Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

北朝鮮メディアが公開した中距離弾道ミサイル「北極星2」の発射時の様子

2017年03月06日 14時50分58秒 | 世界のニュース



(CNN) 韓国国防省当局者によると、北朝鮮が6日早朝、日本海に向けて飛翔体を発射した。

日本政府によれば、北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射し、うち3発が日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。

韓国国防省報道官は、「複数の飛翔体」が約1000キロ飛んだと説明している。
飛翔体は平安北道(ピョンアンプクト)の東倉里(トンチャンリ)から発射された。韓国と米国は現在、年次合同軍事演習を実施中。北朝鮮は朝鮮中央通信を通じて演習を非難し、「米帝国主義者と韓国傀儡軍が再び、北朝鮮に対する危険な核戦争演習を目の前で始めた。わが軍はさらに強硬な対抗措置で対抗する」と予告していた。

昨年の米韓合同軍事演習でも、北朝鮮は報復として短距離ミサイルや中距離ミサイルを相次いで発射し、兵器への核弾頭の搭載が可能になったと発表していた。

北朝鮮は1カ月ほど前にも、新型の中距離弾道ミサイル「北極星2」の発射実験を行っていた。同ミサイルも平安北道から発射され、500キロ飛んで日本海に落下した。

当時は安倍首相はトランプ大統領との首脳会談のため訪米していた。
北朝鮮メディアによれば、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長自身が発射実験を監督したという。

金一族に関連していえば、金委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件も注目を集めている


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「美女と野獣」は同性愛の宣... | トップ | 「果し合い」のつもりがあっ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む