競争が激しくなるとされるが、百貨店業界ではあと10%の成長が見込めるとしている。




この記事をはてなブックマークに追加

ダイソー、台湾での株式上場を計画

2010年07月19日 18時14分51秒 | 中華民國 ニュース

台南市の日本式宿舎群、保存の動き

台南市安南区鹿耳門の天后宮前に日本式建築の古い宿舎群がある。約9ヘクタールに及び、荒廃が進んでいるが、新婚カップルの記念写真の撮影場としても人気がある。日本統治時代の1942年に塩基、塩酸などの製造工場の宿舎として建築された。戦時中は日本海軍の毒ガス製造も行われていた。1951年には台鹸安順工場と名前を変え、1971年には工場は閉鎖され中国石油化学工業開発(中石化)と合併した。有毒廃棄物も残っているといわれるが、建築物の保存を求める動きもでている。古跡委員会の一審で保存は地域にゆだねるとされ、近くにある台江国家公園と中化石の同意の下、歴史建築物として保存が期待されている。

台湾鉄路・台湾高速鉄路各駅と観光スポットを結ぶ専用バス9月末まで無料


交通部観光局は現在、9県・市で台湾鉄路、台湾高速鉄路の各駅と観光スポットを結ぶ専用バスを合わせて18路線運行している。そのうち11路線は9月末まで運賃が無料となる。このバスは平日には1時間ごとに1本、休日には30分ごとに1本出発する。

 無料となる路線は、台東県の「台東市区線」「海岸離島線」「縦谷鹿野線」、宜蘭県の「礁渓線」「冬山河線」、新竹県の「獅山線」、苗栗県の「南庄線」「向天湖線」「仙山線」、南投県の「渓頭線」、嘉義市の「嘉義市区線」。

 また、9月には花蓮県で3路線の運行を開始する見込み。



統一超商、和食の「さと」(SATO)を導入

統一超商(President Chain Store Corporation)は、新しい飲食事業として和食の「さと」(SATO)を導入することになった。「さと」は台北市信義計画区に開設準備が進められている統一阪急百貨に進出する。

統一グループは中国での「さと」の代理権も買い取っており、今後は台湾と中国の双方で同時展開を進める方針。


ダイソー、台湾での株式上場を計画

100円ショップ「ザ・ダイソー」を経営する大創産業の矢野博文・社長は、同社の台湾子会社の台湾大創が台湾での株式上場を計画していることを明らかにした。ただし、具体的な時間表はないと指摘した。同社は日本では株式を上場していない。

同社長は、この2年間、台湾での営業収入が大幅に成長しており、今後は店舗数を引き続き増やし、現在の26店から年末には30店にすると指摘した。

 台湾大創は2001年に台湾に進出し、39台湾元均一の販売方式を採用。昨年の営業収入は30億日本円で、前年比50~100%増加だった。


故宮博物院の参観時間延長

  故宮博物院が7月1日から参観時間をこれまでの午前9時~午後5時を、午前8時30分~午後6時30分に延長した。

 これを記念して同院のレストラン、故宮晶華では、1組4人で食事をして当日の入場券を提示すれば、『多寶閣』スイーツ(480台湾元)を無料で提供。中には有名な「翠玉白菜」をかたどったスイーツもある。







この記事をはてなブックマークに追加

【台湾ブログ】ショッピング達人

2010年07月19日 08時40分59秒 | 各国ブログ
【台湾ブログ】ショッピング達人、日本旅行の小技を伝授!
・・・レコチャイより

日本好きで何度も旅行している台湾人女性のmaggieが、経験を元に買い物のコツを披露。「数年間の経験をまとめて、研究しました」とブログに書きつづった。

  「日本は台湾人が最も好む旅行先だけど、物価が高くて豪快にあれこれ買うのは難しい。そこで、どうすれば良質なものを買えるのか。どうすれば日本で楽しく買い物できるのか、と考えました」というmaggie。「まずは出発前にインターネットを使って、ヤフー・ジャパンと楽天市場をチェックするべき」と勧め、「この2つのサイトでお目当ての品の値段を確認し、店に行った時の参考にしよう。日本語がわからなくても、商品名を入力するなど努力してほしい。前もって値段を調べるだけで、時間の節約ができ効率が良くなる」と述べた。

  次に注意してほしいのは「為替レート」というmaggieは、「日本円と台湾元のレートは激しく変わる。なので台湾で買った方が安い、という場合もある。高額な商品を買う時は、台湾で値段を確認することも大事。ましてや電化製品は、修理に出す時のことも考えたい。台湾でチェックすることもお忘れなく!」とつづっている。

