Tommy's Express ブログ

海外のニュースから国内の政治、芸能、スポーツまで幅広く取り上げています。

同学年の生徒にバッタや犬の糞食べさせる 男子高校生を逮捕

2017年05月23日 16時25分06秒 | 国内ニュース

西武新宿線東伏見駅のホーム



 同学年の男子生徒にバッタや犬の糞(ふん)を食べさせたとして、警視庁少年事件課は強要容疑で、東京都練馬区に住む通信制私立高校1年の少年(15)を逮捕した。少年は「(男子生徒が)自分にびびっていることが分かっていたので、何でもやらせていた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年9月9日、西東京市の駅ホームで、当時同じ練馬区立の中学校に通っていた同学年の男子生徒に「虫食べられるんだよな。そのバッタ食べてみろよ」などと要求しバッタを口の中に入れさせたほか、同月中旬から10月中旬ごろ、自宅で男子生徒の胸を足蹴りするなどの暴行を加え、飼い犬の糞を食べさせたとしている。

 少年は昨年1月ごろから、学校で男子生徒を含む4~5人の生徒に対して同様のいじめ行為を繰り返していたとみられ、同8月に別の生徒の母親が警視庁に相談して発覚。他にもミミズやヤモリ、植物の葉っぱなどを食べるよう強要して不登校になった生徒もいたという。

『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高さ19.4メートルの巨大... | トップ | 東京都連副会長を辞任 がん... »
最近の画像もっと見る

国内ニュース」カテゴリの最新記事