  また台湾人が日本に行くと必ず立ち寄るのが、ドラッグストア。「店によって値段がバラバラなので、気を付けて!チェーン店でも値段は違うし、個人経営の店もあり価格差が激しい。前もって定価やインターネット価格を調べた上で店に行き、納得できるなら買った方がいいと思う」というのがmaggieの考えだ。

  そのほか、デパートの価格設定はどこもほとんど同じだが「1月と7月のバーゲン時期が狙い目。催事場にも割引商品が並んでいるので要チェック。外国人は税金還付制度もあるのでパスポートの持参も必須」と挙げたmaggie。「電化製品は、ポイント還元してくれるヨドバシカメラやビックカメラなどの大型量販店がお薦め。店頭にない場合はネットショップで購入手続きをし、ホテルに届けてもらえばいい」と述べた。

  「私にとって日本は買い物天国。商品の品質は良く、包装が美しくて完璧。すべて台湾に持って帰りたい、という衝動にかられたほど」というmaggieは、「買い物経験を数年積んで、今はほしいものを効率良く安価で買えるようになった。最近興味を持っているのは“限定商品”。特に食べ物にこっている!」とブログを締めくくった。彼女の的確なアドバイスは、台湾人にとって大いに役立ちそうだ。



この記事をはてなブックマークに追加

クレヨンしんちゃん50巻は台湾も同時発売

2010年07月19日 07時56分20秒 | 中華民國 ニュース

クレヨンしんちゃん50巻は台湾も同時発売


クレヨンしんちゃんの50巻が16日、日本、台湾、香港、韓国で同時発売。

台湾の出版社は台中の百貨店で発売イベントを。台湾では「蠟筆小新」という。




政府は電気自動車の開発を後押し


呉敦義・行政院長(左)は17日、裕隆集団の厳凱泰・CEOと共に同社開発の電気自動車が車検に合格したことを祝う式典に出席。政府も全力で推進すると約束。




寅年のマイナス効果?出生率がさらに低下

内政部によると、中華民国台湾の今年上半期の新生児数は8万2712人で、昨年同期比で8.9%減少。年間の粗出生率(総人口に対する新生児の割合)に換算した場合、0.72%となり、過去最低を更新することに。台湾では一部で寅年は出産をタブーとする考え方がある。内政部では上半期の新生児が大きく減っている原因は寅年と関係あると分析。



台湾系改造タンカー、微量の油しか回収できず

米南部メキシコ湾の原油流出事故で、英メジャー(国際石油資本)BPの原油除去作戦の“切り札”として台湾企業が売り込みをかけていた巨大改造タンカーについて、米沿岸警備隊は16日、試験の結果、期待したほどの性能はないと判断した。一時は米メディアの注目を集めた巨大タンカーは近く同湾から“撤退”する見込み。

 このタンカーは海運大手TMT(台湾海陸運輸公司)の「クジラA号」で、大きさはフットボール競技場3個半分。先月ポルトガル・リスボンの造船所で改造された後、メキシコ湾に到着。1日50万バレル(約7950万リットル)の海水を浄化できると米政府にアピールし、沿岸警備隊による試験を受けていた。

 油混じりの海水を船体に開いた穴から吸い込み、油だけ船内に残して、水を排水する仕組みだったが、約2週間の試験で微量の原油しか回収できず、同隊は、原油除去作業の「必要性には適さない」と判断した。

 現場海域は油が薄く広く拡散しており、小回りのきかない巨大船では対処が困難だったとみられる。沿岸警備隊は従来通り、小型船を大量投入して原油すくい取りを続ける。

 TMTは約70隻を保有する有数の海運会社で、最高経営責任者(CEO)の蘇信吉氏が株式の51%を保有。海上運賃の先物市場で積極的な売買を展開する投資家としても知られている。しかし、自費でタンカーを改造して、史上最大の流出事故の対処に名乗りを上げた「大ばくち」は失敗に終わったようだ。

この記事をはてなブックマークに追加

台北地下鉄信義線のトンネルが全区間貫通

2010年07月18日 06時50分03秒 | 中華民國 ニュース
台北地下鉄信義線のトンネルが全区間貫通

建設工事が進められている台北捷運(都市鉄道)信義線のトンネル掘削作業のうち、最後の区間であるR06世界貿易センター駅~R05象山駅の下り区間が7月15日に貫通した。これによって信義線のシールドトンネル全区間が貫通した。

 台北市政府捷運局南区工程処によると、地下鉄信義線は淡水線(淡水~中正紀念堂)の延伸区間にあたり、中正紀念堂駅の南側から東へ、金華街、愛国東路、杭州南路を経由して、信義路に沿って信義計画区の象山駅まで計7駅が設置され、信義線全区間6.4キロのうち、主に駅間の4.1キロの区間がシールドトンネル区間となっている。

 信義線のうち最後の掘削区間となったR06世界貿易センター駅~R05象山駅下り線は、シールド掘削機が2009年10月より掘削を開始し、2010年7月15日に全区間が貫通した。

 今後は機電、軌道工事などが進められ、行政院の計画によると、信義線は2012年12月に開業を予定している。



「台北MRT文湖線が開通1周年、売り上げ35%増のミラマーが花火」





7月3日で、台北捷運(MRT)文湖線が開通1周年を迎えた。大直にある美麗華百楽園(ミラマー・エンターテインメントパーク)は、文湖線の開通と景気回復で売り上げが35%も増えたという。180秒の花火ショーで感謝。


ベジタリアン料理店に謎の男性、「客に食べさせて」と48万台湾元渡す

台北県永和市では、謎の男性が同市内の「素食」(ベジタリアン)料理店に現金48万台湾元を渡し、来店した客に料理を無料で提供するよう願い出たことで話題となっている。

 店主の許敏龍さんによると、この男性は7月2日午後にオートバイで来店した。そして緊張した表情で持っていた48万台湾元を許さんに渡し、毎週日曜日、8週間続けて来店客に料理を無料で提供してほしいと申し出た。この男性は名前や連絡先を残すことなく店を立ち去ったという。

 この男性の意をくんだ許さんは、6万台湾元の予算で毎週日曜日に1000人分近くの素食弁当を提供する準備をした。最初は作りすぎて弁当が余ってしまわないかと心配したが、初日の11日にはうわさを聞きつけた人たちが店の前で行列を作った。中には台中からやって来て並んだ人もいた。

 許さんは20年近く素食料理店を経営しているが、「こんなことは初めてだ」と語っている。楽透彩(ロト)くじを当てたか、大きな商売をまとめたので祈願達成の感謝を示しているのではないか、と想像している。


台湾のスピード違反取締カメラ、実は半分近くが空っぽ

 台湾各地の道路に備え付けられている自動速度取締機は、実は半分近くが空っぽで装置が入っていないという。これは、空箱を取り付けた支柱を設置するだけでも40万台湾元近く必要で、実際に自動速度取締機を取り付ける場合には200万台湾元近くかかるため。

ただし、警察は事故発生やスピード違反の状況を見て装置の位置を調整していることから、いつも同じ場所の中が空っぽであるとは限らない。

 例えば宜蘭県では、自動速度取締機用の支柱は50本で、そのうち実際にカメラが取り付けられているのは31本。

 また台北県では支柱が208本に対して、自動速度取締機が設置されているのは今のところ78本だけ。


「高糖度でワイン作りに最適-ブドウの台中3号」

   行政院農業委員会台中区農業改良場は長年、台湾の気候に適したワイン用ブドウの品種改良に務め、2007年に「台中1号」、2008年に「台中2号」の育成に成功して植物品種権を獲得した。これに続いて2009年に「台中3号」を育成した。高糖度でワイン作りに最適で、しかも台湾での栽培に適したブドウである。

 台中3号は欧米種の雑種で、親はいずれもヨーロッパ種であるため、世界の大部分で生産されているヨーロッパ種の長所を持っている。また、品種改良の過程でマスカットの品種と交配させているため、マスカットの香りを持っている。糖度は夏で20度、冬は23度に達する。酸味も適度で、独特な香りがある。

 落葉植物のブドウは温帯での栽培に適しているが、台湾は夏季の収穫期が高温多湿のため、海外の品種をそのまま導入することが難しい。これまでは初期に導入された黄緑色の「金香葡萄」で白ワイン、濃紫色の「黒后葡萄」で赤ワインを醸造していたが、そのためどこのメーカーのワインも同じような味となり、近年では栽培面積も減少していた。





この記事をはてなブックマークに追加

日本の縁日が台北で再現

2010年07月17日 07時57分03秒 | 中華民國 ニュース
日本の縁日が台北で再現 





日本の縁日が RT1ブログ によると今月初めに「西門紅樓」前で行われたそうです。

「夜市」好きで台湾を訪れる私にとって(台湾で日本の縁日がどう受け取られるか?)がテーマまでした。
日本の観光庁主催という事でどこまで再現できたのか心配がありますがおおむね成功し台湾の人たちに歓迎されたようです。

日本文化の好きな台湾の人たち、この中からどれが今後、「夜市」に生かされるのか楽しみです。




この記事をはてなブックマークに追加